ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 今も聴こえるカルピスの唄

今も聴こえるカルピスの唄

ショートステイのヒトコマより…

ピンクのコップにはコーヒー、水色の

コップは皆様ご存知の〝カルピス〟。

H26.6.22-short.JPGのサムネール画像

夏近くになるとCMが大々的に流れる

〝カルピス〟は高齢者の皆様にとっても

かなり親しみがある飲物と言えます。

我が国初の乳酸菌飲料〝カルピス〟

生産・販売が開始されたのは1919年。

年号に置き換えると大正8年ですので、

ご利用者の皆様が幼少の頃には、既に

お店にならんでいたことになります。

以前に祖母から、当時〝カルピス〟は

贅沢品だったと聞いた事があります。

まだ国全体が貧しかった時代でした。

ふと考えます…  当時の皆様方は一体

どんな風な気持ちで、陳列棚の上の

〝カルピス〟を見つめていたのだろう?

そして長〜い長〜い月日を経た今、

ゆっくりと飲み干す〝カルピス〟の

味に、何を感じてみえるのだろう?

あれこれと想像を巡らせていると、

あるご利用者の方が呟かれました。

「ホント、幸せな時代やなぁ…」と。

アーカイブ

月別 アーカイブ