ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 大相撲を10倍楽しく見る方法。

大相撲を10倍楽しく見る方法。

13日から「大相撲名古屋場所」が開幕し、

ご利用者の皆様は、日々を一層楽しみつつ

元気に、笑顔一杯で過ごされています!

昨日は、注目の日本人力士・遠藤が挙げた

今場所初白星に施設がドッと湧き、そして

不沈横綱・白鵬の3連勝に感嘆の拍手が…

今や土俵内外問わず、外国人力士の活躍は

当然の光景となっていますが、そこには

その昔、不可能や困難と闘い続けた一人の

力士の精神が脈々と受け継がれています。

1972年の今日、大相撲の歴史上はじめて

外国人力士が幕内優勝を果たしました。

当時の本名は、ジェシー・ジェームス、

その男こそ相撲界のパイオニア・高見山!

e0147206_1835149.jpg

ハワイ出身の高見山が日本古来の神事

である大相撲で優勝するまでの道程は

それはそれは大変だったと聞きます。

人種的差別、またマスコミや日本国民

からの好奇の視線、そして前例の無さ

から、後手にまわる相撲協会の対応…

しかしそんな中で真面目に稽古を重ね

番付を上げて行く高見山への評価は、

やがて好意的なものへと変化します。

初土俵から4年後、外国籍力士として

初入幕を果たした後は、その愛嬌ある

キャラクターとピュアな人柄で一気に

フィーバーを巻き起こし、名実ともに

人気力士の地位を不動とした高見山。

当時は「大ちゃん」と呼ばれ、数本の

CMにも出演するほどで、その人気は

1984年の引退まで衰えませんでした。

引退後は親方として、あの高見盛関を

育てて、師弟二代に渡り人気となった

のは皆様も記憶に新しい所ですよね。

ちなみに、現役最後の一番となった、

対玉龍戦は黒星ながら、超満員の観衆

から、割れんばかりの大声援と拍手…

そんな中花道を引き上げた高見山は、

「生まれ変わっても力士になりたい」

と、涙を隠さずに語ったそうです。

外国人力士隆盛の大相撲界を指して、

寂しいとか情けないと言う評も決して

少なくありませんが、少し見る角度を

変えてみると、そこにも大きくて深い

大河ドラマが存在すると気付きます。

アーカイブ

月別 アーカイブ