ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 記憶のあしあと。

記憶のあしあと。

写真↓は松阪施設でスタッフ達が

愛用しているシューズの一種です。

shoes.jpg

スニーカー型、クロックス型から、

各々が自分に合ったタイプを選択

いずれのタイプも「消耗=危険」

に繋がるケースがある為、必ず早めに

交換します…その結果、平均すると

半年も持たない場合が多いんです

昨日のこと、シューズを交換した

スタッフがいたのですが、その際

あるご利用者様からこんなお言葉。

「おろしたての靴はな、誰かに

 踏んでもらった方がエエで!

  靴擦にならんって言うから。」

おぉ〜、ならば早速!とばかりに

そのスタッフはご利用者様方に

お願いし、順番に踏んでもらって

いるのでした…何か微笑ましい

因みに、この習わしについては、

多くの方々が知ってみえました。

みなさまはご存知でしたか? 

アーカイブ

月別 アーカイブ