ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 

2013年4月アーカイブ

ガールズチームの勝利!

先日のショートステイ「おやつ作り」は

いつもと趣向を変えて、スタッフが作り

ご利用者様にふるまうパターンでした!

そのメニューは『黒糖すずカステラ』

kokutoukasutera_2.jpg

まずは、ホワイトボードに書いた

レシピを皆様に細かく説明させて頂き、

その後、女性チームが製作を開始!

kokutoukasutera_4.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

写真だけ見ると、たこ焼き?と

勘違いしてしまいそうですが、

れっきとした黒糖カステラです

準備の成果あって手際良く進行!

kokutoukasutera_3.jpg

うぅ〜ん、やっぱりたこ焼きに

見えますが…あくまでカステラ

約20分が経過した頃でしょうか、

女性陣からビストロSMAP風に

「出来たぁぁぁ〜〜〜〜!!」

kokutoukasutera_1.jpg

ホールに響くはご利用者様の拍手と、

「これ、たこ焼きみたいやな」の声…

やっぱり?とヘコみかけたのですが

しかし!召し上がられた瞬間から

「おっ、確かに美味しいカステラや!」

との評価一安心のスタッフでした。

「のど自慢」が全国を巡る理由。

ご利用者のみなさま方にとって、

「大相撲」と並ぶ人気コンテンツ…

といえばNHKのど自慢」です!

全国浦々で日曜昼の風物詩となって

いる名物&長寿番組は、たきびでも

大人気毎週日曜のランチ後は、

歌好きの方を中心にショートステイ

ロビーのテレビ前が賑わいます。

nodojiman_matsusaka.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

しかも!昨日は地元松阪市からの

公開生放送でしたので尚の事

見慣れた番組も、住み慣れた町の

紹介VTRが挿入されるだけで、

随分と新鮮に感じるものですね!

番組冒頭で松阪牛・松阪木綿等の

特産品に続いて、実は松阪市民

とっては、牛肉より鶏肉の方が

親しまれている…というコアな

情報が紹介されると、みなさま方

「そうそう、そうなんさな!」

と一斉に、地元アルアルに共感

とても嬉しそうなご様子でした。

その後も、熱唱する女子学生の

見慣れた制服や、地元ならではの

逸話に共感は更に深まるばかり。

改めて「のど自慢」「笑点」

なぜ、全国各地を巡り続けるのか、

なぜ、その人気が衰えないのかが

分かったような気がしました!!

既に連休に突入!という方も、

そんなの関係ねぇ〜という方も、

今週も7days、覇気持ってGO

【ケアマネの自転車奔走記】連載・143回。

いよいよゴールデンウイークですね。
今年のゴールデンウイークはいい陽気だそうで、
絶好の行楽日和になりそうです。
アベノミクス効果!?
もあって、観光地は
どこも大賑わいでしょうね。
皆さま、存分にお楽しみ下さいネ。
ところで、行楽とも関係あるお話しなんですが、
実はワタクシ、筋金入りの雨男なんですね。
ワタクシが旅行や行楽の計画を立てると、
ほぼ確実にレイニーブルーデイになります。
まあ、下手な天気予報よりも正確ですね。
以前釣りが趣味だった時期があったんですが、
不思議な事に雨降りの方が魚は良く釣れるので、
その分「雨男であること」に有難味は感じましたが、
自転車が趣味になってからは、、ねぇ、一昨年
ほぼ半年かけて準備したMTBのレースは
台風並みの大雨に見舞われ、まさに泥水地獄を
味わい、また思い立って自転車に乗って出発
すると、
大概2時間以内に雨が降り出す始末
生れてこのかたずっと“雨男”ですので、今や
さほど苦痛にもなっていませんが、友人は
ワタクシと出かけるとほぼ雨になるので、
一緒に
行動したがりません。
ですので、このゴールデンウイーク中の
ヒロモリは
おうちでじっとしています。
皆さま安心してお出かけ下さいネ。
と、ワタクシの赴くところは、
吹けよ風、呼べよ嵐!
おまけに体型まで
そっくりになりつつあるケアマネ界の
“黒い呪術師ブッチャーヒロモリ”が
お送りします
【流血暴走記】…ではなく
【自転車奔走記】試合開始、カーン!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今週も引き続き事例文には記載されていないけれど、
是非とも必要な情報は何か?について考えます。
これまで
(1)本人に関す情報
(2)家族に関する情報
(3)経済・家計に関する情報
(4)介護・福祉の制度利用状況
について見てきました。
今週は
◎疾患と医療に関する情報
◎身体に関する情報
について見ていきますね。

情報項目もようやく中間地点ですので、
事例文を再掲しておきますね。
【事例】
Jさん(83歳・要介護2)は妻(78歳)と
二人暮らし。
Jさんは退職後写真撮影を
趣味としていた。以前から血圧が高く
3年前より物忘れが多くなった。
半年くらい前から一日中何もしないで
過ごすようになっている。
食事や更衣などの動作はゆっくりで
あるが、
促せば何とか自分でできる。
最近,入浴を嫌がるようになる一方
時には浴槽から出ようとしなくなる
ことがある。排泄が上手くできなく
なり、
衣類を汚したり、トイレ以外の
場所で排泄することもある。
妻は献身的に夫の介護をしてきたが、
夫は妻の介護に対して
拒否したり、
怒りだしたりする事も近頃増えてきた。
妻は介護の手助けや相談に乗ってくれる
人が近くにいないため
疲れ果てている。

先ずは◎疾患と医療に関する情報について
事例文を見てみましょう。
事例文中では、具体的な病名や診察状況は
触れられていませんが
「以前から血圧が高い」
3年前より物忘れが多くなった」
などの
記述が見られます。この、血圧が高いや
もの忘れ
と言った単語から、脳血管障害や
認知症という病名を
ついつい引き出しがち…
ですが、それは素人判断と言うもの。
情報収集の際にはしっかりとした事実確認、
つまり医師の診断が
必要になります。
事例中のJさんに関して言えば、血圧が
高い
という事実があるにも関わらず高血圧
という診断がついて
いない以上、早期の
受診が必要になるという事になります。
この高血圧を例にとりますと、高血圧にも
原因が今一つ
はっきりしない“本態性高血圧”と
何らかの原因疾患によって
引き起こされる
“二次性高血圧”があります。また皆さま
よく御存じとは思いますが、高血圧は
動脈硬化や脳疾患、
心臓疾患などの発症
リスクを引き上げる存在です。
つまり、高血圧症の方はそれらの合併症の
有無に
ついて十分考慮する必要があります。
もし「血圧が高い=高血圧」と、ご本人や
支援者が
深く考えずに類推してしまうと
どうでしょうか?先程説明した
様々なリスクを
無視してしまう事となり、今後非常に重篤な
状態を招いてしまう恐れがありますよね。
高血圧を例にとってお話ししましたが、
結論を言うと
体が資本というコト。
健康状態を悪くする(している)
最大の要因
である身体の変調や怪我などを把握して
おかなければ、それこそ行き当たりばったりの
ケアや
支援に陥ってしまいます。
ですので、情報収集の場において病気や医療に
ついての
情報収集は非常に大切、もしかすると
一番重要な項目
かもしれません。

実際の情報収集の場では、主治医からの
診療情報提供書」や介護保険認定調査時の
「主治医意見書」
を参考にしながら情報収集を
行います。また、可能な限り
主治医と面談して、
様々な情報や療養上の指示を受けます。
そうして集められた情報を整理していくんです。
以前罹った病気・怪我や現在治療中の病気・怪我
という疾病に関する情報、内服中の薬についての
情報、
通院頻度などの情報、そして禁忌事項、
例えば糖尿病
の方のカロリー・塩分等の制限、
人工関節手術後の方の
動作制限などがありますが、
療養上「してはいけないこと」「
守らなくては
いけないこと」の情報も大切です。
これらの情報をベースというか、常に念頭に
置いてケアや
支援に当たる事が、健康状態を
維持向上していく際の
マストな姿勢ですね。

続いては◎身体に関する情報です。
事例文では「食事や
更衣などの動作はゆっくり
であるが促せば何とか自分
でできる」と
記載されています。ですがこれだけでは十分
ではないんです。何故かと言うとゆっくりの
原因が
明確ではないからなんです。
筋肉や骨の問題なのか?
あるいは神経系の
問題なのか?が分からないですね。
対象となる方が、身体的にどれくらいの
能力を持っていて
リハビリテーション等で
どの程度回復するポテンシャル
があるのかを
把握しておく事は、今後のケア計画を
立案して
いく上でのベースになる事柄なんですね。
ここで言う「身体に関する情報」とは、
立つ、歩く、座る
などの基本的な身体動作の
事を指します。“歩く”と言う
動作を例にとると
一人で歩く、杖をついて歩く、
体を支えて
もらって歩く、手すりを伝って歩く
等々、
思いついただけでこれだけの動作像があります。
さらには「段差を越える事ができるか?」
「どれくらい
の距離を歩けるか?」
「歩く時のふらつきはあるか?」
「痛み等はあるか?」などの歩行時状態に
ついても情報を収集していく必要があります。
これらの
身体動作の状況を細かく知ることで、
動作に合わせた
自助具や補助具の選定、
動作しやすい環境整備、
必要なリハビリ
テーションの内容、そして転倒等の
リスクの
把握が可能となります。
また、この身体に関する情報は先に話した
疾患と
医療に関する情報と密接にリンクして
いますが、
このお話はもう少し後、先ずは
情報収集を完遂する
ことを目指しましょう。

と言うところで今週はここまで、来週は…
◎生活活動に関する情報
◎心身に関する情報
について考えていきましょう。
では、See You Next Week!

【ウッチー輪ばなし】タッキー&ウッチー!

【ウッチー輪ばなし】連載・第100回。

みな、みなさま、こんにちわ!!

おかげさまで連載も100回目を迎えました!

拙い内容と文章力ですが、自分なりの視点で

〝たきび内輪話〟を紹介して参りました本連載。

今までお付き合い頂き、深く感謝致します

…と書くと、あたかも最終回の様ですが、

今後も連載は続きますので、これからも末永い

お付き合いをよろしくお願い致します。

さて、今週は100回目ということで、個人的な

趣味の話し、つまり究極の!?内輪話です


実はワタクシ、全国各地にある滝を鑑賞するのが

趣味というか、ライフワークなのです。

ところが「灯台下暗し」とはまさにこの事で、

地元の滝となるとあまり観ていないのが現実…

そこで!先日のオフを利用して行ってきました。

sakanai_2.jpg

三重県松阪市阪内町(さかないちょう)の

阪内不動滝(さかないふどうたき)です

滝自体の落差が30mほどあり『松阪一』と

謳われていますが、おそらくこれは合併前の

旧松阪市内での…という基準だと思います。

現在の松阪市は飯高方面も含まれ、通好みの

良い滝がたくさんあるため、合併後の現在も

『松阪一』かどうかは定かではありません、、

が、それでも!その荘厳な佇まいや趣きから、

阪内不動滝が白眉の滝であるのは動かぬ事実!

また、この阪内不動滝は阪内不動院と呼ばれる

お寺の一画にあり、そこには延命地蔵が

祭られていることでも、とても有名です。

sakanai_1.jpg

写真手前のお地蔵様が「子安地蔵」といわれ、

この土地で男の子が生まれると、白の前掛け、

女の子が生まれると、赤の前掛けを掛けるという

一風変わった風習が今に根付いています。

滝やそれを取り巻く環境には、本当に種々諸々の

逸話や伝説があり、さらに歴史の重みと、自然の

豊かさを同時に感じられるので大好きです

みなさまも一度、滝観賞にお出かけになっては

いかがですか?ホント、オススメします!


記念すべき100回目は
いかがでしたか?

それではまた来週、101回目の連載で

お会いしましょうねPlease taka care!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第162回『世代混合(後編)』の巻。


<今週のテーマ>
先週に引き続き『高齢者雇用・再雇用』に
ついての談論・後編を配信致します。
すでに全国各地、各分野でシルバー世代の
社会参画や活動の成功例は頻出していますが、
一方で若者世代の機会減少を指摘する声も…
つぼ型の人口ピラミッドが加速する中で、
〝日本流世代混合〟の構築は不可欠なテーマ。
行き着く先が、制度押しつけのモデル社会では、
寂しいですよね…今こそ自分とは別の世代に
対し、真剣に目を向けてみたいと感じます。


<今週のメンバー>
赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、
三浦真弥、伊藤亜也子、木田健太。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

淡いグリーンの花言葉。

あいにく一日中雨模様の昨日。

施設玄関で一際目を引いたのは…

「オオデマリ」と「ハナミズキ」

oodemari_hanamizuki.jpg

グリーンがかった淡い色合いと、

新鮮な香りで、通りかかった人

和ませてくれる綺麗な花々たち

ちなみに、オオデマリの花言葉は

〝約束〟で、ハナミズキは〝返礼〟

ご利用者様はじめ、色んな方々から

受け取った恩に、きちんと返礼・

答礼できる自分達でありたいです。

経験とは触れた数なり。

昨日は、松阪市東保育園の子供たちが

たきび施設に遊びに来てくれました!

駐車場隅のポールに掲げられている

「鯉のぼり」を見に寄ってくれたのですが…

higashienji_and_koinobori.jpg

折角なので直に触ってもらおう!

ということで、急遽降ろす運びに

近くで見ると、遠くで棚引いている

姿からは想像出来ない位に大きい

その現実にみんな、驚いた模様で、

しばらくの間、その場で立ちすくむ

幼い背中がとても印象的でした。

が、、それも束の間、流石は子供!

すぐに積極モードにチェンジし、

触ったり、中に入ってみたりと

好奇心の赴くままに体験学習

最後は、ご利用者様とスタッフに

「ありがとうございました!」と、

元気よく挨拶をしてくれました。

松阪東保育園の先生方、いつも

ありがとうございます、そして

園児のみんな、また寄ってね

掌で転がされるスタッフ。

デイサービス・レクビリの一コマ…

この日は、ご利用者様とスタッフの

連携型競技にチャレンジしました!

いくつかのゲームを楽しんだのですが、

中でも盛り上がったのが写真↓の競技。

その名も『大仏様のてのひら』です

daibutsusan_no_tenohira.jpg

ご利用者の方々に片手を出していただき、

スタッフがゆっくりお手玉を積み上げる…

数が増えると、段々グラ・グラ・グラ

落ちない様にバランスをとるのは皆様方!

指先や小脳に程良い刺激があるこの競技

簡単そうですが、実際かなりの難しい…

もちろん互いの連携力も重要ですしね。

ちなみに写真のご利用者S様とベテラン

スタッフ松本のコンビは息ピッタリ

写真の時点で23個ものお手玉が掌に!

この後更に記録は伸びて行くのでした。

1300km☆Another story...

チームたきびの「Another story」…

今日は少しばかり内輪話になりますが、

なにとぞ、お付き合いを下さいませ。

昨年4月、家庭の事情でたきびを退職し、

生まれ故郷の沖縄へ旅立った薬師神夫妻。

たきびで10年以上勤務したこともあり、

別れの時は、見送られる側の本人たちも、

見送る側であるスタッフたちも、互いに

号泣モードでした、、あれから約一年…

二人は今、沖縄の青い海に囲まれながら、

毎日を元気に過ごしているようです。

yakushijin_husai_1.jpg

変わらぬ笑顔のこの写真↑↑ですが…実は、

スタッフがつい先日、現地で撮ったもの

かねてより「一度遊びに来て下さい」と

誘ってくれていた二人に会うため、沖縄へ

発ったそのスタッフとは、ショートステイ

管理者・伊藤隆太…空港へと向かうその

両手は、スタッフたちからのメッセージ

カードや手紙でいっぱいだったはずです。

二人と無事に会えた後は、近況や昔話で

ひたすら話に花が咲いたそうで、夫妻は

現在、新しい仲間に囲まれて子育ても

仕事も、共に充実しているとのこと

場所は変われど、周囲を惹き付けるその

人間性は全国共通な様で、一安心です。

遠くはなれた場所にも、自分達と同じ

志を掲げて生きている人がいる事…

改めて仲間を誇りに感じた瞬間です。

それにしても綺麗な景色、アッ!今度は

スタッフ旅行で大挙押し掛けようかな

『人生、会うべき人には必ず会わされる。

    遅過ぎず、早過ぎないタイミングで。』

いつも笑顔のあなたに敬意を込めて…

さぁ新たな7days、覇気持ってGO!!

【ケアマネの自転車奔走記】連載・142回。

いよいよ春本番!と言うか、春らしいポカポカ
陽気
の日が多くなってきましたね。
トコロが一筋縄ではいかない最近の気候、
急に寒々
とした天気に変わる時もあります。
皆さま、体調にはご注意くださいね。
先日、今年度の健康診断がありました。
毎年必ず行ってる事ですし、病気等の早期発見に
つながる事ですので、ありがたい事柄なんですが、
健康診断の度に憂鬱な事が…健康診断ですので、
必ず身長と体重の測定があります。
まあそれは仕方がない事としても、ここ近年の
メタボ検診
で必ず「腹囲」、つまり腹周りの
測定があるんですね。
あえて数字は書きませんが、
年々増えていく体重と腹周り
の値を、厳然とした
数値で示されると、、、なんともねぇ

幾年月を重ねてもはや愛着すら感じる我が
愛しの
“腹脂肪”の成長記録に毎年毎年
一喜なく一憂ばかりの
この時期、検診結果
通知の“メタボ予備軍”の記述に
怯えるヒロモリが
懲りずにお送りします【メタボ検診記】、、
ではなく【ケアマネ自転車奔走記】開講!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先週から、事例文には記載されていないものの、
必要な情報は何か?について考えています。
事例文については過去の連載をご参照して
頂くとして、話しをまとめますと、

◎ご本人及びご家族の情報について、
 対象となる方や
その属する世帯だけではなく、
 お子さんやご兄弟などの
親族の情報
 (所在地や関わりなど)は、ご本人
が現在
 置かれている状況であったり、相談や介護の
 手助けをしていただけるマンパワーの
 把握に欠かせない。
◎ご本人とご家族、親族の関係を把握する
 ために
家族図を作成する場合もある。
◎ご本人が今まで過ごしてきた生活歴、
 「ご本人の物語」と
は、よりご本人様を
 理解するためにも、また支援を
提供していく
 際にその支援提供の方法や内容を検討
 する際に
非常に有効な情報源となる。
◎プライバシーにかかわる事柄が多いので、
 聞き取り者の守秘は必須。
 また、言いたくない事、聞かれたくない事は
 無理に話さなくても構わない。

という内容でした。
今週は、まず経済・家計に関する項目の情報
から考えましょう。
事例文の中にはこの項目に
関する記載はありませんでした。
ですが、経済・家計の事を考えない支援提供は
あり得ませんよね。
生活を送っていく
上で家計や
経済を考えずに済ます事なんて通常不可能です。
例えば現在の制度下では、医療・介護サービスを
利用する
際には一部例外を除き必ず自己負担が
発生します。
もし必要以上にそれらのサービスを
利用し、
生活費のやりくりがままならなくなり、
食費や水光熱費などを削減するような状況に
なれば、ある意味
本末転倒
の事態ですよね。

在宅での生活を支援する場合、ご本人様を
はじめとした
ご家族の生活そのものを
ベースに考えていかないと
大事になります。
また介護施設等への入所についても、入所対象
となるご
本人様の事だけを考えていると、
施設入所したのは良いけれど、
施設利用による
介護費用の増加で残されたご家族さんの家計が
逼迫してしまい、毎日の食費にも事欠く
といった事態
も十分想定できます。
さらには、医療・福祉・介護の各制度には、
所得や収入
に応じたサービス利用料の減額や
減免等の
家計のセイフティーネット的な
制度措置もあるので、
それらを十分活用する
ためにも家計・経済の情報は
欠かすことの
できない情報になります。
家計や経済の情報は、“おカネの話し”なので、
確かに、ちょっと話しにくく感じて
しまう
こともあるんですが、
日々生活を送るための
基礎部分の一つでもあるので、できる限り
正確な情報
収集が望まれます。

続きまして、、
介護・福祉の制度利用状況
に移ります。
事例文では(要介護2)という情報が
記載されていました。
この事で、介護保険の
認定申請は済んでいる事が分かりますが、
介護・福祉制度は介護保険だけではありません。
例えば実際の現場での情報収集の場合、
手帳の有無を確認する事が多いです。
この手帳というのは所謂“3手帳”で、
身体、知的、精神の3障がいの手帳の事です。
介護保険サービスにおいて、これらの手帳と
直接連動している
サービスはありませんが、
手帳を所持している事で介護保険とは別に
利用できる保健福祉サービスがあります。

代表的なものに、手帳を所持(等級にもよる)
している
ことで、医療費の減額措置が
利用できる制度があります。
また視覚障がいや
聴覚障がい者には、行政が行う障がい福祉
サービスを利用する事ができる場合もありますが、
この際にも手帳の有無やその等級等の内容を
知っておく
事が必要になります。

また、現在利用している介護サービスや
以前利用していた
介護サービスを把握しておく
事も重要。
例えば介護保険での「住宅改修」
サービスですが、改修費用
の上限は20万円まで
となっています。この上限額は、要介護度

大幅な上昇によるご本人の重介護化や転居等の
事由発生
が無い限り持ち越しとなります。
つまり、20万円を使い切ったら
終了となる
訳で、以前住宅改修サービスを利用していれば、
その内容や利用額、残高を把握しておかないと、
そもそも
ケアプランの立案ができません。
その他、生活保護受給の有無も重要な
福祉制度の一つ
ですので、当然知って
おかなくてはいけない事です。
また、現在のご本人の生活状況を知る上で、
ご利用中の
介護・福祉サービスの情報が無ければ、
その方の生活
の様子もわからなくなりますよね。
相談支援の過程で
今後利用できうる制度や
サービスを検討する上において、
現在の生活状況、
介護状況は必須の情報ですね。

以上、今週は「家計・経済の情報」と
「介護・福祉の制度利用状況」
についてでした。
それでは、また来週お会いしましょう。
See You Next Week

【ウッチー輪ばなし】連載・第99回。

みな、みなさま、こんにちわ!

お花見時期を過ぎ、あの綺麗な桃色が、

すっかり葉桜の緑色になってしまいました。

つくづく季節の移ろいの早さには驚くばかり、

特に年齢を重ねるごとに、早くなる気が…

と、少々センチメンタルになりつつ、一方では

ワタクシの季節、そう「夏!」が迫っている事に

期待が加速しだす男・ウッチーこと内田です

何と言っても、8月生まれの夏男ですからね!


さぁ、本題へ。

以前、本連載でも紹介させて頂きましたが、

どなたにも、業務上不可欠なアイテムって

きっとおありになると思います、今回は

ワタクシのマストアイテム第二弾を紹介

それがコチラです↓↓

syuniku_set.jpg

何の変哲もない朱肉と、捺印マット…

確かにそうなのですが、かなりの種類のものを

試した結果、写真のセットに落ち着きました。

ちなみに、なぜマストか?と申しますと、

介護保険制度においては、ご利用者様が

サービスを利用する際、サービス事業所と、

この場合たきびと契約を結ぶことが大前提です。

サービス契約は概ね、ご利用者様のご自宅で

行うのが慣例となっているため、ご利用者様の

身体状態等によっては、印鑑や朱肉などが

速やかには準備出来ない場合もあるのです。

そのため、セットを携行しているという訳です。

セットの品質にこだわるのは、ご利用者様が

その際より快適に捺印して頂けるため

鮮明に写る朱肉、適度な高級感のマット、

これがワタクシのマストアイテム第二弾です!


さて、来週は記念すべき!?連載
100回目。

いつもとは違った【ウッチー輪ばなし】を

用意しておこうか、、と…自分でハードルを

上げたところで、今週はここまで!

また来週土曜日にお会いしましょうね。

Please take care , everyone

ヘルパーのカタチ 生搾り
第161回『世代混合(前編)』の巻。


<今週のテーマ>
70歳定年延長問題などをはじめ、昨今
シルバー世代の雇用が話題になっています。
ということで!『高齢者雇用・再雇用』に
ついての談論を、前後編で配信致します。
介護現場からの経験則的な話しを皮切りに、
世代による仕事観の相違や、そこから我々が
学ぶべき要素を探った本回、ぜひ御一聴を!
ところで、もし可能なら皆様は何歳まで
仕事にたずさわっていたいですか?


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、
三浦真弥、伊藤亜也子、木田健太。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

その数、実に800個以上。

ショートステイのフロアに

棚引く青色の鯉のぼり」

cap_koinobori.jpg

ご利用者の皆様が、3月末頃から

丹誠込めて作製された作品です!

材料はペットボトルのキャップを

活用したのですが、完成までに

使ったその数、実に800個以上

しかも…現在2匹目の製作途上!

皆様の根気勝ちとしか言い様が

ありませんね…ホント凄いです

ご来設の際は、ぜひご観覧下さい。

たきびのナイスミドルこと...

昨日のショート・レクビリ担当は、

〝たきびのナイスミドル〟こと井上。

かなりのアイデアマンで、新たな

アプローチの競技を次々発案します

short_2013_4_16.jpg

この日も…かねてより準備していた

「UP&UP!動体視力」という名の

反射神経を養うゲームを開催。

因みに自ら考案するだけでなく、

使う道具も全てお手製なんです!

写真の↑↑ゴムボール発射装置も

当然ながらハンドメイドです

ご利用者様からの「オォォ〜ッ」

という驚きの声に、さも得意げな

表情を見せる井上なのでした

井上さん、ホント若々しいね!

「鯉」は「恋」に通ずる。

5月下旬並みの暖かさの中、

春の青空を舞う「鯉のぼり」。

koinobori_2013.jpg

本ブログでもお伝えしました通り、

先週8日から元気に泳いでおります!

最近、風が激しい日が多かった為、

急遽降ろすケースもありましたが、

先日は晴天で風も気持ち良い好日

清しく舞う3匹の姿をデイホールや

ショートロビーの窓越しに見つめる

方々も少なくありませんでした

机・ロッカー・車、綺麗ですか?

日々、ご利用者様を送迎させていただく

ドライバーにとってハンドルを握る事と

同じ位重要なのが担当車両の清掃です。

hiace.jpgのサムネール画像

例えば…ワンボクス型をはじめとした

車輌には、安全のため車内に手摺が

取り付けられていますが、手摺だけに

汚れが溜まって、不衛生になりがち。

それにより、接触部分のスポンジ材も

傷みが進行しやすくなるのです。

気持ちよく移動して頂くためには、

安全&快適運転と同時に、こうした

準備活動は決して欠かせません。

感染症の対策にもになりますし…

ここ最近では空気清浄機能搭載の

エアコンが標準装備されている車も

増えましたし、後付け型の車載空気

清浄機なども登場していますよね。

また、ゼリー状の手指消毒薬やタオル

生地のウエットシート等、一般車輌

向けの感染予防商品が続々と登場

認知度を広げつつあります…が!!

それらを活用した上でも、やはり

原点は、日常のマメな清掃にある

のではないか、と強く感じます。

新社会人のみなさま、そろそろ

仕事には慣れた頃でしょうか?

自分のロッカーやデスクの上は、

その人の人格を現すと言っても

過言ではありませんので、常に

綺麗に保っておきましょうね

そう言う当たり前の事がキチンと

出来てこそ〝仕事ができる〟と

評価されるのです…そこに元気な

挨拶が加われば絶対大丈夫だ!

さぁ今週も7days、覇気持ってGO

【ケアマネの自転車奔走記】連載・141回。

4月なのに春尚遠しと言いたくなるような一週間。
クリーニングに出す予定だった冬物のコート

引っ張り出して着込む日が続きました。
気候の変動がただでさえ大きい時期ですので、
皆さま体調には十分ご注意くださいね。
ところで、皆さまこんな機械をご存知でしょうか?
 

新しいイメージ1.JPG

コレ、サイクルコンピューターと言いまして、
自転車の速度や走行距離などを計測してくれる
便利な機械なんです。最近はGPS機能が
付いていてなお且つスマホと
連動して
走行ルートの記録がPC上で管理できる
モノとか、
心拍数や消費カロリーの計測が
可能なタイプもあったりと、
当にハイテクな
機器もどんどん出現しています。
ワタクシのは、速度と走行距離と乗車時間が
表示される基本的な機能しかありませんが、
それはそれで楽しく活用しています。
ちょっとした励みにもなりますし、一日の
運動量の
概算もできますので、是非お使いに
なったらどうでしょうか?
と書いたところで
春風に乗ってやって来たスタッフの呟き。
「体重計の方がシンプルで分かりやすいのにね。」
と、せっかくのネタもいつも通りの自腹と
自虐に早変わり
懲りないケアマネ・ヒロモリが
お送りします【自転車奔走記】
始まりです!
++++++++++++++++++++++++ 
 先週は、事例に記載してある中から情報収集の
項目
に従って情報を収集してみました。
ある程度の粗筋は
見えてきましたが、今回は
もっと事例に踏み込んで、
さらに事例を理解
するために収集すべき情報を
皆さんと一緒に
考えていきたいと思っています。
では、収集した情報を見てみましょう。

【事 例】ならびに、そこから【得られた情報】
については、先週までの連載をご参照下さい。

さて、先週は情報収集の項目に合う情報を
拾い上げていく
作業でしたが、今週は「何故?」の
視点から想像力を働かせて
今回の事例の理解に
役立つ情報を抽出していく作業です。
先ずは本人と家族に関する事項から考えます。
この事例では、妻は「介護の手助けや相談に乗って
くれる人が
近くにいない」となっています。
そこで、事例文の登場人物に
着目します。
事例文では登場人物はJさんと奥さんの2人だけ。
まず気が付くのが「お子さんや兄弟姉妹、親戚の
方は?」という情報です。
お子さんはいるのか?
今何処に住んでいるのか?親子の関係は?
更には、
兄弟姉妹はいるのか?どこにいるのか?親しい
親戚は
いるのか?などなどJさんと奥様の
ご家族、親族の情報があれば、
Jさんの
奥さんが一人で困り込んでいる背景や原因が
推察できますね。
因みに福祉・医療の現場では、
情報収集の際、必ず家族図
を作ります。
基本的には血縁関係にある家族・親族を
図式に
表すものですが、状況に応じて知人友人等の
協力者
も記載していきます。
つまり、ご本人と関係の深い人物
の一覧図の
ようなもので、必要に応じて連絡や連携を
取り合い
ながら支援を展開していく事になります。

続いては、Jさんの人物像についての情報です。
事例文では
「退職後写真撮影を趣味にしていた。」
と記載されています。
これらの情報は「生活歴」
というカテゴリーに分類できます。
「生活歴」と言うとやや堅苦しいので、
ワタクシは
「ご本人様の物語」
と呼んでいます。
つまり、何処で生まれて、どのように育ち、
どうやって暮らしてきたか?というヒストリー。
「そんな情報が必要なの?」とギモンを
呈される方も多いと思います。
ワタクシも、
福祉の世界に入って一番驚いたのがこの
「生活歴」に
関する情報の収集でした。
そんなプライバシーにかかわる事柄
が何で
必要なのか?と思い悩んだ記憶があります。
ですが、時間と経験そして自分以外の
対象との関わりの
集大成が「今ここにいる自分」
であると考えると、情報を収集し
その関わりを
分析していくアセスメントの作業過程において、
ご本人が関わってきた人や物、環境などの
要素が詰まった生活歴
には非常に有用な
情報が詰まっていると言えますよね。

今回の大きなテーマである認知症で考えて
みると、認知症状
で大きな問題となる
周辺症状の発生や内容については、ご
本人の
性格や今までの生活環境(対人関係含む)が
大きな影響を与える事は良く知られています。
言い換えればご
本人の性格や今までの生活の
様子を知ることで、周辺症状
への対応のヒントが
得られる確率が飛躍的に高くなります。
また維持期のリハビリテーション、病気や
怪我で障害を
受けた身体の機能が一応の
回復を遂げた後、それらの機能
を長期間に
渡って維持し向上していく為のリハビリ
テーション
の事ですが、「維持」の言葉が
示す通り長期に渡って機能や
体力を維持して
いく事になるので、リハビリテーションを
継続していけるモチベーションの維持や
リハ内容の工夫が
非常に大切になります。
そんな時、ご本人の趣味や今まで
してきた仕事、
生活習慣などを参考にしてリハビリテーション

内容や方法を立案する事は非常に有用です。
謂わば
リハビリという「特別な目的を持つ活動」
を「日常生活」
の中に溶け込ませて、
生活そのものがリハビリテーション
となるように
シフトしていくという事です。
以上から、本人様の「生活歴」は重要な
情報源になり得る
、という事なのです。

以上、生活歴の重要性について代表的な
効果を挙げて
お話しをしました。
少し哲学的になりますが、今の自分と
過去の
自分は決して断絶しているのではなく、
連続した
存在であるという、当たり前と
言えば当たり前すぎる定義
から考えても、
生活歴の情報を得ることは非常に重要です。
但し、ご本人様が話したくない事を無理に
聞き出す事はしませんし、
或いは秘密を暴く
ようなマネも決してしません
のでご安心下さい。

生活歴については、“収集し得る限りの”と
言うのが決まり事です。
また、医療・福祉従事者は全て
【個人情報の保秘義務】が課されて
ますので、
重ねてご安心下さいネ。

それでは、続きは来週に…
不安定な天気が続きますので、
お身体に気をつけて下さいネ。
See you next week!!

【ウッチー輪ばなし】連載・第98回。

みな、みなさま、こんにちわ!

今週も現れました、ウッチーこと内田英希です

さて、確実に暖かくはなっているものの、

昨日何ぞはかなり冷たい風が吹いていましたね。

くれぐれも体調など、お崩しになられぬよう

充分な健康自己管理に努めて下さいませ。


さて、4月ももう中旬を迎えた昨日の事…

風に吹かれつつ〝あの方〟が事務所に登場

misoi_san_2013.jpg

そうです!昨年も本連載で紹介させて頂いた、

ヤクルトレディ…いや、どう見ても違いました…

もとい、ヤクルトマン・味噌井勝利さんです

「勝利と書いて、ショウリと読みます!」が

合言葉の味噌井さんはガッツ爆発のナイスガイ。

たきび松阪施設の正面玄関に設置してある、

飲料自動販売機の担当営業の方なのですが、

今となってはスタッフ達ともかなり仲良しで、

失礼ながらチームの一員って感じさえします。

ところで、その味噌井さんが、鼻息荒く!?

紹介してくれたのが、コチラ↓↓の新商品。

sappari_peach_2013.jpg

りんご・オレンジに引き続いて、人気シリーズに

新ラインナップが登場『さっぱりピーチ』です!

早速ワタクシも購入して飲んでみましたが、

桃の甘さが残らず、まさにサッパリした後味。

これから迎える暑い夏にはピッタリかも…です。

皆様も、味噌井さんを見かけたらお声掛けして

てはいかがでしょう?きっとあなたに合った

ドリンクを紹介してくれるはずですよ!!

と、味噌井さんにプレッシャーをかけつつ…

今週の【ウッチー輪ばなし】はおしまい

〝ひょんなところに新たな出会い〟

つまり、人生とはひょんな事が多いほど、

豊かなになって行くのかも知れませんね。

さぁ、ひょんを探して今日も行くぞぉ〜、、

ではまた来週  Please take care , everyone!

ゴールデン兜を探そう!

黄金色に輝く折り紙兜!

kaburo_paper.jpg

地元の「折り紙教室」に通ってみえる、

ご利用者様のご家族様より頂戴しました。

兜には胡麻を、鶴にはお菓子を入れて、

5月の節句時期に飾ると縁起が良い…

とのことですので、さっそく施設の

〝ある場所〟に展示させて頂きました!

さ〜て施設の何処なのか?ぜひ御来所

下さった際には、お探し下さいませ

見事見つけられた方には、この春、

か良い事があるかもしれませんよ…

その出会い、一生モノ。

いきなりですが、紹介します!

たきび松阪、昨日のランチです

2013_4_10_lunch.jpg

☆季節はももいろだゼェーット!桜ごはん。

☆ヘルシーサワーピンク!鮭カルパッチョ。

☆出会いは突然に!明日葉とツナの春巻き。

☆ザ・ジャパニーズ!うど&ふき旬菜小鉢。

☆もう一杯が止まらないにら玉すまし汁。

☆管理栄養士手作り!さくら風味水羊かん。

以上6品にシェフの愛情を添えて…

新たな出会いが重なる中、知らず知らずに

疲れやストレスが堪りがちな季節です。

香りの豊富な野菜や、旬の食材を採って

心身共にしっかり鋭気を養って下さいね

あわてんぼうのサンタクロース!?

いきなりではありますが…

みなさま、この花ご存知ですか?

c_rose.jpg

実はコレ「クリスマスローズ」!

随分季節外れですが綺麗でしょ

デイサービススタッフが自宅の

庭から持って来てくれたもので、

ご利用者の皆様に大好評でした。

名前を聞いた折りには、やっぱり

一様に驚かれてみえましたが…

弾くんじゃない、叩くんだ!

たきび施設の最近は、イベント続き!

先日は、三味線・民謡の有志グループ

『親薗会』様が御来設下さいました。

misonokai_sama_2013.jpg

郷土民謡や、日本各地の伝統民、

さらには唱歌・歌謡曲もありという

盛りだくさんのセットリストには、

ご利用者の皆様も盛り上がらずには

いられない!ご様子で、手拍子や

間の手が自然に沸き起こります

それにしても三味線という楽器、

ホントに迫力満点ですね…近くで

聴いていると〝ばち〟が本体に

叩き付けられるカッ・カッという

音までしっかり伝わってきます。

「情念の楽器」と形容したくなる

感じで、潜在していた意識が

目を覚まして行く気がします。

きっとご利用者様方にとっても、

良い刺激だったろうと感じます。

『親薗会』の皆様方、お忙しい中

誠にありがとうございました!

日本のブルースが聴こえる。

先週のエピソードをどうぞ…

日本舞踊の『紀之元流英華会』様と、

民謡三味線『藤本秀倫会』様による

コラボイベントが実現しました!

eikakai_2.jpg

華麗に流れる様な舞と、激しささえ

讃える三味の音の競演は、予想以上の

LIVE感で観る者を惹き付けます。

syuurinkai_1.jpg

さらに、ご利用者の方々が参加

できるコーナーも設けて下さり、

唱歌ではホールに響く大合唱!

季節感溢れる『さくらさくら』や

『春の小川』、そして皆様お馴染み

『ふるさと』など、立て続けに

繰り出される演奏と舞に誘われ、

ご利用者様の声もどんどん大きく

なって行くのが印象的でした。

ある種の疾走感を感じたほどの

70分間はとても濃密で、そして

豊かしい時間と相成りました

『紀之元流英華会』『藤本秀倫会』

両会の皆様方、貴重な演舞を

誠にありがとうございました!

春一番、春北風、春の嵐など…

風にまつわった慣用句が数多く

存在するのがこの時期の特徴。

実際一年を通して最も風が強い

といわれているのが3月4月です。

桜の花びらが風に舞い、新緑が

少しずつ顔を出し始めましたね。

本格的な春来る!って感じです。

さぁ今週も7days、覇気持ってGO!

【ケアマネの自転車奔走記】連載・140回。

昨日は全国的に春の荒しとなりましたが、
4月になって以降、過ごしやすい日が
続くようになりました。ワタクシも冬籠り
からようやく脱出して、春の陽気の中
ぼつぼつと自転車を楽しんでいます。
つい先日も、たくさんのサイクリストの方と
すれ違いました。バリバリのレーサータイプの
方から
のんびりツーリングタイプの方、
それぞれ自転車を楽しんでおられています。
ところで今春になってふと気付いたのは、
すれ違う
サイクリストさんに年配の方が
沢山いらっしゃった
事です。
自転車って、交通ルールを守って安全運転
していれば、膝・腰への負担が少ない効果的な
有酸素運動ですので、体力増強や健康増進には
もってこいのスポーツなんですよね。
興味のある方は、是非是非サイクリスト
デビューを
おススメします!!
ですが…
自転車で心地良い運動健康増進、食欲旺盛→
摂取カロリー増加するも消費カロリー横ばい
増加カロリー分は脂肪に蓄積メタボ増進
といった、人呼んで“ヒロモリ・サイクル”へ
陥らないよう
お気を付け下さいませ。
と、新年度になっても自虐ネタが止まらない
段腹ヒロモリがお送りします【自虐快感記】、
ではなく【自転車奔走記】の始まりです!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「関わるケア」を考える第一歩目として、
情報収集と分析
のお話しを続けています。
先週は標準的なアセスメント(情報収集・分析)の
項目
をご紹介しながら、情報収集の持つ意味に
ついて少し
お話しをしてきました。
今週は、ご紹介した事例を情報収集項目に
沿って
見直していきます。

【事 例】
Jさん(83歳,要介護2)は妻(78歳)と
二人暮らし。
Jさんは退職後、写真撮影を
趣味としていた。以前から血圧が高く
3
年前より物忘れが多くなった。
半年位前から一日中何もしないで
過ごすようになっている。
食事や更衣などの動作はゆっくりであるが、
促せば何とか自分でできる。最近入浴を
嫌がるようになる一方、
時には浴槽から
出ようとしなくなることがある。
排泄が上手くできなくなり、
衣類を汚したり、
トイレ以外の場所で排泄することもある。
妻は献身的に夫の介護をしてきたが、
夫は妻の介護に対して
拒否したり、
怒りだしたりする事も近頃増えてきた。
妻は介護の手助けや相談に乗ってくれる人が
近くにいないため
疲れ果ててしまっている。

では、早速情報を落とし込んでいきます。
先ずは事例文に記載されている情報からです。
(1)本人に関する情報。
   Jさん・年齢82歳・要介護2。
   退職後、写真撮影を趣味にしていた。
(2)家族に関する情報。
   妻の年齢78歳。
   献身的に夫の介護を担当してきたが、
   介護の拒否や
身近な協力者、相談相手の
   不在で疲れ果てている。
(3)経済・家計に関する情報。
   事例文に記載なし。
(4)介護・福祉の制度利用状況。
   介護保険要介護度2。
(5)疾患・医療に関する情報。
   以前から血圧が高かった。
   3年前からもの忘れが多くなった。
   半年前から、一日何もしなくなった。
(6)身体に関する情報。
   一日中何もしないで過ごす。
   食事や更衣などの動作は、ゆっくり
   だが何とか自力でできる。
   排泄が上手くできない。
(7)生活活動に関する情報。
   入浴を嫌がる。または浴槽から
   出ようとしない。
   排泄が上手くできなくて、衣服を
   汚す事がある。
   トイレ以外の場所で排泄する事もある。
(8)心身に関する情報。
   食事や更衣などの動作に促しが必要。
   妻の介護を拒否したり、怒りだしたり
   することがある。
(9)環境に関する情報。
   Jさんの介護について、手助けや
   妻の相談相手に
なってくれる人が
   近くにいない。

事例文を項目ごとに分類すると、だいたい
こんな感じになります。
どうでしょう?
何となくJさんご夫妻の生活が見えてくる
ような気がしませんか?
一日中何もしなくなり、食事等の活動に促しが
必要、排泄を失敗
したり、トイレ以外の場所で
排泄したり、お風呂も入ったり入らなかったり、
そして妻の介護に対して拒否をしたり怒り
だしたりするJさんと、
Jさんの生活を支える
介護を担当してきたけど、協力者や相談する
の不在で疲れ果ててしまっている奥さん。
このままの状態では、ご夫婦が
共倒れになって
しまいかねないという粗筋が見えてきます。
ここで「よしっ!わかった!」とポンと
手を打つ等々力警部の気持ち
も分かりますが
(映画・金田一耕介シリーズより…古いか!?)
それは早合点、上記の情報だけでは、
まだまだ入口の段階なんです。

試みに(5)疾患・医療に関する情報と
(8)心身に関する情報を見てみましょう。
確かに「トイレ以外の場所で排泄をする」や
「妻の介護を拒否する」
などの行為を見ると
認知症の存在が疑われますが、認知症の
原因疾患の
部分や現在の通院状況が
情報として挙がっていませんよね。
認知症を引き起こす疾患には、色々な種類が
あって、
それぞれ治療や対処の方法が違います。
Jさんの認知症症状を引き起こしている
原因となる疾病が、
アルツハイマー病などの
変性疾患なのか?或いは脳血管性
疾患なのか?
特にJさんは以前から高血圧の持病が
あったと
記載されています。もし何らかの脳血管性の
疾患
があるのであれば、それを放置して
おくことは身体生命について
さらに重篤な
結果を招きかねません。真っ先に必要な事は、
奥さんの介護負担の軽減やJさんの介護方法の
検討ではなく、
医療機関への受診、または
原因疾患に関する情報収集ですね。
言い換えると「何故?」という観点から
更に細やかな情報を
求めて事例(ケース)に
分け入って行く作業が必要になります。

上述の場合は、「なぜ認知症の症状が
起こっているの?」という観点。
他にも「なぜ身近に相談できる人がいないの?」や
「なぜトイレ
以外の場所で排泄するの?」
「なぜ介護の拒否をするの?」
などなど、様々な
視点を通じて情報を収集
していくんですね。
では、来週はこれら「なぜ?」の観点からの
情報収集について
進めていきます。
認知症の関わるケア、まだまだ続きます。
次週も一緒に考えてみましょうね。
See you next week , bye for now!! 

【ウッチー輪ばなし】連載・第97回。

みな、みなさま、こんにちわ!

この週末は春の嵐が訪れるとのことで、

満開の桜が一気に散ってしまうのでしょうか…

例年と比較しても、一際美しい気がする今年の桜。

もう散ってしまうなら、かなり残念ですね


さてさて、今週の本題ですが、

まずはこちらの↓写真をご覧下さいませ。

stand_by_for_koinobori.jpg

これは、先日男性スタッフたちで取り組んだ、

五月の風物詩「鯉のぼり」の準備風景です。

写真は、ポールを繋ぎ固定しているヒトコマ!

この後ポールを立てて、安全性を確認して

スタンバイOK、さぁ後は鯉達をあげるだけ。

じゃぁ、いつやるの?……今でしょ!!

と、流行言葉でビシッとキメたい所ですが、

たきび松阪施設では、8日を予定しています

行事としての「鯉のぼり」には、いくつもの

言い伝えがありますが、我々がご利用者様から

伝授頂いた〝鯉のぼりをあげるならば、

4月5日を過ぎた最初の大安日が良い。〟

という教えも、そんな習わしの一つでしょう。

ご利用者様の教え通り、それを実践すると、

今年は4月8日の月曜日となるわけなんです

だから、あと数日じっくり待つ事にしますね。

そして8日、満を持して快晴の大空を優雅に

舞う鯉のぼり…みなさま、ぜひお楽しみに!!


以上、

今週の【ウッチー輪ばなし】はここまで。

今週はとても陽気が良かったので、

うららかな話題にしてみました

それではまた来週お会いしましょう~、

Please take care , everyone!

電撃入籍!へんとつくり。

デイサービスのご利用者様方が、

真剣な眼差しで取り組んでみえるのは…

kanji_wo_tsukurou.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

『漢字の仲人』というゲームです!

漢字のへんとつくりをランダムに

分けたカード群から2枚を結びつけ

漢字を成立させよう、というルール。

よりたくさんの漢字を作った方が、

〝名仲人〟となり優勝となります

この日は、名仲人が続出するという

かなりハイレベルな競い合いでした!

誠に勝手ながら、podcast番組

「ヘルパーのカタチ生搾り」の

次回配信は4月19日とさせて

頂きますのでご了承下さいませ。

見える効果、見えない効果。

本社のホームヘルパーたちは自身の

水分補給のため、常にペットボトルを

数本携帯し業務にあたっています。

数年前のこと、誰からともなくその

キャップをストックし始めました。

ご存知「エコキャップ運動」です。

pet_try_1.jpg

今では事務所に専用かごを設けています。

夏場なんかは、2日足らずでいっぱいに

なってしまうんですよ…その後別の袋に

こんな感じで↓↓まとめて置いておき…

pet_try_2.jpg

これらが4つ、5つとなった所で、

所定の機関へ持参するわけです。

エコキャップ運動に対しては、

そのシステムや実態に対して

様々な批判もある様ですが、、

出来る範囲で、これからも取り

組んで行こうと考えています!

牛若丸タイプ、弁慶タイプ。

年度が変わり、津本社は14年目、

松阪施設も6年目を迎えております。

これも一重に皆様方のおかげです!

日頃よりの感謝を少しでも仕事で

お返し出来る様、今後ともスタッフ

一丸となって精進してまいります。

今後ともご指導ご鞭撻の程、何卒

よろしくお願い申し上げます。

先日、この時期恒例となっている

五月人形飾りを実施致しました。

gogatsuningyou.jpg

代わる代わるご鑑賞されては、

ポツンとこぼされる、ご利用者様方の

フレーズが何とも印象的でした。

「この子、凛々しい顔しとるわ。」

「子供はエエわな、宝やな。」

「これは牛若丸か?弁慶か?」

??と思って調べてみたところ、

五月人形には牛若丸タイプや、

弁慶タイプ、金太郎タイプ等

種類があるらしいですね。

さすがご利用者様、生きる図書館!

ちなみに、鯉のぼりは4月8日から

大空を舞う予定ですので、そちらも

お楽しみに…晴れるといいなぁ

光のどけき多希日の桜。

少し肌寒い日が続きますが、

春です!桜なんです!

たきび館内でも桜前線北上中

2013_sakura_1.jpg

今年もショートステイでは、、

2013_sakura_2.jpg

ご利用者様がたきび桜を製作、、

そして先日完成したのがコチラ↓

・・さぁ、皆様ご覧下さいませ!

2013.sakura.jpg

紫フクロウの巣が絶妙アクセントの、

ご利用者様渾身作品「多希日桜」。

只今2階フロアにて絶賛展示中です

施設へお立ち寄りの際は、ぜひとも

2階へお越し頂きご鑑賞下さい!

1階玄関のウェルカムボードも

2013.4.welcomejpg.jpg

桜満開でお迎えいたします!

PASS THE NEW GATE!

先週のたきびブログで紹介しました

医療・介護情報誌メディサポについて、

「どこに行ったらもらえるのかな?」

というご質問を数名の方から頂きました

with_medisappo.jpg

無料情報誌メディサポは、お近くの

病院や薬局、ぎゅーとらさん等で

入手できます!が、、ストックが

なくなってしまった場合や、一部で

取り扱っていない病院・薬局も

あるそうなのでご注意下さいませ。

ちなみに、たきびの玄関にも常に

最新号が数部ストックしてあります

のでお気軽にお持ち帰り下さいね

センバツが終盤を迎えると、

新しいスタートの到来を感じます。

新入学・新学年・新就職・新天地…

周囲が変わっても浮き足立たず、

さぁ7days、覇気持ってGO

アーカイブ

月別 アーカイブ