ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 

2013年6月アーカイブ

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第152回。

さて、今週は「自律」の概念について考えてみる…
つもりでしたがタイトルの通り、恒例の一休み&
ヒロモリの個人的趣味の回とさせて頂きます。
世界最大の自転車ロードレースイベントである
「ツール・ド・フランス2013」がついに昨日
開幕しました!今年は100回のメモリアルイヤー
と言う事もあって、CSのスポーツ専門Ch以外に
何と天下のNHKが放映(BSですが)します!
今まで
サイクルスポーツにあまり馴染みの
なかった皆さまに
自転車競技を身近に感じて
頂ける絶好の機会なんですね。
と言う事で、今週はツール・ド・フランスと
自転車レースの
豆知識をご紹介いたします。

◎ツール・ド・フランス編
・第1回は1903年。途中戦争での中止を
 挟んで、
今年記念すべき100回を数えます。
今年は6/297/21まで、走行距離3479Km
 コースは一日ごとに設定され、2回の休養日
 以外は毎日150200Kmのコースを走ります。
ヨーロッパでは、オリンピック、サッカー
 ワールドカップ
と並び称される事もある
 くらいのビックイベントです。
自転車競技界ではツール・ド・フランスと、
 イタリア
で開催されるジロ・デ・イタリア
 そして、スペインで
開催されるブエルタ・
 エスパーニャ“の3つを3大ツール
と呼びます。
 この3レース全てで総合優勝した選手

 5人しかいません。その一人が、今年の
 ツール優勝候補
の一人である、アルベルト・
 コンタドール選手です。
因みに、同一年で
 この3大会を制した選手はまだいません。
ツール・ド・フランスのコースは大別して
 平たんコースと
山岳コースに分かれます。
 特に山岳コースではアルプス越え
が有名で、
 名物のラルプ・デュエズ峠は標高差1130m、
 登攀距離20.8km、平均7.9%、最大11.5%の
 勾配を誇る
登り道。ここで過去幾多の
 名勝負が繰り広げられました。
ツール・ド・フランスのスタート地点は
 毎年異なります。
今年はかのナポレオンの
 故郷、
コルシカ島になります。
 一方、ゴールはパリのシャンゼリゼと
 決まっています。
尚、今年は100回を
 記念して、ナイトレースになるそうです。

◎自転車レース編
自転車レースでは色々な種類がありますが、
 ツール・ド・フランス
のような道路を
 使用した屋外レースをロードレース

 呼ぶ事が多いです。
自転車選手の多くはチームに所属しています。
 従って、レースもチーム単位で闘う事が殆ど。
 チームには大抵エースと呼ばれる選手がいて
 それ以外の選手はアシストとして、エースを
 勝たせる
為に献身的に働く事が要求されます。
 その内容は、
「エースの風よけになる」
 「エースに水分を運ぶ」
「エースの自転車が
 パンクした時は自分の車輪を差し出す。」
など、
 本当に献身的という言葉がぴったりくる働き。
 一見理不尽なようにも思えますが、勝利の
 合理性を追求
するとこの様な型になるんですね。
 ですので、レース
会場では、アシストの選手の
 働きに対して最大級の
称賛が与えられます。
自転車競技は紳士のスポーツとも言われます。
 この呼称は自転車競技に限った事ではあり
 ませんが、
自転車競技に於いては紳士ならでは
 というか、独特の
不文律があるんです。
 それは抜け駆けしないというものです。
 例えば、トップを争っていた2人のうち
 一人の自転車
がパンクしたとします。
 新しい車輪に取り換える
為にその選手は
 当然のことながら止まってしまいます。
 もう一方の選手はこれ幸い!!とスピード
 アップ
をして引き離しにかかりたい所、
 ですが、それは
マナー違反。必ず彼が追い
 ついてくるまで速度を落とし
て走り、彼が
 追いついてから「勝負再開!!」となります。
 実際にこのようなシーンをTVで観ると、
 ジーンとくる時
があります。
選手が着るユニフォームは、チームごとに
 分かれています。
因みに自転車競技では
 チーム・ジャージと呼びます。
 レースに出場する選手はその所属するチーム
 ジャージ
を着用する事が定められていますが、
 例外があるんですね。
その例外とは、毎年
 行われる世界選手権の覇者にのみ、
 5色ストライプ
の世界選手権ジャージ着用が
 認められて
いるからです。また、各国で開催
 される国内で一番を競う自転車競技
の覇者は
 その国を表す
ナショナル・ジャージの着用が
 認められています。
 因みに、今年のツールでは新城幸也選手が
 【日本選手権覇者】
のジャージで走る姿を
 観る事ができそうです!

「いつもより字数が多いじゃね~か!!」と
お叱りを
受けそうですが、もはや止められない
止まらない…カッパエビせん
状態が何時までも
続きそうなヒロモリでございます。
名残惜しいですが、今週はこれにておしまい
次週は「自転車競技を考えようVOL2」…
ではなく、本題に戻りまして、
「認知症を考えようシリーズ・自律について」
をお送りしますので、宜しくお願い致します。
では、レース観戦で暫く寝不足が続きますが、
体調に留意し、楽しい毎日を過ごしましょう!
See You Next Week

【ウッチー輪ばなし】夢見る夏野菜。

【ウッチー輪ばなし】連載・第109回。

みな、みなさま、こんにちわ

夏のイベント『大納涼祭ウィーク』に向け

相変わらず元気が止まらないお祭り男、

ウッチーこと内田英希ですお元気ですか?

たきびの夏の風物詩といえば、納涼祭の他に

〝たきび畑〟の野菜の成長も欠かせません。

takibifarm_nasu.jpg

最近では、こんなに立派ななすびがたくさん

出来てきていますそれ以外にもトマトや

カボチャなど、多くの夏野菜も順調に成熟中!

因みになすびが大好きな私は、このなすびが

口に入ることを想像し、その成長に合わせ

首も徐々になが~く成長してきております

麻婆茄子で食べようかなぁ?

チーズとの相性もいいなぁ?

やっぱ、グラタンかな?

いや、やっぱり揚げ浸でしょ!

おっとヨダレが垂れてきたので本日はこの辺で…


それでは、みなさま
夏野菜をしっかり食べて、

夏バテをしっかりブロックして下さいね。

ではまた来週~Please take care!

【生搾り】第171回『介護福祉士試験』配信!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第171回『介護福祉士試験』の巻。


<今週のテーマ>

来年度「介護福祉士」の試験に
初挑戦するスタッフ・大西を
囲んでの談論を配信致します。
序盤は本題とは関係ないAKB48
札幌ドーム公演の話題で盛り
上がってしまっていますが…
みなさま、御一聴下さいませ。


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、三浦真弥、
伊藤亜也子、木田健太、大西竣也、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

一日の消費靴下量、記録更新か。

とにかくすごい雨だった昨日は、

ホームヘルパーたちにとっても、

かなり大変な一日となりました。

hard_rain.jpg

以前本ブログで、大雨と雪は

ヘルパーの大敵だという記事を

書きましたが、まさにそれを

痛感させるどしゃ降りでした。

こんな日、ヘルパーは頻繁に

靴下を履き変えるのですが、

昨日は〝一日の消費靴下量〟

記録を更新したかも!です

そして夕刻、無事に帰還した

ヘルパーたちは、濡れた体を

バスタオルで拭き切ったあと…

honsyabenkyoukai_5_2.jpg

いつものようにテーブルを囲み

カンファレンスに勤しむのでした。

明日は晴れてくれるかなぁ〜

施設長、歌舞伎に目覚める。

業務後に集うメンバーたちは…

『たきび大納涼祭ウィーク』に向けて

余念がない実行委員会4人衆です。

nouryoumeetijng_1.jpg

チーム別の出し物の進捗状況や、

一週間の大きなストーリー確認。

そして細かい部分の演出についても

ダメ出しをし合ったり、イメージの

相違について確認し合ったり…

nouryoumeeting_4.jpg

内田施設長がいつしか海老蔵顔↑に

なってしまうほど白熱した議論は

このあと小一時間続くのでした

甦れ!ソフィアローレン。

先月からデイサービスの皆様が

取り組んでおられた作品が完成。

それではどうぞご覧下さいませ!

プラキャップ製『向日葵』

himawari_day.jpg

写真ではイマイチ伝わり辛いですが

間近に観賞するとすごい存在感

納涼祭ウィークを数週間後に控え、

突如あでやかになったデイルームは

一気に梅雨を超えて夏ムードです。

それにしても、なぜ向日葵って

人の心を明るくするのでしょうね?

ホント不思議な花だと感じます。

健康診断でPEACE!

たきび松阪施設にて健康診断を実施!

今回も松阪市健診センター「ぴーす」様

各項目の診断を行っていただきました。

kenshin_2013_6.jpg

受診項目は法律で定められています。

最近では生活習慣病を予防するために、

一定年齢以上になると全国健康保険協会

補助の元「生活習慣病予防健診」という

さらに細部に渡った検診ができます。

具体的には腹囲や血中脂質、肝機能数値

などから、具体的な問題点を解析し、

改善策を指導いただくというもの。

ご存知の通り、今後医療のベクトルは

確実に「予防」へと向いていきます。

規則的な食事・睡眠、定期的な運動…

365日確実に続けるのは難しくとも、

可能範囲で心がけてたいものですね。

〝健康の維持は我々の義務である〟

とは、社会学者スペンサーの言葉です。

肝に銘じて7days、覇気持ってGO!

【自転車奔走記】「関わるケア」#3。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第151回。

やっと梅雨らしくなったと思えば大雨被害。
我が国での局所的な天気の問題なのか、
地球規模の気候の変動なのか、ワタクシには
判り
ませんが、津市内の干上がったダムの
ニュース
を観ていると不安が募ってきます。
正直に言いますと個人的には、声高に環境
問題を
叫んでいる方を少々苦手に思って
いまして、というか、
どちらかと言えば、
懐疑的と言うか斜に構えた態度
で過ごして
きました。
ですが、ワタクシも地球で生息
する生物群の
一つにすぎないヒト。
今後はしっかり考えていきたいと思います。
と、久々の社会派マクラから始まりました
【自転車奔走記】
今週も開講です!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今週は、介護での全人的視点について。
早速ですが、ケアに携わる我々が、比較的
よく遭遇し、そして
深く考え込んでしまう
事例を一つ紹介しましょう。

【事例】
Aさんは数年前に脳血管障害を発症し左半身に
麻痺が残り、
歩行が上手くできなくなり非常に
転びやすい状態。
数ヶ月前自宅で転倒し、足の
骨を折って入院、手術をしました。
懸命に
リハビリをしてなんとか骨折前のように
独歩は
可能となりましたが、ふらつきは非常に大きい
状態です。
また、脳血管障害による認知症状が
あり、注意力が続かない、
自分の体の状態を
しっかり意識した行動が難しく
なっています。
その結果、自分が何かをしようと思い立ったら
歩きだしてしまい、途中で身動きが取れなく
なって助けを呼んだり、
こけてしまったりする
事を現在も繰り返しています。幸い発見が
早くて大事には至っていませんが、Aさんの
ご家族はこのまま
リハビリが進んで歩ける
ようになれば、また前の様に転倒等
の事故が
起きるのでは?と不安になる一方、回復の
可能性
があるのに、事故のリスクを減らす為に
リハビリを断って、
Aさんが寝たきりの状態に
なってしまう事も避けたいと考えています。

みなさまはどう感じましたか?

この事例では、解決すべき問題点が、
①骨折による歩行障害。
②脳血管障害後遺症による認知症状の発症。
③転倒等の事故の多発。
と、複数存在しますよね。
この3つの問題が個別に解決可能であれば
問題はないですが、
②の認知症の治療は、
現実として非常に難しいんです。
とすると、①の骨折による歩行障害という
問題点を解決
すると、③の転倒事故の発生
リスクが高まる事になります。
今度は、
③の転倒事故の発生リスクを減らそうと
すると
極端な話し「寝たきりのままで」
という考え方
もできる事になり、大きな
ジレンマに陥ってしまいます。
なぜジレンマに陥ってしまうか?

ポイントは、
問題を点としてのみ捉える
見方なんです!

一つ一つの問題点がそれぞれ
解決すべき課題を
内包していますので、
人は問題を個別の
点として捉えてしまいがち
ですが、
“点”が集まると
“面”になるのも事実。
この場合、Aさんという個に発した出来事を
異分子的な属性としての点と認識するのか、
様々に発生している点を内包した存在こそが
Aさんという
個である、と捉えるか。
という違いになります。
「問題点も含め、発生している様々な出来事や
 事象を
ひっくるめた存在こそが個人であり、
 いかなる
問題があろうとも、その個人は
 尊重され、
認められ、遇されるべきである」
という考え方が、全人的
視点の出発点なんです。

したがって!
全人的な視点
で介護や福祉を考えていくと、
問題解決というのは
プロセスに過ぎず、最終に
目標とすべきなのは
個の再構築」と言える
かもしれません。
そして「個」の形成には
もう一つのキーワード「自律」という概
念が
非常に深くかかわってきます。
次週は、その「自律」の概念について考えて
行きたいと思いますので、お楽しみに…
では、また来週お会いしましょう!
See you Next Week 

【ウッチー輪ばなし】トラディショナル。

【ウッチー輪ばなし】連載・第108回。

みな、みなさま、こんにちわ!

台風が温帯低気圧に変わり、一先ず

ホッと胸をなでおろしてはいますが、

今年は今後も予想外な気候が続きそう

ですので、予断を許さない感じです。

水害・風害に対して、さらなる準備を

心がけよう…と、肝に銘じるこの頃。

みなさま、くれぐれもご注意下さいね!


さてさて、たきびでは今週から

約3ヶ月に渡り『平成26年度大学新卒

採用会社説明会』がはじまります。

会場は松阪施設…ということは、

足を運んでくれる学生さんたちは、

まずコレ↓↓を目にするはずです。

t_shirt.jpg

そう!玄関ホール正面に展示してある、

歴代の〝C.S.たきびTシャツ〟です

実は、この他にも数種類あるのですが、

スペースの関係上7着しか飾れません。

記念すべき処女作は、写真左上の

「2001・心バージョン」で、それ以降

行事やイベントに応じ作製してきました。

毎回、担当スタッフたちがイメージを

持ち合って検討し、最終的にデイの

三浦主任がデザインを固めるのが慣例。

今では、たきびトラディショナルです

来年、2014年バージョンのTシャツに

袖を通す、新たな仲間はどんな人達かな…


以上、

今週の【ウッチー輪ばなし】はここまで。

みなさまの土曜の友、こと松阪施設長の

ウッチー・内田英希でした、また来週~

Please take care , everyone!!

【生搾り】第170回『介護の授業』配信!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第170回『介護の授業』の巻。


<今週のテーマ>

現在、神奈川県では全公立高校を
対象にして、介護の授業を盛り込む
という試みがはじまっています。
画期的であるこの取り組みについて、
率直な感想を述べ合ってみました。


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、
伊藤亜也子、木田健太、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

冷夏がダメなら冷菓はどうだ。

恒例〝おやつ作り〟より…

ショートステイのご利用者様方が、

「ブラン・マンジェ」にチャレンジ!

mattyareika_1.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

輪の中心に立って、段取り良く

作業を進めるのは、最近ずいぶん

お元気になられたご利用者H様

テキパキされる姿がCOOLです!

菓子名のブラン・マンジェとは

バニラ等で風味付けしたミルクを

ゼラチンで固めた冷菓の一種。

蒸し暑い日にはもってこいです!

さぁ、そして…皆様が協力し合い

完成した清しき一品がコチラ↓↓

mattyareika_2.jpg

ご覧の通り!抹茶風味です

喉越し優しいのがポイントで、

食感はういろうに近い感じ。

皆様もご自宅でお試し下さいね…

じぇじぇじぇ!なメニューを...

先日のランチ前のヒトコマより…

管理栄養士・森田が、ご利用者様方と

何やら真剣に話し込んでいます。

morita_moniter.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

実はこれ定期的に行われている

メニューモニタリングの風景です。

当たり前の事ですが、施設での食事

メニューは、皆様のご嗜好や評価を

元にして組み立てられ、その上で

栄養士がバランスを加味します。

「油控えめのうな丼がええな。」

「すまし汁なんか欲しいわぁ。」

「たきび畑の夏野菜カレーやな!」

実に様々なご意見を下さいます。

ところで…なぜにモニタリングを

食事前に行うのか?ですが、様々

試した結果、それが最も忌憚ない

ご希望をお聞き出来るからです。

皆様も、空腹時は食べたいものが

次々に浮かぶが、ひとたび満腹に

なると浮かばない…なんてご経験

ありますよね?それと一緒です

食べる事は生活の大きな楽しみ。

可能な限り、皆様のご意見を反映

できるように取り組んでいます!

tendon.jpg

ちなみに…

この日のメインメニューは天丼。

食後には、評価モニタリングに

奔走する栄養士の姿がありました。

あおげば涼しや、我が扇の音。

デイサービス、レクビリの風景。

なにやら机にそびえ立つ棒が出現!

写真には全ては写っていませんが、

1本、2本、3、4…計9本もです

uchiwagame.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

これは、うちわを使った猛暑日向け

ゲーム「あおげば尊し」なのです!

写真の時点は、ちょうどスタッフが

ルール説明させて頂いている風景。

1対1の対戦形式で、制限時間ごとに

相手が順次変化して行くシステム。

棒の中心には割れ物を保護する際

使う薄いペーパーを円盤型に切り

取って、セットしてあります。

勢いよくうちわを仰ぎ、より早く

円盤紙を棒の上から飛ばした方の

勝ちというゲームですが、実は…

本来の目的は、互いが涼みつつ、

適度な運動をこなすことなんです

ブラザーサン・シスターレイン。

一昨日の土曜日、西日本を中心に

久々のまとまった雨が降りました。

仕事の成果に直結する農家の方々は

もちろんのこと、最近のやや異常な

気温上昇を考えれば、誰にとっても

まさに恵の雨だったと感じます

greencertain-process.jpgのサムネール画像

たきび玄関脇のヒトコマより…

『グリーンプロジェクト』の一環である

ゴーヤカーテンも、恵の雨のおかげで

グンっと背を伸ばしかけています

まだ遮光する程には至っていませんが

近いうちに自然のカーテンとしての

役割を果たしてくれそうな予感です!

❖  ❖  ❖

夏本番へカウントダウン状態。

みなさま猛暑対策は万全ですか?

熱中症、食中毒、肌トラブル…

今年の夏は暑くなるらしいので、

万全に万全を期して下さいませ!

何よりも大切なのは、がっつり

食べて、しっかり寝る事です

では今週も7days、覇気持ってGO!

【自転車奔走記】「関わるケア」#2。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第150回。

ちょっと異常気象な毎日ですね。
先日もワタクシの実家地域の最高気温35度!
皆さま、とにかく熱中症に注意して下さい。
十分な水分補給、十分な休養が重要です。
所で、先日書店で面白そうな本を見つけました。

yamasiro1.JPGのサムネール画像

このシリーズは県別になっているみたいで、
ネットで検索するとかなり人気の様です

何を隠そうワタクシ、自転車愛好家、釣り愛好家、
に加えて、“歴男”の顔もありまして、好きな分野
幕末~近代史と“城郭”、つまりお城なんですね。
全国のお城を訪ね歩いた訳ではありませんが、
旅行や自転車のツーリングの傍らに“○○城跡”なんて
案内表示を見ると必ず寄り道する
タイプなんです。
改めて思い返すと、ワタクシの担当する津市内を
移動していると、津市のシンボルである藤堂高虎が
縄張り(設計)をした天下の名城の津城跡を始め、
それこそあちこちに城郭跡が点在しています。
また、松阪施設のある松阪市には、梶井基次郎の
小説
で有名な松阪城を始め、籠城戦で白米を水に
見立てて
流し落とし、敵に遠望させることで未だ
豊富な水がある
と敵方に思い込ませた伝説のある
阿坂城、ちょっと足を
延ばしてお隣の明和町には
石垣跡が見事な田丸城跡
などなど、城好きには
堪らない遺構が沢山あります。
またこの本を読んで知ったのですが、三重県は
中世
城郭遺構の宝庫と言ってもいいくらい、
歴史的にも
貴重な山城跡が点在しているそうです。
梅雨が明けたら、この本を片手に山城巡りでも
してみようかな…と、眼を伏せると鎮座する
我が愛しの三段腹山先ずは手近というか身近な
山城の攻略が必要不可欠な
腹マネージャー!?
ヒロモリがお送りします【自転車奔走記】開講

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今週から「関わるケア」の内容について
皆さまと
一緒に考えていきたいと思います。
先ずは総論的なお話から始めます。
「関わる」というキーワードをこれまで何度も
お話ししてきましたが、この「関わる」という
言葉、
実は現行の介護や相談支援等の
介護・福祉
にかかわる全ての方法論や技術論、
あるいは
制度論の根幹をなす言葉「個人の尊厳
という
言葉と密接にリンクしているんですね。
この「個人の尊厳」という言葉、もう少し
分かり易く
言い換えれば「個人の尊厳の承認」
あるいは「個の承認」
となると考えています。

「尊厳」と言うと、ちょっと大上段過ぎる
と言うか、少々
抽象的でコトバの手触りが
上っ滑りしている印象を
感じませんでしょうか?
試みに、尊厳という文言を
そのまま漢文的に
読み下すと「厳カニ尊ブ」となり、
字画の
多い物々しい字面も相まって(取っつきにくい)
言葉になっているキライがありますが、個人的に
「最大の敬意を持ち接する」
という訳が適当かな?
と考えています。とすれば
「個の尊厳」とは
「個人に対して最大の敬意を持って接する。」
という解釈が成り立ちます。
近代史や現代史を語る際のキーワードの一つが
「人権」とされています。言い換えれば、
“個”というものの
社会や国家といった共同体での
位置づけを見ていくと
“個”というものの概念が
いかに変化してきたかを
知る事ができます。

近・現代の“個”の特徴は、“個が個として認められ
遇される”
存在であるという事ができます。
我が国の憲法でも
「基本的人権」と言う文言で、
個の存在を謳っていますね。
この事から考えると、「個の尊厳」なんて、
特に目新しい概念や倫理観ではない事が分かります。
では、福祉や介護の世界で何故改めて「個の尊厳」
という
文言を掲げる必要性があったのか?
お断りしておきますが、介護・福祉の世界で個を
ないがしろに
してきたわけではなく、ある意味
“個”を大切に思うがゆえに
結果として視野の狭窄、
物の見方が狭くなってしまった
という歴史が
あったんですね。
それが、よく言われる
「木を見て森を見ず」という言葉
に象徴される
“全人的視点の欠乏”という問題だったん
です。

次週は、その“全人的視点”について考えて行きます
ちょっと哲学的なテイストになっておりますが、
大切な話しですので、お付き合い下さい
では、See You Next Week!!

【ウッチー輪ばなし】キッズおしごと広場。

【ウッチー輪ばなし】連載・第107回。

みな、みなさま、こんにちわ。

台風が離れていき、胸をなでおろしました…

が、その反面水不足が心配になってきました

水は過ぎるも困る、満たずも困る、ですね。

さあ!今週も土曜日のお相手は、人呼んで、

水もしたたる良い男…ウッチーこと、

たきび松阪施設長・内田英希です!

…ごめんなさい、自称でした。


さて本題。

kodomonosiro.JPG

写真↑、松阪市三重県立こどもの城で

7月7日開催される『キッズおしごと広場』

という児童向け職業体験イベントの打合せが

ありました。小学生以上のお子さんを対象に、

様々な職業体験をしていただき、子供たちに

少しでも職業の幅を知ってもらうことで、

社会のあり方や、自分に合う仕事を意識して

もらおう!という行政主導型イベントです。

その企画に、我がケアステーションたきびも

微力ながら参加させて頂く事になりました。

当日は、松阪市内の18企業がブースを展示し、

その職業のイロハを子どもたちに伝えます。

どのブースも全て体験出来るのが特徴です。

詳しくはコチラをクリックしてご参照下さい。

みなさまのご参加、お待ちしております!


以上、

今週の【ウッチー輪ばなし】はこれにて。

新卒採用の会社説明会、納涼祭準備などで、

てんやわんやのウッチー・内田でした。

また来週Please take care , everyone!

【生搾り】『恥じらう事、生きる事』配信!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第169回
『恥じらう事、生きる事』の巻。


 <今週のテーマ>
今週のテーマは「羞恥心」について。
介護職では絶対不可欠なワードです。
今回は、ご利用者様視点というより、
一般論として談論が展開してゆきます。
みなさま、ぜひ御一聴下さいませ!


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、
伊藤亜也子、木田健太、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

シャイニングマン!三浦主任。

心配した台風の動向ですが、

上陸せず逸れてくれました。

ホントよかった、よかった

ご利用者様の中には、ご自宅で

お一人暮らしをされる方々が

たくさんおみえになります。

そんな皆様にとって、台風は

予想以上に大きな脅威です。

直接的被害の心配はもとより

重苦しい雰囲気は精神的にも

大きなダメージを与えます。

miurasyunin_teruteru.jpg

あまつさえ、梅雨の時期で、

どんよりとしていますしね…

皆様方とスタッフが作った、

てるてる坊主のおかげかな?

それにしても!写真手前に写る

デイ三浦主任モチーフの作品、

ちょっと頭部が輝きすぎでは?

ご利用者様&スタッフいわく、

「えっ?見たまんま…いや、、

太陽が良く照るようにな。」

とのことでしたアチャ〜。

地元3校目!松阪工業高校の出演決定。

来月の『たきび大納涼祭ウィーク』

向け準備が着々と進行しております!

最終日にあたる7月19日(金)には、

地元・松阪工業高校の吹奏楽部による

〝松工LIVE@たきび〟も決定しました

2013_nouryousai_poster.jpg

松阪高校吹奏楽部・松阪商業ギター部に

引きつづいて、地元3校目の高校登場に、

ご利用者様とスタッフの期待はマックス!

その他にも、皆様が腹から笑えるような

企画を成功させるべく、現在スタッフ達が

絶賛練習&仕込み中ぜひお楽しみに…

♬ 何でもないような事が〜。

ハイビスカス。

南国を連想する天然色の花です。

松阪施設の玄関先で、お越し下さる

みなさまをお出迎えしています

haibisukasu.jpg

アマナツ。

これは先日、ご利用者様のご家族

であるU様から頂戴したものです。

絵に描いたようなフォルムでしょ

IMG_0613.jpg

通常の場合、心遣いは一切お断り

しているのですが、このアマナツは

ありがたくお受けさせて頂きました。

ご自宅で採れた中で、一番の傑作

だそうですから断れません!よね

「県立高校で介護授業」どう思う?

今月3日の産経ニュースにこんな記事…

『神奈川県教育委員会県立高校を対象に、

 介護・福祉関係の仕事の魅力を伝えるため

「介護職場体験促進事業」を開始。

 仕事内容や業種を紹介するリーフレットを

 全生徒に配布し、家庭科や公民などに

 組み込んで授業を行う他、若手の介護

 職員らから話しを聞く出張介護授業も

 10カ所程度で実施。高齢化が進む中、

 不足する介護分野の人材育成が狙い。』

以上、記事を部分引用させて頂きました。

率直な所、最初にこの記事を呼んだ際は、

ホント!?という半信半疑の印象でしたが、

よくよく考えてみると、これは画期的な

取組みなのではないかと感じ始めました。

実際、各方面から賛否両論あるようです。

そもそも当事者である高校生の大半は、

ハナから福祉・介護への就職を想定して

いないのですから当然ではありますよね。

それでも尚、これは画期的だと感じます。

では、なぜ画期的なのか?

もしかしたら、授業を受けた学生の中には

「介護って面白い」と感じて福祉への道を

選んでくれる人もいるかも知れません。

それはもちろん素晴らしいですが、むしろ、

この取組みが結果的に画期的たるのは、

真逆の現象が起こり得る〟からです

「だから介護は嫌だ!」という意見が、

若者から公式に発せられるからなのです。


福祉や介護業界の骨組みを決定するのは

ズバリ申して霞ヶ関です、それが悪いと

いう意味じゃありません、現実なのです。

「だから介護は嫌だ!」という若者の声は

統計化・具体化されるでしょう、例えば、

お給料が安すぎて結婚出来ない…

条件が悪過ぎて将来が不安…

労働の評価基準が分かりにくい…

業務内容がキツく自信が無い…

全国各地、各企業の営業努力の差はあれど、

これらは現在までに論じられて来た内容です。

でも、それはあくまで一般論としてでした。

しかしながら今回は生身の現役高校生の感想、

つまり、次代の産業力を支える当事者たち

からの〝生きた声〟という事になります。

主体が神奈川県と言う「公」ある以上、

その声は霞ヶ関にも届くかも知れませんよね

さぁ我々は現場を更に盛り上げよう、だから

三重県よ、神奈川に遅れをとるな!です。

【自転車奔走記】「関わるケア」#1。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第149回。

例年より早い梅雨入り!で、気が滅入る
毎日が続くのか、と思いきや何の事はない
ここ数日はピーカン照りとなっていますね。
先日昼間、時間自転車で走っていましたら、
クッキリしっかり日焼けの跡ができてました。
皆さま、水分補給等の熱中対策に加えて、
お肌のケアにも、お気をつけ下さいネ。
ところで、ここ最近コンビニなどで男性用の
コスメグッズ
が目につくようになりました。
洗顔用品や毛髪促進用品が置いてあるのは
知っていましたが、男性用の日焼け止めや
発汗抑制剤、
はたまた男性用フレグランス
用品など、買い物ついでに
思わず「へぇ~」
となってしまうくらいの充実ぶり。
事情通に訊くと数年前から男性用と銘打った
商品戦略は様々な分野で展開されている様で、
全般的に売り上げも伸びているそうです。
平たい話し、ワタクシが知らなかっただけ
だったの
ですが、昨今のオヤジ忌避風潮に
乗っかった
のか促進しているのか定かでは
ないにしても、
商機・商略はいろんな分野に
あるんだなぁ!?と
妙に感心のヒロモリです。
ただ40半ばのワタクシが様々なオヤジ因子を
持っている
のも事実、ここは脱オヤジを目指し
一丁ブームに乗っかってみるのも一興かな?
と算段する、たきびの「サンダー杉山」こと
ことヒロモリがお送りします【自転車奔走記】
今週も開講です!…例えが既にオヤジやな…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、「認知症を考えよう」の本丸とも
言うべき
【関わるケア】について、これから
皆さまと一緒に
考えていきたいと思います。
今週はそのプロローグと言う事で、今まで
お話しして
きた事を踏まえて、関わるケア
への入り口をお示し
できればと考えています。
気付けばずいぶん長い連載企画になりました
この「認知症を考えよう」シリーズですが、
先ず最初にお伝えした事は、認知症という
病名はない!という事でした。

認知症と言うのは、色々な疾患や脳の
障害が
原因で生まれる様々な生き辛さの事。
記憶を司る脳の部分(機能)が障害を
受けることで、
もの忘れや混乱が生じます。
もの忘れといった事は誰でもある普通の
現象なんですが、
そのもの忘れも症状が
進行すると、さっきしていた事すら
忘れて
しまい、自分が今何をしようとしている
のかが
分からなくなりパニックになって
しまったり、記憶の時系列
が乱れてしまう
事で、自分が今何処で何をしているか
すら
分からなくなってしまったりします。
上記のような日常生活を送る上で支障と
なるような
現象“生き辛さ”が現れる事を
“認知症”と呼ぶ、
という内容でしたね。

また、一度障害を受けた脳の神経細胞が
もとに戻ることはかなり難しいという
現状をお話しし、認知症の方に必要な
事は治療と
生き辛さの解消が重要になる
と言う事もお伝え
してきました。
極端な言い方をすれば、医学的に
認知症の
症状が出ていても、ご本人様と取り巻く
方々が特に辛さを感じていないのであれば
それで
OK!なのではないか?と
問題提起もしました。
他にも様々な話しを追ってきましたが、
これらの事柄を踏まえ、これから一緒に
考えていく
“関わるケア”の内容を少し
想像してみて下さい。

認知症とは病気によって
引き起こされる生き辛さ。

人は、自分自身を含めた人や環境、
社会との関わり
の中で存在している。

上述の定義から、医療や介護や社会保障や
支援協力等、個々に
展開されている事柄を、
その人を中心点として、
関わりという
キーワードで再編成していく作業が、
これから考えていく「関わるケア」の
入り口となります。
では…来週から事例なども示しながら
進めていきたいと思います。
いよいよ最終章、気合入れていきましょう!
See You Next Week 

【ウッチー輪ばなし】防災豆知識。

【ウッチー輪ばなし】連載・第106回。

みな、みなさま、こんにちわ!

梅雨中なのに想像以上に雨が少ないですね。

夏男としてはあるがたいのですが、なぜか少し

残念に思うここ数日…理由を探ってみると、

たきび畑の野菜と、グリーンプロジェクトの

ゴーヤの成長を気にかける自分に気付きました。

あまり好きでない雨も、ちょっとした見方に

よってイメージが変わるので不思議です。

とか書いていると、また土砂降りの日々が

戻って来たりするのでしょうね…Viva自然!


さて今週は、一般的に
あまり知られていない

防災豆知識を一つ紹介させていただきます。

sankakuofwindow.jpg

この↑赤いマークの意味ご存知ですか?

何となく見覚えがおありだと思いますが、

せっかくなので、ぜひご記憶下さいませ。

このマークは3階建て以上の建物には必ず

貼ってあって、と言うか貼付義務があって、

火災発生時には、消防隊員や救助隊員が、

「このマークの窓から侵入しますよ!」

という極めて重要なメッセージなんです。

ですので、このマークの半径1.5m内には

物を置くことが絶対に許されないのです。

停車中の車や、通学・通勤電車の窓から、

もしも3階以上の建物が見えた際には、

ぜひ注意してご覧になって下さいね!


以上、

今週の【ウッチー輪ばなし】はここまで。

また来週、元気にお会いしましょう

Please take care , everyone!! 

ヘルパーのカタチ 生搾り
第168回『ペットエフェクト』の巻。


<今週のテーマ>

今週のテーマは「ペットの効力」。
医療・介護業界ではかなり以前から、
アニマルセラピーという言葉のもと
動物の持つ力や習慣性を、患者さんや
ご利用者様の生活向上に応用しよう
という取り組みがなされています。
ご興味がおありの方は御一聴下さい!


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、
三浦真弥、伊藤亜也子、木田健太、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

クレイローズはレモンの色。

デイサービスのレクビリをのぞいてみると…

テーブルいっぱいに新聞紙を広げ、ご利用者の

皆様とスタッフが、なにやら工作中です

baradukuri_1.jpg

写真は関係者ご了承の上掲載しております。

紙粘土をこねて、緻密に形を作って行く。

実はこれ「クレイローズ」、つまり粘土で

バラ作りをしている作業過程なのです

爪楊枝を芯にして、花弁一枚一枚を互い

違いに重ね合わせる…集中して慎重に。

baranohana_2.jpg

完成品はこんな感じです、ご覧下さい!

手の平サイズの小さなバラなので、

当然ながら作業が細かくなるワケです。

そして、花弁の大きさや厚さによって、

作者の特徴が出るので、どれも一つ

して同じものが無いのもポイント

味のあるクレイローズ、近日中には

展示予定ですので、皆様お楽しみに!

いざ!大納涼祭ウィークへ。

さぁ今年も『大納涼祭ウィーク』が

近づいてまいりました!今年は来月

7月15日からの一週間の予定です

そして今年の実行委員は、ショート

から名取恵美子、デイから青木沙織。

スタッフによるアンケートを元に、

昨年以上の〝熱気ある祭〟を目指し

鋭意プランニングの真っ直中です!

L_10.jpg

※写真は昨年のたきび納涼祭より。

ちなみに、昨年のキャッチコピーは、

「やれんのか?見せんのか?たきび魂!」

そして、今年のキャッチコピーは、

「君よ八月に熱くなれ!」に決定済み。

たきび内では最早梅雨は明けてます

GREEN PROJECT 始動!

梅雨入りして以降、束の間の

晴れ間もズシンと重い空気で、

少々滅入りがちになりますが、

体調など崩されてみえませんか?

ご利用者様に限らず、この時期に

多い症状は、以前骨折した箇所が

急に不調になったり、遥か昔の

むち打ちの後遺症が発生したり

という「古傷のうずき出し」。

30代後半を超えた方なら1つ位

心当たりがあるのでは?

つまり、年を重ねるという事は

自分の身体とより深く付き合う

という事なのかも知れませんね。

「古傷」も自分らしさの一部!

と前向きに捉えて行きましょう

話題は変わりまして…

今年も「グリーンプロジェクト」

への取り組みがはじまりました。

昨年・一昨年の教訓を活かしながら

現在、絶賛準備中!でございます

gp_2013_start.jpg

ひとまず先日は、スタッフ永田が

自宅から持参してくれたゴーヤを

プランター2基にセッティング!

今年も綺麗に咲いてくれるかな?

ささやかながら楽しみが増えた、

ご利用者様方とスタッフ達です

平成26年度新卒予定の皆様へ。

介護現場に就職を考えている人、

とりわけ学生の方々と話しをすると

「世の中のために役立ちたい。」

「人に喜ばれる仕事がしたい。」

という意見を幾度となく聞きます

もちろん素晴らしい動機だと思い

ますが、実際介護現場に従事する

立場から鑑みると、この言葉からは

若干の甘えを感じたりもするのです。

確かに私たちは、ご利用者様方や

ご家族様の「ありがとう!」という

セリフに心底喜んだり、何度も救われ

たりしながら日々を過ごしています。

しかし、断じて「ありがとう!」が

欲しくて援助したり、眼前の仕事に

打ち込んでいる訳ではありません。

それはあくまで一つの成果なのです。

そもそも、この世の中に「人の役に

立たない」仕事等存在しませんよね。

寿司屋はネタで、芸術家は作品で、

大工は鉋で、営業マンは足で勝負し、

多くの人々を幸せにしています。

あえて申しますが、介護の仕事に

就けば、それ自体で自身の充実へと

つながると考えるのは幻想ですよ!

そこにある創意工夫の心意気こそが、

結果的に誰かを救ったり、豊かしく

するケースがあるというだけです。

そして〝介護とて所詮一つの仕事〟

という事が、正しく理解出来る人は、

例外なく一流の社会人になります。

staff_matsuda_1.jpg

ケアステーションたきび松阪施設の

ウェルカムボードに筆を走らせるは…

絵が得意なスタッフ・松田佳代子。

誰が決めた役割ではありませんが、

自分の絵を楽しみに待って下さる

ご利用者様方との約束を、いつしか

彼女は使命だと考えています

〝自分の仕事〟とは、本来そうして

生まれるのだと思い知る瞬間です。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第148回。

いよいよ梅雨入り(泣)
鬱陶しい毎日が続きますねぇ。
湿度が高い日が続くと、本人の知らない間に
発汗
が多くなり脱水症状を招き易くなります。
こまめな水分補給、そして食品等の衛生管理
十分ご注意くださいね。
さて、今週から「認知症を考えよう」完結編
「関わるケアについて」をお送りする予定
でしたが・・・
ごめんなさい。
ちょっとお話しをしたい事がありますので
今週も番外編とさせていただきます。
何卒ご了承のほどを…

で、今回お話ししたい事というのは
ケアマネとの関わり方
についてなんです。
実は先週、介護についての相談を沢山受ける
機会が
あったんですが、お話しをしていく中で
「ケアマネに相談すると、相談料がかかる?」
というご質問があったんです。
また別の方は「色々相談をして、ケアマネに
動いて
もらう事はありがたいけど、結果
介護保険のサービスを
使わなければ無報酬に
なることが申し訳なくて…」
と複雑な表情を
されていました。

ケアマネの業務内容を一言で言うと、
適切に介護保険給付
を利用する為に関わる
手続きや書類作成の代行助言
となるでしょうか。

相談を受け、面接を行っていく過程で困り事や
希望要望を整理し、その解決の為に介護保険
サービスを利用する事が有効であればその
為の調整
や計画立案、連絡連携等の法定業務を
行う事で、その
対価として介護報酬を受けると
言う事がケアマネの主たる
業務とされています。
その意味で言うと、ケアマネの仕事は
介護保険
ありきである事は紛れもない事実なんですね。
ただし!
ケアマネはもう一つ別の顔を持っています。
それは介護保険をはじめとした高齢者福祉の
専門家
として地域での相談を受付る
支援者としての役割です。

この場合、支援者は介護保険制度そのものも
選択肢の一つ、
つまり相談者が抱える問題を
解決する為に考え得る様々
なアプローチや
資源の一つとして総体的に対応します。
本来、介護保険制度というのは高齢者の
生活や介護
でなにか問題が発生した時に、
それを解決に導く過程
で有効に作用する
資源の一つでしかないので、ご本人

頑張りやご家族さんの協力、地域の
支援等々で問題
が解決するのであれば、
その方向性で進めるべきですよね。

平たく言うと「無理に介護保険サービスを
使う必要はない」
ということです。

このように、自らの存在の根拠法でもある
介護保険制度ですら、一つの活用できる
社会資源と捉える
フラットな視点を持って
相談に当たるのが地域の支援者、
つまり
ケアマネのもう一つの顔なんですね。
確かに、相談を受け、色々な助言や支援を
しても介護保険
サービスを利用しなければ
報酬が発生しないのは事実ですが、
もし仮に
地域の支援者としての顔を捨ててしまったら、
ケアマネは単なる保険手続き代行者でしか
ないですよね。

本来のケアマネの役割は相談支援者、
生活の中で起こる
様々な問題や困りごとを、
当事者や取り巻く人達と一緒に
解決方法を
探す旅路の道先案内人なんです。
ですので、基本的に遠慮や心配は無用!
どしどしケアマネに
相談をして下さいネ。
一緒に解決方法を考えていきましょう!
あと、ケアマネの業務において相談者の
負担は
原則発生しませんのでご了解下さい。
皆さんが、気軽に相談をして頂き、
一緒に問題解決を考える
パートナーとして
ケアマネに接して頂ければ幸いです。

と言う事で、来週からこそ!は、
「認知症を考えよう・完結編」
をお送りします。
ジメジメの梅雨空に負けないよう
気合を入れていきましょうね!
それではまた来週、See You!! 

【ウッチー輪ばなし】松阪市連絡協議会。

【ウッチー輪ばなし】連載・第105回。

みな、みなさま、こんにちわ

先日の梅雨入り前後から、ジメジメとした

気候ですが、みなさま体調は良好ですか?

ワタクシ、内田英希も多くの方と同じく

梅雨時は苦手ですが…だからこそ意図的に

テンションをあげるように意識しています

梅雨が終われば待ちに待った夏ですもんね!


さて、本題です…

先日、ある会議に参加してまいりました。

『松阪市介護サービス事業所等連絡協議会』

という、松阪市内介護事業所の総会です。

matsusakashi_kyogikai.jpg

この協議会は、松阪市で介護サービスを

利用されている方が、より良いサービスや

質の高いサービスを受けてもらえるよう、

我々介護サービス事業者が連携を更に

強固にしよう!というのが最も大きな目的。

松阪市にある約270の介護サービス事業所が

入会しており、この日はその総会でした。

様々な報告や、計画案の承認などを中心に、

非常時及び、災害時の要援護者支援体制

マニュアルについても発表がなされました。

東日本大震災のような大規模災害が起こった

際に、地元の介護事業所はどのように連携し、

どのように要援護者を支援していくのか…

話し合う参加者は皆、真剣そのものでした。

大規模災害など起こってほしくは無いですが、

もしもの際に備えることは大事ですよね。

たきびでも今まで以上に震災や災害に

備えて行かなければ…と、会場から帰る

車中で決心した次第です


以上、今週の【ウッチー輪ばなし】は

これにておしまいです、さて来週は

どんな事を書こうかなではまた来週~。

Please take care , everyone!!

アーカイブ

月別 アーカイブ