ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記】「関わるケア」#1。

【自転車奔走記】「関わるケア」#1。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第149回。

例年より早い梅雨入り!で、気が滅入る
毎日が続くのか、と思いきや何の事はない
ここ数日はピーカン照りとなっていますね。
先日昼間、時間自転車で走っていましたら、
クッキリしっかり日焼けの跡ができてました。
皆さま、水分補給等の熱中対策に加えて、
お肌のケアにも、お気をつけ下さいネ。
ところで、ここ最近コンビニなどで男性用の
コスメグッズ
が目につくようになりました。
洗顔用品や毛髪促進用品が置いてあるのは
知っていましたが、男性用の日焼け止めや
発汗抑制剤、
はたまた男性用フレグランス
用品など、買い物ついでに
思わず「へぇ~」
となってしまうくらいの充実ぶり。
事情通に訊くと数年前から男性用と銘打った
商品戦略は様々な分野で展開されている様で、
全般的に売り上げも伸びているそうです。
平たい話し、ワタクシが知らなかっただけ
だったの
ですが、昨今のオヤジ忌避風潮に
乗っかった
のか促進しているのか定かでは
ないにしても、
商機・商略はいろんな分野に
あるんだなぁ!?と
妙に感心のヒロモリです。
ただ40半ばのワタクシが様々なオヤジ因子を
持っている
のも事実、ここは脱オヤジを目指し
一丁ブームに乗っかってみるのも一興かな?
と算段する、たきびの「サンダー杉山」こと
ことヒロモリがお送りします【自転車奔走記】
今週も開講です!…例えが既にオヤジやな…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、「認知症を考えよう」の本丸とも
言うべき
【関わるケア】について、これから
皆さまと一緒に
考えていきたいと思います。
今週はそのプロローグと言う事で、今まで
お話しして
きた事を踏まえて、関わるケア
への入り口をお示し
できればと考えています。
気付けばずいぶん長い連載企画になりました
この「認知症を考えよう」シリーズですが、
先ず最初にお伝えした事は、認知症という
病名はない!という事でした。

認知症と言うのは、色々な疾患や脳の
障害が
原因で生まれる様々な生き辛さの事。
記憶を司る脳の部分(機能)が障害を
受けることで、
もの忘れや混乱が生じます。
もの忘れといった事は誰でもある普通の
現象なんですが、
そのもの忘れも症状が
進行すると、さっきしていた事すら
忘れて
しまい、自分が今何をしようとしている
のかが
分からなくなりパニックになって
しまったり、記憶の時系列
が乱れてしまう
事で、自分が今何処で何をしているか
すら
分からなくなってしまったりします。
上記のような日常生活を送る上で支障と
なるような
現象“生き辛さ”が現れる事を
“認知症”と呼ぶ、
という内容でしたね。

また、一度障害を受けた脳の神経細胞が
もとに戻ることはかなり難しいという
現状をお話しし、認知症の方に必要な
事は治療と
生き辛さの解消が重要になる
と言う事もお伝え
してきました。
極端な言い方をすれば、医学的に
認知症の
症状が出ていても、ご本人様と取り巻く
方々が特に辛さを感じていないのであれば
それで
OK!なのではないか?と
問題提起もしました。
他にも様々な話しを追ってきましたが、
これらの事柄を踏まえ、これから一緒に
考えていく
“関わるケア”の内容を少し
想像してみて下さい。

認知症とは病気によって
引き起こされる生き辛さ。

人は、自分自身を含めた人や環境、
社会との関わり
の中で存在している。

上述の定義から、医療や介護や社会保障や
支援協力等、個々に
展開されている事柄を、
その人を中心点として、
関わりという
キーワードで再編成していく作業が、
これから考えていく「関わるケア」の
入り口となります。
では…来週から事例なども示しながら
進めていきたいと思います。
いよいよ最終章、気合入れていきましょう!
See You Next Week 

アーカイブ

月別 アーカイブ