ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 意訳する力が本質を呼ぶ。

意訳する力が本質を呼ぶ。

デイサービスのご利用者様が

ご帰宅される時間に先駆けて

駐車場はこんな感じに準備。

car_day.jpg

乗車される方々のADLに応じ

並ぶ順番は毎日変わります。

ADLとは福祉・介護業界の専門

用語でactivities of daily living、

直訳して「日常生活動作」。

要は、日常生活をする上での

その方の不自由度のことです。

もぉ〜、回りくどいなぁ〜!

じゃあ始めからそう言ってよ!

と思われたでしょ?しかしながら

福祉業界には欧米から直輸入

された言葉がとても多いのです。

業界特有の専門用語は時として

非常に便利ではあるのですが、

一方で安易な直輸入や不用意な

直訳が、机上と現場の乖離を

生んでしまう場合もあります

「エンパワーメント」

「ノーマライゼーション」

「ユニバーサルデザイン」

「アセスメント」その他諸々…

現場スタッフは皆、自分なりの

意訳を持って仕事に臨んでいます。

皆様ならどんな意訳をしますか?

アーカイブ

月別 アーカイブ