ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 「やる気」をコントロールする方法。

「やる気」をコントロールする方法。

「やる気」をコントロールする…

テレビやラジオからは、五月病なんて

言葉が聞こえてくる季節ですが、実際に

人間が、自らの「やる気」を制御する

事は、とても難しいような気がします。

確かに、自身でも理由は分からないが

奮い立たない時ってありますもんね。

しかし、脳科学的見地では「やる気」は

ある程度コントロール出来るというのが

定説なのだそうです…どういう事か?

脳には側座核という部分があります。

いわゆる「やる気」が出ているとは、

この側座核が働いて、脳内物質が分泌

されている状態を指すのだそうです。

ところが、どれだけ気持ちの中で強く

やらなければと念じても、そう簡単に

側座核は活発に働いてはくれません。

では、どうすれば良いのでしょうか?

答えは実に簡単で実際に行動する事。

脳の側坐核は作業する事で興奮し

活発に運動をはじめて、結果的に

やる気」へと繋がってゆきます。

これが〝作業興奮〟という現象で、

つまりは、まず活動する事が最も

効果的に「やる気」を奮い立たせる

方法であるという根拠になる訳です

例えばそれが、勉強前にコップ一杯の

水を飲む習慣や、電話をしながら左手を

動かすといったルーチンになった時、

人はバイオリズムに関わらず安定した

力を発揮出来るのかも知れませんね。

そういえば、イチロー選手も毎打席毎に

決まったルーチン動作をしますよね。

あれはもしかしたら、「やる気」を

アジャストしているのかも…如何に?

♬タンタ・タ・タンタ・タタ〜ン…

これから始まるレクビリに備えて、

全力で〝ラジオ体操・第一〟

取り組まれるご利用者のみな様。

radiotaisou_1.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

かなり暖かくなって来たので、最近では

深呼吸の頃には、額付近に小粒の汗が

光ってみえる方もおみえになります。

窓からからはそよそよと心地よい風…

「あぁ、なんとも気持ちえぇなぁ〜」

「ホンマ、えぇ気候になったなぁ〜」

体がほぐれ、心も軽くなる皆様です。

アーカイブ

月別 アーカイブ