ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 

2013年2月アーカイブ

あなたの身近に無形文化!?

先日のデイ・レクビリは「切り絵」。

皆様方の作品が素晴らしかったので、

一部を紹介させて頂きます、どうぞ!

kirie_1.jpg

茄子・伊勢海老・独楽・愛犬…等々、

それぞれに決定されたテーマに添って

丹念に製作された色とりどりの作品群。

「昔は皆、こうやって遊んだんやに。」

「懐かしい、小さい頃を思い出すわ。」

はじめはやや苦戦されていた皆様も、

しばらく取り組まれると、往年の見事な

手さばきで、軽快にチョキチョキ♬

その技術はまるで無形文化財のよう…

通りかかった、あるご家族の方は、

しばし見入っていらっしゃいました。

只今デイルームにて展示中ですので、

ご来設の際は、ぜひご鑑賞下さい

ホームタウン・ムービー。

皆様はもうご覧になられましたか?

廣木龍一監督の『きいろいゾウ』を。

私、デイサービス主任の三浦は先日

地元映画館で観賞して参りました!

pos.jpg

ロケ地が松阪市や南伊勢町ということで、

いわば我々にとってのご当地ムービー!

映画館も沢山の人で賑わっていました。

地元の見慣れた風景や、聞き慣れた

伊勢弁っぽい方言など…ストーリーと

併せ、楽しめることうけあいです

肝心の作品自体の評価は、詳しい方々に

預けさせて頂きますが、深く印象に

残る作品だなぁ、、と感じました。

何より地元がロケ地っていうだけで、

やはり強い思い入れが涌くものですね

郷土愛を再確認する良い機会でした!

春の弥生のこの良き日...

先日のショート・レクビリより

ご利用者の方々とスタッフたちが

力を合わせ、共に取り組んだのは…

雛飾り作成.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

「ひな飾り」の仕上げ作業です

お内裏様とお雛様の衣装は、よくよく

ご覧頂くと、全て柄が異なっており、

さらに、それぞれの組み合わせも、

皆が意見を出し合いながら一つ一つ

じっくりと決めましたどうですか?

雛飾り完成.jpg

なかなかGOODな出来栄えでしょ

写真ではイマイチ伝わりにくいですが、

近くで観賞すると一際味わい深い

ご利用者の方々と、スタッフの絶妙な

チームワークの勝利…と言わせて下さい

ショートステイにご来設の際は、ぜひ

立ち止まってご観覧下さいませ!

ダンスは上手く踊れない。

ご利用者のT様は〝社交ダンス〟の

インストラクターをされてみえました。

そこで!先日、事務スタッフの亀田が

T様の手ほどきを受ける事になって…

shall_we_dance.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

「初挑戦の割には上手いやんか。」

とはT様のお言葉だったのですが、

ご覧の通り、身体はガチガチ状態。

優しいT様のリードに、逆に緊張

してしまったのかも知れませんね

いやそれにしても、人生の教訓を

はじめ、ご利用者様に教えて頂く

事は、日々本当に沢山あります。

その度、この仕事の奥深さを知り、

嬉しい気持ちになる私たちです

寒さが一向におさまりませんね。

まだまだ春待ちが続きそうですが、

新たな7days、今週も華麗な

ステップで、覇気持ってGO!

【ケアマネの自転車奔走記】連載・136回。

2月も終盤ですが、まだまだ寒い毎日ですね。
油断は禁物、皆様体調には十分ご注意ください。
ところで、いよいよ3月!
野球をはじめ自転車競技もいよいよ本格的な
シーズン
幕開けを前に徐々に盛り上がって
きています。
特に野球はWBCの年なので、
更なるテンションアップ
が待ち遠しい!
と、言いつつも今週のマクラは野球や自転車
ではなく「スキージャンプ競技」のハナシ、
そう!
高梨沙羅 選手です!!
若干16歳で、ジャンプW杯個人総合優勝。
快挙を通り越したまさに“偉業”ですね。
思えば、小学校の時に何気なくTVで観た
スキージャンプ競技
に心惹かれてから幾年月。
大好きな八木選手、葛西選手、そしてあの長野
冬季五輪
では、涙涙の大感動!原田、舟木、
岡部、斉藤選手の日の丸飛行隊!!…
すみません、
少々興奮して“!”ばっかりですね
とにもかくにも、
「プッー」というビ―プ音共に滑走、
そして
踏切と同時に飛翔!ゴーォッという風切り音を
ともに着地する選手の美しさはまさに動く芸術。
今年は高梨選手のド胆を抜く活躍もあり、
TVでジャンプ
競技を観戦する機会も
沢山ありました。
来年はソチ冬季五輪!
日本が誇る“ジャンパー”の皆さんの活躍を
今から
楽しみにしています!!!
“!”マークを多用したお見苦しい文章で
申し訳ありません、、見苦しいのは“腹!”、
“脂肪!!”だけにしとけよ!
とわが身に
ツッコミを入れるヒロモリがお送りします
【自転車奔走記】さぁ開講です
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今週から「認知症を考えよう」は新たなステージ、
介護者や福祉の視点に立って認知症というものを
考えていきたいと思います。
そのキーワードが「関わり」、生起した色々な
生活上の
問題や行動に対して“対処する”事も含めて、
認知症という
事象と共に暮らし、生きていこう
という考え方になります。
では早速・・・
と行きたいトコロですが、いくつかご質問を頂いて
おりますので、今週はそのご質問への回答編。
では早速!

Q1・認知症は治るのが難しいと書いてありましたが、
   現状治療はできない病気なんでしょうか?

本編で何度も述べてきましたが、認知症の原因
となる
様々な病気や障害は、殆ど全て脳の
神経細胞や脳機能に
ダメージを与えます。
現行の医学ではダメージを受けた
脳の細胞や
機能そのものを元の状態に戻すことは
非常に困難、
ほぼ不可能とされているようです。
その意味では治癒は非常に難しいのが現状です。
ですが、脳の細胞や神経ネットワークそのものを
再生
するのではなく、脳が負った機能のダメージを
軽くする、
現状以上の障害の進行を抑える事は
可能とされています。
私の知る限りでは、薬剤による治療が多いようです。
その薬剤での治療において、処方をして頂ける
医師は、
日々の生活の様子、身体の状況、
認知症の症状の日々
の推移等様々な情報を介護者から
聴取して、細やかな
調整を行って治療にあたります。
また、正常圧水頭症や急性(慢性)硬膜下血腫など
外科的治療で治癒するケースが多いものもあります。

Q2・早めの病院受診が必要との事ですが、
   何科を受診すればよいでしょうか?

“認知症”との関わりの第一歩は【医療機関の受診】。
本ブログで何度もお話ししてきましたが、
様々な認知症の
症状を呈する際は、必ず原因となる
疾患が存在します。
その原因を突き止め、治療を
開始する事が非常に大切
な事なんですね。
では何科を受診すれば良いか?
「認知症外来」や「もの忘れ外来」という名称の
診療科が
ある病院さんがお住まいの地域にあれば、
そこで大丈夫です。
また、精神神経科の病院でも、
認知症の診察を行っている
病院もあります。
また、日本認知症学会が認定する専門医

いらっしゃる病院でもOKです。
また、各都道府県には“認知症疾患医療センター”
という機関
があり、電話等での相談受付や
診察等を行っています。
等々、認知症における
地域医療ネットワークの拡充に伴い
認知症を
専門的に診て頂ける医療機関が増えた事は
頼もしい事ですが、反面情報の入手について
戸惑いを
覚える方も多いと思います。
ですので、先ずはかかりつけの病院の先生に
ご相談し、必要
であれば紹介状を書いて
頂いてから受診する方がベターだと
考えます。
また、かかりつけ病院が無い場合は、お住まいの
地区の
地域包括支援センターにご相談下さい。
病院の情報を教えて
頂く事ができます。

Q3・本人が病院へ行きたがらない時はどうすれば
   いいでしょうか?

このご質問のケース、受診拒否という言葉を
使いますが、
非常に難しい問題です。
特に認知症の初期には、“自分が認知症である”
という自覚が乏しい事があり、自身の認知症等に
関わる症状を
指摘されたり、医療機関の受診を
勧められたりすると怒りだしてしまう
ケースも良く聞きます。
実際、ワタクシ達ケアマネも頭を悩ます事が
多いんですよね。
正直、簡潔な解決法は
無いんですね。
ご本人様の状況やご家族の
意向などを確認しながら
慎重に対応して
行く事になります。
ですので、このケースでも、
かかりつけの医師、地域の
認知症疾患医療センター、
そして地域包括支援センター
等で先ずは
ご相談して頂く事が解決への近道です。

と、今週は久々のQ&Aでした。
来週は【関わるケア】について話し進めます。
ではまた来週お会いしましょう!!
See You Next Week 

【ウッチー輪ばなし】衛生管理者。

【ウッチー輪ばなし】連載・第91回。

みな、みなさま!こんにちは!!

まだまだ厳しい寒さが続いておりますが、

体中から湯気が立たんばかりに、毎日を

駆け抜ける男、ウッチーこと内田英希です

さて、今週は「衛生管理者」という少し

聞き慣れない資格について取り上げます。


やっぱり聞いたことがない!という方も

いらっしゃると思いますので、まずは簡単に

衛生管理者」の配置条件について説明を

させていただきますと常時勤務するスタッフの

数が50名を超える事業所は、業務中の危険を防止し、

労働環境の衛生を保つ為に「衛生管理者」を

選任しなければならない〟となっております。

eiseikanrisya.jpg

そして「衛生管理者」は、その免許を有している

者から選任さるのが決まりとなっています。

たきびではそれが、私という事なんですね。

上の写真は衛生管理者免許証なのですが…

顔がコワ〜いなぜ、免許の撮影時って

いつもこんな顔になってしまうのでしょうか?

普段はもっと笑顔なので、その点はお含みを…

さて、では具体的には何をしているのかと

申しますと、毎日の施設内温度や湿度の管理、

スタッフの勤怠などを把握し、衛生日誌という

書類を記すのがメインの業務といった感じ。

そして!改善すべき点が見つかった際は

月1回開催される安全衛生会議に提議し、

産業医と連携をとり直ちに改善する訳です。

チームメイトが快適に業務にあたれることが

目的ですが、結果として当施設をご利用される

ご利用者の方々にとっても、過ごしやすい環境を

創っていく事になるのが大きなポイントでしょう。


今回は少しカタい話題になってしまいましたが、

質の高い職場を目指して、チーム一丸切磋琢磨し、

取り組んでいる〝たきびスタイル〟の一面を、

本記事から感じて下さると、とても幸いです

それでは、みなさま、良い週末をお過ごし下さい!

Please take care , everyone また来週〜。

 ヘルパーのカタチ 生搾り
第155回『アンチ体罰・前編』の巻。


<今週のテーマ>
先週、先々週と休止させて頂きましたので、
2週間ぶりの配信となります今回のテーマは…
時事的話題である「体罰」についての談論。
時事的とは言いながらも、極めて普遍的な
テーマである事から、思い切って取り上げました。
まずは前編、ぜひ御一聴下さいませ。


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、
三浦真弥、伊藤亜也子、木田健太。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

このマークご存知ですか?

突然ですが、みなさま方は

このマークをご存知ですか?

聴覚障害マーク.jpg

正式名称『聴覚障がい者標識』

通称〝蝶々マーク〟と呼ばれる

道路交通法に基づく標識です。

名称の通り、聴覚に障がいを持つ

方々が、自ら車を運転される際、

その車両の前後に掲示されます。

ニュース等で高齢者の交通事故が

増加していると良く聞きますが、

周囲のドライバーや歩行者が、

こういったマークの意味を正しく

認識すれば、防げる事故もきっと

あるのではないか…そんな風に

思い立ち紹介させて頂きました。

ちょっと前の話しですが...

PCを整理していたら、こんな写真が

出て来たので、紹介させて頂きます!

2週間程前の話になってしまいますが…

地元ラジオ局、Radiocube・FM三重の

リポートをお受けした際の模様です

2013_mieriport.jpg

生放送のリポーターは大西友香さん、

たきびから参加させて頂いたスタッフは

ショート所属の末良昇司と大西竣也。

リハーサルから、かなり緊張気味の

大西に対し、末良の方は余裕あり!

さすがは元競輪選手、幾多の勝負を

くぐり抜けて来ただけありますね

無事に数分の生放送が終了した後の

コメントも二人は実に対照的でして…

「今でも心臓がバクバクしてます。」

息絶え絶えに大西がそう言うと、

「次は紅白の司会ですよ!」と末良

いやはやホント真逆のキャラです。

Radiocubeのスタッフのみなさま、

リポーターの中村さん、やさしい

手ほどきを有り難うございました!

『藤正会』様のパフォーマンス!

昨日は『藤正会』様が御来設されて

三味線・民謡・舞踊などの伝統音楽を

70分間、存分に披露して下さいました

hujimasakai_sama.jpg

北海道・青森・福岡・山形・愛媛

宮城・島根・広島・富山・三重・

愛知・東京…日本各地の民謡を、

ご当地ならではの特徴を織り込み、

軽快なテンポでパフォーマンス!

観覧されるご利用者様の手拍子が

鳴り止むことはなく、終始笑顔が

はち切れる時間となりました

『藤正会』様の皆様、お忙しい中の

ご来訪と素敵な時間のプレゼントを

誠にありがとうございました!!

ヘルパーの大敵。

過去にもホームヘルパーの大敵を

いくつか紹介して参りましたが、

〝冬場の手荒れ〟も確実にその一つ。

skincare.jpg

そこで、本社のヘルパースタッフが

携帯しているのがハンドクリーム!

多種の商品が発売されているので、

自分自身に合うモノを選ぶのは、

意外に苦労するものですよね。

そんな中で、本社のヘルパーに

人気の高い商品が写真↑↑の2点。

キメにスーっと浸透する感じと、

乾いた後の不快感の少なさが、

ポイントなのだとか…みなさまの

お気に入りクリームは何ですか?

2月も下旬に差し掛かります。

春未だ遠し…といった気候が

続いているこの頃ですが、

新たな7days、覇気持ってGO!

【自転車奔走記】あた~らしい朝が来た!

【ケアマネの自転車奔走記】連載・135回。

♪あた~らしい朝が来た!

脂肪の…じゃなくて♪ 希望のあさ~だ!

と、今週も始まりました自転車奔走記です。

さて「認知症を考えよう」シリーズもいよいよ

中盤を過ぎ、終盤へさしかかってきました。

中核症状や周辺症状など、聞き慣れない単語が

連発するちょっと難しいお話しが続いて

いましたので、今週は一休、一休み、です。

2月と言えば冬真っ盛りではありますが、

徐々に雨の日も増えて、春への息吹を微かながら

感じる事ができる季節です、ところが、

雪こそあまり降らないながらも、身を刺す

冬の空っ風が吹き付け、自転車も開店休業状態の

毎日が続くワタクシ…毎週毎週、飽きずにネタに

している愛しの腹脂肪も、いよいよネタレベルを

通り過ぎ、健康被害に近い状態まずいなぁ、、

と、思いつつも、暖かい食事が事のほか美味しく

感じられるこの時期に、食事制限なんぞ夢また夢。

今のまま運動不足と食事過多のダブルパンチが

続けば…、、考えるだけでオゾマシイ結末が

まっていると一念発起!ラジオ体操を始めました!

これが、慣れてくると快適なんですね!

確かに、眠い目を擦りながら手足を動かす日も

ありますが、朝適度に体を動かして暖めるだけで、

その日一日の体の動きが違うのが実感できます。

また、余裕のある時は帰宅後に真剣モードの

ラジオ体操(自己流ですが、呼吸を意識しながらの

動作です)をすると、結構汗も出ていい運動に

なるんですね。確かに、前屈動作など出っ張った

腹が邪魔する動作もありはしますが…

それはそれで“御愛嬌”と一人合点。

一二ッ三四!と精を出す毎日です。

是非皆さんも一度お試しくださいね!

と言う訳で、ワタクシの近況と腹況!?を

お伝えして、今週はおしまいです。

来週は「認知症を考えよう」再開となります。

みなさま、それでは来週をお楽しみに

See You Next WeeK!! 

【ウッチー輪ばなし】連載・第90回。

みな、みなさま!こんにちわ!!

皆様はバレンタインデーいかがでしたか?

私はというと…日常と全く変化のない生活。

ちょっと寂しい様な気がしなくもありませんが、

あたしゃ既婚者ですから…と、強がっています

ちなみに独身のスタッフたちは、やはりウキウキ

ワクワクしていたように見えましたが、如何に?


さて、そんなワタクシもある方々から、

心のこもったチョコビスケットを頂戴しました。

そう、ご利用者様からの愛の告白!?です

anpanman.jpg

panda.jpg

去る14日、デイサービスではご利用者様方が

『チョコビスケット』作りに奮闘されていたのですが、

匂いにつられ、その作業をのぞいた際、「どうぞ!」と、

あるご利用者様が下さったのが写真のビスケット

どんな手作りチョコレートより嬉しかったです!

しかもご覧の通り、こんなに可愛らしいデザイン。

楽しみながら作業する皆様の姿は、笑顔いっぱいで

ほんとうに幸せそうにみえました、何かイイ感じ…

ご自宅に戻られた後、お孫さんやご家族様に

プレゼントされたのかなぁ?


以上、今週の【ウッチー輪ばなし】は、

これにておしまいとさせて頂きます。

みなさま良い週末をお過ごし下さい、

では、また来週お会いしましょう

Please take care, everyone!

バレンタイン膳。

先日のランチを紹介いたします。

2月14日といえばバレンタインデー。

ということで、厨房がっつオリジナルの

チョコ菓子が添えられたメニュー!

その内容は↓↓こんな感じでした…

2:14_lunch.jpg

★七草パワーだ!せりご飯。

★粘り満点!まぐろ山かけ。

★故郷の味!わらびの煮物。

★喉越爽快!海苔すまし汁。

★バレンタイン特製チョコ。

以上5品に加えて、厨房がっつ

女性スタッフの愛情をこめて…

窓越しに射す陽光を眺めながら、

会話に花が咲くランチ時の食堂。

外はまだまだ寒いですが、一足早く

食事で春を楽しまれた皆様方です。

一人欠けてもダメなんだ。

先日から松阪施設玄関ロビーにて、

雛人形の展示が始まっています。

hinadanmae.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

ご利用者の皆様にご協力いただき、

無事に組み立てが完了した後は、

壇前で記念撮影!ハイ・ポ〜ズ

短時間で済んだ要因は、何よりも

皆様方の雛飾りに対する知識に

拠る所が大きく、実際スタッフ

たちは、皆様方の的確な指示に

従って動いていただけの様な…

ご来所の際は、ご観賞下さいませ!

ブルースハープの調べ。

たきびスタッフには独自の特技を

持つ者がたくさんおります。

ショートステイ所属・井上清三の

特技は、ずばりハーモニカ伴奏!

sing_songs_2.jpg

昨日はそのハープの音色にあわせ、

ご利用者の皆様方が大・大合唱

本日のテーマは「春の歌特集」。

まずは井上がワンコーラス吹いてから

皆様が歌いはじめるパターンなの

ですが、イントロの段階から既に

巻き起こる、鼓動の様な手拍子。

まだまだ風も冷たく、雪がパラつく

日もありますが、少しづつでも

確実に春の息吹は近づいています!

アイデンティティ。

昨日はデイ、ショートともに、

ご利用者様方の元気な歌声が響く

朗らかな一日となりました。

そんな歌声を遠くに聞きながら、

事務所にかかったスタッフ用の

たきびジャンパーを眺めると、

何だか感慨無量になります…

takibi_jam.jpg

晴れた日も、雨の日も、風の日も、

追い風吹く日も、向かい風の日も、

ご利用者の皆様はじめ多くの方々が

支えて下さっているからこそ、今

こうしてチームたきびがあるんだ…

そんな当たり前を、改めて実感した

2013年の建国記念日となりました。

社会保険労務士。

団体や法人等における、労務環境の

創造に、欠かせない重要アドバイザー

といえば、社会保険労務士ですよね。

umedasensei.jpg

↑右側の女性は、たきびの顧問である

特定社会保険労務士・梅田彩加さんです。

若いですが、自身の理想を追いかけ、

自ら社労士事務所を立ち上げた情熱家。

フットワークも軽やかで、我々が常に

最新情報を得られるのもそのおかげ。

紛れもなく心強いチームメイトです!

【ケアマネの自転車奔走記】連載・134回。

今週も周辺症状についての話しになります。
先週、周辺症状は、病変からくる直接的な症状
そのものである中核症状とは違い、中核症状を
基にしてをその人の性格や生活環境等々様々な
内的・外的因子が相互に影響を与えることで
現れる症状で、発症する人もそれぞれ、症状の
内容や程度も人それぞれといった、まさに
千差万別の症状を呈するという話しでした。
つまり、人によって様々という事で、ある意味
「個性的」と呼ぶ事も可能かもしれません。

周辺症状として良く取り上げられるものに、
徘徊、幻覚や妄想、暴言や暴力行為、うつ
(抑うつ)などがあります。
ただ、先程も話しましたとおり、人によっては
発症しない場合もありますし、症状の程度や
内容もまさに人によって様々なんですね。
例えば徘徊とよばれる行動も、一見散歩に
しか見えない程度のものから、迷子になったり、
行方不明に至るような重いものまで様々です。
では、この徘徊という行為が何故【周辺症状】
として分類されるか?

「徘徊」という症状が出現する主な原因は、
脳機能のなかで「見当識」と呼ばれる場所や
時間などの感覚記憶が障害を受ける
【見当識障害】とされています。
「場所の感覚が分からなくなる」と言うのは
どういう事か?というと、今現在、自分が何処に
いるのか分からない、という状態とお考え下さい。
今自分の居る場所が、自宅なのか、病院なのかが
はっきりしない状態なんですね。
認知症の方に特有の症状で、自宅にいるのにも
かかわらず「家に帰る」と言って出かけて
迷子になるといった状態が観察されますが、
「場所の見当識障害」の典型的な例です。

その他にも、居場所が分からない事に対する
不安から落ち着きのない状態になったり、
「自分が居るべき場所でない」という不安や
恐怖から来る思い込みで不穏状態になったり、
様々な症状を呈する場合があります。
以上は、見当識障害という中核症状を持つ
認知症の患者さんが「徘徊」や「不穏」「妄想」
といった周辺症状を発症するメカニズムの一例。
他にも「記憶障害」という中核症状からは、
自分が仕舞った財布などの置き場所を忘れてしまい、
物を探し回る」や「誰かが盗った」と言った
被害的妄想を呈する、何かを探そうとして探し
回るうちに、探そうとしていた対象物そのものを
思い出せない、自分が何かを探していたという事
自体も忘れながら、けれども「探さないと…」と
言った焦燥感や不安の感覚だけが残り、
精神的に混乱してしまったりと言ったような
周辺症状を呈する場合があります。

以上のとおり、周辺症状と言うのは、それ自体が
独立して存在する症状ではなく、何度も
繰り返しますが「中核症状
を基にして、その人の
生活環境や性格、住環境など様々な要素要因が
影響し合って発症する」症状なんですね。
と言う事は、同じ内容であり同程度の中核症状を
持った
患者さんでも、人が違えば周辺症状の発症や
内容程度に
差が生じる事になります。
実は、この点こそが「認知症に対応するケア」から
認知症に関わるケア」へと進化した出発点です。

認知症という病気そのもの(中核症状)、
そしてその病気が故に
起こる様々な出来事(周辺症状)
との関係性(因果律ではありません!)
を的確に
捉える事が、【関わるケア】を可能にするんですね。
では、来週はその【関わるケア】について進めます。
また来週、お目にかかりましょう。
See You Next Week!

【自転車奔走記】増刊号。

【自転車奔走記】増刊号。

土曜は2度目、ヒロモリです。

皆様昨日のブロクをご覧頂きました

でしょうか?本社事務所にオイル

ヒーターが導入されたと言う話し…

でも、実は肝心なトコロが抜けて

いるんですね、さてそれは何か?

それは、件のオイルヒーターが、

ヘルパースタッフのデスク近くに

設置してありワタクシデスク

とはビミョーに離れていること。

何が言いたいのかと申しますと、

そう、オイルヒーターの恩恵を

ワタクシは受けられていない!

「ヒロモリさんあるじゃないですか、

お腹にオイルヒーターが。」

女性スタッフ達からはそんな

反応が聞こえてきそうだが、

ここは涙!?で訴えよう…と、

勇んで出先から事務所に帰った

その時、聞こえた言葉は、

「お帰りなさい。身体冷えて

いるでしょ?ヒーターを

ヒロモリさんのデスク

向けておきましたから。

ウッ…ウッ…

ワタクシが発した次の言葉は

「あ、ありがとう。でもお腹に

ヒーターがあるで大丈夫。」

その後、初体験したヒーターは

色んな意味でホンワカでした。

オイルヒーター。

本社ヘルパーステーション事務所の

暖房機器が、石油ファンヒーターから

オイルヒーターに変わりました。

oil_heater_honsya.jpg

オイルは入っていますが補充必要なし、

電気コードだけで暖めてくれます。

利便性や安全性に富んでいるので、

お独り暮らしのご利用者様の中には、

石油ファンヒーターから本タイプに

買い替える方も少なくありません。

暖かくなるまで時間を要しますが、

10分程度待てば、ほんわかとした

快適な空気が部屋中に広がります。

『ヘルパーのカタチ生搾り』の

次回配信は、2月22日予定とさせて

頂きますのでご了承下さいませ。

車輪の下。

昨日は関東地方では積雪もあり、

全国的にとても寒い日でした。

winter_car.jpg

2月以降、比較的過ごしやすい日が

続いていた気がしていましたが、

何の何の、やはりまだまだ簡単に

春は来てくれそうもありませんね。

昨日、本社のホームヘルパー達は、

さらなる悪天候を想定し、タイヤ

チェーンの再チェックをしました…

南南東に進路をとれ。

去る3日のショートステイのおやつは…

全国的にもすっかり定着した縁起物、

恵方巻き…ならず『恵方巻きロール』!

ehouroll_2013.jpg

喉詰まり予防のため洋風なんです

懐紙に乗ったロールを手に取られ、

南南東に向かって静か〜に、かつ

ゆっく〜りと召し上がる皆様方。

でも、途中で誰かと目が合うと…

「ワッハッハ〜!何か変やなぁ

つられて、あちらでもこちらでも

笑い声!さっそく福が訪れました

3匹のデーモン!?

一昨日2月3日、ショートのレクビリは

節分イベント『デーモンバスター』!

午後…突如、鬼に扮装したスタッフが

現れホール狭しと大暴れの悪行三昧

setsubun_2013.jpg

ご利用者の皆様方は用意していた

豆を握りしめ、一斉にエイィッ。

「鬼は~そと!福は~うち

なかなかしぶとい鬼達、簡単には

退散しません、、ということで

味方スタッフの先導で、皆様方は

あれこれ工夫を凝らして追撃!

最後は…最終奥義『囲い矢倉』で

パニックに追い込んでからのぉ〜、

必殺技『ビーンズ・フラッシュ!』

大騒ぎの節分となりました

絵が上手い人がうらやましい...

たきび松阪施設の玄関ホールで、

今日も皆様方をお迎えしているのは…

デイSのスタッフ・松田佳代子による

手書きの「ウェルカムボード」

2013_feb_welcomebord.jpg

以前も紹介致しましたが、松田は

両手の指の間にカラーマーカーを

何本も挟みつつ、このボードを

サラッサラッと描いて行きます。

その様は、水森亜土さんみたい。

あるいは、即興の大道芸術か…

最近ではすっかり恒例となった、

本パフォーマンスを、大変楽しみに

してみえるご利用者の皆様方です。

1月が終わり、2月に入った途端、

風が少し暖かくなってきましたね。

一方で、インフルエンザの猛威は

さらに加速しているようですが…

皆様、くれぐれもご自愛下さいね。

では新たな7days、覇気持ってGO

【ケアマネの自転車奔走記】連載・133回。

いよいよ2月に突入、今日は節分ですね。
鬼を追い出すついでに風邪の元も追い出して、
今月も元気にお過ごしくださいネ。
さて、毎年2月はプロ野球のキャンプイン!
ワタクシにとっては、待ちに待った春を告げる
「春告便り」なんです!
この時期の夜、
スポーツニュースの「キャンプ便り」
各選手の
練習の様子や解説を聞きながらの一杯は格別
ワタクシの今年の注目は日本ハムの大谷選手!
投手でいくのか?はたまた打者か?
ちょっと楽しみな展開ですよね。
と、その前に、今年はWBCの年!山本監督
率いる侍Japanの活躍にも期待が募ります。
そして、
忘れちゃいけないのが自転車競技!
3月から始まる春のクラシックレースに向けて
ワタクシも
徐々にヒートアップしてきています。
特に今年は6人の
日本人選手が海外の
トップチームの一員として海外の
レースに参戦!
ホント―に目が離せません。
と、忘れていました我がハラの張り具合…
寒風にさらされて身が締まる、、どころか、
寒さで脂がのりきった、当に旬の三段腹、
万年蓄脂ケアマネ ヒロモリがお送りします
【自転車奔走記】始まりです!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今週は「周辺症状」についての話しです。
先ずは先週のおさらいを少し。

中核症状とは、アルツハイマー病などの
脳機能に
障害や変性をもたらす色々な疾患が
原因となって
直接に引き起こされる、脳の
機能と直結した
様々な症状の事をいいます。
主な中核症状としては、
○記憶障害。
○見当識障害。
○理解・判断力低下。
○実行機能障害。
等を挙げる事ができます。
そしてこれらの中核的な
症状が、その人の
環境や性格など様々な要因と
相互に影響
しあう事で“二次的”とでも言うべき症状

呈するようになります。それらの
派生的症状を「
周辺症状」と呼びます。
では、その周辺症状についてもう少し
細かく見ていきましょう。

周辺症状と中核症状の一番大きな違いは、
中核症状は
脳機能の障害に伴い直接的に
現れるもので、程度の差は
ありますが症状と
しては万人共通なんです。脳の記憶

司っている部位に障害を受けた人は記憶障害を
発症する
(程度の差はあります)という例の通り、
障害を受けた脳の部位
に即した障害が発生する
という事ですので、10人の患者さん
がいれば
凡そ共通の障害を呈する事になります。
対して周辺症状は、中核症状を基として
その人の性格や
生活環境等々様々な内的・外的
因子が相互に影響を与える
ことで現れる症状
ですので、周辺症状と呼ばれる症状を
発症する
人もそれぞれ、症状の内容や程度も人それぞれ、
まさに千差万別の状態なんですね。
仮に「個性」というものを、
人の内的・外的構成
因子の構築体と呼ぶ事が可能であれば、
周辺症状はまさに「個性がもたらす」症状と
言う事もできます。
ただ、大まかな症状区分はされていまして、
徘徊
幻覚や妄想
暴言や暴力行為
うつ(抑うつ)
などの症状が周辺症状の代表的症状とされています。

では、なぜ上記の症状を周辺症状と呼ぶのか?
というギモン
がでてきますよね。
この疑問への答えの一つとして「脳機能の
不可逆性」という
言葉を挙げる事ができます。
不可逆、つまり元に戻らない
という意味ですが、
脳細胞が変性や障害を受けることで一度
喪失した
脳機能は元通りの状態に戻る事ができない
不可逆的な状態である症状を「中核症状」と
呼ぶ事ができます。

ips細胞などの再生医療が話題になっていますが、
脳機能や
脳細胞の直接的な再生治療が可能に
ならない限り障害を受けた
脳機能や脳細胞の
再生ができない=元に戻らないと言う意味です。
それに対して、「改善が可能」な症状を
周辺症状と呼ぶ事もできるんですね。

ん…「改善可能??」またまた?ですね。
中核症状も周辺症状も脳機能の障害が元になり
起こります。
その脳機能が不可逆であれば、
中核症状だけでなく周辺症状
も不可逆である筈。
なのに周辺症状は改善可能であるとは如何?
実はこの疑問が、周辺症状を読み解く鍵です。

と言うより、認知症への対応を含めここ数年来で
劇的に進化した
認知症に対する治療やケアの
考え方の転換点
を理解するために是非とも
必要な入口なんですね。
以前は、認知症という症状に対しては対応する
と言う考え方でした。
でも今は、
「認知症に関わっていく」という考え方に
変わってきています。
ちょっと先を急ぎすぎました。
先ずは、なぜ周辺症状を改善可能と
言う事が
できるか?についてのお話しが先でしたね。
と言う事で、次週は例を挙げてその
話しを進めていきます。
小難しい話しが続きますが、みなさまこりずに
お付き合いを宜しくお願いします、、です!

ではまた来週お会いしましょう。
See You Next Week 

【ウッチー輪ばなし】セミナーの神髄。

【ウッチー輪ばなし】連載・第89回。

みな、みなさま!こんにちわ!!

最近、外部講習に参加させて頂く機会が多いため、

刺激的な日々を過ごすウッチーこと内田英希です

そんな中から、先日〝ナガシマリゾート〟内の

〝ホテル花水木〟にて行われた講習を紹介致します…


公益社団法人医業経営コンサルタント協会様が

主催された「地域交流会・医業経営セミナー」。

写真は開始前の模様を、関係者にご了承を頂き

撮影したものです、正直会場が豪華で驚きました

hanamizuki_kensyuu.jpg

二部構成の講習会を、ザックリ紹介しますと、

第一部が介護保険のこれから…的な基調講演で、

第二部が高齢者専用賃貸住宅や有料老人ホームに

関する現状と将来…的な主旨のセミナーでした。

共に素晴らしい内容で、感銘を受けましたが、

中でも第一部は、ご利用者様や我々の将来に直結

するテーマでしたので、特に勉強になりました

その第一部の講師は、厚生労働省老健局総務課・

介護保険指導室長・千田透様、つまり現在の

介護保険法を司る部署の中心といえる方です。

改正介護保険の具体的な狙いや、これからの

超高齢社会に向けての介護保険の今後の展開…

そして、医療・介護・福祉の枠を超えた連携、

1人のご利用者様、1人の患者様を、連携して

支えて行くための地域包括ケアの必要性…

講演の中で、千田先生も仰られていた通り、

言葉で言うほど簡単ではないと思いますが、

まずは我々自身がもっと知識を得る事で、

何かが変わるかも知れないと強く感じます。

終わってみれば、約90分が〝短か過ぎる〟

感じる講義で、もっとお聞きしたい!という

衝動がマックス、まこと有意義な時間でした。


【ウッチー輪ばなし】
今週はここらへんで

もう2月ですね、、時間経過は早い早い…

みなさま、くれぐれも体調管理には、

お気をつけ下さいませ、ではまた来週。

Please take care , everyone!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第154回『サービス論・後編』の巻。


 <今週のテーマ>
先週に引き続き「サービス論」です。
以前にもサービス論的な配信はありましたが、
それは、提供側の言語形態を視点の軸に…
と言ったニュアンスが大きい談論でした。
今回は、それに対し受け手側の視点を
重点とした内容になっているのが特徴です。
かなりシリアスなトーンの内容ですが、
皆様方、ぜひ御一聴下さいませ!


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、三浦真弥、
伊藤亜也子、木田健太、大西竣也、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

アーカイブ

月別 アーカイブ