ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記】少年と本。

【自転車奔走記】少年と本。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第203回。

いよいよ7月に入りました。明日はタナボタ…
ではなく七夕ですね。
と、一年の折り返しを
過ぎてなお冴えわたるオヤジ
ギャグが虚しく
響くヒロモリでございます。
皆様いかがお過
ごしでしょうか?
我が三重県では雨量は少な
いものの、高温多湿
の毎日が続いています。
まだまだ梅雨もこれから
が本番。体調管理そ
して衛生管理には十分
ご注意くださいね。

さて、さて、
今回は毎月恒例「ちょっと一息」のコーナー。
鬱陶しい梅雨時、皆様はどのようにお過ごしで
しょうか?
雨が続くと屋内は湿気が溜まるし、
気晴らしの外出も
ままならず、少しでも日が差
せば換気に掃除洗濯等々
湿気対策に追われてし
まい、ジメジメした雰囲気が
纏わりついたまま
じっと梅雨明けの晴天を待つしか
無い状態で、
心底嫌になります
気合の入っている自転車
乗りは雨風構わず練習に
励んでいますが、ヘタ
レ&ポンコツライダーのヒロモリ
にそんな気力
がある訳が無く、結局のところシトシト
降り注
ぐ雨音をバックにのんべんだらりと寝転んで、
せっせと腹脂肪の貯蓄に励む相変わらずの日々。
そこでヒロモリ、晴耕雨読の言葉とおりに雨の
休日は読書に励もう!と一念発起したんですが…
いやはや、齢のせいにはしたくは無いですが、
読んだ
内容を片っ端から忘れてしまい、ページ
が進まない
こと甚だしい!短編ならまだ何とか
なりますが、長編小説
になると3ページ読んだら
1ページ戻るような体たらく。
翌日になれば前日
に読んだ内容はきれいサッパリと
忘却の彼方へ
飛んでしまっていて、また最初から読み
直しす
るハメになり、いつまで経っても読了できない!
そのうち本の内容にではなく自身の非合理的な
読書
ペースの遅さに嫌気がさしてきて、読んで
いた本を
ぽいっと投げ捨てて別の本を読みはじ
め、そして同じ
ことの繰り返し。気が付けば中
途半端に投げ出した本が
山のように積み上がっ
て、見事な“ツンドク”状態。
誠情けない限り。

仕事絡みの専門書等は「読まなくては!」とい
う義務感
があるからか、わりかし順調に読了で
きるんですが、
他の本、特に以前あんなに好き
だった小説の類が
全く頭に入らなくなって、我
が身の変わりように自分でも
驚いています。
そういえば、学生の頃に恩師から『長編小説は
学生の
うちに読んでおくように!』と繰り返し
諭されていました。
その頃は(本なんていつで
も読めると)思って、大好き
だった短編小説ば
かりを読んでいて、恩師の勧める
長編は手を付
けないまま幾年月が過ぎ、本棚には
“いつか読む
つもり”の長編が積もっていくばかり。
おまけに
齢を重ねて読書体力が落ちてきた今、4
5
もあるような長編小説の背表紙を見るだけで

んざりして、手に取る気力も無くなってしまい
ました
恩師は、“若いうちに基礎教養を身に着け、
磨け!”
という意味で長編小説の読書を勧めたと
思いますが、
不肖の教え子のワタクシは、齢を
重ねて生理学的な
意味で“若い頃に長編小説を読
むべし!”
という金言を、身を持って思い知らさ
れた次第です。

このブログをご覧の皆さん、特に若者よ!世に
『名作』と言われる長編小説は、何としても今
のうち
に読んでおいてくださいねちなみにに
ワタクシが「必読」
と勧められたのは、文豪ト
ルストイの『戦争と平和』でした。が、長いん
ですよね…これも。

という所で、今週の【自転車奔走記】はこれに
ておしまい。
来週からは、連載「関わるケア」
を再開します。
ではまた来週お会いしましょう。
See You Next Week!!

アーカイブ

月別 アーカイブ