ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 

2013年8月アーカイブ

【ウッチー輪ばなし】さよなら夏の日。

【ウッチー輪ばなし】連載・第118回。

みな、みなさま、こんにちわ!

明日からは9月、子供たちにとっては

楽しかった夏休みがもう終わってしまう…

という、ちょっと悲しい時期でしょうね。

夏の終わりは大人でも何となく寂しい

気持ちになってしまう事がありますので、

みなさまも身体の健康と共に精神の

健康にも充分なご配慮を下さいませ。


そんな夏の終わりのとある日、

ワタクシの負けず嫌いが出てしまいました

それは何かと言うと、、日焼け対決です!

hiyaketaiketsu.jpg

自称、松阪施設の日焼けツートップである

厨房『がっつ』代表の森松社長とワタクシ。

森松「さぁどちらが仕上がっとるかな?」

内田「そりゃ、わたしでしょ!」

森松「いやいや、見せてみ。僕やろ?」

内田「肘の辺りは完全にわたしの方が黒い!」

森松「いやいや内田君、まだまだ甘いよ。」

と、他愛もない日焼け自慢バトルから、

二人「じゃ、誰かに判定してもらいましょ!」

となり、近くを通った女性スタッフ亀田に

ジャッジをあおぐ事になったのですが…

「ハイハイハイ、二人とも黒い、黒い。」

と、あしらうように言われちゃいました。

その言葉に、我に返った二人は、

「…ん〜と、、引き分けってことで…」

その後、すごすごと持ち場に帰る二人でした。

だって、色黒のほうが爽やかで、逞しいと、

あるご利用者様に褒めてもらったんだもん


さて、夏らしいブログは今日で最終。

次回からは、少し秋らしいブログ展開に

したいのですが、何せ根が夏男ですもので、

そのところは、重々お含みくださいね

ではまた来週Please take care , everyone!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第180回『夜勤のパワーフード』の巻。


<今週のテーマ>

育ち盛り!?のスタッフ達が夜勤
業務にあたる場合、会社が準備する
規定の夕食や朝食だけでは足りない、
というケースが間々発生します。
そんな時、欠かせないのがパンや
インスタント麺といったツール。
今週は夜勤時、よりパワーチャージ
できる夜食についての談論です。
ぜひ御一聴下さいませ…


<今週のメンバー>

赤塚浩文、内田英希、三浦真弥、伊藤亜也子、
木田健太、大西竣也、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

ひと目であなたをモンタージュ。

皆様は、ひと目見た人の顔を

どこまで覚えていられますか?

montage.jpg

先日のデイ・レクビリは、そんな発想を

元に考案したモンタージュゲームでした。

予め何種類かあるパーツを組み合わせて

作った顔を数秒間、ご利用者様にご覧

いただいた上で、手元のパーツの中から

同じ顔を作ってもらうというルール

「あれ?ホクロは右側やったかな?」

「口は下向き…いや上向き…あれ?」

上手く行かなかった場合でも、笑いで

盛り上がり、成功した場合は拍手で

盛り上がる…また、脳トレゲーム的な

側面もあるので、脳活性化への効果も

期待出来そうなのがポイントです。

今後は、各部位のパーツを増やしたり

カラーバリーションをつけたりして、

さらに進化させて行く予定です!

再び増刊だ!伊藤部長の【日々隆々】。

伊藤隆太の【日々隆々】2013夏・#2。


今週もまたまた登場しちゃいました

松阪施設ショートステイ管理者&

人事部長の伊藤隆太でございます!

皆様お元気ですか?少しばかり涼しげな

風を感じるようになったこの頃ですが、

日本には残暑という言葉がありますので、

くれぐれも健康管理にはご注意の程を…

ところで私、今年も行って参りました、

「フォトジャーナリズム展・三重」に!

元々は、ご利用者M様との雑談の中で

M様がご紹介下さったのがきっかけですが、

今年でかれこれ3年目に入り、今となっては

毎年夏の個人的恒例行事になっています。

hibiryuryu_syashinten.jpg

私たち施設スタッフといえば、一般的には

ご利用者様とは介護や看護の話しが大半で、

趣味的な話しで盛り上がる事はあまりない、

というイメージがあるかも知れませんね…

でも!そんな事は全然なくて、ちょっとした

業務の間なんかに、皆様と映画や本などの

会話になることは、比較的多いんですよ

影響されやすい性格もあってか、私などは

ご利用者様からお聞きした情報で、ずいぶん

視野が広がった気がします…役得ですね。

ちなみに「フォトジャーナリズム展」では

内戦国であるシリアやパレスチナ暮らす

多くの人々の現状の紹介や、思わず目を

背けたくなる現地での悲惨な写真等、

どれも、人間として何かを感じずには

いられない作品ばかりが展示されています。

残念ながら開催期間が本日19時までなの

ですが、間に合いそうな方はぜひどうぞ。


最後に…ご利用者様からの情報に共通して

いるのは、そのどれもが〝その方自身〟

歴史とオーバーラップしているという事。

例え僅かでも、ご利用者様の視点から世界を

見られる瞬間は、この仕事をしていて心から

幸せだと感じられる瞬間でもあります。

ではみなさま、またお会いしましょう。

伊藤隆太でしたLet's grow up together!

写真展企画・第2弾の効果は...

新館と本館をつなぐ廊下前の

フロアに貼られた写真の数々…

sutaff_photo_fes.jpg

前回の「タイムスリップ写真館」

引き続き実施されている写真展企画、

「スタッフの想い出写真館」です!

松阪施設のスタッフたちが、過去の

旅行の中から、最もお気に入りな

風景写真を選んで展示しています。

ご利用者の皆様方の中には、今では

身体の都合上等で、遠方への旅行が

困難な方々がおみえになります。

そんな皆様が、これらの写真の前で

「昔、若い頃ここ行ったわ〜。」

「あ〜懐かしい場所やなぁ〜。」

「日本の四季はええもんやわ。」

と、お話しされる姿を拝見すると

この企画が、想像以上に効果を発揮

しているんだな、と実感します。

そして!最も肝心なのは…

作品を撮ったのがプロの写真家

ではなく、スタッフたちなので

皆様とスタッフとの間で、話しに

大きな花が咲くという点です

青春スクリーンに映るのは何?

先日、音楽ボランティアサークルの

『カトレア』様がお越し下さいました!

カトレア1.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

プロジェクターを用いた総合的な

パフォーマンスは、我々スタッフに

とっても非常に新鮮な光景でした。

投影された歌詞やイラストに合わせて

弾かれるキーボードの音色は絶品。

即興の振付けに身振り手振りしつつ、

歌うはもちろんご利用者様です!

カトレア2.jpg

また、地元松阪市の風景として

松阪城址・三井家の門、そして

小津安二郎の青春記念館などが

写され、故郷をしみじみ振り返る

コーナーでは、随所で歓声と共に

大きな拍手が沸き起こります

さらに公演後半には、紙芝居まで

披露して下さるサービスぶりで

身体も心も大満足の70分でした。

『カトレア』様、心地良い空間を

本当にありがとうございました!

◆  ◆  ◆

昨日は久しぶりの大雨でした。

このまま暑さが落着いて欲しい

ものですが…まだまだ8月下旬、

そうはいかないのでしょうね。

ってことは!たきびの熱い夏も

まだまだ終わらないって事です!

さぁ7days、覇気持ってGO

【自転車奔走記】ONE FOR ALL!

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第159回。

暑い!暑い!と今年は連呼の夏でした。
まだまだ暑さは続いていますが、ようやく
ほっと
一息つけそうな気配も漂っています。
とは言え、秋の到来はまだまだ先のお話し。
引き続き皆さま、熱中症等体調には
充分なご注意を
お願いいしますね!

猛暑に負けない熱気で満ち溢れた甲子園も、
群馬県の前橋育英高校の初出場・初優勝
という
22年ぶりの快挙で幕を閉じました。
ワタクシにとって、夏の甲子園の閉幕は
秋の到来を
一足先に告げる“風景”。
「今年の夏も終わりか…」
と少し感慨深く
なる時なんですね。
聖地甲子園に集いし
球児から熱いキモチを
今年も貰いました。
ありがとうございました!お疲れさま!

と、感慨にふけりながらふと考えます。
何か?と申しますと、賛否様々な意見が
百出した
花巻東高校の千葉選手の話題です。
この千葉選手、身長が156㎝の小兵の選手。
そのせいかどうかはともかく、千葉選手が
注目
を集めたのは“カット打法”という戦術。
カット打法とは、相手投手の投げる球を
“カット”、
つまりファウルになるように
打つ打法のことを指します。
この“カット”を
駆使して、ファウルを何本も打って
粘る事で、
四球を選んで出塁したり、相手投手に
多くの
球数を投げさせ疲れさせるという、謂わば
勝つための戦術要素が強いバッターです。
この千葉選手の活躍もあって花巻東高校は
準決勝まで勝ちあがりました。しかし
準決勝直前
に、千葉選手の打法がルールに
抵触するとの
判断が審判から出され、
結果千葉選手は準決勝
ではカット打法を封印。
その事が原因かどうかは
分かりませんが、
花巻東高校は準決勝で敗退
となりました。
そしてこの千葉選手の打法や、審判部の判断に
ついて議論が百出する事態になったん
ですね。

実際色々な記事を読んでいますと、
カット打法を
“高度な技術と戦術”と評価する
方もいれば、
“高校生らしくない”と批判する
方もいて激しい
議論になっている様です。
“戦術”と書きましたが、千葉選手の準々決勝
まで
の打率と出塁率は眼を見張るものがあり、
千葉選手
の打撃技術が高度である事は
間違いないようです。
で、ワタクシがこの
千葉選手の事で何を思ったか?
と言いますと、
実は自転車のロードレースの戦略
なんですね。
自転車ロードレースでは、所属するチーム

誰か一人を勝たせる為に、それぞれが自分の
役割を果たしながらレースを走ります。
それらの選手
を“アシスト”と呼びます。
アシストの役割は、ボトル
と言って水分が
入ったボトルをエースの選手に届ける
役割、
たとえ自分が力尽きてもエースの体力が温存
できるよう風よけとなって走る役割、
相手チームの
有力選手を疲れさせる為に、
レース中ずっと揺さぶり
をかけ続ける役割
などがあります。それらアシストを
含めた
チームの総合力がエースに、そしてチームに
勝利をもたらすわけで、一人一人がチームの
誰かを勝たせるために“Do The Best”、
自身の
役割を100%発揮する事が求められます。
ですので、自転車レースではトップゴール
した
選手は勿論ですが、自身の役割を全力で
果たし、
結果最後尾でゴールする選手にも
惜しみない声援と
称賛が送られます。
それは“アシスト”という役割
をチームで
果たした“責任”に対する称賛なんですね。

千葉選手や花巻東に対しての色々な議論を
読ん
でいて思った事は、千葉選手の存在こそ、
花巻東高校
にとっては自転車レースで言う
ところの“アシスト”、
チームを輝かせ、そして
自分も輝く
“ベースボールプレーヤー”の一つの
カタチなんでしょうね。
準決勝後、千葉選手は
自身の役割が果たせなかった事に
号泣して
悔しがっていたそうです。
千葉選手、高校生最後の夏お疲れさまでした!

今週はマクラが思わず長文になってしまい
ましたので、これにて
ゲームセット。
夏の高校野球は終わりましたが、暑さは
まだまだ続きます。
皆さま、くれぐれも
体調管理には万全を期して下さいませ。
では、See You Next Week!最後に…
イチロー選手4000本安打おめでとうございます!

【ウッチー輪ばなし】連載・第117回。

みな、みなさま、こんにちわ!!

溶けてしまいそうな暑さが続いていますが、

ワタクシ自身は夏バテ知らずで元気満開

自他ともに認める夏男・内田英希です。

早めに水分を摂り、ご飯をガッツリ食べる!

そしてよく働いて、よく遊び、よく寝る。

何の参考にもならないと思いますが、

これがウッチー流の究極健康法です。

あっ!健康法といえば、先日松阪施設の

事務所でこんな出来事がありました…


総務スタッフである伊藤亜也子が

ランチタイムに席を立った後のデスクに、

ふと目を落としてみると…何だ、これは??

rinppa.jpgのサムネール画像

おそらく、健康グッズであろうことは予測

出来たのですが、一体何の効果があるんだ?

頭を巡らせてみても、さっぱり分からない…

で、本人がランチから戻った際に聞きました。

「亜也子さん、これって何の効果があるん?」

すると伊藤、フフフと不適な笑みを浮かべ、

「やっと気付きましたか?説明しましょう!」

とドヤ顔で、詳しく教えてくれました。

このグッズは何でも、ただ座っているだけで

太もも裏のリンパを刺激して、血行を促進

してくれるという、優れものなのだそうです。

さすがは亜也子さん!女子力を上げることは

一通り試す、と公言するだけあります

たきびを支える女子力、スッゲェェ…と、

あらためて痛感したエピソードでした。

 

今週の【ウッチー輪ばなし】はここまで。

女子力に見習って、男子力を磨くべく

毎日ランニングを欠かさない内田でした!

ではまた来週、Please take care

ヘルパーのカタチ 生搾り
第179回
『介護職の私生活あるある』の巻。


<今週のテーマ>

その仕事に就いているからこそ
自然に身に付いてしまう視点や発想…
どんな仕事にもきっとあると思います。
今週は、介護スタッフの私生活における
生態!?にスポットを当てた談論です。
皆様、ぜひとも御一聴下さいませ!


<今週のメンバー>

赤塚浩文、内田英希、三浦真弥、伊藤亜也子、
木田健太、大西竣也、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

ハートフルなカレンダー。

一風変わったカレンダー

IMG_4800.JPG

どれもデイサービスのご利用者様が

丹精込めて作製された作品です。

ご覧の通り、紙コップを工作するの

ですが、これがなかなかの至難技

個性的でステキなこれらの作品に

デイホールにみえた皆様方から

大きな拍手が沸き起こりました!

レクビリ・ミーティング@デイ。

毎月20日はイオンの感謝デー…

ではなくて、デイサービス恒例の

担当者によるレクビリ会議です

day_reku_meeting.jpg

必要に応じて随時実施される

ものとはまた別の定期会議。

各々が考えた新メニュー案の

プレゼンに対し、他メンバーが

過去の反省をもとに、厳しい

ツッコミを入れてゆきます。

安全性・効果性・勝敗性etc…

もちろん、日により変化する

ご利用者様方の身体機能状況も

想定しながら話し合います。

この日は、グッドアイデアが

いくつか出たそうですので、

今後の展開が楽しみです

ちなみに…

以前もお伝えしましたが、

「レクビリ」という言葉は、リハビリ

効果を伴うレクリエーションという、

たきびの造語ですのでご了解を…

臨時連載!伊藤部長の『日々隆々』。

伊藤隆太の【日々隆々】・臨時連載!

暑い夏ですね、その夏も佳境近くなって

来ましたが、体調等お変わりございませんか?

ショートステイ管理者兼人事部長である私、

伊藤が、今日はこの場をお借りしまして

不定期連載【日々隆々】をお届け致します。

 

八月に思うこと…

終戦記念日、松阪施設で黙祷を告げたあと、

三度の飯より映画が好き!が座右の銘の私は

「終戦のエンペラー」を鑑賞してきました。

映画の内容はさておき、戦争体験のない我々

世代にとっては、とても勉強になる良作でした。

私自身「戦争は絶対反対!嫌だ!」と、常から

強く感じていますが、そういったメッセージも

やはり歴史認識が浅いと説得力がありません。

この作品を通して、教科書や書物の教えとは

違う意味で歴史に触れられた気がしています。

ただ、残念…というか、強く印象に残ったのは、

映画そのものの内容ではなく、観賞されていた

人のほとんどが年配の方々であったという事。

偶然なのでしょうが、若年者はほぼ皆無でした。

介護職という仕事柄、ご利用者の皆様方から

「平和を享受できるのは、決してあたり前

 ではない。次はあんたらがそれを子どもや

 孫たちに伝えていかなアカンのやに。」

と、ご伝授頂いている立場としては、正直

何やら複雑な気持ちになってしまいました。

同時に私自身も、もし映画好きでなければ、

ここにいないだろうし、こんな事を思う機会

さえなかったのかも知れないと思います。

改めて、伝え継ぐその大切さを痛感しました。

 

どうしても、この時期に書きたかったので、

平日のたきびブログを占領しましたこと、

悪しからずお許し下さいませ、、では!

またお会いしましょうね、伊藤隆太でした

Let's grow up together!!

 

終わるな甲子園!秋が来るじゃないか。

アツ〜い8月も中盤〜終盤ですね。

松阪施設では今月も各種のイベントを

実施させて頂いておりますが、今週

金曜日には初来訪グループが登場

津市を拠点に介護施設などで幅広く

ご活躍されている、音楽ボランティア

サークル『カトレア』の皆様です!

katorea.jpgのサムネール画像

プロジェクターを用いスクリーンに

各曲の歌詞やイメージを投影しつつ、

ストーリー仕立てでキーボードを演奏

されるのが同グループ最大の特徴

楽曲のレパートリーは約150曲近く

あるそうですが、それに留まらず、

紙芝居も30話程準備OKとのこと!

もちろんその場で、ご利用者様からの

リクエストにも対応して頂けます。

どんな雰囲気になるのか、そして

皆様がどんな笑顔をお見せ下さるか。

あ〜、今から待ち遠しいなぁ…

夏の甲子園もいよいよ佳境。

毎年決勝戦・閉会式が終わると、

一気に秋の気配が押し寄せてきます。

残り少なくなって来た2013年の夏、

思い切り元気に楽しみましょうね

さぁ7days、覇気持ってGO!!

【自転車奔走記】「関わるケア」#8。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第158回。

暑い!とうなだれてしまう毎日。
皆さまお元気にお過ごしでしょうか?
熱中症の対策は当然として、そろそろ暑さ続きの
疲れが溜まってくる時期です。
夏風邪など体調を
崩す方も徐々に増えてきて
いますので、皆さま
体調管理に万全を期して下さいませ。
ところで我が三重県代表・三重高の甲子園
1回戦の試合、実にいいゲームでした。
丁度仕事中で、漏れ聞こえてくるTV中継の
音声
で最終回の手に汗握る攻防を観戦(?)
してました。
で唐突ですが、ワタクシが夏の
甲子園で一番ジーン
と来るシーンは何か?
と言いますと、勝利高の校歌
斉唱が終わり、
一瞬の静寂の後に湧きおこる大歓声。
そしてそれに包まれるようにしてベンチ側の
応援席
にダッシュする選手たちのシーンです。
静から動への劇的な転換と言うか、この一瞬

過去と未来の時間軸が交差して別れ行く狭間
と言うか、
何故か詩的なものを感じるこの
シーンにジーンときて
しまうんですね。
改めてスポーツは「詩」なんだ!と思います。
そう思うのは、先日、高校野球マニアである
たきび代表の赤塚と作詞家・阿久悠さんの
話しで盛り上がったからでしょうか…。
ご存じの方も多いと思いますが、阿久さんも
大の高校野球
ファンで、沢山の甲子園を題材に
した詩を残されています。
恥ずかしながら先日
TVでその事を知り、その番組で紹介
された詩に
いたく感動!後日、赤塚にその詩の事を
尋ねた
ところ色々な事を教えて貰い、今やすっかり
阿久悠
さんファンになっているヒロモリです。
もし機会があれば、この【たきびブログ】の
何処かで阿久さんの
詩を紹介できればいいな…

スポーツは『詩』だ!そして同じ「シ」でも、
ヒロモリは『脂』だぁ
と苦しいオチがついた
ところで【自転車奔走記】プレイボール!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「パーソン・センタード」という概念を
紹介しながら、
関わるケアを皆様と考える企画。
先週は「業務中心のケア」を考えてみました。
業務中心のケアを要約すると、ケアや生活の
現場で
起こる生活活動上の問題を解決する
方法として、
いかにしてご利用者様に問題と
なっている生活活動
をして貰うか?と言う事を
最優先にして取り組む
ケア方法です。

前回は入浴拒否を例に挙げましたが、別の例を
挙げると、トイレの場所が分からない等の
理由で
排泄の失敗が多い方について、排泄失敗
を防止
する為に「おむつ」を着用してもらう事で、
その
問題が解決したとする考え方です。
確かにおむつを着用する事で、衣類や部屋の
汚染は
かなり防ぐ事ができますし、定期的に
おむつを交換
する事で保清を図る事もできます。
排泄の失敗で
汚染した下着や衣類を着たまま
過ごす事のデメリット
を考えれば、このおむつ
着用は妥当なケア方法と
捉える事が可能です。

ですが、パーソン・センタードの観点から
すると上述
の考え方には異議ありとなります。
異議」という単語にこの考え方を紐解く
キーが隠され
ています。間違いではなく
「異議」なんです。
どういうことか?と
言いますと「おむつを着用する」ということ
そのものは、排泄に関するトラブルにおいて
有用な対処方法の一つですので、否定される
べきもの
ではありません。異議が唱えられる
のは「おむつを
着用する」という対処方法を、
ケアのなかでどのように
位置付けるか?
というアプローチ面なんです。

パーソン・センタードの考え方では
『排泄の失敗
が続く事は、保清ができず皮膚
 トラブルになったり、衣類の
汚染で不潔な
 衛生状態に陥る。おむつを着用する事
自体は
 おかしなことではない。が、果たして
 おむつを着用
することだけが問題の解決方法
 だろうか?また、おむつ
を着用して陰部や
 衣類の清潔を保つ事ができれば、
それが
 問題解決のゴールなのか?』
という問いかけから発せられた異議なんですね。
排泄の失敗によって惹起される
様々な問題のみに
着目するのではなく、失敗する
原因は何か?
怪我や病気等の身体疾患、生活環境
の問題、
今までの生活歴、現在のライフスタイル等々
その人に付随する様々なエピソードから原因を
探って
いく作業が必要とされますが、これらの
事は取りも直さず
【その人をよく知る事】です。
その人を理解して共感
していくという作業を
進めていくなかで「おむつ着用」という選択肢

選び、さらにおむつを着用した事でその人が
どう感じ、
どのように生活しているかを理解
していくプロセスを怠らない
のであれば良い
けれども、排泄の失敗による問題を
解決する為
だけに一足飛びで特定の対処方法を取る
という
ケアに対して異議を唱え、警鐘を鳴らして
いるのが
『パーソン・センタード』、人間中心
というケア概念なんです。

次週は、事例をあげてもう少し具体的に
人間中心のケア
の内容について進めていきますね。
では、まだまだ暑い日が続きますのが、
皆さまお元気にお過ごしください!
SEE YOU NEXT WEEK

【ウッチー輪ばなし】連載・第116回。

写真は終戦記念日の黙祷の様子です。

正午、サイレンが鳴ると、ご利用者様も

スタッフたちもその場で目を閉じて、

戦没者の方々の冥福を祈りました。

mokutou_2013.jpg

終戦から68年、それを「もう」と感じるか

「まだ」と感じるかは人それぞれでしょう。

少なくともここ数年、戦時体験を語って下さる

世代のご利用者様が減っているのは現実です。

決して絶やさず、未来へ語り継いでゆく事。

それは我々の大きな使命でもあると感じます。


閑話休題


8月も折り返し地点を過ぎましたね。

夏バテ対策は、とにもかくにもよく食べて、

よく休むことだと言いますが、とは言っても

食欲が減退しがちなのも事実ですよね。

これは、ご利用者様方にとっても同じなの

ですが、そんな疲れた胃袋にもスカッと

おさまるメニューを考案してくれて

いるのが栄養士である森田なのです。

morita.jpg

先日、今月のイチオシメニューを聞いた所、

「う〜ん、ミラノ風カツかなとの事でした

ミラノと言えば、サッカー・セリエAの

名門ACミランの本拠地として知られます。

そしてACミランのホームユニフォームは

ファンにはお馴染みの赤と黒のストライプ。

じゃ、日焼けで真っな私はこれを食べて

情熱の炎をさらに大きくするぞ!……

…ってことで、今週はかなり無理のある

締めになっちゃいました、、悪しからず


それでは、

今週の【ウッチー輪ばなし】はこれにて。

みなさんもいっぱい食べて下さいね。

それではまた来週~、Please take care!!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第178回
『例えてみよう!腕時計と掛時計』の巻。


<今週のテーマ>

先週盛況だった「例えてみよう!」の第2弾、
今回のお題は〝腕時計と掛け時計〟です。
どちらも常に私たちの身近にある物だけに、
より多様性に富んだ回答が飛び出します。
中には、かなり秀逸でうなってしまうものも…
皆様もぜひ〝例え頭〟をひねってみて下さい!


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、
三浦真弥、伊藤亜也子、木田健太、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

終わらない夏がここにある!

愛息子が現役の三重高野球部員という

スタッフが用意してくれた応援グッズ!

mieko_ouen_2.jpg

昨日のたきび松阪施設は、まさに

アルプススタンドと化しました

太鼓や鐘が鳴り響くフロアで、

興奮の2時間半を過ごされた皆様方。

mieko_2013_1.jpg

hakusyu.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

大会屈指の右腕・安楽投手に対して

レギュラーと、控え選手と、そして

応援スタンドから声援を送り続けた、

ベンチ入りできなかった部員達が、

重なり合ってもぎとった9回の5点。

地元松阪から甲子園を通じて全国に

勇気を与えてくれた三重高野球部!

君たちは負けてなお勝者でした!!

「介護福祉士試験」オープン勉強会。

日勤業務が終わった後のヒトコマ。

続々と退社するスタッフを横目に、

デイルームで参考書を広げるのは…

kaifuku_study_2.jpg

kaifuku_study.jpg

国家試験である介護福祉士の受験を

年明けに控え、自主的な勉強会に

勤しんでいるスタッフたちです

現在たきびにはケアマネ有資格者14名、

介護福祉士有資格者15名がいますが、

今回、新たに在職期間条件を満たした

6名のスタッフがチャレンジします。

みんなが合格できますように!

ちなみに…

ケアマネ有資格者は14名ですが、

実際にケアマネ業務に当たって

いるのは本社の広森ただ1名のみ。

これは「外注体制を実践する事で

サービスの質向上に徹底しよう」

という、たきびの理念なのです。

「鬼灯」と書いて何と読む?

「鬼灯」と書いて「ホオズキ」…

日本語とは、かくも美しい言語ですね。

先日、とあるご利用者様からホオズキを

頂戴いたしましたので、早速最も目立つ

玄関ロビーへ飾らせていただきました。

hohzuki_1.jpg

と…その途端!他の皆様方がご鑑賞。

「あぁ、もうお盆か。お迎えせな。」

「帰ったら家にも飾らんとあかんわ。」

古から、仏教習俗である日本では、

ガクに包まれたホオズキ果実を、

ご先祖様の霊を導く提灯に見立て、

枝つきで盆棚に飾付けるのが習慣。

ご利用者様は、そんな習わしを次代に

伝えて下さる最高のお手本ですね

今、ローカルタウン誌がアツい。

松阪市にお住まいの方であれば、

おそらく誰もが一度は目にされた

ことがあるであろう無料情報誌。

それがコチラの↓↓2誌です

IMG_4762.jpgのサムネール画像

手前は三重県の医療・介護情報を扱う

「メディサポ」の三重南勢版夏号で、

四季に応じ年4回発刊されています。

地元病院・医院・介護施設の紹介を

メインに据えつつ、毎回ユニークな

特集が組まれるのが大きな特徴です。

スーパーマーケットや公共機関、

また地元喫茶店などで扱っています。

引き続いて、奥側の雑誌は松阪市の

リアルタイムな情報を幅広く網羅

している地元雑誌「ふぁみんぐ」

グルメ情報や美容院紹介をはじめ、

各種イベント告知等、活きた情報を

多数掲載しているのが特徴です。

この「ふぁみんぐ」は、松阪市内

5万世帯超のお宅に無料配布されて

いると同時に、市内の各所には

無料配布所が設置されてもいます。

今やローカル誌は有料一般情報誌と

比較しても遜色がない程の充実度を

誇っているように感じられます。

地域との繋がりの一助として、

大いに有効活用したいものですね

ちなみに両誌ともに、たきびの玄関

でも配布しておりますので、是非

お気軽にお立ち寄り下さいませ!

◆   ◆   ◆

さぁ!いよいよ今週は、甲子園に

地元代表の三重高が登場します!

アルプススタンドと化したフロアで、

ご利用者様と共に大応援するぞぉ〜

【自転車奔走記】「関わるケア」#7。

【ケアマネ自転車奔走記】第158回。
8月も中盤、お盆の帰省ラッシュも間近、
おまけに暑~い毎日が続いています。
皆さま、お元気にお過ごしでしょうか?
水分補給と休息を心がけて下さいネ。
しかし、猛暑日は体に堪えますね。
ただ、夏の甲子園が始まったこの時期は
ワタクシの
夏本番!熱闘甲子園を観ながら
飲むビール
の美味いこと美味いこと!
こまめな水分・糖分・脂分補給で、
今年の
夏も乗り切ろう!と意気込みつつ、
ズボンの
ベルトが自慢の三段腹に
寄り切られる寸前!
猛暑よりも猛省が
必要な背脂豚骨風味のヒロモリが
お送りします【ケアマネ自転車奔走記】
さぁ、はじまりです!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今週からは関わるケアについて皆様と
一緒に考えていきたいと思います。

最初のキーワードは「パーソンセンタード」。
このパーソン・センタードと言う言葉、
直訳すれば人間中心
或いは人間を中心に
据えると言った意味となります。
1990年代に、イギリスの心理学者が提唱した
ケアメソッド
なんですが、当時主流であった
業務中心のケアから離れ、
人間中心のケアを
展開する事の重要性を説いています。

所で皆様『人間中心のケア』といわれると
何となく内容を推測できそうですが、
『業務中心のケア』と言われて
みると
少し分かりにくいのではないでしょうか?
一般的に認知症の方々のケア内容で重要な
位置を占める
のが、様々な認知症に伴う
周辺症状への対応です。
周辺症状とは、
徘徊や介護拒否など脳機能が障害を
受ける
事によって引き起こされる問題行動の事を
指します。徘徊を例に取りますと、
徘徊とはあてもなく歩きまわるという
意味でつかわれる言葉
ですが、自宅から
出てしまい、特に目的もなく
あちこちを
歩きまわって、迷子や事故など二次的な
被害
を発生させる契機にもなる行動です。
この「あてもなく」
という文言がポイント。

何らかの目的があって行動する訳では
ありませんので、重度の認知症の方ですと
それこそ昼夜を問わず、ご家族や介護者が
眼を
離した間に、いつの間にか何処かへ
行ってしまいます。私もヘルパー時代に
経験が
ありますが「えっ!」と絶句して
しまうくらい遠く離れた
場所で警察に
保護された方も沢山いらっしゃいました。
本当に“眼が一瞬でも離せない”状態が
24時間続き
ますので、ホームヘルパー等の
介護職員はともかく
同居されているご家族の
心配や負担の大きさは
容易に推し量る事が
できると思います。

この徘徊への対応で一般的なのは、
感知センサー(認知症徘徊感知センサー)等の
機器で、
屋外に出た瞬間を把握する事で徘徊を
防ごうという
方法です。他にも夜間の出入口を
施錠する事で
不意の徘徊を防止したりする
方法も見られます。他にも常時の見守り
等、
様々な方法を使うことで徘徊を防いでいます。
この方法という言葉を『業務』に置き換えて
頂くと
『業務中心のケア』という文言の
取っ掛かりが得られ
ませんでしょうか?

つまり、認知症に伴う周辺症状を分類して、
症状ごとに症状に応じた対応を行っていく事

『業務中心のケア』と言う事が可能ですね。
様々な周辺症状を“問題”として捉え、その問題を
対処的に解決していくと言い換える事もできます。
例えば、入浴を拒否する認知症の患者さんが
みえたとします。ワタクシも経験がありますが、
本当にびっくり
するくらいの大きな声や強い力で
入浴を拒否されます。しかし、無理強いしない
事がケアの基本
ですので、最終的
にはご本人様の
拒否を重視して入浴はせずに、
体を拭く程度で
保清をするしか方法はありません。
当時、入浴を嫌がられるご利用者様に対し、
どのように
して入浴してもらうか?について
何度も
スタッフ間でカンファレンスを
繰り返した記憶があります。

と!
ここで注目して頂きたいのが下線部
の文章。
『無理強いをしない事がケアの基本』とあります
ので、この文意は『利用者本位・意思尊重』です。
でもワタクシ達が目指していたのは『入浴して
もらう事』ですので、意地悪な言い方をすれば
【いかにご本人様を翻意させて入浴させるか】
を考えていた訳ですよね。でもこれって結局、
「業務>ご本人の意思」と思われませんか?

ここからが肝心なところなのですが、
よくよく考えれば、ワタクシの友人にも
風呂嫌いはいます。
極論をいえば風呂に
1年入らなくても
生死には直結しません。
その意味だと、患者
さんが入浴拒否をしても
別段大騒ぎする必要はないかも
しれません。
でも、介護スタッフやご家族さんにとれば、
「清潔に過ごしてほしい」
「お風呂に入ってさっぱりしてほしい」等
色々な思いから、結果的に入浴と言う業務を
ご本人様の意向より
上位に置いた対応を
してしまうという事が多々あります。
つまり、これらの事柄を図式した
「業務(入浴)>ご本人の意思」というものが
業務中心のケアの本質だと考えます。

誤解して頂きたくないのは…
【業務中心のケア】は決してご本人様
の意思を
ないがしろにするケアではないと言う点です。
今回は入浴を例に挙げましたが、もっと生死に
直結する
ような事柄であれば、ご本人様の
意向より必要な業務が優先
されることは当然
ですし、何よりこれらの業務は、ご本人様の
健康を考えた上で必要な活動です。
しかしながら、現実として認知症という
病気により、それら健康
に必要な活動を阻害
するような行為、行動が生じている
が故の
葛藤から生じたジレンマのなのです。

では今週はこれにておしまい。
皆さま、体調には十分注意して、
来週またお目に
かかりましょうね!!
SEE YOU NEXT WEEK

【ウッチー輪ばなし】連載・第115回。

みな、みなさま、こんにちわ

先日誕生日を迎えまして34歳になりました

ウッチーこと松阪施設長・内田英希です!

「まだ34歳?10歳くらいサバ呼んどるやろ!」

とは、いつも率直な意見を仰って下さる、

ご利用者のS様のお言葉…貫禄ってことで


さて、話し変わりまして…

一昨日初めて目の当たりにしたのが話題の、、

simakaze.JPGのサムネール画像

そう!近畿日本鉄道の最新車輌「しまかぜ」!

今現在のところ、予約が絶えない状態らしく、

まだまだ実際に乗車は出来そうにありませんが、

見られただけでも充分ラッキーな気分です。

実は私こう見えて、案外電車好きなんです

マニアとまではいきませんが、近鉄沿線で

育ったからか、電車を見るとワクワクします。

既にしまかぜ乗車済み、なんて方もみえる

でしょうね…うらやましい…あ!思いついた!

34歳の目標をしまかぜに乗車することにします!

ちょっとささやかですが悪くありませんよね。


今週の【ウッチー輪ばなし】はここまで。

ここ数日間は、猛暑を超えた酷暑です。

くれぐれも体調管理には最大のご配慮を!

ではまた来週~Please take care!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第177回
『例えてみよう!看護と介護』の巻。


<今週のテーマ>

数年前にFM三重で地上波放送されていた、
日本福祉大学提供の福祉系バラエティー番組
『日福どおっすか』(DJ多田えりか・赤塚浩文)。
今週はその番組内でとても好評だったコーナー
「例えてみよう!」に挑戦してみました。
そして気になるお題は…〝看護と介護〟。
御一聴の上、ぜひ皆様も例えてみて下さい!


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、
三浦真弥、伊藤亜也子、木田健太、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

エクセレント・ストリングス。

待望の「松阪商業ギター部」が登場!

約70分間にわたった演奏は、まさに

名演と呼ぶにふさわしいものでした。

matsusho_2013.jpg

アンコール後にご利用者様からの

スタンディングオベーション!!

あ〜全国レベルはちがうなぁ…と、

ご利用者様もうっとりなご様子。

ここまでは言わずもがなです、が!

スッタフ的に最も印象的だったのは

生徒さんたちが元気よく何度も挨拶

してくれる姿、そして荷物を手際よく

テキパキ運ぶ姿、後輩に的確な指示を

出しつつセッティングする上級生。

我々も大いなる刺激を受けました!

matsusho_2013_2.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

素晴らしい若者たちに、心より

感謝をのべます!ありがとう

そして、この企画に賛同して

下さった松商の教諭の皆様方、

本当にありがとうございました!

たきびスタッフ、銀幕デビュー!?

突然ですが皆様は、来年公開の

この映画↓↓をご存知でしょうか?

title.jpg

三浦しをんさん原作の映画化作品

なのですが、津市の美杉近辺では

「WOOD JOB!」が数ヶ月前より

とても大きな話題になっています。

なぜか?…ご存知の方もおみえに

なると思いますが、ロケ地が全編に

渡って美杉近辺だからなのです。

extra_movie.jpg

先日の中日新聞・津市民版にも

大々的に掲載されていましたが…

でもどうして、たきびのブログで

公開前の映画を紹介するのか?

それは!!本作品のエキストラに

たきびから2名のスタッフが参加

させて頂いたからなんですよ

一人はふんどし姿(内田施設長)で、

もう一人はスーパーマーケットの

お客さん役(事務の竹田)で登場。

二人は今、カットされていない事を

心から願っていますが、如何に…

どちらにしても、来夏の公開時には、

スタッフ大勢で足を運ぶ予定です!

それにしても、施設長のふんどし

姿って…ハマり過ぎな気がします。

E・A・D・G・B・E、これ何の順?

松阪施設、8月前半のメインイベント

ともいえる『松阪商業ギター部LIVE!』

いよいよ明日に迫ってまいりました!

welcomebord_2013_8.jpg

松商ギター部と言えば、全国に名前が

轟くほどの名門で、文部科学大臣賞を

連続受賞していることでも有名です。

そのギター部が、約2年ぶりの登場!

いつも、たきびLIVEに向けて普段とは

違う曲を用意してくれる同部だけに、

今回も、全国トップクラスの演奏を、

ご利用者様方に聴かせて下さること

でしょうね…あぁ〜、楽しみです

ちなみに、

本記事タイトルはギターの調弦順。

一番太い6弦から順にミラレソシミ

という順で音を合わせてゆきます。

和音楽器の場合、ラ=A、シ=B

ド=C、と表す場合が多いので、

タイトルのようになるワケです

ゴーヤ革命は一夜にして。

たきびグリーンプロジェクトで

栽培中のゴーヤが、一夜にして

こんなパッションイエローに変貌!

yellow_go-ya.jpg

ゴーヤと言えば苦味が特徴ですが、

それがどうも苦手で…という方も

決して少なくはないと思います。

過去には、沖縄出身のスタッフが

「苦いから昔から嫌いなんです」と

告白していた事さえありました。

そんな皆さま、ご存知でしたか!

熟れきって黄色くなったゴーヤは

まるでメロン様に、それはそれは

甘〜くて美味しいということを!

yellow_go-ya_2.jpg

従来通りの緑色ゴーヤの味とは

まったく別物といった食感です。

特に、種の周辺の赤くなった部分が

何とも濃厚な甘味を醸し出します

これならゴーヤが苦手な方でも、

さほど抵抗なく食せると思います。

スーパーで購入したゴーヤでも

しばらく放っておくと自然に黄色に

なりますので、ぜひお試しあれ

さぁ!3日後の8月8日からは、

いよいよ甲子園が開幕します。

2013年リアルサマーの到来!

今週も7days、覇気持ってGO

【自転車奔走記】夏!夏!野山でMTB!

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第157回。

いよいよ8月、夏本番に突入!
と言っても、今年の我が街三重県では
梅雨らしい梅雨
もなく、なし崩し的に
夏になだれこんだ感が強いですね。
とはいえ7月と8月という言葉を比べると、
やはり8月の方が夏度(夏の印象強さ)は
強く感じます。
海に山に!と意気込みを
述べたい所ではありますが…まずは何より
熱中症注意!皆さま、水分・塩分の適切な
補給と、十分な休息を
心がけて下さいネ。

ところでこの暑い時期、自転車乗りの活動と
言うか練習時間
は早朝がメインになります。
ワタクシの知り合いの市民レーサー
は、
夏場は午前5時前後から練習をしています

一方、メタボライダーのワタクシは大方の
予想通り「朝が超苦手」でして、5時起き
なんてもっての外!
惰眠を貪る事に専心
していますので、休みの日に練習
しようと
しても起きる時間が遅ければ遅いほど、
お日さまガンガン照り+アスファルトの
強烈な照り返し
の中を走る事となります。
で、結局1時間もしないうちに
汗だく&
バテバテになってしまい、あえなく帰還と
相成る
事を繰り返していたのですが…

先日そんなワタクシに朗報が飛び込みます。
以前も記事で取り上げました多気郡多気町の
MTBコースがこの8月からオープン!と
なりました。「高校生レストラン」で全国的
にも有名な
町ですが、自転車乗りの間では
「自転車のまちづくりプロジェクト」を推進
する町
としてのイメージの方が強いんです。
このMTBコースを始め、多気町の自転車
での町づくり
に深くかかわっていらっしゃる
のが北京オリンピックの
MTB日本代表
チームの監督だった西井匠さんと、
ダウンヒルというMTB競技の前日本
チャンピオン
の清水一輝さん。
超ビッグネーム
であるお二人です。

MTBは、自然の野山を自転車で走破する
競技ですので、
舗装道路とは一味違う乗り
心地だったり、未舗装の
山道を登り降り
しながら自然の中を走る爽快さが
人気の
ヒミツなんですね。なにより野山の中なので
涼しいのがGood!ただ、自然の山道だけに
常設のコースとなると、維持管理が非常に
大変なんですね。コースの草刈りや倒木の
処理、雨などで出来た轍の補修など
安全に
走行する為のメンテナンスは多岐にわたり、
多くの手間や
労力がかかります。山道を
登ったり下ったりするMTBライド
は別格の
面白さがありますし、ワタクシの廻りでも
MTBを始める人が増えてきています、が、
常設コースが少ない事が悩みのタネでした。
野山は沢山ありますが、他人の所有地で
あれば
勝手に入る事はできません。
以前は登山道
をMTBで走る人もいたよう
ですが、登山者との
接触事故等のトラブルが
多く、最近は自転車乗り入れ
禁止となって
いるルートも多い状況です。
そんな中での常設コースオープンは、
自転車乗り
にとって、MTB乗りにとっては
まさに朗報!近いうちに走りに行こうと、
はやるキモチと揺れる腹
を必死に押さえて
いるヒロモリがお送りします【自転…】
調子に乗っていたらマクラが本編分を浸食
してしまいました。

本編連載の続きである「パーソンセンター」に
ついては次週からお届けしますので、
何卒のご容赦をお願いいたします。
それでは、皆さま、また来週お会いしましょう!
See you next week 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※オマケのリンクです!

多気町自転車まちづくりプロジェクト

勢和台MTBコースオープンお知らせ 

【ウッチー輪ばなし】道具にも心あり。

【ウッチー輪ばなし】連載・第114回。

みな、みなさま、こんにちわ!

ここ数日の夏らしい天候を満喫しすぎて、

顔や腕を中心にすっかり黒光りが始まった男、

ウッチーこと松阪施設長・内田英希です

昨年の松阪高校に続き、今年も地元・三重高が

夏の甲子園に出場!とあって、テンションが

高めなご利用者の皆様方とスタッフたち。

三重高出身のスタッフや、息子さんが三重高の

現役野球部員というスタッフもいるため、

昨年にも勝るとも劣らない盛り上がりです。


さて本題です。

今週はいつもと視点を変えて…

今まで、本ブログでアップされてきた数々の

写真を撮ったカメラを紹介致します。

021.JPGのサムネール画像

たきびで所有するカメラの内の一台で、

ほとんどのブログ写真は、本機よるものです。

何となく人の手に馴染みやすいのか、はたまた

余分な機能が無い分、シンプルさが便利なのか?

理由は定かではありませんが、何かとあれば

スタッフから引っ張りだこのデジカメです。

車・カメラ・携帯電話・PC…例え機械と言えど、

使う人間との相性って確実に存在しますもんね。

そして不思議なもので、人が大切に使うことで、

道具の側も、それに呼応してくれる気がします。

最近の世では、やや希薄になりかかっている

〝物を大切にする心〟の大事さを再認識します。

ご利用者の皆様方から「当たり前の事やろ!」

との、ご指摘が飛んできそうではありますが…

物が溢れる便利な現代で、この教訓に気付く

チャンスが減っているのは確かでしょうね。


今週の【ウッチー輪ばなし】はこれにて。

ではまた来週〜  みなさま、物は大切に。

Please take care , everyone!!

【生搾り】『驚き、桃の木、上半期』配信!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第176回『驚き、桃の木、上半期』の巻。


<今週のテーマ>

早いものでもう8月に突入です。
今週は、2013年上半期を振り返って
印象に残っている事についての談論。
井戸端トーク調ですが、ことのほか
聴き応えのある15分超だと思います。
ぜひ御一聴下さいませ!


<今週のメンバー>

赤塚浩文、内田英希、三浦真弥、
伊藤亜也子、木田健太、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

「単調作業」と「引き算」と...

ご利用者様方が取り組んでみえるのは

「回る!大捜査網」レクビリの一種です。

tsunawatashi_1.jpg

*写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

準備運動的な要素を含んでいる為、

メインゲームの前に行われます。

ご覧の通り、ロープをゆっくりと

送るだけなのですが、大人数だと

リズムを合わせるのが殊の外大変!

さらに、一定周期で回転方向を

変えるルールになっているので、

想像以上に〝感覚性〟を要します。

右回転は上手く出来るけど、左は

なぜだか全く上手く行かない…

なんて事が多発するワケです。

一見単調な作業の中で、リズムを

とりつつ手や指先を使うことは、

脳の活性化に有効ですからね

ちなみに…全くの余談ですが、

最後の夏休みを無駄にしない為に

机に向かっている受験生の皆様!

一日の最初、つまり朝起きてすぐに

「引き算」をすると、午前中の脳の

働きが活性化するそうですよ!

引き算には、寝起きの副交感神経を

交感神経へとスムーズに移行して

くれる効果があるそうなので…

ちなみに2、3桁がお勧めです。

あくまでも参考までにどうぞ。

アーカイブ

月別 アーカイブ