ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 

2014年4月アーカイブ

HOTでもつめたい話し。

何事でも時勢の波を受けます…

IMG_7060.jpg

先日、施設内に設置してある自動

販売機の調整が行われまして、今まで

ワンコインの100円で購入できていた

ドリンクが総じて110円に値上がり

メーカーさんに据え置いて欲しいと

懇願したのですが消費税増税の波には

勝てず、こうなってしまいました。

もともと120円の所を、たきび側から

無理を言って100円に設定して頂いて

いたので、今回はやむを得ません。

メーカーさんも色々とご思案下さった

結果の、苦渋の決断だったそうです。

ご利用者の皆様にとってはワンコイン

だからこそ使い勝手が良かった面も

ありましたから、何とも残念ですが、

これも時代の流れ…仕方ありませんね。

スタッフ同士のオモテナシ。

たきび施設では、スタッフの誰かが

自家栽培の野菜を持って来てくれて、

それを他スタッフ達でワイワイと分け

合ったり、手作りのおやつやお惣菜を

休憩用に差し入れたり…と、スタッフ

同士のオモテナシ合戦が盛んです

先日の休憩室にもこんな↓おやつが!

mede_by_yoshijima_staff.jpg

これはスタッフの吉島によるオリジナル

「牛乳かんてん & 水ようかん」です。

さすがはベテラン主婦だけあって、味も

とっても美味しく、僅か数分間のうちに

全てなくなってしまいました、ウへッ

あるスタッフは吉島にレシピを教えて

貰い「今度のショートのおやつ作りは

これでいこにな!」と決意し、さっそく

企画書類の作成へと入っていました。

確かに、ご利用者の皆様にもぜひとも

味わって頂きたいおやつだったぁ〜。

ショートご利用の皆様、お楽しみに

三味線♩ベンベケベケベケ。

先日のイベントの模様です!

お越しいただいたのは、日本舞踊の紀之元流

「英華会」様と三味線の「藤本流秀倫会様」

syami_odori_kyouen.jpg

日本の伝統文化の競演に、ご利用者の

皆様はかなりテンションが高めでした。

沢山の踊りと演奏の中でも、一際圧巻

だったのが『津軽じょんがら曲弾』!

曲弾(きょくびき)とは歌の入らない

三味線の演奏の事ですが、津軽三味線

独特の軽快なリズムとダイナミック

演奏は予想以上の大迫力で、ご利用者

の皆様だけでなく、スタッフたちも

見入ってしまうほどの名演舞でした。

最後の演目『きよしのズンドコ節』

では、演者の皆様とご利用者様方が、

一体となってホールは熱気ムンムン。

アツい余韻を残した60分間でした。

「英華会」様、「藤本流秀倫会」様、

心躍るパフォーマンスを、まことに

ありがとうございました!又次回の

お越しを心待ちにしております

世間はGW真っ直中ですね、、でも

介護業界は普段通りで変わりません。

こんな時期こそ、介護のスタッフは

「あぁ私、今…介護の仕事してる!」

と自己確認出来たりするんですよ。

さぁ、休みの方も、お仕事の方も

新たなる7days、覇気持ってGO

【自転車奔走記】関わるケア#31。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第193回。

春たけなわ…と言うのかどうかわかりませんが、
少し汗ばむくらいのポカポカ陽気の毎日ですね。
ゴールデンウイークも今週から始まりますし、
お出かけや行楽にも絶好の季節が到来です。
とは言っても、インフルエンザがまだまだくす
ぶって
います。ワタシの担当の方でも、インフ
ルエンザ罹患者
は幸いにしていらっしゃいませ
んが、急な発熱や
体調不良を訴える方が多いで
すね。
せっかくのゴールデンウイークを楽しく
過ごすためにも、
体調には十分ご注意下さい。
それに、ワタクシも含めてのお話ですが、交通
事故
にも十分注意して行動しましょう!と、
ゴールデンウイークを目の前にして既に腹脂肪
レベルは“プラチナ”ランクレベルに達し、連
休明けの
健康診断での腹囲測定が怖いケアマネ
のヒロモリ
がお送りします【ゴールデンポーク
豚走記】…ではなく
【自転車奔走記】開講です!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先週は、「共感」という作業についてのお話を
しました。
介護福祉の現場での「共感」という
作業は、一般的な「共感」の
イメージとは少々
違って【依頼者と支援者】という対人関係
の上
に立って、依頼者の思いや訴えに対して過度の
感情移入
や感情介入を避ながら、冷静にそして
客観的に依頼者の思いや
訴えを受け止める「共
感しつつ理解する」作業と言えます。
今週はそ
の「共感的理解」についてのお話になりますが、
この「理解」という文言の意味がポイントです。

「理解」という言葉を目にすると、どうしても
「判る」とか「知る」とかいう意味を連想
して
しまいがちですが、この場合は「分析」という
言葉がニュアンスが
近いと感じます。「理解」
という行為を現在形で
捉えると「判った・判ら
ない」という意味合いが強くなりますが、
理解
と言う行為を現在進行形で捉えると「共感的理
解」は
「共感というツールを使いながら理解を
深めていく(分析)」という
意味合いが強くな
ると思います。そして総合的に考えるならば、
クライアントの成育歴や生活環境などの外形的
情報と、共感作業
によって得られたクライアン
トの思いや訴えを土台にして、今抱えている、
あるいは現前している問題点の解決を図ろうと
するその過程こそが
「共感的理解」ということ
もできるかもしれませんね。

では、その「共感的理解」について今度は具体
的に考えて
みましょう。
例として認知症に伴う問題行動の中で応対が難
しいもの
の一つである被害妄想を取り上げます。
この被害妄想ですが「物盗られ妄想」という言
い方を
する場合もありますが、お金や所持品を
「誰かが盗っていった」
と思い込んでしまう行
動です。その原因は色々考えることが
出来ます
が、一般的に脳機能の変容によって人間だれし
もが
持っている猜疑心がより強くなってしまっ
たり、物忘れが過度に
進行して、ついさっきの
自身の行動が全く思い出せない事で、
思い出せ
ない事を他人に転嫁してしまう事が多い様
です。

この被害妄想ですが、その行動がもたらす結果
特徴として“自分も他人も傷つけてしまう”と
いう事が挙げられます。
例えば「財布を○○が盗
っていった」という訴えがあったとします。
その○○さんにとってみれば、いわれのない疑い
をかけられる訳
ですから、いくら認知症だからと
言って気分の良いものではありません
よね。
またケースによっては、その被害妄想に攻撃性が
プラスされて、
○○さんを罵ったり、他人に「○○
さんが物を盗っていく。」と吹聴
したりすること
もそれほど珍しいことではないので、この被害妄
想の
対象とされた方は、いくら認知症からくる問
題行動と頭では理解して
いても、人間である以上
感情面でかなり傷つくことになりますよね。
翻って、その被害妄想を抱いてしまったご本人も、
病気が故という
事を本人は自覚できませんので、
自分の周りにいる人たちを常に
猜疑の目で見てし
まう事になります。つまり自分の周りのには信用
できる人間がいない事になりますので、その精神
的不安や負担は
想像を絶すると思います。以前私
が担当したケースで、その方
が大事にしている財
布や通帳が、何重にも厳封されて押入れの奥深く
に保管されていました。その方は家族であろうが
信頼している
お医者さんであろうが、絶対に保管
場所を明かしませんし、日に
何度も何度も保管場
所を確認しては「また誰かに盗られた」
と思い込
んで不安になって、兄弟に電話をすることを繰り
返して
いました。そのうちその疑いが兄弟に向け
られるようになると、
人の出入りを遮断するよう
になりました。他人を全く信頼できない
極度の不
安、社会で孤立してしまった孤独感の中で毎日を
過ごして
いたと思います。

このような被害妄想を持っている人に対して、ど
のように「共感」
という作業をしていくのか?
次回、介護福祉現場で実践されている手法等も
ご紹介しながらお話を進めていきたいと思います。
では、また来週お会いしましょう。
See You Next Week!!

【ウッチー輪ばなし】ザ・パートナー。

【ウッチー輪ばなし】連載・150回。

みな、みなさま、こんにちわ!!

土曜日の使者、ウッチーこと内田英希です。

今週は介護業務の食事介助時に不可欠な心強い

パートナーを紹介します!それが↓↓コチラ

tururinko.JPGのサムネール画像

トロミ調整食品、その名も『つるりんこ』!

みなさま方はトロミ剤ってご存じでしょうか?

飲み込む力(嚥下力)が低下された方が、食事や

水分を摂取するにあたって利用されるものです。

つまり、飲みこみを補助する食材ということ。

介護施設等、現場では絶対に欠かせないのですが、

実に様々なメーカーから発売されているんです。

因みに、たきびでの主戦力が、森永乳業グループ

クリニコ様から発売されている「つるりんこ」。

嚥下障害が起こると、水分を液状で飲んだ場合に

食道ではなく気管へと入るケースが発生します。

それが、肺炎をはじめとした病気へと繋がる…

そのために、水分をトロミ剤で少し粘り気を

確保する事で気管に入りにくくし、しっかり

嚥下できるような形状に持って行くワケです。

「つるりんこ」はトロミ剤特有の不快感が少なく、

ダマになりにくいので、ご利用者様にも好評

もちろん、他メーカーの商品にも優れたものが

沢山ありますので、風邪ひきのときなどに、

ぜひご自身でお試しになってはいかがでしょう?

高齢者の皆様にとって、嚥下障害は身近な問題。

それを克服してくれるツールは当然、重要です。

これからも、各メーカーが競い合いながら、

日進月歩で技術革新を重ねて欲しいと願います。

 

それでは今週はここらへんで失礼します。

どちらさまも良い週末を!また来週…

Please take care , everyone 

【生搾り】第213回『介護の距離感』配信!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第213回
『介護の距離感』の巻。


<今週のテーマ>

今週は、介護現場のスタッフが考える
「ご利用者様との距離感」について。
一般的には、あまり語られる事のない
インサイドなトークですが、決して
専門性に偏った話しではなく、どんな
仕事にもつながり得る内容なのでは?
と思います。ぜひ御一聴下さいませ!


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、
三浦真弥、伊藤亜也子、木田健太。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は…

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境) 

屋根の下のスマイリー。

以前のブログ記事でもチラッとご紹介

しましたが、4月からリニューアルした

スタッフ自己PRボードがコチラ↓です。

staff_bord_short.jpg

写真はエレベーター2階降りてすぐの

左側廊下に掲示させていただいてある

ショートステイ・スタッフVerです

皆なかなか素敵な笑顔ですねぇ〜!

ご覧になるご利用者様やご家族様の

中には、スタッフの笑顔につられて、

自然と口元が緩んでみえる方も少なく

ありません…そんな瞬間を拝見すると、

何だかとても幸せな気分になります。

ご利用者の皆様方!同じ屋根の下で

過ごす我々スタッフを、これからも

どうぞよろしくお願いいたします

【日々隆々】ハイサイ!友よ。

不定期連載【伊藤隆太の日々隆々】。

皆様方、お久しぶりです。

たきび松阪施設ショートステイ管理者の

伊藤隆太でございます!久々となる不定期

連載【日々隆々】、今回の話題はコチラ!

 

梅雨入り間近の沖縄から、嬉しいメッセージが

届きましたので、この場を借りて紹介致します。

メッセージをくれたのはかつてのチームメイト

である薬師神健二&由美子夫妻です

kenji_family_2014.jpg

過去にも本ブログの中で取り上げていますが、

薬師神健二さんと由美子さんは、会社創業後

間もなくして二人で就職しその後10年以上に

わたりヘルパーとして活躍した謂わば盟友です。

特に私は、社会福祉士の資格取得が、二人と

同期なので、とりわけ仲が良かったんです。

社内恋愛を経て、結ばれた二人でしたが二年前

残念ながらご家庭の事情で、故郷の沖縄県へと

帰らなければならなくなってしまいました。

そんな薬師神夫妻からのメッセージ内容は…

「たきびスタッフの皆さんお元気ですか?

 沖縄へ来てから、早いもので二年です。 

 子ども達も元気に育ち、ようやく生活に

 慣れてきたところです。沖縄では去年まで

 大型の介護施設での勤務でしたが、その後

 訪問介護部門へ異動となり、現在はたきびに

 在籍していた頃と同じようにヘルパーステー

 ションの管理者をしております。たきび本社で

 10年以上ヘルパーをしておりましたが、場所

 変われば文化も違うとはよく言ったもので、

 言葉から始まり、料理や掃除の仕方の違いなど、

 三重県との違いに、戸惑うことばかりでした。

 入浴介助も、沖縄には浴槽のある家庭は少なく、

 基本はシャワー浴なのです。また移動も市内は

 大変混雑しており専ら原付なのですが、天気も

 変わりやすく突然雨が降ってきて困ったり、と

 まだまだ沖縄文化の勉強真っ只中といった感じ。

 〝たきび魂〟を胸にこれからも頑張ります!

 今月はたきびスタッフ厨房の方など、三組もの

 方々が沖縄へ遊びに来てくれました。本当に

 嬉しかったです。沖縄では、只今あちらこちらで

 海開きが行われており絶好のシーズンですので、

 また遊びに来られた際は是非声を掛けて下さい!

 それでは、またお便りします。」

本人了承の上で、全文載せてしまいましたが、

遠くはなれた場所でも、こうしてたきびらしさを

持って頑張っている仲間がいてくれると思うと、

心の芯から誇らしく、嬉しい気持ちになります。

沖縄のケンジたちに負けない様に、我々も

足元を見つめなして、邁進して行きます!

 

では【伊藤隆太の日々隆々】、今回はこれにて。

皆様、また近いうちにお会いしましょうね!

定例勉強会「安全運転講習」。

今春、就職や大学進学を機にマイカーに

乗り始めたという方も多いかと思います。

街中でも普段以上に初心者マークを良く

見かける気がしますが、是非そんな皆様

には初心を忘れず、徹底した安全運転を

心掛けていただきたいと切に願います。

たきびでも通勤時に車を運転している

スタッフや、ご利用者様の送迎業務に

ハンドルを握るスタッフがおります…

という事で月2回の定例勉強会、先日の

のテーマは安全運転講習」でした!

2014.4.18-safety.drive.JPGのサムネール画像

今回は池田損害保険事務所様、日新火災

海上保険様に全面協力をいただきながら、

KYT(危険予知トレーニング)を中心に

安全意識向上を互いに見直してみました。

実際の事故映像から作成された例題では、

事故発生前状況から危険個所をあらかじめ

予測し、その後事故発生時の様子を確認。

落ち着いて、客観的に見れば誰でもすぐに

分かりそうな危険個所も、ドライバー

精神状況や天候条件等によって、見落と

してしまう恐れがないとは言えません。

なによりも、“落ち着いて”運転し、少し

でも危ないと感じたら、速度を落とし、

確認する“かもしれない運転”を心掛ける…

つまり基本の徹底遵守こそが重要です。

今後も安全運転講習を定期的に実施し、

事故0を目指し積極啓発して行きます!

ここにもあった関西風と関東風。

ショートステイのヒトコマです

ご利用者様が取り組んでおられるのは…

sakuramochi_2.jpg

『桜もち風の和菓子』づくりです!

ピンクに色づけしたもち米と白米を

丁寧に混ぜ合わせた皮に、たっぷりの

こしあんを包み込んだ和菓子で春の

雰囲気を満喫していただきました。

ところで、桜餅には関西風と関東風の

2種類があるのをご存知でしょうか?

関西風はお団子状、そして関東風は

クレープ状に縦長に皮を巻いたもの。

三重県ではもっぱら関西風ですので

はじめて関東風桜餅を見たときは、

にわかに驚いたのを覚えています。

この日皆様がお作りになったのは…

sakuramochi_1.jpg

ご覧の通り、もちろん関西風です!

正確には関西風モデルの和菓子

春の日の午後、ほうじ茶を片手に

談笑しながら和菓子を頬張る皆様は

何だかとっても幸せそうでした。

長らくぶりの雨が降り、極度の

乾燥状態も少し落ち着きました。

春の雨というのも、おもむきが

あってなかなか良いものですね。

今週も7days、覇気持ってGO!

【自転車奔走記】関わるケア#30。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第192回。

汗ばむくらいの毎日が続いています。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
寒暖差も少なくなり過ごしやすくなりましたが、
まだまだ不安定な気候は続きます。
さらにはインフルエンザだけでなく風疹も流行中
とのこと
皆様、体調には十分ご注意くださいね。
ところで、今期からメジャーリーグの名門ヤンキ
ースに入団した、元東北楽天の田中将大投手。
大リーガーを相手に快刀乱麻のピッチングを続け
ています。レッドソックスの上原投手も昨年
同様
に抑えの投手として相手チームの大いなる
脅威と
してマウンドに君臨していますね。
と、ここまで
はニュースソースのお話で本題はここからです。

田中投手、そして上原投手、両者とも決め球とし
名高いスプリットの遣い手としても有名です。
このスプリットと言う球種はホームベース付近で
真下に落下するような軌跡を描くボールです。
というと、所謂「フォークボール」の事かな?
考えますが「殆ど同じ球種で、日本とアメリカで
呼び方の違い」という解説もあれば「ボールの
握り方
や急速、落下率が微妙に違う別の球種」と
いうものも
あって、正直どちらが正解なのかワタ
クシには分からない
状態なんですね。でも、よく
よく考えてみると、スライダーにも縦変化と横変
があるし、4シームや2シーム、カットボール
等々球種が
本当に増えてきましたね。ワタシの子
供の頃と言えば、
カーブとシュートそしてスライ
ダーとフォーク
くらいの球種だったような覚えが
あり、正に今昔の感
に堪えませんね。そうそう!
そのほかの球種としては
ハイジャンプ魔球、エビ
投げハイジャンプ、
大回転魔球、分身魔球…など
名作「侍ジャイアンツ」の番場蛮の登場!
…スミ
マセン、少々趣味に走りすぎましたね
とココロ
を熱くする国民的野球漫画の登場を願ってやまな
人呼んで「たきびの自然借力法ケアマネ」ヒロ
モリがお送り
します【アパッチ自転車軍】じゃな
くて【自転車奔走記】
始まります!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

認知症ケアの第一歩として「認知症」という冠を
外した
当事者様と向き合い、その人を理解して共
感する事が
必要になることをお話してきました。
その中で、理解とは
その人そのもの、その人の人
間性を理解しようとするのではなく、
その人が置
かれている環境、生活歴、家族との関わり、病気
の内容
さらには趣味や楽しみ、人との交流、一日
の過ごし方などなど、
様々な情報を収取しながら、
外形的なその人の輪郭を描いていく
作業の事を指
します。そして理解という作業とほぼ同時に進行
する
のが、今回お話する「共感」という作業…と
いうか行為になります。

この「共感」という行為ですが、福祉全般に関わ
る全ての従事者が
先ず最初に叩き込まれる面接時
に従事者が取るべき基本的態度
の一つなんですね。
一般的には「共に感じる事」つまりその人
がどん
な思いで、何を感じているか?を我が事のように
受け止める
という態度の事を示します。波線部の
ように」という基本姿勢が重要なポイントです。
「ように」という事は【過度の感情移入をしない】
という意味
が含まれています。これは何故か?と
言いますと、ワタクシたち
福祉従事者が様々な支
援や介護などの援助を行う時、その
大前提となる
『クライアント(依頼者)と支援者』という人間
関係
があるからなんですね。ワタクシが行ってい
るケアマネジメント、
ヘルパーやデイサービスの
スタッフがしているケア、そして
ソーシャルワー
カーが行うケースワーク等々、様々な場面で
様々
な福祉的支援や援助がおこなわれますが、その支
援の
出発点は、色々な問題や困りごとに陥ってい
る人が何らかの
助けを求める事です。つまり支援
の要請を受けて初めて私達
は福祉的な手法を駆使
してその人の支援に当たります。

つまり、クライアントの依頼を受けて、その問題
を解決する
為に支援を行う事が福祉従事者の立ち
位置になりますので、
クライアントと支援者の双
方共通の目的は「問題の解決」と
なります。
その為にはあくまでも物事を客観的に観て、
そし
てクライアントと一緒に解決の方法を探る必要が
ある訳で、
クライアントの思いや考え等の情緒的
な部分に感情移入し過ぎて
しまうと、問題解決の
道筋を誤ってしまう可能性があります。
例えばアルコール依存症の方の苦しみ、お酒を飲
まずには
いられない、飲まないと苦しい、でも飲
むと歯止めが効かなくなり、
周りに迷惑をかけて、
友人も家族も離れていく、体も辛い、
お酒を止め
たいと心底思うのに、飲まないと苦しくなって、
またお酒飲んで…、この話はワタシが実際に訴え
を聴いた
ケースなんですが、その方は本当に苦し
そうにお話されていました。
でも、私がその方の
思いや辛さを一緒になって「共感」している
だけ
では問題の解決には至りませんよね。少々キツイ
言い方に
なりますがこれは単なる「同情」にしか
過ぎません。ですので、
共感という行為の肝とな
る「過度の感情移入を避け」、そして
あくまで冷
静にその人の思いを受け止める事が重要なんです。

その意味で言うと「共感」と言うよりは「共感的
理解」、その人の
気持ちや思いを慮ることで、そ
の人の置かれている立場や環境
そして訴えを肌身
で感じながら理解する行為と言った方がベター

もしれませんね。そしてその共感的理解という行
為を経ることで、
前段の外形的理解に血肉を通わ
せることが可能となり、クライアント
が初めて生
身の人間として支援の場に現われてくる
んです。
では、来週はもっと具体的に「共感的理解」の例
をお話して
いきたいと思います。
では、またも来週お会いしましょう。
See You Next Week!

【ウッチー輪ばなし】ラインの本数。

【ウッチー輪ばなし】連載・第149回。

みな、みなさま、こんにちわ!

土曜日の使者こと松阪施設長・内田英希です。

さて、今週は前置きなしでいきなりですが…


ワタクシはショートステイ生活相談員という

立場でもあるので、新しいご利用者様がどの

ような状態でいらっしゃるのかを確認する為

「実態調査」、通称「実調」を担当しています

そんな中で、絶対に欠かせないツールがコレ!

namecard.jpg

当然とも言えますが、自分自身の名刺です。

弊社の名刺は、役職と名前欄の下にライセンス、

つまり取得している資格が明記してあるのが

一つの特徴で、何を隠そう!?ワタクシ自身は

この名刺デザインが、とても気に入っています。

ワタクシの場合ヘルパー2級を除くと、ケアマネ

介護福祉士他合計3つの資格を取得しております

ので、資格名の横に3本のラインが入っています。

個人的には、このラインを今後更に増やしたい!

という野望をココロの奥に秘めております。

そのモチベーションとしても、このデザインが

気に入っているというワケなんですよねぇ〜。

ちなみに、先方様に名刺をお渡しした際に、

最も良くかけて頂く言葉は「へ〜、英希って

いう漢字、なかなか珍しくて良いですねぇ。」

大変うれしいことで、そうおっしゃって頂く度

名前を付けてくれた両親の顔を思い浮かべ、

あらためて、しみじみ感謝したりしています。

たきびの一員として、また一社会人として、

この名刺を大切にしながら、新たな出会いを

心待ちにしている今日この頃のワタクシです。

 

それでは、今週はこれにて失礼いたします。

又来週お会いしましょうPlease take care!

【生搾り】第212回『行きたい時代』配信!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第212回
『行きたい時代』の巻。


<今週のテーマ>

井戸端駄話しシリーズの配信です。
「行けるならどの時代?」という
テーマからトークはどんどん展開。
最終的には通信機器と人間の後退
にまで及びます…ぜひ御一聴を!


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、
三浦真弥、伊藤亜也子、木田健太。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は…

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境) 

三匹の猫に隠されたメッセージ。

久々に本社からの話題です…

本社事務所の玄関には、写真の様な

三匹の猫の楽団が飾ってあります。

honsya_cats.jpg

来客の方がおみえになった際に、

最初に視界に入るのがこの猫たち

になるのですが、実はこの置物には

本社スタッフからのちょっとした

決意のメッセージが隠れています。

原則、ホームヘルパーという職は

個人でご利用者様宅へうかがいます

ので、ご利用者様からすると当然

ながら個人の技量やキャラクターが

何より大切になってくると言えます。

その意味でスタッフたちは自分なりの

勉強を重ね、自身の精進に務めます。

しかし一方で、我々はチームとしても

プロでなければいけないと考えます。

例えば、自分が評価されたらそれで

OKというのは間違っているでしょう。

一流のヘルパーは、自分自身の評価と

同時に、他ヘルパー達をも評価して

頂けるサービスを提供出来る者です。

個性は違えど、チームとして互いを

輝かせ合う集団であり続けたい!!

玄関の置き物にはそんなスタッフ達の

メッセージが込められているのです

ランチを食べたその後にゃ。

本格的にあたたかくなりました。

こんなポカポカ陽気には睡魔という

モンスターが大活躍しますよね。

特にランチ後なんかはもう大変

ご利用者の皆様も午後の光を受け

ウツラウツラとまどろみの一時。

少しばかりのお昼寝は健康維持の

ためにも効果的だと言いますが、

あまり長い時間ではいけません。

そんな時、有効な眠気覚ましは…

IMG_6985.jpg

それが「脳トレ」と「手先運動」です。

スタッフが用意させて頂いた数種類の、

指先を使う脳トレゲームをお勧めすると

知らず知らずのうちに皆様方、背もたれ

から背中を離して、前のめりの姿勢に!

真剣な瞳は、最早眠気とは無縁の状態。

おやつ頃にはホールは笑声で一杯です

皆様もご自分の睡魔虐待法ありますか?

つながれ、らっきょうの WA!

ショートご利用中のN様は、食事の際

必ず、小さならっきょうをご持参される

のですが…このらっきょうには知る人ない

深くて心温まる物語が隠されています。

omoide_rakkyou.jpg

昔から御飯のお供にはらっきょうが

欠かせないN様は、いつもいつでも

自分自身の手で好みのらっきょうを

漬けていらっしゃったそうです。

それから時間は流れ…

大きなご病気をされたN様の身体は

徐々に自在には動けなくなります。

やがて、大好きならっきょうを漬ける

ことも困難になってしまいました。

しかし!今もN様は昔の味そのままの

らっきょうを召し上がっています。

なぜ、それが可能だと思われます?

実は、このらっきょうを日々漬けて

差し入れて下さるのは…お嫁さん!

「昔、義母に教えてもらったんよ。」

そう話されるお嫁さんの表情は笑顔

N様に対する愛情で溢れています。

「えぇ塩梅でちゃんと出来とるわ。」

N様の顔にも万感の笑みが浮かびます。

至福のらっきょうを拝見するたび、

家族の意味や偉大さを再認識します。

家庭の風習、おふくろの味は今日も

どこかで脈々と引き継がれています。

誰かにとっての季節アイコン。

ハル・はる・SPRING・春…

いたるところに春を感じますね

2014-4-13.hana.JPGのサムネール画像

施設周辺でもツバメが飛び交ったり

ツクシが生えていたり、と華やか。

残念ながら当施設敷地内には桜木が

ありません…が、それにも劣らない

とてもきれいな場所があるんです!

たきびファーム横の何もない場所。

でも、そこには野草が群生していて

季節感満点の花畑が、年一度の時を

彩ってくれています嗚呼健気也。

この時期だけの風物詩なのですが、

この光景こそが、たきびスタッフに

とって〝春〟のアイコンなのです。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第191回。

桜の見ごろも終わって、ようやく年度初めの
忙しさも
一段落といった所ではないでしょうか?
春らしいポカポカ陽気で、ちょっと汗ばむくらい
ですが、朝晩はまだまだ小寒い日が続いています。
皆様、まだまだ風邪には十分ご注意くださいね。

所で、先週末に所用で東京へ行ってきました。
桜満開の時期で天気も良かったからかどこもかし
こも人!人!不慣れな
人込みに四苦八苦していた
ヒロモリでした。
特に皇居周辺はまさに“人の波”
状態で、はるか先まで続く人々の列に怖気ついて
しまうくらいでした。
実はその日は皇居内の一部
が一般開放されていた
期間中で、それ目当てに
沢山の人が訪れていたん
ですね。

皇居と言えば、学生時代によく皇居東御苑という
所へ
遊びにいきました。そこはその昔江戸城が
あった場所で
皇居の中で一般開放されていて誰
でも入ることができます。
都心とは思えないほど
静かな環境で、ベンチに寝転がって
本読んだり
昼寝をしたりしていました。
と、しばし回想に
ふけっていましたが、よくよく考えると
その頃
から一人寂しく時間を潰すのが運命のヒロモリ…
今になって腹は脂で潤っても、人生の砂漠化は
末期症状
ため息まじりの【ケアマネの人生乾
燥期】ではなくて
【自転車奔走記】始まります!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週は「関わるケア」の連載予定でしたが、
先日ちょっと
気になることがありまして、その事
について皆様に
情報の提供をしたいと思います。
その内容は「障がい年金」の制度についてです。
一般に年金というと老後の生活をイメージされる
が多いと思いますが、老後の生活をサポート
する年金は
「老齢年金」と言って、年金保険料の
納付状況に応じて
ではありますが65歳以上の方に
支給される年金の事です。

今回お話するのは、それとは別の「障がい年金」
というもので、
病気や怪我などが原因で毎日の
生活が立ち行かなくなった
場合にその方の生活を
サポートするために支給される
年金の制度で、
本来であれば働くことで収入を得て
生計を営む事
ができる筈の方々が、病気や怪我が
理由で働いた
りすることができなくなり、そのために蒙る
経済
的なダメージを緩和する制度とも言えます。
また「障がい」と一口に言ってもその状態の範囲
はかなり広くて、
○視覚、聴覚、肢体不自由などの身体的障害。
○がんや糖尿病などの内部疾患による障害。
○うつ病や統合失調症などの精神疾患。
など、所謂三障害の分野がその対象範囲となって
いて、
これら状態のうちで概ね手帳でいう「1級・
2級」の障がいの
状態(※)にある概ね65歳以下の
が対象となります。
3級に相当する障害年金の種類もありますが、
  他年金の
加入状況(国民年金・厚生年金・共済
  年金)によって
対象とならない場合もあります。

「障がい年金」というと「相当重度の状態しかだ
めなのかな?」と
考えてしまいがちですが、実は
そうではなくて、かなり幅広い範囲
にわたって支
給対象となり得るんですね。
例えば「関わるケア」
の連載の基調テーマである認知症ですが、
アルツ
ハイマー病を始めとした若年性認知症も、その症
状の程度
によっては障がい年金の支給対象となる
ケースも多々ありますし、
がんや糖尿病、呼吸器
疾患などで長期の療養を要し生活や仕事
が著しく
制限を受ける場合も支給の対象に含まれます。
このように、生活の基礎中の基礎である経済的
基盤をサポート
してくれる大切な制度なんですが、
実はこの制度をご存じでない方
がまだまだいらっ
しゃるんですね。

介護保険制度のケアマネ業務をしているヒロモリ
ですが、
40歳から64歳までの2号被保険者の方で、
この制度をご存じ
でないがゆえに経済的に困窮し
ていて、思うように介護サービス
をご利用できず
にいる方が時々いらっしゃいます。
ですのでこれ
を機会に病気や怪我等の障害が原因で
経済的にお
困りの方がいらっしゃいましたら、ぜひ相談をし
頂ければと考えています。もし、障がい年金の
受給ができて、
少しでも経済的な負担が軽減でき
るのなら、こんないい事は
ありません。まさしく
「社会保障」の真たる姿ですよね。
ただ、支給の
要件等については細かな決まりがありますので、
全員!という訳にはいかない事はご了承下さい。

最後に…
相談機関等についてお知らせをしておきます。

(相談機関や窓口)
○各地の日本年金機構の年金事務所やお近くの
  年金相談センター
○お住まいの都道府県の「障害年金相談センター」
(インターネットでの情報収集)
○政府広報オンライン「暮らしのお役立ち情報」
○日本年金機構トップページ左横の「年金のこと
  を調べる」欄中
「障害年金」をクリック。

以上、今週は障がい年金の制度についての
お知らせでした。
来週からは「関わるケア」が
再開となりますので、こちらも
お楽しみに…
それでは、また来週お会いしましょう。
See You Next Week!

【ウッチー輪ばなし】松坂城の「坂」。

【ウッチー輪ばなし】連載・第148回。

みな、みなさま、こんにちわ

いきなりですがワタクシ、ウッチーは、

時間を見つけて職場のある松阪市の観光

スポットを巡るように心がけています。

ご利用者様のほとんどは生まれも育ちも

松阪という方ですので、互いの共通話題を

持つ為に!と数年前から始めた習慣です。

所が、松阪で最も有名な季節スポットには

なぜだか出向く機会がありませんでした。

sakura.jpg

そう!その場所とは「春の松坂城跡」

遂に念願叶う、、行ってまいりました。

すみません、写真技術があまりないので、

雰囲気が伝わりにくい上、小さな画像に

なってしまいましたが、何と美しい桜

この桜ともあと数日余りでお別れかなぁ

と思うと、季節の儚さを感じますよね。

今まで、休みが合わなかったり、或いは

桜が満開でなかったり…と、ここまで

タイミングを逃していましたが、今年は

しっかり観賞することが出来て満足です。

市営駐車場が200台完備しているので、

車で出かける方々にも、とっても便利。

ちなみに、地元松阪市民の間では有名な

話しですが、正式名称は「松坂城」です。

「阪」ではなくて「坂」…一体なぜか?

一説によると、明治期に「坂」の字が

士(さむらい)が反するという意味に

とれると嫌われたため、それ以来地名

には「阪」を使う様になったということ

らしいです。そう言えば、大阪城も正式

には「大坂城」と表記しますよね。

 

それでは今週はここらへんにて…

例年以上に春を満喫している土曜日の男、

たきび松阪施設長の内田英希でした。

みなさま、また来週お会いしましょう

Please take care , everyone!!

【生搾り】『今後の介護問題(後)』配信!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第211回
『今後の介護問題(後編)』の巻。


<今週のテーマ>

先週に引き続いて後編の配信です!

人口の分布変化がますます加速する中、
介護・社会問題も形を変えつつあります。
今週と来週の配信は、一人っ子介護や
ヤングケアラーといった言葉を皮切りに
メンバーが起こり得ると予想する今後の
介護・社会問題についての談論をどうぞ…


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、
三浦真弥、伊藤亜也子、木田健太、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は…

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境) 

春夏秋冬、ガッツを込めて。

「今が一番ええ季節やな…」とは、

あるご利用者様のお言葉です

確かにこの時期は、長かった冬を

乗り越えた安堵感と、これから

暖かくなるという期待感とで、

自ずからウキウキしますよね!

季節をハッキリ意識出来るのは

日本に在住する者としての特権。

このままもう少し、しみじみと

春の陽気を楽しみたいものです。

さて、、先日の松阪施設は…

lunch_2014_april_9.jpg

桜の香り漂う、まさに「春!」

といった風情のランチでした。

写真ではイマイチ伝わり切って

いないような気もするのですが、

配膳の際は、ご利用者様方より

オォというどよめきが上がる程

美しい立体的の色合いでした。

シェフである森松さんの工夫が

ヒシヒシ伝わってくるメニュー

に皆様もガッツリ心を奪われた

ご様子で、一口一口を噛み締め

ながら箸を進めてみえました。

厨房を預かる「がっつ」の皆様

春夏秋冬、心のこもった創意と

工夫に心より感謝しています!

花言葉「美人」...さて花の名は?

今日はちょっと詩的な話題を…

tsukimisou_under_the_graund.jpg

施設の玄関前、何もないコンクリートの

間から突如顔を出し始めた黄色い草花。

春の陽気も手伝って、日に日に大きく

成長してきました。最初は雑草かな?

と思いましたが、あるご利用者様から

「これは月見草や」とご教授頂きました。

せっかくなので今のところ、抜かずに

その成長をみんなで見守っています

現在はきれいな花を咲かせています。

正式名称マツヨイクサ、夜に咲く花。

言葉はズバリ〝美人〟…なんだか

とっても神秘的な感じがしますよね。

ご来設の際はぜひお探し下さいませ。

カモン・カモン・カノン!

大いに盛り上がる松阪施設の午後!

そうです、ご利用者様にはすっかり

お馴染みとなったボランティア活動

グループ『かのん』様の登場です

2014.4.7-canonsama.jpg

リトミック要素を多分に含んだ

パフォーマンスで、今回もまた

会場は、あっという間に一体化。

春ということもあり軽快な曲が

多かったのが印象的で、これには

ご利用者の皆様方も自然と体が

動いちゃう…といったご様子

春という季節はやはり身も心も

開放的にしてくれるようですね。

終演後、会場が少々蒸し暑くなる

ほどに活動的な70分間でした!

『かのん』様、いつもありがとう

ございますまた次の機会を

楽しみにお待ちしております。

深い記憶の祭り囃子。

先日のたきび松阪施設イベントより…

この日は民謡・三味線の『秀爾会』様、

日本舞踊の『美松会』様、更には尺八や

古典太鼓の方々も合わせて合計28名もの

演者様に大挙お越しいただきました!

2014.4.4-hidejikai.JPGのサムネール画像

『佐渡おけさ』『黒田節』『阿波踊り』

『ソーラン節』そして地元三重に伝わる

『伊勢音頭』等々…アンコールを含めて

12曲もの演舞をご披露下さいました。

当たり前ですが全て生演奏ですので

その迫力はかなりのものそして、

その演奏をバックにした踊りもまた

臨場感豊かで素晴らしかったです!

いつもなら、手拍子や足拍子で会場を

あおられるご利用者の皆様ですが、

この日はほとんどの方が、終始に渡り

ステージを見つめておられました。

それは娯楽に対する興味というより

まるで遥かな想い出への感慨深げな

回想であったような気がしました。

演者の皆様方、素晴らしい空間を、

心よりありがとうございました!

次回のお越しをお待ちしています。

学校ではそろそろ入学式の時期に

なりましたね…サクラも散り始め

これからは一気に暖かくなります。

皆様!暴飲暴食に気をつけながら

さぁ今週も7days覇気持ってGO

【自転車奔走記】ちょっと一息。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第190回。

4月最初の日曜日、皆様いかがお過ごしですか?
年度初めのバタバタも、ちょっと一服といった
感じでしょうか。ただ、例年ならとっくに収束
しているインフルエンザの流行ですが、今年は
ダラダラと継続している様子です。皆様、まだ
まだ油断大敵!必要に応じてマスク着用などの
予防策を講じて、春爛漫を楽しみましょうね。
このところの陽気続きでようやく重い腹…じゃ
なくて重い腰を上げて自転車活動を再開したヒ
ロモリでございます。よる年波というか、あれ
ほど大丈夫だった寒さに年々弱くなり、
今年の
冬は殆ど自転車乗らずじまいの毎日でした。
お陰で全身を覆う肉襦袢もさぞかし成長した…
と思いきや、
意外に目立った体重増加は無かっ
たんですね。
逆に暖かくなってきたここ最近の
方が、体重の増加が目立って
います。ちょっと
不思議に思って調べてみた結果、
意外な事実が
判明!
ニンゲンって、寒い場所では体が震えて
きますよね。それって
体温を奪われないように
するために、全身の筋肉が小刻みに
に緊張・振
動して体温を上げるいわば「生理的防衛反応」
みたいなものだそうです。言ってみれば人間の
体の中でエネルギー
交換が行われている訳で、
体内のエネルギーを使って熱を
発生させている
事になるんですね。
つまり、“寒さこらえて震え
ている”ことが運動をしている状態と
同じ生理的
効果を発揮していて一見グータラなヒロモリで
冬の間は常時運動をしているのと同じ生理的
恩恵に与っていて、
冬の間中喰っちゃ寝してい
てもさほどの体重増にはならなかった
という
カラクリなんですね。
ところが暖かくなってく
ると、無理に体温を上げる必要がなくなり
筋の
緊張や振動をして体を震えさせる必要がなくな
ります。
つまり、心身共にグータラ状態になる
わけですよね…
その結果、寒さという外的要因
のみで一応の均衡を保っていた消費カロリーと
摂取カロリーのバランスが崩れ、哀れヒロモリ、
いつものようにせっせせっせと腹脂肪を溜め込
んで…という顛末
春爛漫ならぬ腹乱満のヒロ
モリがお送りしています【自転車奔走記】本年
度も宜しくお願いします!


今週は恒例、月初めのちょっと一息のコーナー
でした。
来週からは「関わるケア」の連載に戻
りますので、お付き合い
お願いいたします。
それではまた来週お会いしましょう。
See you next week!!

【ウッチー輪ばなし】ツクシの詩。

【ウッチー輪ばなし】連載・第147回。

みな、みなさま、お元気ですか!

4月に入り、暖かくなってきましたね。

最近はランニングしていると、ポタリと

汗がしたたり落ちるくらいの気候です。

程よい運動は心身の健康管理へと繋がる

重要な秘訣ですので、普段はほとんど

運動と無縁、、なんて方もぜひこの春

からチャレンジしてみて下さいませ

でも、あくまでも、無理のない程度で…

 

さて、先日のランニング中のことです。

何気なく足元を見ると、こんな光景が!

tsukushi.jpg

春の申し子、つくしが生えていました

桜ももちろんですが、個人的にはむしろ

つくしが元気良く咲いているのを見ると、

春到来が現在進行形になったと感じます。

そういえば子供の頃、得意げにつくしを

家に取って持って帰ると、母親が手際よく

調理してくれたっけなぁ…袴取るのも、

あの頃は楽しく思いましたが、時流れて

今では少々面倒くさいのが正直なところ。

30代になった今、しみじみと思います

あぁ〜もう一度、食べたいおふくろの味!

懐かいあの我が家で無邪気な頃に戻りたい。

ワタクシにとって、つくしという植物は、

家庭や仕事に追われる今の自分に、そんな

郷愁をもたらしてくれる心の目印です。

 

では今週はここらへんで失礼します。

新社会人、新入生、新人事、新天地…

みなさまの4月が、スタートダッシュ成功!

となりますに、陰ながら願っております。

最後に、、今年度も〝チームたきび〟を

何卒、宜しくお願い申し上げます。

それでは、また来週!Please take care

【生搾り】『今後の介護問題(前)』配信!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第210回
『今後の介護問題(前編)』の巻。


<今週のテーマ>

人口の分布変化がますます加速する中、
介護・社会問題も形を変えつつあります。
今週と来週の配信は、一人っ子介護や
ヤングケアラーといった言葉を皮切りに
メンバーが起こり得ると予想する今後の
介護・社会問題についての談論です。


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、
三浦真弥、伊藤亜也子、木田健太、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境) 

初めて制服に袖を通した日。

一昨日の朝、玄関ロビーで行われた、

2014年新卒入社スタッフ辞令公布式。

jireikoufushiki_2014.jpg

新人達にとっては、初出社の日!

3ヶ月間の厳しい研修を終えて、

無事に現場に羽ばたくこの日は、

仕事として初めてたきびの制服に

袖を通した記念日でもあります。

アングル的に写っていませんが、

写真手前側には、当日出勤だった

スタッフたちが整列しています。

自分が選んだチームの先輩たちに

見守られながらの船出式…大きな

拍手は歓迎の意味と共に、この先

苦しい時も手を繋ぎ合わせながら

共に乗り越えて行こうぜ!という

エールでもあったと思います。

さぁ今日から一緒にがんばろう!

みなさま、新たなチームメイトを

何卒宜しくお願いいたします。

ドキドキ・エイプリール。

新しい年度がスタートしましたね!

新しい何かが始まる時期、フレッシュな

気持ちで、前向きに行きたいものです

2014_4_welcome.jpg

昨日は新入スタッフの辞令公布式や、

介護報酬改定に係る事務方の確認業務等

何かと新年度開幕を感じる一日でした。

玄関ロビーのウェルカムボードも昨日

からは桜バージョンにリニューアル。

今月も外部内部のイベントが目白押し!

ご利用者の皆様方に、春の訪れを一層

楽しんで頂くための準備は万端です

皆様あらためまして、今年度も我々

ケアステーションたきびへのご指導

ご鞭撻の程を、お願い申し上げます!

追伸…

辞令公布式の模様は後日ブログ記事で、

アップいたしますので、お楽しみに。

新たな季節、新たな気持ち。

先日。国家資格「介護福祉士」の二次試験

合格発表がありまして、幸運にも受験した

4名全員が合格させて頂く事が出来ました!

sakura_tsubomi.jpg

実技試験である二次試験は、ある意味

筆記試験以上に緊張をするものですが、

ユマニテク医療福祉大学校の伊藤幾代

先生からご指導を頂いたこともあり、

比較的落ち着いてのぞめたそうです。

新年度に入り、新人スタッフへの指導

機会も増えるこの時期、新しく資格を

得て、決意も新たになったであろう

4名の更なる活躍を期待しています

資格を使うも、資格に使われるも全て

自分次第!初心忘れず精進、精進!

アーカイブ

月別 アーカイブ