ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 

2013年10月アーカイブ

潮騒のメモリーズ from 三重看護大学。

昨日のデイサービス・レクビリ…

三重県立看護大学の学生さん二人が

参加して、花を添えてくれました!

2013_10_30_rekubiri.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しています。

写真↑↑奥が研修中の看護学生さん。

持ち前の元気と笑顔で、ご利用者の

皆様方とすぐに打ち解ける二人。

ストローリレーゲームでは、自ら

率先して輪に加わり楽しむ姿も…

ならば負けじ!?とご利用者様も

いつも以上にテンポ良く大奮闘

2013_10_30_rekubiri_2.jpg

医療現場とはまた違う介護現場で、

大きな何かをつかんでくれたかな?

学生のお二人、お疲れさまでした。

今後起こる様々な局面で、この日の

体験を上手く活かして下さいね!

ありがとうございました

月2回の定例勉強会、先日のテーマは

『個人情報とプライバシー保護』

benkyoukai_kojinjyouhou.jpg

情報社会の現在、本テーマの持つ

意味は加速度的に重大化しています。

メディアでも、個人情報の流出や、

プライバシー保護にまつわった事故

毎日のように報道されています。

今回は、基本となる法律の解釈から、

個人情報とプライバシー保護の視点の

違いなどについて深く学びました。

万一の事故を未然に防ぐためには、

なぜこの法律が出来たのか?を理解

する事が、まずは何より大切です。

それらを扱う一人一人が、慎重になる

習慣を徹底し、二重三重にチェック

し合える体制を心がけて参ります!

東京の前にやって来たモノ...

先日開催された、ショートステイ

『運動会』の模様を、普段より写真を

沢山交えてリポートいたします!

尚、写真は全て関係者ご了承の

上で掲載させて頂いております。

赤組と白組に分かれて選手入場!

そして聖火リレーを経て点灯式、

全員での国旗掲揚・国歌斉唱の後、

両組のキャプテンによる勇ましい

選手宣誓が終わったら、来る競技に

備えて、さぁウォーミングアップ!

undoukai_s_3.jpg

undoukai_s_4.jpg

玉入れや借り物競走といった

伝統的なプログラムはもとより、

スタッフ考案のレクビリを兼ねた

一風変わった新競技も目白押しで、

ホールは息つく間もない大盛況!

unndoukai_s_1.jpg

パン食い競走では、皆様の奮闘に

負けじと、スタッフも飛び入りで

♬ドゥ〜・ザ・ハッスル!です

undoukai_s_2.jpg

90分近い熱戦の末、大会は終了。

表彰式では各チームに賞状が贈呈され、

皆様から大きな拍手が起きました

undoukai_s_5.jpg

undoukai_s_6.jpg

皆様、怪我もなく本当に楽しんで

頂けた様で一安心のスタッフ達。

そんな我々に、あるご利用者様が

嬉しいお言葉を下さいました。

本記事最後はそのやり取りから…

「東京の前にたきび来たな。」

「えっっ!?何がですか?」

「オリンピック…がさ!」

充分な備え、充分な反復。

先日、の消防訓練よりどうぞ…

年2回、春・秋に実施しているのですが、

様々な想定で、毎回内容を変えています。

ちなみに今回は、午前1時頃に新館1階の

居室内のゴミ箱から出火したものと想定。

H25.10shoubou2.jpgのサムネール画像

H25.10shoubou1.jpgのサムネール画像

夜間火災の場合、昼間と比べスタッフが

少ないことや、ご利用者様方がそれぞれ

睡眠されている事から、避難誘導の際、

昼間に火災が発生した時以上に、迅速な

行動と瞬時の判断力が求められます。

写真↑↑はショートステイの若手2名で、

火災発見から避難完了までを、一連の

流れで実践・訓練している模様です。

訓練中、2人は息を荒く切らしながら

走り回り、終わる頃には大粒の汗が…

真剣に取り組んでこそ効果あるのが

「訓練」と言うものだと強く感じます。

今後も、真剣第一で取り組みます!

11月9日~15日は火災予防運動週間。

これからの時期、暖房の使用頻度が

日毎に増え、空気が乾燥すること

からも、火元注意をより一層心がけ

なければならないと戒めています

皆さま方も、火の取り扱いには、

充分にご注意を下さいませ…

それでは7days、覇気持ってGO!

【自転車奔走記】「関わるケア」#15。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第168回。

2013年のドラフトが終わりました。
注目の松井投手は楽天が交渉権を獲得!
楽天は今年はリーグ優勝も果たしましたし、
今回のドラフト
でも5球団の中から当たり
くじを引いたことからも、
勢いという
ものを感じますね。毎年このドラフト
会議の
ニュースを見ると、ウインタースポーツの
季節の到来を強く感じるようになります。
ですが、
今年の秋はスポーツをするには
暑過ぎたり、雨続き
だったりして思うように
体を動かす事ができず、
少々ストレスが
溜まっている方も多いのではないでしょうか。
11月になれば晴れた日も多くなる様子なので、
晩秋
の空気を感じながらスポーツを楽しみたい
と思って
いるヒロモリですが、何せ雨続きの
日々のストレスを食欲
で満たすという毎度の
愚行を繰り返した揚句、
冬を待たずして
冬眠の準備が万端完了の状態。
スポーツどころか炬燵で鍋料理を食すこと
しか思い描け
ない「寒造り霜降り脂ケアマネ」、
ヒロモリがお送り
します【自転車冬眠記】…
もとい【自転車奔走記】
始まりです!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週は事例の内容を検討しながら、得られた
諸情報
を線で繋いで行く作業についてお話し
していきます。
先週のお話しで、情報を大きく
2つのカテゴリーに分類
してみました。
その人個人そのものに関わる「基本情報」、
その人が置かれている環境や生活場面ごとに
出現する事象等の「状況に関する情報」でした。
では早速、以下の事例から先ずは「基本情報」
となりうる
情報を抜き出していきましょう。

【事例】
Aさんは2年程前にアルツハイマー型認知症と
診断されました。最初は軽度のもの忘れ程度で
家族の介護を受け自宅での生活を続けてきま
したが、
徐々に病気が進行し排泄に関する
トラブルが深刻化
してきました。具体的には
○トイレの場所が分からず、
   家屋内の色々な場所で排泄する。
○服を着たまま排泄する。
   汚れた手を衣服や寝具で拭く。
○排泄物が付着したままの手で食事をしよう
  としたりする。

家族は常時Aさんの傍にいるわけにもいかず、
Aさんの行為の
処理に振り回される毎日が続き、
精神的にも肉体的にも
追いつめられ、Aさんは
介護施設へ入所することとなりました。

以上の事例中で、基本情報として取り扱う
べきものを抜き出してみましょう。
○「Aさん」
○「2年前にアルツハイマー型認知症と診断」
○「最初は軽度のもの忘れがあった」
○「トイレの場所が分からない」
○「家屋内の色々な場所で排泄してしまう」
○「服を着たまま排泄する」
○「汚れた手を衣服や寝具で拭く」
○「排泄物が付着した手で食事をしようとする」
これらが事例文中から得られる基本情報ですね。
「Aさん」というお名前と、Aさんに現れている
認知症の症状
が分かりますが、これだけでは
情報の列挙に過ぎませんね。
これらの情報を
線で繋ぐ為には、もう少し突っ込んだ作業

必要になるんですが、その作業上でなにより
大切な事は
【想像力・類推力】だと考えます。
例えば、「A」というお名前
でAさんの情報を
済ませてしまうのではなく
「Aさんはどんな人?」
「何処で生まれて、兄弟が何人いたのか?」
「どんな仕事をしていたの?」
「どんな暮らしぶりだったのか?」
「どんな性格だったのか?」
「趣味や嗜好は何かあったのか?」
等々、想像力というか、その人の事をもっと
知りたいという
好奇心的なものかもしれません。
一見すると野次馬的な好奇心に思われるかも
しれませんが、
実は非常に大切な事柄なんです。

例えば、「きれい好き」で「几帳面」な性格
だったという情報を入手したとします。
すると
「汚れた手を衣服や寝具で拭く」「排泄物が
付着した
手で食事をしようとする」という現に
現れている
行為との間に矛盾が生じますよね。
ですが、この矛盾する情報の関係にもう一つの
情報
「アルツハイマー型認知症」という
ピースを加えると
どうでしょうか?

「きれい好き」「几帳面」な性格。
  ↓
「アルツハイマー型認知症」。
  ↓
「汚れた手を衣服や寝具で拭く」。
「汚れたままの手で食事をする」。

Aさんの往来の性格傾向と現在行為の関係性に
一応の
説明がつきますよね。
少々簡単な作業例ではありますが、一歩踏み
込んだ想像力
を働かせて得られた情報が一見
矛盾するような情報を
結び付ける事ができる
事がお分かり頂けたと思います。
情報を線で繋ぐという作業は、情報のピースに
血肉
を通わせるとも言えますよね。諸情報の
関係性を明らかに
する事で、情報の集まりを
有機体的に捉えなおす
作業とも言えます。

…というところで今週はここまで。
来週も基本情報を基にした
情報の繋ぎ作業に
ついてお話しを続けます。
では、See You Next Week

【ウッチー輪ばなし】スタッフツアーズ!

【ウッチー輪ばなし】連載・第126回。

みな、みなさま、こんにちわ!!

台風27号がなおも接近していますね。

10月ももう下旬なのに、こんなにも

台風関連のニュースを連日観るなんて、

例年じゃちょっと考えられませんよね。

本連載を振り帰っても、ここ数週の

書き出しは台風関連の話題ばかりです。

みなさまくれぐれも対策は万全に…


さて、今週の本題です。

たきびでは毎年晩秋、互いに親睦を深め、

業務上のチームワークを更に強固にするため

「スタッフツアーズ」が企画・開催されます。

そして、、先日業務終了後に行われたのは…

2013_tour zenyasai.jpg

旅行の無事成功を祈願しての「前夜祭」です!

食事をしながら、旅行に向けワイワイガヤガヤ

〝祭ごと〟が大好きなスタッフ達でございます。

この日の会では、各班が旅行中に成し遂げてくる

マニュフェスト発表でも大いに盛り上がりました。

例えば第3班のマニュフェスとはと申しますと。

初日に皆でランチをする予定の、日本平ホテルで

「華麗なる一族風の写真を撮る」…ですって

キムタク主演、同ドラマのロケ地でしたもんね。

果たして誰が木村拓哉さんの役なんでしょう?

他にも面白いマニュフェスとがいっぱいでした!

「スタッフツアーズ」第1班は来土曜出発予定。

1ヶ月後の最終第4班まで、楽しみが尽きません!

また、本ブログで報告をさせて頂きますね


今週はここらへんでおしまい…

旅行に向け、テンションの上がるウッチーでした。

ではみなさま、また来週Please take care!

【生搾り】第187回『伊勢ノ国談義』配信!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第187回『伊勢ノ国談義』の巻。


<今週のテーマ>

私たち三重県人にとって、ひときわ
特別な場所と言えば「伊勢神宮」!
老若男女、時代を超えた日本人の
心の故郷と言っても過言ない場所。
今週は、伊勢神宮にまつわる談論を
配信致します…お気軽にどうぞ。


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、三浦真弥、
伊藤亜也子、木田健太、大西竣也、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境) 

宇宙は数学で出来ているらしい。

「脳トレ」は文字通り脳の活性化が

目的ですが、一口に脳の活性化と

言っても、そのゲームが脳の一体

どの部分・機能に作用するのか?

ゲームを準備するスタッフ側は、

これを踏まえるがことが大切です。

math_game.jpg

昨日の「脳トレ」は視覚整理脳、つまり

後頭葉に対し効果を求めたものでした。

1から63までの数字が記されたペット

ボトルのキャップを、ある法則に則り

順番に並べる…というシンプルゲーム。

もちろん、キャップを効率よく並べる

作業は、手先の運動にもなり得ます。

すべて完成させたあと、ご利用者様方は

一様に、スッキリ!という表情を浮かべ

られるんですよ 効果アリ!でした。

秋雨はカノンの調べ。

大型台風が2つ接近中の今週、

みなさま備えはOKでしょうか?

本年最大との報道もありますので

くれぐれも対策は早め&万全に

台風が近づいていると聞くと、

それだけで人は何となくソワソワ

不安定な気持ちになりますが、

ご利用者の皆様方は…と言えば、

ハツラツと過ごされています!

先日は、最早お馴染みとなった

音楽サークル『かのん』様の

ご来訪で、盛り上がりました

kanon_sama_2013_10.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

いつも通り、沢山の歌を皆で歌い、

全身運動をしたり、フルート演奏に

併せリズム良く手拍子を打ったり…

終始明るい雰囲気のホールでした。

『かのん』様、いつもお越し下さって

まことにありがとうございます!

ご利用者の皆様は、今頃きっと、

心地よ〜い筋肉痛だと思います

泣いた赤鬼も笑う味。

先日、ショートステイの皆様が

チャレンジされた手作りおやつは…

昔懐かしの『鬼まんじゅう』です!

onimanjyu.jpg

日常のほとんどを屋内で過ごされる

ご利用者様に、残りわずかな秋を

少しでも感じて頂こう!という

コンセプトから決定したメニュー

東海地方が発祥と言われている

『鬼まんじゅう』…その名前は、

角切り芋が、まるで鬼の金棒状に

見える事に由来するそうですが、

召し上がられる皆様方の表情は、

鬼とは程遠い、えびす顔でした!

カラオケDAMでお馴染みの...

先日行われたイベントよりどうぞ…

お越し下さったのは、通信カラオケ機器

DAMでお馴染みの「第一興商」様です!

10.30-daiichikoushou.jpgのサムネール画像

介護施設や高齢者の方々向けに開発

された特別なカラオケ機器を使って、

皆様が聴き親しんだ楽曲を合唱したり、

音と映像を用いて体操を行ったりと、

とてもアクティブなプログラムでした!

中盤、タオル・ハンカチ・黄色いゴム

バンドを用いて行われた、民謡&音頭に

併せての全身体操は、ご利用者様方の

機能状態を踏まえた、実に理にかなった

もので、我々の勉強にもなりました。

最後には全員参加のイントロクイズ!

お答えされた方には、第一興商様より

賞品の贈呈と、解答曲を歌って頂く

という、超豪華!?なプレゼントが。

童心に帰った様な皆様の笑顔に包まれ

とてもアットホームな70分間でした。

『第一興商』様、貴重な空間を下さり、

まことにありがとうございました!

先週は、今年初めて暖房機器の

スイッチに手を伸ばした…という

方も多かったのでは?と思います。

2013年も、もうすぐ冬ですね。

皆様体調にはお気をつけ下さい。

さぁ7days、覇気持ってGO!!

【自転車奔走記】「関わるケア」#14。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第167回。

急に秋らしくなったのは良いけれど、
極端な寒暖差や季節外れの台風など異常
という言葉を異常と感じないくらいの
おかしな気候
が続いていますねぇ。
体調管理には十分お気をつけ下さい。
さて、久々の自転車ネタをひとつ。
最近ちょくちょく取り上げられるように
なりましたが、
今年の6月に成立・公布
された改正道路交通法が
いよいよ年内に
施行されるようです。
今回の道交法改正に
おいて、自転車乗りが注目
すべき事は、
ズバリ「自転車の左側通行の徹底!」。
現行法では、道路の路側帯(道路の端に
線が引いてある
場合、その線から道路端
までのスペース)であれば、
道路右側でも
左側でも自転車は通行OKだったん
ですが、
改正法では「道路左端の路側帯」と明確に
規定されています。つまり、車などの車両と
同じように
「左側通行」厳守、右側を走る
事は御法度となりますね。ワタクシ的には、
正直「やっとか」という思いが強い
ですね。
ブログでなんども取り上げていますが、
自転車
は便利で手軽な乗り物であるのと
同時に法区分では軽車両となっています。
つまりあくまで車輌ですので、
歩行者と同じ
感覚で乗り廻す事は×ですよね。
自転車の運転マナーが色々取り沙汰されて
いても、
未だに夜間の無灯火、道路の逆走、
信号無視、
携帯電話をいじりながらの運転
などなど、マナーが
悪いという以前に自転車の
違反運転者を見ない日は
数えるほどしかない、
悲しい&恥ずかしい現実
があると感じます。
守るべき法規、そして運転マナーをもう一度
しっかり見直して、
楽しく安全に自転車の
運転をしましょう!
と、久々のマジメモード
から始まりました【自転車奔走記】開講!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週もパーソンセンタードケアの考え方に
係る「関係線」について進めます。
関係線とは、ケアの現場で人と現象の関係を
明らか
にしていく繋がりの事を指しますが、
その繋ぐ作業
を行っていく際には、情報の
収集が大切な事、なお且つ
その情報収集に
あたっては、情報評価による取捨選択

できるだけ避けて、幅広く色々な情報を収集
する事が
重要になるというお話しをしました。
一瞥したところ全く関係
ないような情報が、
重要なピースであった事が後になって
判明
するような事はよくありますよね。
で、今週はその収集した情報を整理する
作業について
考えていきます。

情報整理の方法については専門の学問的
分野がある
くらいなので、それこそ沢山の
メソッドが存在していますが、
ワタクシ達
介護現場でよく使われる方法は
【基本情報
ベースに、状況に応じた情報を積み上げる】

という
方法です。「基本情報」というのは
個人の経歴や
資質などの個人そのものに
関する情報になります。
真っ先に思い浮かぶ
のが氏名や生年月日、性別など
ですね。
その他にも家族構成や生活歴、学歴職歴
といった
その人の人物史に関する情報、
四肢の動きや現病歴など
の身体状況に
関する情報を挙げる事ができます。
基本情報を言い換えると、環境等が変化
しても、変わらない情報という事です。
対して、状況に応じた情報もあります。
この情報は、
その人がいる場所や、様々な
生活場面に応じて現れる現象
等を指します。
色々な状況に応じて様々に現れ消えるような
情報という事もできます。先ず挙げる事が
できるのは
「居場所」、大きく「環境」
という括りでもいいですが、今どんな場所に
いるの?という情報です。自宅にいるのか
施設に入所しているのか?自宅であれば
どのような構造で、
何時頃から誰と住んで
いるのか?施設であればどんな施設で、
何時頃からどのような経緯で入所したのか?
という事柄は、
認知症ケアを実践する場合
必ず押さえておかなければならない情報です。

「住環境がなぜ?」と思う方もいらっしゃると
思いますが、ホントに
これらは重要な情報です。
ケアの現場でよく遭遇する事例を
挙げますと、
施設に入所した認知症患者の方が排泄を失敗
して
衣服を汚してしまう事があります。
そんな時にワタクシたち介護従事者
が先ず
することは「その人の行動観察」なんですね。
その人の一日
の過ごし方の観察から始まり、
徐々に問題となる行動へ観察の視点を
絞って
いきます。その中で、その人が排泄をする際に
現れる
身体上や行動上のサインを探ります。
例えば、キョロキョロと
落ち着かない表情に
なる…や、じっとしていたのに突然歩きだす…
等々の行動サインが言わば代表的なもの、
つまり【排泄をしたい】
という意思が行動に
現れるんですね。そのタイミングでトイレの
声かけ
をしたりすると、失敗なく排泄できる
事が非常に多いんです。

で、もう一歩話しを進めて、なぜそのような
行動サインが現れるのか?
と考えると、その
原因の少なからずが環境の変化になるんです。
つまり、長い間生活して慣れ親しんだ自宅から
全くと言っていいほど
異なる環境の施設に
入所した訳なので「トイレの場所が分からない」
という事なんです。自分に置き換えて考えて
みると、例えば停電など
で家の中が真っ暗でも、
慣れ親しんだ自宅であれば何とかトイレ
へ行く
事はできますよね。大体の場所を体が覚えて
いるからなんで
しょうね。所が全く知らない
場所で、例えば友達の家に泊まった
時に同じ
ように停電になったらどうでしょうか?
おそらくトイレが
どこにあるかサッパリ分から
ないと思います。認知症の方もその点は
基本的に
同じなんですね。であれば、その方が住んで
いた場所
をよく理解して、今いる環境をその
構造に近づける事ができれば、
排泄を失敗する
率を大幅に減らす事が理屈上可能
となります。

実際には施設の内部構造をその都度変える事は
できないので、
居室の場所を検討したり、
トイレがその人に分かりやすいように
張り紙を
したりという対応になるんですが、その方が
「何処に住んで
いて、今何処にいるか」という
状況に関する情報を知る事で、
【排泄失敗が多い→オムツ着用】
といった対処的対応でなく、
行動に合わせた
対応による解決の糸口が見いだせる
んですね!
これらの状況に関する情報は他にも、
シチュエーション
に関する情報、例えば
「今何をしているか?」
「何をしようと
しているか?」
といった事柄も含まれます。
これらのように、様々な状況に応じて現れる現象を
「情報」と
して捉え、状況別に整理していく事が
重要になるんですね。
そして、それらの状況情報を
ベースとなる「基本情報」
を踏まえながら整理、
つまり“線で繋いでいく”作業に
入っていきます。

次週は、事例を挙げて実際に線を繋いで行く
作業の
一部をお話ししていきます。
では、また来週お会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK

【ウッチー輪ばなし】無責任な責任感NG!

【ウッチー輪ばなし】連載・第125回。

みな、みなさま、こんにちわ!!

例年に比べ、台風被害が著しい2013年ですが、

まだまだ予断を許せないようで、早くも次の

台風27号が日本列島に迫っているとの事です。

みなさま、くれぐれも備えは万全に…


今週の本題は、台風と同じく準備と予防が

非常に重要なインフルエンザの話題です。

IMG_5401.jpgのサムネール画像

コチラ↑↑は高齢者向けの予防接種問診票。

たきびをご利用中の皆様はもちろんですが、

我々スタッフも予防接種は不可欠です。

ご存知の通り、予防接種を打ったからと

いって、インフルエンザに絶対罹らないわけ

ではないのですが、症状の緩和に対して

効果的だと言う事はかなり知られた事実。

そして、インフルエンザ=感染症ですので、

個人レベルでの管理が何より重要です。

「アレッ!?」と感じたらとにかく受診、

診断がインフルエンザであれば、とにかく

仕事・学校を一週間はしっかり休む!

「自分がいなければ仕事が…」なんて、

誤った責任感を感じるのは絶対NGですよ!

解熱後48時間迄は外部との接触を避ける。

一人が事後対応を誤ると、食い止められる

はずの危機を、広げてしまう事になります。

かからないのが一番ですが、こればかりは

絶対はありませんので、予防と同時に

事後対応の想定をしておくのが大切です。

改めて危機意識を徹底していきましょう。


それではみなさま、今週はここらへんで…

体調管理には充分な注意を払いつつ、

残り少なくなった10月を堪能しましょうね!

また来週~Please take care!!

【生搾り】第186回『視点とアイデア』配信!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第186回『視点とアイデア』の巻。


<今週のテーマ>

視点をちょっと変えるだけで、
世界が昨日より色づいて見える…
今週はそんな自己流アイデアに
ついての談論をお届け致します。
笑い所が多く、軽快な内容です!


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、三浦真弥、
伊藤亜也子、木田健太、大西竣也、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

人はそれを〝究極の薩摩芋〟と呼ぶ。

昨日の松阪施設のランチは…

肌寒くなって来た季節にピッタリの

心がホッコリするメニューでした!

lunch_2013_10_16.jpg

◎内陸の恩恵を!きのこ温そば。

◎おどる!炊き込みさんま御飯。

◎法蓮草と黄菊の妙!おひたし。

◎あぁ西郷どん!薩摩芋プリン。

以上4品にシェフの愛情を添えて…

特にデザートの薩摩芋プリンには、

〝究極のさつま芋〟と呼ばれている

「安納芋」を使用するこだわりで、

ご利用者様方にとても好評でした。

すっかり晩秋の色彩を強めた最近、

みなさま方もしっかり食事を採って

心身の健康を維持して下さいませ! 

JAPANESE NEW ART!?

デイサービスのレクビリより…

一風変わった書道に挑むご利用者様方。

その風格はまるで前衛芸術家の様です

art_syodou_3.jpg   art_syodou_1.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

手づくりの長筆をあやつりながら

文字や絵を完成させるというゲーム。

身体から離れた筆を上手く扱うのは、

想像以上に難しく皆様大苦戦でした。

が!出来上がった作品は、繊細さとダイ

ナミックさを兼ね備えた名作ばかり

どれも味があって素晴らしいのです!

ご来設の際はぜひご覧下さいませ。

古葉監督のスタッフ内輪ばなし。

広島カープが見事クライマックス

シリーズのファイナルへと進出!

もしかして29年ぶりの日本一!?

…と、カープファンのみならず、

大いに盛り上がるプロ野球界です。

ということで本日の記事は、広島

カープ往年の名将・古葉監督ばりに、

半身だけ覗き込んだ事務スタッフの

伊藤に紹介してもらいましょう!

最近のスタッフ休憩室での話題

といえば11月前半〜12月前半に

かけて開催予定のスタッフツアー!

先日、行き先や宿泊施設などの

全行程が発表&掲示された事で、

一層盛り上がっているこの頃です。

staff_tour_keiji.jpg

たきびスタッフツアーの伝統として、

本年度の行き先は、前年度の旅行

行われた「班別写真コンテスト」で

優勝に輝いた班のスタッフ同士が

検討し決める規則になっています。

因みに「班別写真コンテスト」の、

優勝は、忘年会で全員投票によって

選出するルールになっています

そして決まった2013年の行き先は、

世界遺産記念で「富士&伊豆」!

三保の松原から望む富士山や如何に。

4班に分かれるだけに、天候によって

大きく旅行の様相が変わりそうです…

が、それもまた楽しみの一つと感じ、

心待ちにしているスタッフ達です

フィジカル・ダイアローグ。

事故も無く、大盛況のうちに幕を

下ろしたデイサービスでの「大運動会」。

それに負けじとばかりに、10月22日には

ショートでも「大運動会」開催予定です!

目下本番に向けて、ご利用者の皆様方と

スタッフが一丸となってリハーサル中

unndoukai-riha_short.jpg

写真は、開会式で国歌斉唱に続いて

行われる、聖火点灯式の練習です。

トーチや聖火台国旗は全て手作りで、

君が代は、ショートスタッフ井上の

ハーモニカに併せ全員で斉唱します。

皆様方、運動の秋はまだまだ終わら

ないゾ!とばかりの意気込みです

過ごしやすい季節ほど短いもの。

読書よし、食べるもよし、そして

運動するもよし!皆様それぞれの

秋をしっかり満喫して下さいませ。

今週も7days、覇気持ってGO!!

【自転車奔走記】ちょっと一息・秋祭り。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第166回。

十月も中盤にさしかかり、やっと秋らしく

なってきたのでしょうか?しかしここ最近、

季節の移ろいを肌で感じるのではなく、頭で

考え込んでしまうような気候が続きますね。

皆さま方、いかがお過ごしでしょうか?

これだけおかしな気候が続くと、体のリズムも

狂いがちになりますので健康にはご注意下さい。

さて、本日1013日は本社のある津市が一年で

一番盛り上がる「津まつり」の真っ最中です。

よさこいソーランやパレードなど沢山の催しで、

毎年大勢の人々がお祭りを楽しんでいます。

日本全国、四季それぞれにお祭りはありますが、

ワタシは祭りと言えば「秋祭り」のイメージが

強くて、五穀豊穣を神々に感謝し、そして豊作を

祝うハレの祭祀、冬を前に一時の休息を楽しむ…

といった日本土着の精神底流を感じています。

京都の祇園祭に代表される夏祭りの華やかさや

雅な印象とは一味違う、ある意味荒々しい

というか土臭さが秋祭りの特徴ですね。

ワタシの自宅のある地区では、毎年この時期に

子供神輿が太鼓と鐘の音、そして可愛い

「ワッショイ」の声を賑やかに響かせながら

町を練って歩きます。ただ、少子化の影響か

ここ数年は子供神輿の担ぎ手も少なくなった

様子で、かけ声も年々小さくなっていく

ような気がします。子供の頃見た大人神輿も、

最近は町を練り歩く事は少ないみたいです。

今年は伊勢神宮の遷宮が全国的に注目を集め、

大勢の方々にお伊勢参りに来て頂きました。

三重県民として嬉しい限りですが、地元の

神社、そして氏神様に感謝する地元の祭りを

もっと大切にしなければ、と改めて思います。

という事で、今日は久々にお地元のお祭りを

見に行って、地域の空気を満喫してきます!

勿論、屋台のリンゴ飴やフランクフルトや

タコ焼きも満腹になるまで楽しんできます!

…と、「芸術も食欲には決して勝てない」

が信条、年中お祭り腹脂肪ケアマネの

ヒロモリによる、寄り道的雑談でした。

次週からまた皆さんと一緒に「関わるケア」

について考えていきましょう、、では。

See you next week , bye 

【ウッチー輪ばなし】おかえりなさい!

【ウッチー輪ばなし】連載・第124回。

みな、みなさま、こんにちわ!!

土曜日の使者こと、ウッチー・内田英希です。

10月中旬に関わらず、なぜか夏日の連続。

今年の異常気象はまだまだ続きそうですね

 

さて本題です、、

先日頼もしい仲間が、帰ってきてくれました!

jyohdai_staff.jpg

産前産後休暇を取っていた、入社14年目の

ベテランスタッフ・城代育代が現場復帰です

現在1歳になった娘さんもすくすくと育ち、

生活がずいぶんと落ち着いて来たとの事で、

少しずつ勤務についてもらっています。

ご利用者様からは、早速有り難いお言葉が…

「あれぇ〜まぁ、おかえりなさい!」

「帰ってきてくれて、嬉しいわぁ!」

「待っとったよ!これからも頼むわな。」

ホント、優しい方々ばかりで幸せですね。

あらためまして、みなさま方!

復帰した城代を含めチームたきび〟を、

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。


今週はここまで。

バイオリズムが狂いやすい今日この頃、

みなさま、くれぐれもご自愛下さいませ。

では、また来週~Please take care!!

【生搾り】『JR損害賠償訴訟・後編』配信。

ヘルパーのカタチ 生搾り
第185回
『JR損害賠償訴訟(後編)』の巻。


<今週のテーマ>
先週に引き続き後編を配信です。

2007年12月、愛知県で起こった
認知症の男性による鉄道人身事故。
この件でJR東海側は遺族に対し、
「介護の義務」を怠ったとして、
720万円の損害賠償を求めました。
そして本年8月、第一審はその訴え
を全面的に認める判決を下します…

ご家族の立場を考えると、本番組で
取り上げることに正直躊躇しました。
が、この判決はもしかしたら将来の
認知症介護の、あるべき形を変えて
しまう可能性をも秘めていると考え、
テーマとして選択を決意致しました。

可能であれば、本出来事の詳細を
踏まえた上でお聴き下さいませ。


<今週のメンバー>

赤塚浩文、内田英希、三浦真弥、
伊藤亜也子、木田健太、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

お祭りデイズ・赤と白の乱。

ご利用者様の元気な選手宣誓で

幕を開けた『たきび大運動会』。

ラジオ体操でしっかり身体と頭を

ほぐしたら、いよいよ競技開始!

undoukai_2013_day1.jpg

紙コップで水を運んでペットボトルを

満タンにする「満水競争」や、お馴染み

「パン喰い競争」等で盛り上がりました!

ちなみに昨日、ご利用者の皆様方が最も

大きな声で笑われたイチウケの瞬間は…

「スタッフ対抗三輪車リレー」でした

undoukai_2013_day1_2.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

あいにくの雨で「外周リレー」が

出来ない…となり、思案の末急遽

代替種目に選ばれたのですが、

それが功を奏した結果になりました!

つりそうな足に、顔を歪めてペダルを

踏むスタッフたちに、会場の皆様は

手拍子や声援で大応援を下さります。

それに応えるべくスタッフはますます

真剣になる…しかし、真剣になれば

なるほど何故かその姿はおかしい

ご利用者様方は終始大爆笑でした。

今日は晴れそうなので、外周リレー

が出来そうです、、が、正直な所、

三輪車リレーも捨て難いなぁ…

牛の国から 〜2013 発見〜。

さぁ、いよいよ今日・明日とは

恒例の『たきび大運動会』です!

準備は万端、この日を待っていた

とばかりに、スタッフたちは皆

フンガ〜と意気込んでおります

大会中の模様は、後日写真と共に

報告致しますのでお楽しみに!

たきびには、スタッフ考案の手作り

グッズがたくさんあります、例えば…

mojiban.JPGのサムネール画像

言語・発語に障がいがある方々が

ご利用になる文字盤なのですが、

これも実は、枠と文字の大きさや

ご利用者様が、最も認識しやすい

フォントを、スタッフが徹底的に

リサーチし製作したものなのです。

単純なものに見えると思いますが、

コミュニケーションツールとしては

非常に効果的で有意義な物です。

工夫することは、自分達に新たな

発見をもたらしてくれるので、

これからもどんどん自作してゆく

つもりのスタッフ達なのでした。

クリといつまでも。

秋の味覚は数あれど、その中でも

代表格といえば「栗」ですよね!

IMG_5172.jpg

デイサービスの手作りおやつで、

『簡単栗きんとん』にチャレンジ

2013_kurikinton.jpg

〝簡単〟だけあって、本来必要な

製作過程を一部省いたものですが、

出来映えと味は充分に満足行く結果。

お茶を片手に、あま~い栗の香りを

楽しむひと時…皆様ご満悦でした

それにしても栗の香りって、なぜ

あんなにも雄弁なのでしょうね…

皆様はもう召し上がられましたか?

狼煙を上げろ!雨天でも決行じゃ!

最近スタッフ間での話題と言えば…

何と言っても『たきび大運動会』!

今年もアツい季節が迫って来ました

2013_10_welcome.jpg

ご利用者の皆様に楽しんで頂く為、

スタッフたちは最終調整に奔走中。

さて今年はいったいどんな新種目が

登場するのか、、中には爆笑必至な

競技もある様ですし、恒例のスタッフ

対抗「外周マジリレー」も健在です。

毎年異様な程の盛り上がりを見せる

『大運動会』、いよいよ開幕近しです!

みなさま、リポートをお楽しみに

♬冬が来る前に〜

まだまだ楽しむ事は盛りだくさん!

さぁ今週も7days、覇気持ってGO

【自転車奔走記】「関わるケア」#13。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第165回。

めっきり涼しく、というか肌寒く感じる
朝晩が
増えてきましたね。
急な気候の変化で、風邪をひいたりと
体調を
崩す方が多くなってきています。
皆さま、体調管理は万全にお願いします!
先日、TVの対談番組である芸人さんが
興味深い
お話しをされていました。
その内容は
40歳過ぎくらいからポンポンと
単語
が出なくなって『えーっと』とか
『そのぉー』という
言葉が増えた。
それを機に今までやっていたアドリブ
重視の話芸から作り込んだコント仕立ての
を演るようになった。」というもの。
ワタクシも思い当たるフシがあります。
今までは、考えるより先に言葉が出て
しまって後悔
する程度に能弁というか饒舌に
近かったワタクシで
したが、近頃はまさに
『えーっと』とか『そのぉー』
が自分でも
「多いなぁ」と嘆息する位増えました。
年齢的なことである意味しょうが無いん
ですが、
やっぱり凹みますよね。
おまけに先日は「行ってきまぁ~す」と
勢いよく事務所
を飛び出したまでは良かった
けれど、駐車場に着いてから
車の鍵を忘れた
事に気がつく始末。
ズコズコ引き返してきた
ワタクシにスタッフが
助言をくれました。
「焦りすぎですよ。もっと落ち着いて!」
やっぱり同僚の励ましは力になりますよね!
と、そこまでは良かったんですが翌日出社
すると
スタッフ通用口にこんな注意書きが…

honsya_tyuuigaki.jpg

ありがたいやら情けないやら、複雑
「この張り紙、もしかしてワタシ専用?」
「そうです!!」と元気よく即答。
事前確認と落ち着いた行動、そして記憶力
UPに効果
のある美味しい物を食べようと
固く誓ったヒロモリ
がお送りします
【自転車忘却記…ではなく奔走記】開講

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週は先週の続き、ケアの現場で人と現象を
繋ぐ
「関係線」についてお話しをします。
先週、認知症の方の問題となる行為や行動
解決に力点を置く、問題行動や行為の防止を
企図
する方法論として様々な症例や問題行動を
分類し
共通項を抽出することで対応策としての
ケアを展開
する方法がある事、そしてその
方法は非常に有効かつ
効率的なケアを提供
する事ができる半面、最終目標
が問題の解決
となる為に、千差万別である筈の
個人やその
個人の行動がパターン化されてしまう
弊害が
あるという事をお話ししました。

では、解決過程において「関係線」という
ものがどのような意味を持つのか?
早速、先週と同じケースで考えてみます。

◎事例中の問題行動。
   トイレの場所が分からず、家屋内の色々な
   場所で排泄する。

この行為を別の角度から見てみましょう。
先ず行う事は情報の収集です。情報収集はどんな
場合でも
先ず最初に取り組むべきものなんですが、
今回は大切な
決まり事を守って情報を収集します。
その決まり事とは
「情報収集の段階において、
情報の評価はしない」
という事です。
当たり前と言えば当たり前の話で、情報の収集
段階で
収集者の評価が加わると、収集された
情報に偏りが生じ、
次の段階、分類→評価の際に
適切な作業ができなくなる
可能性が高くなります。
ですので、情報収集の段階では
入手できる情報は
全て同列に扱う必要があるんですが、
実はコレ、
なかなか難しい事なんですね。何故?と言うと、
今回のケースのように、現在起こっている問題を
解決
すると言う事が情報収集の出発点になって
いる場合、
どうしてもその問題の周辺にリンク
するような情報を
無意識のうちに選り分けて
探してしまうからなんです。
つまり「問題解決の役に立ちそうな情報」を
探そうと
してしまうんですよね。今回のケースでも、
例えば
Aさんが治療している病気の名称や内服薬、
家族構成
等の情報は真っ先に頭に浮かびますが、
Aさんの年収や
好きな食べ物等の情報は要るのか
要らないのかと
迷ってしまう事よくあります。
確かに排泄の問題と年収
が一見関係ありげには
見えないですからね。
でも今回のように新たな
「関係線」を描く場合において
それはタブー、
情報収集の出発点は【Aさんをもっと
よく知る】
という事になるんですね。

情報収集の出発点が個人の理解となりますので、
その個人、
今回はAさんになりますが、Aさんに
関わる全ての情報が
その対象となり、そして
全ての情報が平等に扱われる
必要があります。
「全ての」と書きましたが、確かに得られる
情報を全て取り込んでいけば、雑多な情報で
溢れてしまい
問題の本質が見えなくなって
しまう可能性がありますが、
この段階で本質
という事を考えてしまう事、つまり現象の
原因を
探ろうという姿勢を持ってしまう事自体が、
情報収集
網を狭くする事に繋がります。
また「平等に扱う」と書きましたが、情報収集を
進めていくと
相矛盾するような情報に出合う
事が多々あります。
その際「どちらの情報が
正しいか?」或いは「どちらの
情報をより
重視すべきか?」と考える事、つまり「評価」
する事を避けると言う意味になります。

確かに論理矛盾をきたすような情報があれば、
情報の評価は必要に
なりますが、「個人を知る」
というフィールドで論理矛盾を
きたすような
情報なんてそうそう出くわすわけ無いですよね。
絶対矛盾的自己同一という言葉を安易に使って
しまい
ますが、ニンゲンの行動やヒトの心なんて
それこそ一見
すると矛盾するような事柄ばかり。
コンピューター
のプログラムであれば矛盾が
生じればerrorとなりますが、
ニンゲンの場合、
矛盾があってもフリーズしたり強制停止
したり
しないんですから、その意味で難解ですよね…。

と、ちょっと話しが横道にそれましたが、
情報収集の際に
入ってくる情報を平等に扱う
と言う事は、情報過多社会、
高度情報社会に
身を置く私達にとって実はかなり難しい
というか、
慣れを要する作業なんです。
ですが、個人と
その行動に新たな線を描く為には、先ずは
人を
「より深く知る」事が必要不可欠なんです。
で、その収集された様々な情報を整理していく
作業に入り
ますが、それはまた次週に…
では、また来週お会いしましょうね。
See you next week 

【ウッチー輪ばなし】灯台もとコーヒー。

【ウッチー輪ばなし】連載・第123回。

みな、みなさま、こんにちわ!

10月に入って、秋らしさが加速しましたね。

ワタクシは、何と言っても食欲の秋です、、

栗ご飯や秋刀魚や秋茄子をいただきながら、

毎日のように季節の味覚を堪能しています

みなさまはどんな風に秋を満喫中ですか?


さて
先日の話し…

ある方より頂戴したものがコチラ↓です。

034.JPG

「すごく美味しいんで是非どうぞ!」

とのお言葉に、胸躍らせながらパッケージを

よ〜く見ると、アッッ!製造・販売会社が

地元である松阪市の会社じゃありませんか

身近にこのようなコーヒーがあったなんて、

自称・コーヒー党のワタクシとした事が…

灯台元暗し…いや、灯台元コーヒーです。

スタッフにたずねると、かなり高い確率で

「知ってますよ、美味しいですよね!」

との返答、、知らぬ私の方が少数派でした。

早速その味を確かめてみると、、美味い

上品な香りでブレンドらしい味わいの中に、

大人っぽい深味が溶け合って大満足でした。

ご興味がおありの方はコチラをご覧下さい。

なお、本記事は(株)三重東洋珈琲さんの

ご了承を得て掲載させて頂いております。


地域発展と地元企業活性化の視点から、

これからも時々、地元の〝ええもん〟を

紹介してまいりますのでぜひお楽しみに!

以上、今週の【ウッチー輪ばなし】は

ここまで、それではみなさままた来週~。

Please take care , everyone 

【生搾り】『JR損害賠償訴訟・前編』配信。

ヘルパーのカタチ 生搾り
第184回
『JR損害賠償訴訟・前編』の巻。


<今週のテーマ>

2007年12月、愛知県で起こった
認知症の男性による鉄道人身事故。
この件でJR東海側は遺族に対し、
「介護の義務」を怠ったとして、
720万円の損害賠償を求めました。
そして本年8月、第一審はその訴え
を全面的に認める判決を下します…

ご家族の立場を考えると、本番組で
取り上げることに正直躊躇しました。
が、この判決はもしかしたら将来の
認知症介護の、あるべき形を変えて
しまう可能性をも秘めていると考え、
テーマとして選択を決意致しました。

可能であれば、本出来事の詳細を
踏まえた上でお聴き下さいませ。


<今週のメンバー>

赤塚浩文、内田英希、三浦真弥、
伊藤亜也子、木田健太、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)  

ホームヘルパーたちの風景。

本社ホームヘルパーたちの勉強会は、

訪問と訪問の間の時間を使い、昼間に

実施する場合が少なくありません。

2013:10:2_honsya_benkyoukai_1.jpg

全訪問終了後の夕刻以降は、比較的

ご利用者様の当日の状態を踏まえ、

カンファレンスやミーティングに

当てられることが多いからです。

昨日午後は、行程上事務所に戻れた

4人のヘルパーたちが〝認知症〟に

ついて勉強会を開いていました。

行動予測、介護者の保護的視点、

そして当事者様の精神面の推移…

幾度も繰り返し取り上げている

テーマだけに、知識を深めるより、

共有認識を深めるといった内容

約30分間の勉強会を終えると、

ヘルパーたちは「行って来ます!」

と元気な声を残して、津の町へと

また車を走らせて行きました

定例勉強会「KYTの実践」。

月2回の定例勉強会、先日のテーマは

『KYTの実践』についてでした。

kyt_2013_2.jpg

危険予知トレーニングの略でKYT。

どんな仕事でもそうだと思いますが、

病院や施設等、医療・介護現場でも、

思いがけない事故が起こり得ます。

その危険を常に最小限にするため、

危険予測能力は必要不可欠でしょう。

kyt_2013_1.jpg

今回はグループワーク方式で実践。

様々な意見が交錯し、白熱の論議が

展開されていたのが印象的でした。

「起こるかもしれない」ではなく、

「起こる」という視点で業務を点検

要改善点を探ってゆく約80分間は、

貴重で有意義な機会となりました。

僕等はいつでも to be continued...

先日のヒトコマより…

ショートステイ勤務のあるスタッフが

第一子妊娠のため希望退職となりました。

写真は、最後となる勤務を記念して、

近くにいたスタッフたちと撮った一枚。

happy_life_2013.jpg

ご利用者様からも多くの温かいお声を

頂戴して、おめでた〜い雰囲気の中、

一人涙ぐんでいたのは本人でした。

これから一緒に仕事ができないのは

とてもとても残念ではありますが、

元気な赤ちゃんが産まれるよう、

スタッフ一同心より願っています!

今までお疲れさまでした、いつでも

気がねなく立ち寄って下さいね。

ご利用者様もきっと喜ばれますから…

アーカイブ

月別 アーカイブ