ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記・番外編】ケアマネとはなんぞや?

【自転車奔走記・番外編】ケアマネとはなんぞや?

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第148回。

いよいよ梅雨入り(泣)
鬱陶しい毎日が続きますねぇ。
湿度が高い日が続くと、本人の知らない間に
発汗
が多くなり脱水症状を招き易くなります。
こまめな水分補給、そして食品等の衛生管理
十分ご注意くださいね。
さて、今週から「認知症を考えよう」完結編
「関わるケアについて」をお送りする予定
でしたが・・・
ごめんなさい。
ちょっとお話しをしたい事がありますので
今週も番外編とさせていただきます。
何卒ご了承のほどを…

で、今回お話ししたい事というのは
ケアマネとの関わり方
についてなんです。
実は先週、介護についての相談を沢山受ける
機会が
あったんですが、お話しをしていく中で
「ケアマネに相談すると、相談料がかかる?」
というご質問があったんです。
また別の方は「色々相談をして、ケアマネに
動いて
もらう事はありがたいけど、結果
介護保険のサービスを
使わなければ無報酬に
なることが申し訳なくて…」
と複雑な表情を
されていました。

ケアマネの業務内容を一言で言うと、
適切に介護保険給付
を利用する為に関わる
手続きや書類作成の代行助言
となるでしょうか。

相談を受け、面接を行っていく過程で困り事や
希望要望を整理し、その解決の為に介護保険
サービスを利用する事が有効であればその
為の調整
や計画立案、連絡連携等の法定業務を
行う事で、その
対価として介護報酬を受けると
言う事がケアマネの主たる
業務とされています。
その意味で言うと、ケアマネの仕事は
介護保険
ありきである事は紛れもない事実なんですね。
ただし!
ケアマネはもう一つ別の顔を持っています。
それは介護保険をはじめとした高齢者福祉の
専門家
として地域での相談を受付る
支援者としての役割です。

この場合、支援者は介護保険制度そのものも
選択肢の一つ、
つまり相談者が抱える問題を
解決する為に考え得る様々
なアプローチや
資源の一つとして総体的に対応します。
本来、介護保険制度というのは高齢者の
生活や介護
でなにか問題が発生した時に、
それを解決に導く過程
で有効に作用する
資源の一つでしかないので、ご本人

頑張りやご家族さんの協力、地域の
支援等々で問題
が解決するのであれば、
その方向性で進めるべきですよね。

平たく言うと「無理に介護保険サービスを
使う必要はない」
ということです。

このように、自らの存在の根拠法でもある
介護保険制度ですら、一つの活用できる
社会資源と捉える
フラットな視点を持って
相談に当たるのが地域の支援者、
つまり
ケアマネのもう一つの顔なんですね。
確かに、相談を受け、色々な助言や支援を
しても介護保険
サービスを利用しなければ
報酬が発生しないのは事実ですが、
もし仮に
地域の支援者としての顔を捨ててしまったら、
ケアマネは単なる保険手続き代行者でしか
ないですよね。

本来のケアマネの役割は相談支援者、
生活の中で起こる
様々な問題や困りごとを、
当事者や取り巻く人達と一緒に
解決方法を
探す旅路の道先案内人なんです。
ですので、基本的に遠慮や心配は無用!
どしどしケアマネに
相談をして下さいネ。
一緒に解決方法を考えていきましょう!
あと、ケアマネの業務において相談者の
負担は
原則発生しませんのでご了解下さい。
皆さんが、気軽に相談をして頂き、
一緒に問題解決を考える
パートナーとして
ケアマネに接して頂ければ幸いです。

と言う事で、来週からこそ!は、
「認知症を考えよう・完結編」
をお送りします。
ジメジメの梅雨空に負けないよう
気合を入れていきましょうね!
それではまた来週、See You!! 

アーカイブ

月別 アーカイブ