ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記】はじまりは哲学で...

【自転車奔走記】はじまりは哲学で...

【ケアマネの自転車奔走記】連載・130回。

先ずは遅ればせながら…
新年おめでとうございます
オイラはドラマー♬ヒロモリです!
本年もケアステーションたきび、
そして忘れちゃいけない【自転車奔走記】に、
ご愛顧頂けますよう宜しくお願い致します。

新年のご挨拶と言う訳ではありませんが、
年初めの雑感に少々お付き合い下さいませ。
昨年末の衆院選挙以来、これからの私達の
暮らし
の帰趨について、あちらこちらで
議論の花が咲き乱れています。
経済や外交の分野については何とも言えない
状況ですが、
こと社会保障・福祉分野では、
色々な
改正が取り沙汰されていますね。
直近では生活保護費(扶助)の給付水準の
見直し
が表明されました。
これら社会保障や社会福祉の制度
や費用に
ついては、今後も様々な改革・改正が
議論され
ていく事でしょう。
高齢者福祉・介護についても例外ではなく、
超高齢化社会は待ったなしですので、
制度そのもののあり方
についても
切り込んだ議論がなされていくと思います。
そんな中、徐々に耳にする機会が増えてきた
単語に「自助努力」というものがあります。
文字通り「頑張って自分でできる事は自分で」
と言った意味なんですが、この言葉の背景には
福祉というもの
について、言わば二極分化した
捉え方があると考察しています。

どういうことか?というと、
☆「福祉=依存。」
  社会や他人に頼る前に自力で何とかするべき。
☆「福祉=支え合い。」
  皆で支え合い社会的弱者をサポートするべき。

巷間でお馴染の「小さな政府と大きな政府」
という対立項に近い捉え方です。
ワタクシ的には、どちらも一理ある考え方と
思っていますので、正直なところどっちつかずの
状態になっているんですね。ただ、これら2つの
考え方、どちらが
良いか?という議論をする前に、
非常に大切な前提がある筈なんですね。
何か?
「自律」という事なんです。
「自律」とは?
全ての人が尊厳を持った個人として、
自身の事、自身の問題を
主体的に、誰からも
干渉されることなく決定できる、と言った意味です。
個が個人として認知され、尊重される社会が
あってこその自律であり、
その意味で、私達は個人
というものを、個の観点から、共同体の観点から、
そして政治や制度といった装置の観点から
もう一度捉えなおす事が
急務だと思っています。
なぜなら、個人というものほど、強くて弱い
概念
は無いからなんですね。

個と公の関係を考えると一目瞭然ですよね。
その意味で今年は深く個人を考える事が大切です。
唯一無二、オンリーワンの存在としての個、
親子、兄弟、など家族の中の個、学校や会社、
そして地域という共同体の中の個、
国や世界という
社会の中で存する“個”、
同じ個でも立ち位置が違えば、
違った個になる筈です。
「個の確立」というと哲学や社会科学的に
なってしまいますが、
そんなアプローチから新しい
福祉と言うものが見えてくる筈
だと確信しています。
ワタクシも色々考えながらの一年になる予想です。

是非、皆様も今年は〝鉄男・鉄女〟ならぬ
〝哲男・哲女〟になって共にに考えていきましょう!
と、昨年末からぼんやりと考えていた事を書きました。
今年も、折に触れ色々な事を話していきます。
現在の連載企画「認知症を考えよう!」も
宜しくお願いします。
それでは2013年、皆様に幸あれ!!
【自転車奔走記】お相手は〝たきびの番人〟こと、
ヒロモリでした、また来週お会いしましょう…
See You Nexy Week , bye 

アーカイブ

月別 アーカイブ