ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 

2013年12月アーカイブ

ありがとうございました!

2013年も多くの皆様方から

温かい声援を頂戴致しました。

時には優しく、時には厳しく…

それらは全て我々の力になり、

チームたきびが前進する為の

貴重なガソリンとなりました!

2013_bounenkai_all.jpg

あらためて、皆様方に心より

御礼と感謝を申し上げます。

誠に有り難うございました!

本当に有り難うございました!

心より有り難うございました!

どちら様も、良いお年を…

転んでからが本当の勝負。

松阪施設のショートステイで作製している

巨大ダルマがようやく姿を現してきました!

daruma.JPGのサムネール画像

以前、当ブログで紹介してからも、ご利用者の

皆様とスタッフが一丸でコツコツと手を加えて

きましたが、あまりの大作に正月までにできる

のか!?という心配の声があがる程でした…。

しかし、皆様方の根気良い作業のおかげで、

何とか明後日の元旦には間に合いそうです

雄々しいダルマが2体!どうぞお楽しみに!

【自転車奔走記】本年最後の連載!

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第176回。

12月に入ってからというもの、週末になると
前線や寒波の影響で、雪や雨の日が多いですね。
ほんとに嫌になりますが天気には逆らえません。
皆様、暖かくして、風邪をひかぬようお気を付け
くださいね。さて、今年も残り僅かとなりました。
思い返してみると、東京オリンピック招致など
ビッグ
ニュースもありましたが、全般にザワザワ
とした
ニュースが多かったような気がします。
いろいろな面で、少しずつ私たちの生活が
変わっていく
その“始まり”のような今年の1
でして、ワタクシ的に
は、ほんと~に「あっ!」
という間の一年でした。
皆様はいかかでした
でしょうか?
この【自転車奔走記】も一年間
お付き合いいただき
誠にありがとうござい
ました。
一年の感謝を申し上げるとともに、
今年最後の【自転車奔走記】始まりです!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先週に引き続いて情報の“リンク”について
考えて
いきましょう。先週のお話でAさんの
排泄に関する行動の情報
を集合すると
「『(8)Aさんは排泄をトイレでする
という習慣を保持している。」という新たな
情報が
生まれたというお話をしました。
この結果には推理
という作業を経ることで
辿り着くことができる情報群
でしたね。
そして今週は「逆」という考え方を使って
情報(6)「Aさんはトイレを探す」と
情報(4)「Aさん
はトイレの場所を探し
だす事ができない」の関わりを
見ていきます。

何度も本ブログでお話してきましたが、
関わるケアに
おける情報の分析には、因果律
からの離脱、つまり
現前にある事象現象を
ありのままにとらえて、その関係性
を探し
出し再構築するという作業が必要不可欠です。
先ほどの事例で考えると「トイレの場所を
探し出すことが
できないAさん」という
現象を結果とするならその原因とは?
というような考えです。これが1+12
いうような簡単な
数式で表現できるもの
であればいいんですが、実際は
複合式、
時によっては連立方程式くらいの複雑な
数式を
処理していかなくてはなりません。
事例でいうと、その原因は
Aさんの認知
能力であり、Aさんの置かれている環境
であり、
そしてAさんのその時々の身体の
状態であり、それら様々
な要因が複合的に
関連しあって『探し出すことができない』
という行為結果を導いているわけですね。

このような事例に対して因果律にとら
われた思考を続けると、複数の原因因子

ある認知機能、環境という原因と考えら
れる因子ごとに
縦割り的な対応を取ら
ざるを得なくなります。そしてもっと重要
なことは、Aさんの『できること』、
言い換えれば「良い所」を
オミットして
しまう危険性もあるからなんですね。
つまり「トイレを探し出すことができない」
という行為結果
の原因究明を進めていくと、
Aさんの認知機能や
在住環境ばかりに
目が行ってしまい、今現在
保持している
機能、つまり「トイレに行きたい」という
欲求を
感じることができる機能や、
「トイレで排泄したい」と思う
習慣的記憶、
そして「歩いて移動できる」という身体機能
といった、Aさんのパーソナリティーを
【負の方向へ
分割】して評価してしまう
ことになりかねません。

特に結果の改善を常に求められる現場では、
先ほどの因果律的思考の負の部分、ご本人に
とって問題となっている
部分ばかりに目が
行って、もっと評価すべき事象に目を
塞いで
しまうといった事態が生まれやすくなります。
負の部分にばかり目が行ってしまうと以前
このブログで
お話しした通り…

トイレ以外の場所で排泄をして部屋を汚す。
 ↓
トイレの場所を探し出すことができない。
 ↓
歩くことができるから、家屋内のいたる
所で
排泄をしてしまう。
 ↓
認知症があるので、声かけをしても
なかなか
トイレでの排泄が難しい。
 ↓
問題解決のために、おむつやリハビリ
パンツのような
排泄失敗の防止策を取る。

といったように、Aさんにとって本来良い
点として評価
されるべき「歩く」という
機能ですら【負の分析】をされて
しまう
ことになりかねません。
先ほどの話は極端
すぎる例ではありますが、そこまで極端
ではないにしても、似たような対応を導き
出してしまいかねない
のが現実です。

と、このような因果律の負の面からの離脱
を助ける思考
方法が【果⇔因】という
発想になるんですね。
その詳細は来週…
というか来年のお楽しみに!
では今週と今年はここまで。
来週、そして来年またお会いしましょう!
See you next week!and
May you have a happy new year !! 

【ウッチー輪ばなし】僕らの2013年。

【ウッチー輪ばなし】連載・第133回。

みな、みなさま!お元気ですか!

年の瀬を迎えて、ますます元気なウッチー

こと松阪施設長の内田英希でございます

本年最後の本連載、さっそく本題へ…


昨日27日は『スタッフ大忘年会』でした。

毎年何かしら盛り上がるサプライズを

準備するのが、この会の特徴なのですが、

今年の目玉は何と言ってもスタッフが

編集したショートコント短編ムービーと

約9分にも及ぶ大作、2013総決算ムービー!

ビデオ.JPGのサムネール画像

この↑↑DVDデッキから、プロジェクターと

サラウンドスピーカーに映像と音声を送り、

大きなスクリーンでの大迫力の観賞です

ショートコントムービーでは割れんばかりの

大爆笑の連続、そして総決算ムービーでは

一年を振り返って、誰もが感慨ひとしお。

ありきたりな表現ですが、感動的でした。

全員がスクリーンに集中して、その場面の

写真を誰も撮っていないのが、我々らしい…

それにしても、つくづく今このメンバーで

仕事ができる事に感謝したいと感じました。

来年もこの調子で、チーム一丸驀進します

ので、ぜひ2014のたきびをお楽しみに!


それでは本年最後の【ウッチー輪ばなし】、

ここらへんで失礼したいと思います。

一年間、乱文にお付き合い頂きすみません

でした、そしてありがとうございました!

2014年も、何卒宜しくお願い致します。

では、どちら様も良いお年を…

Please take care , everyone!!

【生搾り】『2013・生搾りアワード!』配信!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第196回
『2013・生搾りアワード』の巻。

 ☆
<今週のテーマ>
年末恒例「生搾りアワード」です!
本年のエピソードの中から、メンバーが
最も印象に残った回を選定し、それを
2014年最初の週に再放送配信する企画。
さぁ果たして、本年のアワードは一体
どのエピソードに輝いたのでしょうか…

「ヘルパーのカタチ生搾り」、本年も
お世話になり、ありがとうございました。


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、
三浦真弥、伊藤亜也子、木田健太、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

食べるスノーマン参上。

昨日の「手作りおやつ」より…

IMG_5980.JPGのサムネール画像

サンタクロースに扮した、ショートの

スタッフ上谷がプチシューを組み合わせ

可愛らしい雪だるまのベースを製作。

そしてここから先は、ご利用者様方に

バトンタッチし、チョコペンで顔を

デコレーションしていただき、最後に

ポッキーで手を付けたら…よし完成!

仕上がった雪だるまケーキを、すぐに

食べてしまうのがもったいなくて

しばし、観賞にふける皆様方でした。

馬と花からメッセージが...

松阪施設の展示品に、新たに

2つの作品が仲間に加わりました!

まずはこちらです…ご覧下さい。

origami_etouma.jpg

あるご利用者様のご家族の方より

「施設で飾ってもらえれば…」と

頂戴した折り紙製干支の馬です

一説によると、海外で最も簡単で

ウケる日本文化の紹介方法は、

相手の目の前で折り紙を折って

見せる事だと言われていますが…

なるほど!この作品を拝見して

いると、頷ける気がしてきます。

たてがみがしっかり再現されて

いる所などは、日本人ならではの

繊細さを感じずにはおれません。

ありがとうございます!さっそく

玄関に飾らせていただきました。

続きまして…ご覧下さい!

こちらは、当社代表の赤塚が講師を

務める「介護教室」のある生徒さんが

描かれた、美しいタッチの絵手紙

sakurasou.jpg

描かれているサクラ草の花言葉

〝少年時代の希望〟をもとに、

「高齢者の人達がみな、元気に

過ごせます様に…」と願いを

込めて筆を走らせたそうです。

「施設に飾って下さい。」との

お言葉に甘えて頂戴しました。

誠にありがとうございます!

さっそく展示させて頂きます

そしてご利用者の皆様方には、

きちんとこの絵に込められた

メッセージをお伝えしますね!

慎み深く理解しようとする姿勢。

先日は「冬至」にちなんで…

ご利用者の皆様方に〝柚子湯〟

〝南瓜湯〟を楽しんで頂きました!

yuzuyu.jpg

浴場や脱衣所を越えてフロアまで漂う

さわやか〜な香りが郷愁を誘います。

さらにビタミン効果で、身体も芯まで

暖まった皆様は笑顔でおしゃべり

最近めっきり寒くなってきましたが、

こうして四季折々の風情を楽しめるのも

日本ならではの文化といえますよね。

ご利用者の皆様はこの様な伝統を、

時代が変わっても実践し伝承する

大切さを誰よりも感じてみえます。

まだ20代前半の若いスタッフたちは

そんな皆様方から、日々学びながら

一人前の社会人へ成長してゆきます。

我々の仕事において、技術や知識は

もちろん最重要ファクターですが、

それだけで充分とは断じて言えません。

ご利用者の皆様が見てこられた風景、

つまりは日本の文化や習慣について、

慎み深く理解しようとする姿勢は、

必ず相手にも伝わっているものです。

この日、湯船につかる皆様の姿は、

いつもよりさらに偉大に見えました。

Merry Christmas To You

テンヤワンヤでセンチメンタル。

クリスマス直前の3連休ということで、

どこもかしこも、大変な混雑ですね。

クリスマス関連の商品が店頭に並び、

街路樹には美しいイルミネーション。

あわただしくも、町全体が賑やかで、

かつ少しセンチメンタルな時期です

たきび松阪施設内でも、あちこちに

赤や緑の装飾が散りばめられて…↓↓

x'mas-short.JPG

こんな感じで幸せな雰囲気満開

勿論、ほとんどはご利用者様方の

手作り作品ですので、温かさが

伝わってアットホーム感が倍増!

いよいよ2013年もあと約一週間、

この空気をしっかり堪能したいと

思いますので、皆様も松阪施設へ

お越しの際は、ぜひとも一緒に

〝幸福気分〟になって下さいませ

さぁ、今週も覇気持ってGOだ!

【自転車奔走記】「関わるケア」#20。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第175回。

今月に入って急に寒くなりましたね。
冬らしいと言えばそうなんですが…やっぱり
外回りの時は寒さが身にこたえます。
皆様、
風邪に負けない様にしてくださいね。

ところで、先週島根県に行ってきました。
強行スケジュールでしたのでゆっくりはでき
ません
でしたが、念願の出雲大社の参詣は
果たすことが
できました。思えば高校時代の
修学旅行以来の
参詣になりましたが、今年は
60年に一度の式年遷宮
の年でもあって、
本当に沢山の参詣客で賑わって
いました。
今年は我が伊勢の国の伊勢神宮も遷宮

大いに賑わっていましたし、それぞれ記念
すべき
としにダブル参詣が叶うのも何かの
ご縁だったかも
しれませんね。
ただ、参詣の後に名物の出雲ソバを食べ
過ぎて、
いつもにも増して注連縄が似合う
太鼓腹で
帰宅したヒロモリでござました。
と、相も変わらず信心よりも食欲が勝る
“出雲”ならぬ
“出腹”ケアマネ、ヒロモリが
お送りします自転車奔走記
始まります!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先週に引き続き情報の分析を続けます。
先週、情報のピースの関連性を探るための
情報収集の方法を見てきました。得られた
情報を謂わば因数分解、細切れにしていく
作業をすることで、できうる限り情報その
もの付随する
「評価的な要素」を無くして、
情報収集時に起こる
先入観的評価を防ぎ、
情報同士のつながりや関連性に
目が行き
やすくなります。
そんな作業で得た情報が、

(1)Aさんには尿意がある。
(2)Aさんは歩く事ができる。
(3)Aさんは環境の変化が理解できない。
(4)Aさんトイレの場所を探せない。
(5)Aさんはトイレに行きたい。
(6)Aさんはトイレを探す。
(7)Aさんは色々な所で排泄をしてしまう。

という情報群でした。
で、今週はこれらの情報の関わりを推理して
いく
作業になります。情報を細切れにしていく
ということは、別の見方
をすれば情報群が
単なる情報の集合体になる
と言えますので、
それぞれ独立した情報を再編成
していかなくて
はなりません。その再編集作業の
第一歩が
「推理」という作業で、情報と情報を繋ぐ
結節点となる情報を探し出す作業なんですね。
では具体的に見てみましょう。

(1)の情報と(5)の情報には元々相関性が
ありますよね。
排泄をしたいという生理的な
欲求があるからこそ
トイレへ行って排泄したい
という行動を起こす訳
ですから当然といえば
当然の事なんですが、
トイレで排泄するという
行為は文化や習慣
に根付いた行為ですよね。
私たちは排泄をするとき当然
のようにトイレに
行って排泄をしようとします。この行為
のうち、
「排泄する」ということは人間の生理的行為
ですが、
排泄をする「トイレ」という場所は
社会の文化的・習慣的
な産物ですよね。トイレ
という場所や排泄をする特別
な場所と言った
概念や文化がない地域があれば、
排泄はトイレで
するものという考え自体が通用しなく
なります。

とすると、Aさんは排泄をしたいという生理的
な欲求を満たすために「トイレ」に行こうと
している訳で、
お住まいの地域の文化習慣に
従った行動を
取ろうとしている事になります。
これらから一つの関連情報が浮かび上がります。
それは『(8)Aさんは排泄をトイレですると
いう習慣を保持
している。』という情報です。
この情報からAさんの認知症
の程度判断に一定の
材料が提供できるのと同時に、
尿意という
生理的欲求と、トイレという
文化習慣を繋ぐ
ことができましたね。

この3つの情報の関連性を文章にすると、
Aさんは尿意がある。そして排泄はトイレで
 すると考えている。
故にAさんは排泄がしたく
 なるとトイレに行きたくなる。』
ということになりますね。
ずいぶん簡単な作業を小難しく話しているだけ
と感じる
方も多いとは思いますが、一つ一つの
情報からどのような
関連性を見出して、
どのように繋げていくのか?という
考え方が
ご理解いただければOKなんです。

先ほどお話してきた3つの情報は繋がりを持つ
ことが
できたので、一つの情報集合体として
扱うことが可能と
なります。実際の情報分析の
作業では、それらの集合体
をどれだけ発見でき
るか?がキーポイントになるんですね。

話を戻しますが、先ほどの情報集合体は、
今後は
別の情報とのリンクが可能なんです。
それは(6)Aさんはトイレを探す。という
情報です。
これは比較的明快なリンクで、
トイレという場所で排泄したい
という行為欲求
があるからこそトイレを探そうとするのですが、
ここで別の情報が立ちはだかります。それは
(4)トイレの場所を探せない。という情報。
立ちはだかるという言葉を使いましたが、
実はこの情報同士のリンクを探るためには
別の角度からの
情報分析が必要になるんです。

それがもう一つのキーワード「逆」という
考え方です。
次週はこの逆手法を使って
(6)の情報のリンクを探していきます。
それでは、また来週お会いしましょう。
See You Next Week!!

【ウッチー輪ばなし】献血10回目の節目。

【ウッチー輪ばなし】連載・第132回。

みな、みなさま!こんにちわ。

この時期を師走とは、昔の方々はうまく

言ったものだな…と、歳を負うごとに

つくづく身に染みて感じているワタクシ、

ウッチーこと松阪施設長・内田英希です


さて、今週の本題は…

まさに個人的なエピソードなのです!

ワタクシは時間があり、タイミングが会うと、

心掛けて行うことがあります、、そう、献血!

このブログでも、また弊社のインターネット

ラジオ番組『ヘルパーのカタチ・生搾り』でも

時々話題に出させて頂いております。

その献血が先日でちょうど10回目となり、

赤十字より、節目の記念品を頂きました。

kenketu.JPGのサムネール画像

欲深いワタクシは調べてみました、すると

次は30回目で記念品がいただける様です

ちなみに、最近はもっぱら血小板のみを

献血する成分献血をしてもらっています。

ご存知の方もおみえになるとは思いますが、

成分献血を行う場合、次の献血するまでの

期間は、14日間確保とかなり狭いんです。

月に2回は献血が出来るというシステムです。

加えて今回は、三重県血液センターより、

『HLA適合血小板献血登録』を依頼され

ましたので、お引き受けさせて頂きました。

またこのHLA適合献血に関しては、日を

改めてご報告&解説させていただきますね。

みなさま、献血にご協力を下さい…ワタクシ、

ウッチーよりのささやかな願いです!


それでは、今週はここまで。

来週は今年最終連載となりますが、もちろん

2014年も続いてゆきますので、何卒よろしく

お願いいたします!それでは、また来週~

Please taka care , everyone!!

【生搾り】『それでも正義を考える』配信!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第195回
『それでも正義を考える』の巻。


<今週のテーマ>

2013年最後のレギュラー放送の
主題はズバリ!「正義とは?」。
人類の有史以来、語られ続ける
不変のテーマを、メンバーなりの
視点でクロストークしてみました。
お聴き頂き、皆様もお考え下さい。

さて、来週は…
いよいよ今年もやってきました
年末恒例「生搾りアワード2013」
の配信予定です。お楽しみに!


<今週のメンバー>

三重県ケアマネ協会副会長・倉田理。
赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、三浦真弥、
伊藤亜也子、大西竣也、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

赤いコスチュームの理由。

松阪施設に「カトレア」様が登場!

ご利用者様にもすっかりお馴染みです

IMG_5832.jpg

スクリーン&キーボードを用いた

完成度の高いパフォーマンス…

例えば、合唱と紙芝居の融合等の

独創性はいつも勉強になります。

よほどの準備を重ねて下さった

ことは想像に難くありません。

さらにこの日は、Xmasに因んで

コスチュームを赤色で統一されて

みえたのもとても印象的でした。

「カトレア」様、貴重な時間を

誠にありがとうございました!

ご利用者の皆様は早くも次回の

ご来訪を楽しみにされています

どっちのランチSHOW!

先日の本ブログの記事において、

「あったかメニューウィーク!」

触れましたが、その中でもとりわけ

25日は、ご利用者様方にとっても、

我々スタッフにとっても、特別な

意味を持つランチになりそうです

IMG_5869.jpg

なぜか?…実はこの日のランチは、

「クリスマス選択メニュー」と題した

ご利用者様ご自身が、主菜と主食を

チョイスされる〝たきび初の試み〟

導入しているからなんですよ!

一見、簡単に実施できそうな感じが

されるかも知れませんが、実際の

ところ、これがなかなか難しくて…

お恥ずかしい話し、話しには出ても

一度も実施には至りませんでした。

今回は、厨房『がっつ』と私たち

現場のスタッフが、かなり綿密な

打ち合わせを重ねてやっと実施!

ポイントは、ギリギリまで悩む

こと自体を楽しんで頂く!です。

ですので、急遽の変更も含めて、

皆様の選択を可能な限りお待ち

しようと考えている次第です

もしも成功したならば、今後は

定期的に導入となる予定です!

号外!伊藤隆太の【日々隆々】。

不定期連載・伊藤隆太の【日々隆々】。

今年もあと2週間と少しとなりました。

巷では「今年の漢字」や「流行語」など、

一年を振り返る行事が多い時期ですね。

ところで、私的今年の漢字は〝異〟

異常気象が目立った事や、東京五輪招致、

マー君の25連勝など、例年ではあり得ない

出来事が多かった様な気がするからです。

みな様の選ぶ今年の漢字は何ですか?


さて、3度の飯より映画が好きな私は、

この時期「今年の映画ベスト10」などの

雑誌や番組があると、ついついメモを

取ったりツッコんだりしてしまいます。

個人的には「マリー・ゴールドホテルで

会いましょう。」や「31年目の夫婦げんか」

「アンコール!」「カルテット!人生の

オペラハウス。」などの洋画部門での

秀作群が、とても印象に残っています。

一方邦画では、本社のスタッフ達が皆で

鑑賞した「ペコロスの母に会いに行く」で

認知症患者とその家族が取り上げられた

ことや、「くじけないで」で82歳の女優

八千草薫さんが主演を張り、実に元気な

姿をみせてくれたこと等が印象的でした。

ちなみに、公開中の「REDリターンズ」

では現役を引退したお年寄りたちが銃を

ドンパチ、アクション全開だそうです…。

そして、個人的に忘れられない今年の映画

といえば、やはり何といってもコチラ↓↓…

odu_at_takibi.jpg

先日たきびで、ご利用者の皆様方とともに

観賞した、小津安二郎監督の旧作「晩春」!

(詳しくは11月25日の記事をご参照下さい)

来年も皆様と映画鑑賞が出来たらいいな…


それでは、不定期連載【日々隆々】、

今日はここらへんで失礼致します。

みな様、風邪等ひかぬように、しっかりと

体調管理に気を配って下さいねでは…

また近いうちにお会いしましょう!

あったかメニューで逢いましょう。

さぁ今年もやってまいりました!

ご利用者様&スタッフお待ちかねの

冬のあったかメニューウィーク」

IMG_5829.jpg

「見てワクワク、食べてポカポカ」を

テーマに、栄養士・森田が考案した

メニューはどれも力作ばかりです!

例年より冷え込みが激しい今年は、

その分、身体を温める効果の高い

食材を多く取り入れたのが特徴

メニューを見て楽しみ、実際に

食べて楽しみ、満腹感を楽しみ、

食後のおしゃべりで更に楽しむ…

ご利用者の皆様方!お楽しみに

今年いよいよ残すところ約2週間。

反省、達成、変化…色々とあった

2013年をじっくり噛み締めながら

有意義に過ごしたいものですね。

さぁNew7days、覇気持ってGO!

【自転車奔走記】「関わるケア」#19。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第174回。

いよいよ12月も中盤に差しかかりました。
この所寒〜い日が続いて少々参っています。
皆さま、体調には十分ご注意下さい。
先日、年末恒例である手帳新調をしました。
ワタシは1月始まりでスケジュールを
管理
していますので、毎年12月になると新しい
手帳
にスイッチしていくんですが、この
手帳選びが楽しい!
スマホなどの先端電子
機器でスケジュールを管理
する人も本当に
増えてきましたが、ワタシは頑な
手帳派!
毎年店頭にならぶ色んな手帳を手に取り
眺め「今年はどれにしようかな…」と
迷っている
行為自体が好きなんですね。
行為自体と書いたのは、
結局毎年同じ
タイプの手帳を購入するからでして、
新機軸よりも慣れをどうしても重視して
しまいます。
その面で言えば、ワタクシも
年を取るにつれて
冒険しなくなったなぁ~
と少々ザンネンな気持ちにならない事も
あり
ませんが…、やっぱり使い慣れたモノには
愛着が
あるのも事実ですよね。進取の気概と
慣習を大切に
する心、いかにバランス良く
取り入れていく
かが、これからの肝になって
くるんでしょうね。
と、先日正式に40も半分
に達し、年相応の風格
を身に付けたい思い
とは裏腹に、年相応以上の
腹周りだけは既に
身に付けること久しい
「年輪腹ケアマネ」、
ヒロモリがお送りします
【自転車奔走記】!
その腹でホント〜に自転車
に乗ってるの?
という巷の素朴な疑問は無視して開講です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2週間ぶりの再開となりますので、少し整理
したいと思います。
認知症の方の事例から
様々な情報を引き出して、
その情報の関連性を
探っていく事が関わるケア
の第一歩ですが、
その情報取り扱い方法は、
情報を因果律的に
見るのではなく双方向的な視点、
情報同士の
関わり合いに着目して、最終的には
現前で
起こっている現象の中で、それらの情報が
どのような位置づけでどのような相関関係を
もって
存しているのかを考察する事が重要で
あるといった
内容でした。「原因があるから
結果として色々な
現象が起こる」という分析
方法ではなく「その現象
の中に存する様々な
因子相互の働きを分析して、
その現象の成り
立ちを明らかにする」という
視点なんですね。

その事を踏まえて、認知症の周辺症状として
排泄
に関するトラブルが出現しているAさん
という方の
情報を分析して行く試みです。
先ず、因果律的な分析方法で考えると、

Aさんには尿意がある。(原因1
 ↓
Aさんは歩く事ができる。(原因2)
 ↓
しかし、Aさんは環境の変化が理解できず、
トイレの場所を探す事ができない。(原因3)
 ↓
トイレに行きたくて、トイレを探して、
その結果
色々な場所で排泄する。(結果)

といった分析結果の一例を示しました。
この分析例で考えると、結果としての排泄
に関するトラブルの発生原因は、原因1から
原因3までの諸因子になりますが、これらは
全てAさんのパーソナリティー、言い換えれば
Aさん
が現に有している機能・能力であると
言えます。
とすると、もしかりに因果律的な
分析のみでの
対応をしようとすると、結果の
内容を変容させる
為には原因となっている
事象を変容しなくては
ならなくなりますよね。
この場合の原因は、事例
に挙げた原因1~原因3
までの因子群になる
という事になりますが、
その因子群は先程お話し
した通りAさんの
パーソナリティーですよね。
とすると、原因
因子の変容が問題解決の方法で
あるならば、
Aさんのパーソナリティーすらも問題
と同義語
となって変容すべき対象となってもおかしく

ありませんよね…と、今までのお話しはかなりの
極論ですが、因果律のみに頼った分析では
様々な
現象の客観視が比較的容易に行えてしまう
という
利点の反面、人間という存在の根幹に
関わる
部分での齟齬をきたしてしまう可能性も
また高い
という事なんですね。

そこで登場するのが『今起こっている現象の
なかで、様々な情報はどのように
関わり合って、
影響しあいながら存在している
のか?』という
事を考える視点なんですね。

では、先ずはその視点に立って先程の情報を
再分析
してみましょう。この分析手法で重要な
事は、情報をできる限り
細切れにしていく事
なんですね。何故かと言うと、
この分析手法が
目指すのは情報の関わりの糸
を見出していく
事が主眼なので、一つ一つの情報
は最小単位で
ある事が望ましいんです。
先程の因果律的な
分析結果を、再分析して
みますとこうなります。

Aさんには尿意がある。(情報1
Aさんは歩く事ができる。(情報2)
Aさんは環境の変化が理解できない(情報3)
Aさんはトイレを探し出せない。(情報4)
Aさんはトイレに行きたい(情報5)
Aさんはトイレを探す(情報6)
Aさんは家のあちこちで排泄をしてしまう。
(情報7)

因果律的分析との一番の違いは、全てが情報
という位置付けでは同量同質。言い換えれば、
情報自体に重要度がある
のではなく、情報
同士の関わりの中に重要度
が現れます。
その意味からも、
情報のピースはできる限り
最小単位である事が
望ましいと思います。
このように、先ずは現象として起こっている
様々
な事柄を集める事が分析の第一歩です。
次に行うのは、これらの情報の関わりを推理
して再整理する作業となります。詳細は来週と
なりますが、要は欠けている
情報のピースを
探して埋める作業と言えますね。

という事で…今週は含みを残して、おしまい
となります。
では、またお会いしましょう。
See you next week , bye!!

【ウッチー輪ばなし】手作りブーム!?

【ウッチー輪ばなし】連載・第131回。

みな、みなさま、こんにちわ

年末近くなり、寒さが本格化していますが、

体調にお変わりなどはございませんか?

通常業務の他、一年を締めくくるスタッフの

渾身イベント『たきび大忘年会!』に向け、

サプライズの仕込み作業に奔走している

ウッチーこと、内田英希でございます。

この『たきび大忘年会』は、毎年もの凄く

盛り上がるのですが、今年はスタッフ皆が

更に盛り上がれる仕掛けが沢山で楽しみ

また、本ブログでもリポートしますね!


さて、今週の本題。

最近スタッフ間でのブームは手作りスイーツ。

自宅で作ったものを、翌日職場に差し入れて

くれると…休憩室には、たちまち甘〜くて

美味しそうな匂いが漂い洋菓子屋さんみたい

ちょっと紹介しましょう、まずはこちら…

sweet.JPGのサムネール画像

ご覧の通りスイートポテトなのですが、実は

これを作ったのは、当社代表の赤塚なんです。

ホントに美味しくて、スタッフに大好評でした。

ちなみに、こちらは限定30個だったために、

当日休みだったスタッフは口にしていません。

翌日出勤したスタッフらは、物凄く残念がって

いました…と、赤塚に伝えた所、近いうちに

また作って差し入れるわ!との返事でした

みんな、また食べられるぞぉ〜!

さて、続いてはこちらをどうぞ…

paund.JPGのサムネール画像

こちらの、さつまいもパウンドケーキは、

デイサービススタッフの青木沙織によるもの!

季節感たっぷりでこちらもとても美味でした。

この日の休憩室では、珈琲がいつもより多く

飲まれたとか…皆が談笑する姿が浮かびます

青木さん、ありがとう!温かい味でした。

この2つ以外にも、いくつかあるのですが、

あまり続けると「施設長のはどれ?」なんて

ツッコミが入りそうなのでやめておきます。

ワタクシは、あくまで食べる方&広報担当

ということで、よろしくお願いいたします。


以上、今週は
ここらへんで失礼します。

ではまた元気に来週お会いしましょう~

Please take care , everyone!!

【生搾り】第194回『寿命とは何か』配信!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第194回
『寿命とは何か』の巻。


<今週のテーマ>

倉田さんの「人間の幸福度は、寿命の
長さと比例するか?」という問いかけ
から始まった談論は、人生観や死生観、
さらには宗教観にまで展開します。
みな様にもぜひ一度お考え頂きたい
普遍的なテーマ…御一聴下さいませ!


<今週のメンバー>

三重県ケアマネ協会副会長・倉田理。
赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、三浦真弥、
伊藤亜也子、大西竣也、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

難読熟語が呼び覚ます情景。

昨日のデイサービスのヒトコマ…

ご利用者様方が取り組んでみえるのは

デイでは恒例の「脳トレ」です

IMG_5827.jpg

日本語の熟語は音読みと訓読みの

組み合わせを考えてゆけば、大抵

読めますが、写真の〝浴衣〟や

〝百合〟の様に、中にはその法則に

則らない難読語もありますよね。

つくづく日本語は難しいです

こう言った難読熟語の読み方は、

ほとんどの場合生活の中で自然に

身に付いていた、というケースが

多いのではないでしょうか?

ならば、それを改めて思い出す

脳作業は、きっと記憶の回想的

効果が期待出来る気がします。

「この言葉はあの時知ったなぁ」

「昔、母親から教えられたなぁ」

といった感じで、当時の風景も

フィードバックしたりして…

もちろんこれは、読める熟語の

場合ですし、決して全ての場合に

当てはまる訳ではありません。

が…しかし〝山葵〟〝洋傘〟を

「わさび」「こうもり」と読める

皆様方を拝見すると、そこに深い

人生史を感じるのは事実です。

このメッセージは自戒でもある。

たきび松阪施設の看板の裏側には…

こんなメッセージが書いてあります。

IMG_0674.JPG.JPG

表からご覧頂くだけでは決して

見えないのですが、ご来所された

皆様方が帰られる際には、自然と

視界に入るのではないでしょうか。

陽が落ちるのが本当に早くなり、

運転には一層の事故リスクが伴う

と共に、加えてこれからの季節は

凍結や積雪による事故もにわかに

増加するだろうと予想されます。

みなさま、くれぐれも運転には

細心の注意をお払い下さいませ。

我々スタッフも充分心がけます!

二十七人の優しきサムライ。

先日の話題より、どうぞ…

「松阪市シルバー人材センター」

皆様が、ボランティア活動の一環で

松阪施設へとお越し下さいました。

驚くべきはその人数で、実に27名!

siruba-seisou.1.jpgのサムネール画像

駐車場の奥に広がっている空地の

草刈り等、27名の皆様が分担して

手際良く取り組んで下さいました。

ほんとうにもう、感謝感激です

それにしても皆様方はお元気で、

生き生きしてみえるのが印象的。

色々とお話をさせて頂く中でも、

「まだ若い者には負けへん」という

意気込みが強く伝わってきました。

そんな皆様のお姿は、我々若輩に

〝仕事とは何か?〟の意味を改めて

教えて下さったような気がします。

お越し下さった皆様と、シルバー

人材センターの担当者様に、深く

御礼を申し上げたいと思います。

本当にありがとうございました!

号外!【伊藤隆太の日々隆々】。

号外!【伊藤隆太の日々隆々】。

たきびスタッフツアーズの最終班である4班。

そのリポートを担当致します伊藤隆太です!

それでは、さっそくはじまり、はじまりぃ〜


4班のメンバーは10名、他班より
平均年齢が

高めですが、出発時からテンションはMAX。

施設を出て一つ目の信号までには、すでに

各自持参のおやつが飛び交いつつの大騒ぎ。

それゆえ、なかなか行程の説明が出来ない

リーダーのワタクシ伊藤なのでありました。

3班に続き、天候が最高で道中の車窓からも

富士山が綺麗に見る事が出来…と思ったら、

日本一の山観賞もそこそこに、やはり皆は

おやつをパクパク&おしゃべりガヤガヤ

DSC01077.JPG

日本平ホテルでの豪華なランチは高級感

たっぷりで雰囲気、テイスト共に文句無し!

しかし、あれだけバス中で間食しながら

皆、一切食欲が衰えないものです…感心。

1班の22歳大西は「食後のケーキバイキングで

9個食べました!」とのことでしたが、本班の

ドライバー古西・70歳は何と19個をペロリ!

そして「大西君もまだ青いのぅ、ワッハハ」。

旅館での宴会では、看護師・川本の発案で、

全員がなぜか5時から男のハチマキスタイル。

カラオケ大会では肩を組みあっての大合唱!

DSC01188.JPG

二日目も天気よく、富士山を眺めつつサファリ

パークでアニマル達を目に焼き付け、その後の

「なすび総本店」で駿河ならではの、趣深い

純日本食ディナーをしっかり舌に焼き付けました。

〝朝食をあれだけ食べて、皆まだ食べるんか…〟

これは、その時のワタクシの偽らざる心の声。

さらに!「うなぎパイファクトリー」では、

うなぎパイを使ったスイーツを食べる、食べる…

〝こ、これが噂の介護業界の石原軍団かぁ〜!〟

これ又、その時のワタクシの偽らざる心の叫び。

DSC01274.JPG

すっかり短くなった陽が傾き始めた頃、帰路へ。

楽しかったスタッフツアーズ第4班の終了は、

同時に、たきび2013年のスタッフツアーズ

全行程の終了でもあります…あぁ寂しい限り。

また来年も、気のおけない仲間達と一緒に

旅に出かけられたらいいなぁと切に願います。

DSC01256.JPG

最後に、今年も全班の運転を務めていただいた

ドライバーの城様に、心より御礼申し上げます。

安全で快適な旅を、有り難うございました!

また、温かく送り出して下さったご利用者様、

ご家族様、JTBの関係者様にも深く感謝致します。

重ね重ね、まことに有り難うございました!

今回さらに強めたスタッフ同士の絆を大切に、

気持ち新たに、一丸で精進してまいります


それでは、みなさままたお会いしましょう。

【日々隆々】お相手は、伊藤隆太でした。

Have a nice day!

【自転車奔走記】道路は一体誰のもの?

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第173回。

いよいよホント〜に冬らしくなってきましたね。
毎朝の出勤前、車のエンジンが温まるのを待つ間、
マフラーから真っ白な排煙が上がるのを見る度に
「冬になったなぁ~」と、一人呟くヒロモリです。

以前本ブログで取り上げた改正道路交通法が
本121日から施行されています。改正点

ポイントは、自転車の車道左側走行の原則徹底、
路側帯の内側を走る際は車道進行方向左側のみ
OK!車道右側の路側帯内走行(逆走)はNG!
という内容で、場合によって道路交通法違反

違反切符を切られ、罰金が科される可能性もある
法改正でしたね。そのせいかどうかはまだ分かり
ませんが、
このところ右側を堂々と走行している
自転車がかなり少なく
なったような気がします。
皆が交通
ルールを守って、楽しく安全に道路を
移動する事が
できるという事は良い事ですよね!
めでたしめでたし、と言いたい所なんですが…

先日、事務所への出勤途中の事です。
道路左側を走っていた通学自転車の脇を、
猛スピードで追い越す車正直、一瞬
ヒヤッと
しました。
自転車乗った事がある人なら、
すれ違う風圧
でハンドルを取られそうになって
怖い思いをした事が沢山あると思います。
特に高齢者の方の場合、
バランスを保持する
力が若い人に比べて落ちて
いる事が多いです
から、それこそ風圧で転倒して
しまうような
事故が起きかねませんし、実際に
そのような
事故で骨折してしまった方も知って
います。
ちょっとした心遣いで
自転車、自動車の
お互いが安全の確保をする事ができますよね。

と言いつつ、ワタクシ自身を振り返ると、
自転車に乗っている時は乱暴な車に腹を立て、
車に乗っている時は交通ルールを
無視した
自転車の走行にイライラしたりしています。
「自分勝手」といえば本当に自分勝手な感情の
動きで
お恥ずかしい限りではあります。
ですので、
「道路は皆が安全に楽しく使うもの」
「他者への気遣いが、身を事故から守る第一歩」
この言葉を肝に銘じて、これからも楽しく安全に
道路
を使って行こうと、再認識しています。

2週連続して、一息タイムとなってしまいましたが、
ご容赦のほどを…次週こそ【関わるケア編】の
再開となりますので、ご期待下さい。
それでは、みなさままた来週お会いしましょう!
See you next week , bye 

【ウッチー輪ばなし】連載・第130回。

みな、みなさま!お元気でしょうか!

スタッフツアーズのリポートと重なったため

2週ぶりの連載となります【ウッチー輪ばなし】。

寒さが本格化していますが、ワタクシは何も

変わらず元気そのもの絶好調でございます。

さて今週は昨日行われた、三重短期大学での

「介護実技講座」についてお伝え致します!

尚、写真は関係者ご了承の上掲載しております。


今回お邪魔した、たきびの講師メンバーは、

当社代表の赤塚浩文、広森規泰、岡田宏一、

大西竣也、そしてワタクシ内田の計5名です。

講義に参加してくれた生徒たちは50名程で、

例年よりも女生徒の比率がやや高めでした。

IMGA0314.JPG

①車椅子と一点杖を用いての移動・移乗介助。

②実際にオムツとパッドを使用してのオムツ交換。

③専用セットを着用しての障がい疑似体験。

④実際に乗り、押してみる最新型車椅子体験。

IMGA0298.JPG

4グループに分かれた生徒たちが、上記4つの

体験を順番にローテーションして行きます。

どのグループも非常に熱心に取り組んでいたのが

とても印象的で、率先して被介護者のモデルに

名乗りを上げる人が多かったのは嬉しい限りです。

IMGA0320.JPG

当たり前ですが、介護を提供する側は介護を

受けることはありません、が!まずは自分が

実際に「されて」みてこそ、始めて得られる

発想や気付きがありますし、それこそが我々

プロにとって、最も大切な視点でもあります。

IMGA0282.JPG

講義冒頭、代表・赤塚の「今日みなさんがする

体験は、全て〝ごっこ〟だと言えます。だからこそ、

ぜひ真剣に取り組み、有意義な時間にして欲しい。」

という言葉に呼応する様に、のぞんでくれた生徒の

皆様、ありがとうございました&お疲れ様でした!

近い将来、介護のプロ同士として、どこかの現場で

会える日を、心より楽しみにしています、FIGHT

最後になりましたが、ご協力下さった福祉器具貸与

メーカーの『三重健康管理』様に御礼申し上げます。


では、今週はここらへんでお別れ。

寒さに負けないコツは、いっぱい食べる!

お相手は〝冬でも色黒〟な内田英希でした。

Please take care , everyone 

【生搾り】『倉田流・介護現場考察』配信!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第193回
『倉田流・介護現場考察』の巻。


<今週のテーマ>

先週に続いて、メンバー赤塚の親友
でもある三重県ケアマネ協会副会長の
倉田理さんに登場頂いての配信です。
お姫様だっこの話しから、いつしか
倉田さんへの質問大会に展開…全員
熱いトーンでの現場談義となりました。
ぜひとも、御一聴下さいませ!


<今週のメンバー>

三重県ケアマネ協会副会長・倉田理。
赤塚浩文、内田英希、三浦真弥、伊藤亜也子、
木田健太、大西竣也、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

鍋と高齢者施設の微妙な関係。

施設の南側にある小さな畑、

通称『たきび農園』が冬の収穫期を

むかえて綺麗に色づいています。

takibi_farm_2013_winter.jpg

この時期嬉しい〝お鍋〟の具材に

欠かせない、水菜と春菊などが

鮮やかな緑色に茂っています。

実は、高齢者施設で鍋料理が食卓に

ならぶことは、まずありません。

それは、ご利用者様方の安全面を

考えるとリスクがあるからです。

だからこそ、何とか鍋の気分を

皆様に味わっていただきたい!

炊き出しスタイルならどうか?

低温で美味しい鍋ならどうか?

よし!今冬は、厨房「がっつ」の

森松シェフと相談・工夫して、

ご利用者の皆様に楽しんで頂ける

鍋料理考案に挑戦してみます

構想は数時間、実演は数分。

たきび松阪施設・玄関フロアの

ウェルカムボードも12月Ver。

今年最後のデザインで皆様方を

歓迎させて頂いております

IMG_5798.jpg

デイサービス・スタッフである

松田佳代子による即興ペイントで

描かれるこのウェルカムボード。

その創作過程披露は、今や一つの

パフォーマンスとしてご利用者様

にも、すっかりお馴染みです

確かに、無地の黒板が数分の内に

色鮮やかに彩られて行く様子は

見ていて気持ち良いものです。

でも!実は…スタッフの松田、

この数分の為に、じっくり構想を

練りながら、何倍もの時間を

かけて準備しているんですよ

車椅子が紡ぐストーリー。

先日、津市のボランティアグループ

『夢の会』様が、昨年に引き続いて

当社に車椅子を贈呈下さいました。

IMG_6164.jpgのサムネール画像

これまでに頂戴した車椅子同様、

日頃から調整し、大切に、末長く

使っていきたいと思っています。

ご利用者の皆様も、さぞ喜ばれる

ことでしょう…『夢の会』様、

誠にありがとうございました!

心よりの感謝を申し上げます。

心奮い立つエールを胸に刻んで、

スタッフ一同、力を合わせながら

コツコツ精進してまいります

残り720時間となりました。

たきびに大量の松ぼっくりが登場!

なぜなの?かと申しますと、毎年恒例

クリスマスリース製作の為なんです

2013_wreath.jpg

作り手はもちろん!ご利用者様方。

大きさの近い松ぼっくりを選ぶ際も、

各種絵の具でそれに色付される際も、

また、ビーズやスパンコールで華麗に

デコレーションする時も、真剣な

表情で取り組まれるご皆様でした。

丹精込めて作られたリースたちの

出来上がり…楽しみにして下さい

今年もやって来ましたね、師走。

いよいよ残り少なくなった2013年を

どうやって過ごすかは自分次第です。

悔いなき様、思い切り行きましょう!

さぁ今週も7days、覇気持ってGO

【自転車奔走記】緩急自在・木内マジック。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第172回。

12月最初の日曜日となりました。
風邪もそうですが、インフルエンザの話しも
チラホラ
聞こえてきました。皆さま、今年
最後の月、体調を崩さずに過ごしましょうね。
さて今週は“ちょっと一息”のコーナーです。

12月というのは、ワタクシ的にはなんか
不思議な月
でして、毎年毎年あっと言う間に
月が終わり
「えっ!もう大晦日!?」と
なってしまいます。
年の瀬の慌ただしさの
せいなのか、周りを見ても
12月に入った途端、
皆が急に急ぎ足になっている
ようにも感じて、
なかなか静かに一年を振り返る…
という
気分になれません。
ですが今年一年を思い
返してみると、何かと
ざわざわしていた
一年だったような気がします。もちろん

東京オリンピック開催決定!のような
気分が
高揚するようなニュースも多々ありましたが、
どちらかと言えば、来年からの「大山鳴動」を
予感
させるような出来事が多かった気がします。

消費税増税や介護保険制度改革も含めた社会
保障改革…賛否両論話題の多い安全保障
関する動きなど、大きく世の中が変わっていく
胎動のような一年で、正直な所振り落とされ
ない様
に必死でしがみついているのがやっと。
情報過多の世の中、いつもそうだと言えば
そうなんですが、特に今年は地に足をつけて
ゆっくり考える暇もなかった気がします。
スピードと効率がなによりも優先される
世の中ですので、致し方ないと言えばその
とおり
ではありますが、時には少し歩みを
緩める瞬間も人間
には必要なんでしょうね。

まさに本日のテーマでもあるちょっと一息!
私達が実際に感じ、過ごす体感時間は、決して
等速運動で過ぎていない筈ですよね。時には
矢の如く、時には流水の如く、時々でその
スピード
が変化しています。であればこそ、
ゆっくり深呼吸
して周りと自身を眺めてみる
瞬間も必要だと思います。
例えて言えば、
速球一本槍の剛腕も良いですが、
元ヤクルトの
安田投手、そして今でも鮮明に覚えて
いる
1984年の夏の甲子園決勝戦、桑田・清原を
擁する強豪
PL学園に挑んだ木内監督率いる
取手二高のワンポイントリリーフ
柏葉投手の
ような緩急派もGOOD!という事です。

…と、例によって一人で盛り上がっている
ヒロモリは
さて置き、来週も【奔走記】を
宜しくお願いします。ではまた
来週!
See you next week

アーカイブ

月別 アーカイブ