ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 

2013年1月アーカイブ

2段オチのアフタヌーン。

お馴染みの赤シャツを身にまとい、

タイガーウッズが、昨年夏以来の勝利

となる通算75勝目を挙げましたが…

ひるがえりたきびショートでも、

ご利用者の皆様方がゴルフに熱中!

short_golf_2013.jpg

パットゴルフなので、車椅子ご利用中の

皆様方にも大変好評なこのレクビリ。

ホール全体に広がる特設コースを囲み、

昨日も真剣勝負!で大盛り上がり

写真は、女性ご利用者D様が放たれた

ナイスショッ〜トの瞬間なんです!

この後、全員でのバンザ〜イ三唱と

なるのですが、その模様を押さえるべき

カメラスタッフは共にバンザ〜イ…

その事実に、再び大きな笑いが起こる

ショートステイ、昨日の午後でした。

SMILE IS THE BEST WEAPON!

ケアステーションたきびには、

7人のナース達が勤務しております。

ショートステイ在籍の上野美季も、

そのうちの一人…写真の↓女性です。

ueno_staff.jpg

確かな看護技術はもとより、

忙しい時にも変わらぬ笑顔こそ、

チームたきびの大きな財産

当然!ご利用者の皆様からの

信頼もとっても厚いんですよ。

また、子育て奮闘中でもある

上野は、母親ならでは!?って

感じで、お菓子作りが大得意。

いつか〝手作りおやつ〟の時間に

その腕前を発揮してくれるかも…

施設でお見かけの際は、どうぞ

お気軽にお声かけ下さいませ!

きっと、癒されると思います

鬼の足音、福近し。

節分を控えて昨日のレクビリは

〝鬼のお面作り〟を行いました!

onimen_3.jpg

絵を描くのが苦手な方でも、

楽しみながら作って頂ける様に、

鬼の輪郭を4種類から選んだ後、

福笑いの要領で、数種の中から

眉・目・鼻・口をチョイス

色んなパターンの鬼の顔が

誕生しましたが、そのどれもが

ユーモラスなものばかりで、

ホールは爆笑の連続でした。

こちら↓がそれらの一例です…

onimen_4.jpg

onimen_1.jpg

onimen_2.jpg

どうですか?

なかなかシュールで傑作でしょ!

さぁ、あとは色づけをして完成です

元祖ライブビューイング。

ショートステイのヒトコマより。

通常、ディナーが終わった皆様は、

ソファーで談笑したり、将棋や編み物等

趣味に興じられたりと、思い思いに

ゆったりタイムを楽しまれるのですが、

実はある事〟行われている期間

だけは、全く様相が違うのです!

〝ある事〟って何だと思われますか?

ヒント…NHK、1年のうちの1/24…

・・・

・・

ハイ!その通りでございます。

正解は「大相撲」

after_dinner.jpg

大きな声を出して応援される方や、

拳を握りジッと目を凝らす方など、

観戦スタイルは人それぞれですが、

ホールに響くどよめきのタイミングは

皆同じ、心が一つになる瞬間です

そして、結びの一番を見終えた後、

「ほな、みんなまた明日なぁ。」

「どちら様も、おやすみなして。」

と言葉を交わし自室へ戻られます。

盛り上がった初場所が先日終わり、

早くも春場所を待ちわびる皆様方。

♬春よ来い、早く来い…ですね。

インフルエンザの流行が本格化し

始めています、皆様くれぐれも

万全の予防をお心がけ下さい。

元気が何より!元気が一番!

さぁ今週も覇気持ってLET'S GO

【ケアマネの自転車奔走記】連載132回。

あっ、と言う間に1月も終わり。
「光陰矢の如し」とはまさにこの事ですね。
寒さもいよいよ本番、そしてインフルエンザも
大流行の兆しが見えてきています。
更に、今年の花粉飛散量は相当レベルだとか
皆さま、健康にはくれぐれもご注意ください。
私ヒロモリも、年々ひどくなる花粉症の
症状にほとほと困り果てています。
今年こそ、花粉が飛散して涙目鼻水咳
クシャミ
になるまえに、耳鼻科へ行って
予防策を講じねば…と花粉との全面対決に
向けて色々画策している毎日。
憂鬱ながらも、何故か少々楽しんでいます。
ただ、無いに越したことはありませんよね。
インターネットで、新製品の花粉対策マスクや
花粉侵入を◯%カットする画期的メガネ、
なんかを
調べているぐらいなら、早く耳鼻科へ
行こうと思いなおす
ヒロモリでございます。
今年こそ花粉と脂肪に打ち勝って、
スッキリ鼻紙要らずの腹甘味要らず…
う~ん、ちょっと苦しかったか…と、
洒落歌も腹も相変わらずキレがイマイチの
ヒロモリがお送りする【自転車奔走記】開講!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週からは、【中核症状と周辺症状】
という認知症に対する
考え方の話しになります。
早速文言についてのお話を進めていきます。
先ずは中核症状から解説をしていきます。
中核症状というのは、これまでにお話しをしてきた、
アルツハイマー病や前頭側頭変性症、脳血管障害など
脳の細胞や機能に障害を与える疾患が原因となって
直接に引き起こされる様々な症状を指します。
言い換えれば、脳の機能と直結した症状と言えます。
認知症における中核症状とされる症状は、
○記憶障害。
○見当識障害。
○理解・判断力低下。
○実行機能障害。
が代表的な症状とされています。
どのような症状なのか、早速見ていきましょう。

○記憶障害。
記憶のメカニズムはかなり複雑ですので簡単に
お話しをしますと、人間の脳には経験したを
保存しておく〝
海馬〟等の器官があります。
ヒトは経験した事や体験した事、関心のある事等
様々の事象を一旦は脳に貯めておきます。
そして、必要な時にその貯蔵した記憶を
引き出すことで思いだすという行為が成立します。
ただ、皆様ご経験の通り、記憶の保存時間は短く、
時間の経過に伴い薄れていき、その人にとって
さほど
重要ではない事は忘れてしまいます。
これら忘れるという事はヒトにとってはごく
普通の
事ですので何の心配もいらないのですが、
脳の機能に障害を負う事で、必要な記憶を
引き出せない、
或いは記憶の保存自体ができない
等の症状を
呈する場合があります。
これらの症状を「記憶障害」と呼称します。
具体的には、ついさっきの事を思いだせない
短期記憶障害、家族や慣れ親しんだ場所が
分からない長期記憶障害等に分けられます。
(ご注意頂きたいのは、少々失礼な言い方に
 なりますが、年相応の物忘れもあります。
 記憶力は加齢にともなって衰えますので、
 物忘れ=記憶障害では
ありません!〉

続いては
○見当識障害。
「見当識」と言う言葉の意味は、現在の年月日や
自分のいる場所
等、置かれている基本的な
状況環境を把握する事です。
例えば、今日は
平成25127日の日曜日、本連載の執筆者

ヒロモリはたきびのスタッフで、住所は◯◯、
家族は…と言った具合の事柄です。
この見当識に障害が発生すると、色々な症状が
起こります。
例えば、時間の感覚に障害が
発生すると、10分後とか1時間前
というような
時間感覚が分からなくなります。さらに症状が
進むと、
日付や季節までもが分からなくなる
場合もよくあります。
つまり今日は◯月△日が
分からない、今の季節春夏秋冬が
分からないと
言ったような症状です。
場所の見当識になると、今現在自分が居る場所が
分からなくなります。長年住み慣れた自宅でも、
自分の家だと分からなくなる事もあります。

次は、
○理解・判断力低下。
私達は常に外界の出来事や自身の行動等によって
脳にもたらされる様々な情報を、吟味し理解し、
そしてそれらを判断して行動しています。
理解・判断力低下とは、それらの情報処理が
上手く機能
しなくなると言う意味です。
具体的には、判断スピードが遅くなったり、
日常のちょっとした変化に上手く対応できなく
なったり
します。
「日常のちょっとした変化」というのは、例えば
毎朝来る新聞が来ない日があったとします。
私達は
「休刊日かな?」と思ったり、
新聞配達に電話して確認したり、など色々な対応を
しますが、判断力が低下してくると、
「いつもある筈の新聞がない」という事だけで、
どうしていいか
分からなくなって混乱してしまう、
と言った事象が起こる事が
あるのです。
目の前の状況と周辺の状況の関係を総合的に
理解して
判断する事が難しくなるんですね。

最後は、
○実行機能障害。
人は行動を起こす際、計画を立てたり、実行段階

起こる出来事を上手く処理して目的を達します。
この能力に障害を受けることで、合理的な行動が
できなくなる
と言った障害が起こります。
よく例えに挙げられるのが買い物と調理の例です。
買い物に出か店頭に並ぶ商品を見て、
「今日は何にしようか?」
といった光景、誰もが経験していますよね。
通常であれば、今家にある食材や食べたいものを考え、
メニューを決めて、購入する食材を決定しますね。
冷蔵庫にジャガイモと人参があるので今日はカレー。
お肉と玉ねぎを買って、、といった按配です。
ところが、記憶機能に障害があったりすると、
冷蔵庫に
何があったか?と言う事を忘れていますので、
カレーを
作ろうとすれば、冷蔵庫のストックに関係なく、
全材料を
購入してしまうような出来事が起こります。
さらに「カレーを作ろう」と考えた事も忘れていると、
全く別のものを作ったり、足りない食材を又買いに
出かけたり…と言った事態も起こります。
言い換えると、物事を順序だて合理的に行う事が
非常に困難になる症状です。

以上、中核症状と呼ばれる主症状を話しました。
色々な障害がありますが、これらは全て脳の機能と
直結
した症状ですので、程度の差はありますが
万人共通の症状
と言う事もできます。
ところが、現実に起こる認知症の症状は、
人それぞれ千差万別なんですね。
中核症状が万人共通なのに
何故?となりますが、
その共通の症状に様々な要因
〝その人の性格や生活環境、周囲の環境等〟が
影響を
もたらす事によって、千差万別の症状を
呈するようになります。
これら中核症状から派生的に出現する認知症の
症状が「周辺症状」と呼ばれるものなんですね。
では、次回はその「周辺症状」について
もう少し細かな話しを進めていきます。
ではまた来週お会いしましょう。
See You Next Week 

【ウッチー輪ばなし】天気で追憶。

【ウッチー輪ばなし】連載・第88回。

みな、みなさま!こんにちわ

このウッチー輪ばなしも、皆様のおかげで

早88回目の連載となりました、感謝感謝!!

そして88といえば…個人的な話しで誠に

恐縮ですが、ワタクシの誕生日が8月8日なんです

この話しを御利用者の皆様方にさせて頂くと、

かなりの確率では「末広がりやなぁ~ええわ!」

と言って頂けるのが、自慢だったりします。


さて本題です…

たきび松阪施設事務所では、今年から

新たに取り組んでいることがございます。

それがこちら↓↓、分かりますか?

seiuhyou.jpgのサムネール画像

少し見辛いかもしれませんが〝晴雨表〟。

〇が晴れ、◎が曇り、●が雨、そして斜線が雪、

これらを一定時間ごとに記録して行きます。

今後、何かのデータに役立てば…と事務所で

始めた試みなのですが、毎日記していると、

ちょっとした日記気分で単純に面白い!

人の記憶って〝出来事と天気〟を関連づけて

覚えている事が多いんだなぁと、実感します。

歌のタイトルに、雨や吹雪といった言葉が

多いのも妙にナットクしちゃいます

こう見ると今年はまだ雨が少ないんですね。

気が早過ぎますが、年末頃になったら、

「今年の天気はこんなんだったな~」と

スタッフ同士で振り返りながら、

しみじみしようかな、なんて考えています。

みなさまも導入してみてはいかがですか?


それでは、今週はここらへんで。

【ウッチー輪ばなし】ははこれにて終了。

お相手は、たきびの〝お天気お兄さん〟こと、

ウッチー・内田英希でした!また来週~~

Please take care , everyone!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第153回『サービス論・前編』の巻。


 <今週のテーマ>
今週はズバリ「サービス論」。
以前にもサービス論的な配信はありましたが、
それは、提供側の言語形態を視点の軸に…
と言ったニュアンスが大きい談論でした。
今回は、それに対し受け手側の視点を
重点とした内容になっているのが特徴です。
またまた前後編になってしまいましたが、
皆様方、ぜひ御一聴下さいませ!


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、三浦真弥、
伊藤亜也子、木田健太、大西竣也、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

空は青空、二人は若い。

デイサービスの徳田が成人を迎えたのは

ご報告させて頂いた通りですが、もう一人

新成人のスタッフがおりますので紹介を…

maegawa_seijinshiki.jpg

ショートステイ在勤の前川芽衣子。

去年成人を迎えた先輩の大西と、

おどけてこんなツーショット

二年続けて新成人のスタッフを

祝えるなんて、チームとしては

とっても喜ばしいことですね。

来年も、ご利用者の皆様と共に、

たきびで成人式が出来るといいな

記憶のあしあと。

写真↓は松阪施設でスタッフ達が

愛用しているシューズの一種です。

shoes.jpg

スニーカー型、クロックス型から、

各々が自分に合ったタイプを選択

いずれのタイプも「消耗=危険」

に繋がるケースがある為、必ず早めに

交換します…その結果、平均すると

半年も持たない場合が多いんです

昨日のこと、シューズを交換した

スタッフがいたのですが、その際

あるご利用者様からこんなお言葉。

「おろしたての靴はな、誰かに

 踏んでもらった方がエエで!

  靴擦にならんって言うから。」

おぉ〜、ならば早速!とばかりに

そのスタッフはご利用者様方に

お願いし、順番に踏んでもらって

いるのでした…何か微笑ましい

因みに、この習わしについては、

多くの方々が知ってみえました。

みなさまはご存知でしたか? 

ドキドキの輪。

ショートステイのレクビリより…

この日は『サークルビンゴ!』。

short_nagewa.jpg

いつも盛り上がる競技なんですが、

今回は一味加え、センターに白いお皿、

その両脇に2本のペットボトルを立て、

得点形式を少し複雑にしてみました。

一見真ん中に入ると高得点に見えます。

ちなみに!お皿には水が入っており、

ここにお手玉を入れると大減点です

「手の汗がびっしょりやわ~」

「せぇの、、、アカン投げれやん!

これ、思い切りが大事やな!」

いつもよりドキドキ感が増して、

皆様方、興奮気味のレクビリでした!

たきびコーヒー物語。

外は寒くても、喫茶たきびは、

いつでもあったかタイムです

それをリードするのは、たきびの

〝おやつ番長〟こと上谷有美子!

写真は↓↓上谷の手です

coffee_time_2013.jpg

この日は、クリームたっぷりの

本格ウインナーコーヒーを、

ご利用者の皆様へとお届け!!

coffee_time_2013_2.jpg

ちょっと見慣れないコーヒーに

最初は戸惑われる方もおみえ

でしたが、一口飲まれた後は

「おぉぉ〜、美味いなぁ!」。

弾む会話…良い雰囲気です

ご利用者の皆様って、比較的

コーヒーがお好きなんですよ!

次回は、スタッフ伊藤&大西の

発案でカフェ・モカに挑戦

ご利用者の皆様、ぜひとも

楽しみにお待ち下さいませ…

疲れた時は、一杯のコーヒーで

頭と身体をリフレッシュ!!

今週も7days、覇気持ってGO

【ケアマネの自転車奔走記】連載・132回。

今年の冬は寒いですね。
先日、三重県でも初積雪がありました。
皆様とにかく風邪をひかぬ様ご自愛下さい。
さて、先週の月曜日に用事があって街中に
出かけると、
街には晴れ着姿のお嬢様が
彼方此方に、「そうか!今日は成人式だ。」
と一人合点していた
ヒロモリでございます。
今は1月の第2月曜日が成人の日になって
いるようですが、
私が成人式を迎えた頃は、
115日が成人の日でした。
因みに調べてみると、115日は
小正月で、昔はその日に
元服の儀式が
執り行われていたからだそうです。
いわゆるハッピーマンデー制度で、
日~月の連休になることは経済的な
効果も含め、合理的
な祝日の
設定方法なんでしょうが…やはり、、
「謂われ」が無くなっていく事は、
少しさびしい
気持ちになりますね。

私の子供の頃は、祝日に小学校で紅白の
お饅頭をもらって大事に持って帰った
淡い記憶があります。
そう言えば、祝日に
なると軒先には
国旗が掲げられ、見ているだけでなにか
目出度い
気分になった思い出もあります。
保守とか伝統とかいうカタクルシイ事
ではないですが、
子供の頃の見慣れた
風景や記憶が薄れていく事は、時の流れ
だけで片付けたくない思いが強いです。
と、殊勝な事を考えつつも、日々膨張して
止む気配のない
腹周りは昔も今も変わらず
今や膨張宇宙に匹敵
する膨張腹脂肪を持つ
たきびの〝ビッグバンベイダー
〟こと
ヒロモリがお送りします、
【自転車奔走記】
始まりです!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 今週から、認知症を考える際のアプローチの
一つとして「中核症状と周辺症状」について
お話しを進めていきます。
先週の最後に少しお話しはしましたが、
認知症を症状そのものと、
その症状によって
引き起こされる色々な問題にわけて考える
というアプローチ方法です。

いきなりですが、皆様に質問があります!
「病気そのものは良くないものですか?」

…何を今さら!とお感じの方が多いと思いますが、
「病気」という言葉の持つ意味を再度考え
直す
事が先ずは大切です。
「病気」というものそのものは、身体変調の総称。
言い換えれば、身体に様々な変調や変性が
現れる
という現象ですので、それそのものに
良い・良くないと
いった価値判断の基準は
内包していない事になります。
「病気」というモノ、そのものは
 良くもなく悪くもない。極言すれば、
 人体に発生したただの現象にすぎない」筈です。
ですが人は、病気=良くないものという
価値判断をしているのが現実です。
我々人間があるモノの価値を
判断する際には、
何らかの根拠と言うか基準が必要ですよね。
その価値判断の根拠が病気そのものにはない
とすれば、一体どこにあるのか?
その事を考える試みが今回のテーマです。

ちょっと、ややこしいですね。
と言うか抽象的すぎますね、、
ならば!例え話しを使って話していきます!

皆さんが道を歩いていると、傍らに一本の
木があったとします。
さてそこに木がある事は、
良い事ですか?悪い事ですか?
……
答えようがないですよね。
木そのものに良い・悪いなんてないですから。
では!そ
の木が、皆様の行く手を遮る大木
だったらどうでしょうか?

先へ進めない障害物ですので、邪魔なもの。
良くないものですよね。
そもそも価値判断基準を内包しない木という
物質も、我々の
置かれた状況や環境、
或いは行動の目的等様々の要素要因で、
良い・良くないといった価値を与えられます。
このことを「病気」というものに当てはめて
考えてみましょう。

病気というもの、それそのものは身体の
変調という現象ですので、
その中に
価値判断基準はありませんが、その「病気」と
言う
身体の変調が、人体の正常な働きや活動を
阻害したりする事によって、
身体生命に対して
障害や危機をもたらしたり、社会的活動
に対して
良くない影響を与えたりすることがあるからこそ、
ヒトは「
病気=良くないもの」として
認識しているんですね。
言い換えると病気と言うものは、
健康な状態を損ねる要因だと言う事です。
この場合の健康というの定義は、以前紹介
しましたWHO憲章の前文で定義されている
健康とは、病気でないとか、弱っていない
 ということではなく、肉体的にも精神的にも、
 そして社会的にもすべてが満たされた状態
にある」
という状態を指します。

つまり、
なんらかの病気に罹ることが良くないこと
なのではなく、健康を損ねる原因の一つ
何らかの病気があるのであれば、
その病気に
罹ることは良くないことなんですね。
今、原因の一つという言葉に下線を入れましたが、
健康というものを損ねるのは何も病気や怪我等の
身体的問題
だけではないんですね。
例えば、有効な治療を受けることができる
医療体制や治療技術、
その人が社会的・経済的な
不利益を被る事がない社会環境や
保障が十分に
整備された環境では、病気に罹ったとしても
健康
を損ねる率は大幅に低くなります。
反面それらがよく整備されていない
環境では、
病気に罹る事が直接その人の身体的・社会的な
面に影響を及ぼしますので、健康を損ねる状態に
陥る率は
非常に高い事になりますね。
我々の健康という状態は、様々な要素・要因が
相互に
作用・影響しあう一種の構造体と
言い換える事もできるかも
しれません。
故に、健康とは少しの変化や思わぬ出来事で、
あっ!と言う間に崩れてしまう
ものなんですね。
だからこそ、認知症というものに接する際には、
この健康という概念
を念頭において考え、
行動して行く事が非常に重要だと感じています。
なぜなら「認知症=不健康」ではないからです!
認知症という病気も健康な状態を損ねる
要因の一つに過ぎない。
もし、不健康な状態を
構成している様々な要素・要因とその関連性

把握する事ができれば、たとえ認知症の症状を
発症したとしても、
その人が健康に暮らす事が
可能になる場合もあるのです

と、今週も横道に逸れてしまいました…
来週からは具体的な話しに突入予定です
それでは、皆様また来週お会いしましょう。
See You Next Week!!!

【ウッチー輪ばなし】ストレート・ハーツ。

【ウッチー輪ばなし】連載・第87回。

みな、みなさま!こんにちわ!!

土曜日の使者、ウッチーこと内田英希です 

先日は東海地方でも積雪がみられました。

事故などなかったでしょうか?

まだまだ冷え込みは加速しますので、

今後も十二分にご注意下さいね!


さて、先日の事…

午後の松阪施設に東保育園の園児の

みんなが立ち寄って下さいました。

いつもの様に綺麗に二列整列した後、

「練習の成果を発表します!」という

とっても元気な挨拶…そして、その後…

えっ、一体何を見せてくれるの?

というご利用者様の期待感を裏切らない、

キュートでパワフルな歌と踊りを大披露!

hgashi_hoikuen_2013_jan.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

「手の平を太陽に」「ごんぎつね」

「夢をかなえて」「お願いドラえもん」etc…

身振りと手拍子と歌声、それだけでどんな

オーケストラにも負けない程の、心こもった

ハーモニーを届けてくれる園児のみんな。

ご利用者様型の表情が、それを証明していました。

冒頭挨拶の通り、今年最初のたきび訪問に合わせ、

しっかりと稽古してくれたのでしょうね

発表の跡は、今や恒例の〝肩たたきタイム〟。

今回も多くの皆様が涙ぐまれてみえましたよ…

そして、園児たちの真っすぐなパワーに、

刺激をもらったのは、ご利用者様方だけでなく

私自身を含めたスタッフ達も同様なのでした。

園児のみんなを見ていて、いつも感じる事、

それは、小さな喜びを噛み締められる幸せさです。

東保育園の先生方、そして園児のみんな、

いつもありがとうございます!


以上、

今週の【ウッチー輪ばなし】はここらへんで。

先日から料理が少しずつ好きになり、

休みの日は、ほぼキッチンで過ごしている

たきびの〝山岡史郎〟こと内田英希でした!

それではみなさま、また来週〜

Please take care , everyone 

ヘルパーのカタチ 生搾り
第152回『福祉的ワークコラボ・後編』の巻。


 <今週のテーマ>
先週に続き「あの仕事とあの仕事が
上手くリンクすれば効果的では?」
という談論の後編を配信致します。
厚労省と文科省は一緒であるべきだ…
など、今週も色々飛び出すアイデア。
お気軽に、御一聴下さいませ!


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、
三浦真弥、伊藤亜也子、木田健太、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

花言葉「はにかみ」...この花は?

年末から飾りはじめたシクラメンですが、

今も施設玄関で皆様をお出迎えしています

shikuramen_2013.jpg

所で、シクラメンの育て方って、

結構難しいのをご存知でしたか?

でも安心 困った時には、詳しい

ご利用者様方がご指導下さります!

「花が散ったら茎は根元から捻って

  やること!そうせな腐るんやに。」

「花がらはマメに摘み採る事な!」

「お水はあげすぎたらあかんよ!」

皆様のお言葉を教科書に、日々

〝花育て〟奮闘中のスタッフです

「勇」というより「優」なヤツ。

関東地方を中心に大荒れの天気、

東海地方でも、冷え込みが激化。

車の運転時はもちろん、歩行者の

立場でも、路面凍結による転倒

事故には重々ご注意下さいませ。

パッと見では確認し辛くても、

実際には凍っている、、なんて

場合も少なくありませんので…

昨日の記事で触れさせて頂いた、

新成人スタッフのサプライズ訪問。

詳しくは、こんな感じでした!

seijin_2013.jpg

当人はデイ所属の徳田勇弥。

事前に〝突然訪問〟を聞きつけた

スタッフが準備した垂れ幕を持って

パシャ随分カタい表情だこと…

この後、開会式から始まって、

ご利用者様から祝辞を頂戴したり、

デイスタッフから激励を受けたり

した後、花束を抱え涙ぐみながら

新成人のスピーチをした本人。

おそらく生涯忘れることのない、

特別な成人式になったでしょう。

seijin_2013_2.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

まだまだ未熟な20歳です。

同じく未熟な他スタッフ一同と併せ、

今後とご指導・ご鞭撻のほどを

何卒お願い申し上げます!

TRADITIONAL NEW DAY!

昨日は新成人のスタッフが、

〝紅白まんじゅう〟を持って施設に

寄ってくれるサプライズもあり、

施設中が大喜びのお祭りムード!

いつもは制服の若者が、ビシッと

決まった出で立ちでいる不思議。

何とも言えない感慨の深さに、

思わず涙されるご利用者様も…

日本の伝統「成人の日」、そこに

想いを馳せる人々の気持ちは、

いつの時代も不変なんですね。

新成人の皆様方、あらためて、

おめでとうございました

日本の伝統と言えば…

「お菓子を懐紙にのせて楽しむ」

という風習もありますよね。

2013_feb_kaishi_1.jpg

ショートステイでは、今でも

この風習を守っているんですよ!

毎日のおやつを、ご利用者様に

より楽しんで頂ければ、、との

単発アイデアだったのですが、

予想以上に好評で、今となっては

完全に定着した次第です

中には、持ち帰ってコンプリート

コレクションを狙う!?お方も…

イラストやロゴだけのものから、

季節行事のマメ知識を記した

ものまで、時節に応じて毎回

パターンを変えているんですよ!

20歳のミートローフ。

新成人のみなさま、

おめでとうございます

ここまで多くの人に支えられて

迎えた、今日の「成人の日」。

お世話になった方々や、友への

感謝を、どんな時も忘れずに、

自分らしく歩を進めて下さい。

たきびスタッフにも2人の新成人…

20歳の青春、うらやましいぞ!

さて、話しは変わりまして、

先日のランチを紹介致します

2013_jan_lunch.jpg

◎ピクニック風サンドウィッチ。

◎グランドママのミートローフ。

◎定番!海老&アボカドサラダ。

◎芯までポカポカ!チャウダー。

◎大人の特権!コーヒーゼリー。

以上5品に、森松シェフの

愛情スパイスを添えて

そして…ランチのもう一つの楽しみ

といえば、栄養士・森田まゆみによる、

メニューと食材にまつわる全館放送!

今回も緊張で声が上ずりまくっていた

ものの、それ故の〝味〟あるトークが、

ご利用者の皆様方に大好評でした

この放送の隠れファン、多い様です。

2013年1月も折り返し地点。

心の片隅に、いつも新成人の自分を…

そんな感じで、フレッシュな毎日を

過ごして行きたいものですね。

さぁ新たな7days、覇気持ってGO

 【ケアマネの自転車奔走記】連載・131回。

松飾りも取れて、いよいよ冬本番です。
寒く乾燥した日が続きます。
くれぐれも風邪そして火の元にはご用心下さい。
正月休みも終わり、皆さまもようやく
体が慣れてきたでしょうか?
ワタクシと言えば、正月自宅にいても
特にする事はなく、
自宅に居ればお年玉攻撃で
矢折れ糧尽き…が確実なので、
なんのかんの
理由を付けて外で過ごす事が多い毎年です。
ただ、今年は比較的暖かな日が続きましたので、
久しぶりに仕事場の近くにある神社へ初詣に
行ってきました。
今年一年の無病息災と
皆の健康を祈願して参拝。
そして、おみくじ!
結果は「吉」だったので一安心。
今年も良い年になりますように…との願いも
込めつつ、
3が日は言うに及ばず、七草を過ぎても
大好きなお雑煮・お餅
三昧の毎日。
よくよく考えれば、お餅なんて炭水化物の
凝固体
なので、当然のことながら昨年より
持ち越しの腹脂肪を直撃、
正月は過ぎたのに、
腹には見事な鏡餅
万年正月、目出度くもあり
目出度くもないヒロモリが
お送りします
【餅喰い暴走記】、、、ではなく、
【自転車奔走記】開講です!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今週から『認知症を考えよう』の第2章に突入。
前章では、認知症の基礎疾患、つまり認知症の
症状
を引き起こす原因となる様々な病気に
ついて話しを
してきました。
で、本章では「中核症状と周辺症状」を軸に、
認知症について考えていきたいと思います。

ところで皆さま!
認知症というとどんなイメージを
お持ちでしょうか…
「物忘れや徘徊」?
「火の元が心配」?
「介護が大変」?
といったイメージが多数だと思います。
実際ワタクシが相談を
受ける時も、概ね上述の
内容の相談が多数を占めています。
ただ、相談をする側の多くはご家族様ですので、
ご本人様の状態そのものに対するご心配と、
実際の生活上で
起こり得る様々な問題に対しての
不安や負担が俎上に上がる
ことが多いんです。
では逆にご本人様の視点から考えてみましょう。
ごく初期の認知症と診断された方々で、不安を
訴えられる方は多いですね。
「ものを忘れていく事に対する不安」
「この先自分がどうなっていくかに対する不安」
そういった事を訴えられる方が非常に多いです。
認知症の症状で(短期記憶の障害)という症状が
あります。短期記憶、つまり、ついさっきの事を
忘れてしまう事なんですね。

よく接する事例に、
【食べたばかりなのに、食べた事を忘れている。】
【さっき話した人との会話の内容が思い出せない】
【さっきまで何をしていたかの記憶があいまい】
等々がありますが、想像してみて下さい。
経験した事を、どんどん忘れていってしまう事を。

例えば、
◎日記を書こうとして、どんなに思いめぐらせても
 今日経験した出来事が思い出せない。
◎何か探し物をしていた筈なのに、何を探して
 いたかを
思い出せない。
 なのに『早く探さないと!』という焦りはある。
◎さっき誰かと話をしたのだけれど、
 誰だったかが思い出せない。
私達は、時間の経過とシンクロするように経験を
積み重ねて
生きています。ある意味当たり前の
ように過ごしていた事が、
突然断ち切られる、
時間と経験の層に「空白」ができてしまいます。
もっと言えば、過去時間の自分と現在時間の
自分との間の
自己同一性についても断層が
できてしまう事になります。
「自己の非連続性」という言葉を使いますが、
さっきまでの自分と
今現在の自分が同じで
あるという、当たり前と言えば当たり前の
感覚を
失ってしまう事になります。
もう一度言います、想像してみて下さい…

そのような状態に置かれた方は、恐らく不安
というより恐怖に近い
感情を抱くでしょう。
認知症という症状
を考える時や接する際には、
表出している問題点に目を向ける
前に、
その根っこにあるご本人様の思いに目を
向ける事が
非常に重要になります。
先ずご本人様に目を向けることで、問題と
なっている行為や行動が、
問題ではなくなる
というマジックみたいな事が起こり得るんですね。
そのキーワードが冒頭にお話ししました
「中核症状と周辺症状」という考え方です。
概説すると、、、
認知症状の元になっている
中核症状と、
その中核症状に環境や性格等様々な要因が
作用する事で実生活上において表出する
問題行動(周辺症状)
という2つの階層に
分けて
考えようというものです。

次週でその考え方をもう少し詳しく
話ししていきますね。
それでは、また来週お会いしましょう!
See You Next Week 

【ウッチー輪ばなし】連載・第86回。

みな、みなさま!こんにちわ!

昨日、自宅ではじめて煮豆を作ってみました。

お豆と、ひじきと、人参を用意して…

これが意外にも!?家族には大好評でして、

料理もなかなか楽しいものだと再認識しました。

しばらくはクッキングパパ状態になるかも、です


さて、さて、本題へ。

先日の事、こんなポスターを目にしました↓。

kourou_influ.jpg

厚生労働省のインフルエンザ予防ポスターです。

私の料理同様…と言っては失礼ですが、

思わず目が止まるナイスなポスターでしょ?

年明けを境に、全国各地でインフルエンザの

流行が本格化しているようですね。

ニュースや新聞でも連日報道されています。

万全の対策・予防を心がける事が重要ですが、

その基本はやっぱり「マメな手洗い、うがい!」

そして集団全体、つまり学校や職場の単位で、

感染への危機感を持つ事がポイントだと感じます。

そして万が一インフルエンザと診断された時は、

解熱後48時間までは、人と接触しないという、

患ってしまった側の〝自分で止めて、拡大させない〟

という意識も非常に大切だと言えますよね。

「自分がいないと仕事が…」なんて考え、無理して

出勤したりするのは、もってのほか!絶対NG!

そんなの仕事熱心とは言わないですからね!

感染率を下げるには、個人や集団が病気に対し、

しっかりしたマナーを持つことでしょう!

明日は我が身です、かかった時の事もしっかり

考えておくのが、真の予防意識なのかも知れません。

みなさま、くれぐれも最大限の自己管理を!

運悪くかかってしまった人には思いやりを…


では今週のウッチー輪ばなしはこのへんで。

また来週お会いしましょうねお相手は、、

毎度お馴染み?ウッチーこと内田英希でした。

Please take care , everyone 

 ヘルパーのカタチ 生搾り
第151回『福祉的ワークコラボ・前編』の巻。


<今週のテーマ>
2013年、最初のレギュラー放送は、
「あの仕事とあの仕事が上手くリンク
すれば効果的では?」という視点の談論。
福祉というくくりは抜きにして…と、
話し始めるも、出てくるアイデアはやはり
福祉的な観点のものばかりとなりました。
まずは前編、ぜひ御一聴下さいませ!


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、
三浦真弥、伊藤亜也子、木田健太、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

絵馬に願いを...

「誰も怪我のない様に。」

皆がいつまでも健康に。」

「孫の高校受験合格!」

「いつも家内安全で。」

「一日も早い復興を。」

「世界が平和であるように。」

2013_ema_2.jpg

2013_ema.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

ご利用者の皆様方が、絵馬に

綴られたいくつもの願い。

決して自分の益だけでなく、

周囲の人々の幸せを深く考えて

みえるのがよく分かります。

つくづく深いよなぁ〜

毎年、皆様の作成された絵馬を

拝見するたび、身が引き締まる

たきびのスタッフたちです。

「ものづくりニッポン」の介護現場より。

〝ものづくりニッポン〟という形容。

1988年、25年前の今日「SONY」が

VHS方式の家庭用VTRを発表した事で

事実上、βマックス方式は敗北となり、

一般家庭には一気にVHSが普及します。

この一連にまつわった各メーカーの

開発競争は熾烈を極めたそうです。

映画『陽はまた昇る』は、俗に言うこの

「ビデオ戦争」を題材にしたものですが、

実際観賞してみると、この当時如何に

日本人が〝もの〟に対してこだわりを

抱いていたかが良く分かります。

〝ものづくりニッポン〟という形容。

最近では、どこかに「今は昔」という

ニュアンスを残している気がします。

各国の技術台頭や現実経済の状況など

結果重視で見れば、それも無理ない

かも知れませんが、こうしている今も

各分野で技術を磨き合い、開発の為に

その身を削る人々は数多くいるはず。

iPS細胞の山中教授とそのチームも

きっと、そうではないでしょうか。

〝ものづくりニッポン〟という形容。

決して「今は昔」ではありません。

介護現場・福祉現場から、それを

体現すべく取り組み続ています。

ハッピー・スネーク・カモ〜ン!

昨年末の記事で、その製作過程を

紹介させていただきました、

ご利用者の皆様による渾身の力作!

巳年の貼絵「ハッピースネーク

midoshi_harie.jpg

現在、松阪施設1階のメインフロアにて

来所される方々をお迎えしています!

間近でジッと見つめていると、徐々に

3Dピクチャーの様に思えてくる独特の

色使い…何とも不思議な立体感です。

お立寄りの際はぜひご観賞下さいね

毎日が笑い初め。

この土日までが、お正月休みだった

皆様方は、今日から仕事始めですね。

コタツを囲みご自宅で過ごされたり、

渋滞の中、遠方の実家に帰省したり、

あるいは旅行で海外などに行かれた

方々も、いらっしゃると存じます。

休暇中に充電したエネルギーで、

2013年のスタートダッシュを

ビシッ〜と決めちゃて下さいね!

ちなみに‥仕事柄、長期休暇とは

縁遠い私達は、既にエンジ全開、

アクセルベタ踏み状態です

デイサービスのレクビリより。

ご覧の通りホワイトボードを使った

チーム対抗の『福笑い』大会!

fukuwarai_2013.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

年始の風物詩として認知度の高い

『福笑い』ですが、最近ではそれを

楽しむ機会も少ないようですね。

だからこそ、やる価値があり!

ということで、挑戦した結果…

やってみると想像以上に面白い

ご利用者の皆様方の笑い声が、

おとそ気分のデイホール中に

響き渡るレクビリとなりました

❖  

さぁ2013年、本格スタート。

お正月でなまった体に喝を入れ、

新たな7days、覇気持ってGO!

【自転車奔走記】はじまりは哲学で...

【ケアマネの自転車奔走記】連載・130回。

先ずは遅ればせながら…
新年おめでとうございます
オイラはドラマー♬ヒロモリです!
本年もケアステーションたきび、
そして忘れちゃいけない【自転車奔走記】に、
ご愛顧頂けますよう宜しくお願い致します。

新年のご挨拶と言う訳ではありませんが、
年初めの雑感に少々お付き合い下さいませ。
昨年末の衆院選挙以来、これからの私達の
暮らし
の帰趨について、あちらこちらで
議論の花が咲き乱れています。
経済や外交の分野については何とも言えない
状況ですが、
こと社会保障・福祉分野では、
色々な
改正が取り沙汰されていますね。
直近では生活保護費(扶助)の給付水準の
見直し
が表明されました。
これら社会保障や社会福祉の制度
や費用に
ついては、今後も様々な改革・改正が
議論され
ていく事でしょう。
高齢者福祉・介護についても例外ではなく、
超高齢化社会は待ったなしですので、
制度そのもののあり方
についても
切り込んだ議論がなされていくと思います。
そんな中、徐々に耳にする機会が増えてきた
単語に「自助努力」というものがあります。
文字通り「頑張って自分でできる事は自分で」
と言った意味なんですが、この言葉の背景には
福祉というもの
について、言わば二極分化した
捉え方があると考察しています。

どういうことか?というと、
☆「福祉=依存。」
  社会や他人に頼る前に自力で何とかするべき。
☆「福祉=支え合い。」
  皆で支え合い社会的弱者をサポートするべき。

巷間でお馴染の「小さな政府と大きな政府」
という対立項に近い捉え方です。
ワタクシ的には、どちらも一理ある考え方と
思っていますので、正直なところどっちつかずの
状態になっているんですね。ただ、これら2つの
考え方、どちらが
良いか?という議論をする前に、
非常に大切な前提がある筈なんですね。
何か?
「自律」という事なんです。
「自律」とは?
全ての人が尊厳を持った個人として、
自身の事、自身の問題を
主体的に、誰からも
干渉されることなく決定できる、と言った意味です。
個が個人として認知され、尊重される社会が
あってこその自律であり、
その意味で、私達は個人
というものを、個の観点から、共同体の観点から、
そして政治や制度といった装置の観点から
もう一度捉えなおす事が
急務だと思っています。
なぜなら、個人というものほど、強くて弱い
概念
は無いからなんですね。

個と公の関係を考えると一目瞭然ですよね。
その意味で今年は深く個人を考える事が大切です。
唯一無二、オンリーワンの存在としての個、
親子、兄弟、など家族の中の個、学校や会社、
そして地域という共同体の中の個、
国や世界という
社会の中で存する“個”、
同じ個でも立ち位置が違えば、
違った個になる筈です。
「個の確立」というと哲学や社会科学的に
なってしまいますが、
そんなアプローチから新しい
福祉と言うものが見えてくる筈
だと確信しています。
ワタクシも色々考えながらの一年になる予想です。

是非、皆様も今年は〝鉄男・鉄女〟ならぬ
〝哲男・哲女〟になって共にに考えていきましょう!
と、昨年末からぼんやりと考えていた事を書きました。
今年も、折に触れ色々な事を話していきます。
現在の連載企画「認知症を考えよう!」も
宜しくお願いします。
それでは2013年、皆様に幸あれ!!
【自転車奔走記】お相手は〝たきびの番人〟こと、
ヒロモリでした、また来週お会いしましょう…
See You Nexy Week , bye 

【ウッチー輪ばなし】START AGAIN!

【ウッチー輪ばなし】連載・第85回。

みな、みな、みなさま、

新年明けましておめでとうございます!

本年も相変わらずの【ウッチー輪ばなし】を、

どうぞよろしくお願い申し上げます

さて、私のお正月ですが…

元旦業務後に帰宅し、待望のおせちタイム!

先日ブログでも紹介いたしました、

森松シェフによるおせち料理です

気になる中身は、どんな感じかな?

morimatsu_s_osechi.jpg

はい!ご覧下さい色鮮やかですよね。

シェフの魂が入ったおせちを食べて、

今年も一年、パワフルに過ごせそうです。

翌日、満を持して!?川上山若宮八幡宮。

昨年もウッチー輪ばなしで挙げましたが、

何年も前から、初詣はここに決めています。

三重県津市美杉町川上にある、由緒ある神社。

kawakamihachimangu.jpg

かなりの山奥で、歩く距離も長いのですが、

参拝者が多く、今年も大変賑わっていました

長寿・繁栄・戦勝・進学・成功・良縁に、

ご利益があると言われており、中でも私は

〝戦勝〟にあやかりたく、手をあわせました。

「眼前の出来事に全力で挑み、

 勝つための工夫をする…」

これ、私の人生のテーマなんです

〝元旦に抱いた、始まりの気持ち〟を胸に、

2013年もガンガン攻めていきますよ〜!


すでに、年明けて5日目。

みなさまも、お正月モードが済んで、

当たり前の日々が流れ始めている頃と存じます。

今年も充実した時間を過ごしたいものですね。

それでは、あらためまして…

2013年、みな、みな、みなさまに幸多かれ!

本年もケアステーションたきび、ならびに

チーム一同を宜しくお願い申し上げます

ウッチーこと、内田英希でした。

Please take care , everyone!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第150回・2012年ベストエピソード!
『失敗に学ぶ、怒りの感情(再放送)』の巻。

 ☆
<今週のテーマ>
あけましておめでとうございます!
ヘルパーのカタチ生搾り、2013年初回放送は
「2012年・生搾りアワード!」でベスト
エピソードに選出された、昨年8月30日配信
「失敗に学ぶ、怒りの感情」の再放送です。
それでは皆様、本年も宜しくお願い致します!


<本編テーマ>

現場での失敗談からはじまる今週の談論は、
三浦主任が投げかけたエピソードをきっかけに、
「高齢者と怒り」というテーマへと展開します。
みなさま、ぜひ御一聴下さいませ!


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、
三浦真弥、伊藤亜也子、木田健太、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

森松シェフの大晦日。

話は数日さかのぼりまして

大晦日の夜の出来事です…

たきび松阪の厨房『がっつ』には、

夜通しで黙々とおせち料理を仕込む

森松シェフの姿がありました。

毎年、自作のおせち料理を作って

振る舞ってくれる森松シェフは、

いつも年越しを職場で迎えます。

写真↓は2013年元旦0時の瞬間、

施設の夜勤スタッフの中の一人

である長岡と〝緑のたぬき〟で

新年を祝う…のヒトコマです

2013_toshikoshi.jpg

「おめでとうございま〜す!」

ちなみに長岡、普段はとても明るく

ムードメーカー的存在なのですが、

こと写真に収まるのは苦手なようで、

箸をくわえて笑顔を作っています。

要するに、照れ屋さんなんです

そして、、

束の間の年越し気分を味わった後、

二人はそれぞれ自分の持ち場へ。

森松シェフは引き続いて仕込み…で、

待望のおせちが完成したのは朝5時。

2013osechi_2.jpg

数時間後に夜勤業務が終了して、

完成品を見たスタッフたちいわく、

「疲れが吹っ飛んだ!」とのこと。

実際、森松シェフらしい丁寧で

調和性の高い出来映えでした

シェフ!いつもご利用者様と

スタッフの食を守ってくれて

ありがとうございます!!

ガブリ!いっちゃうよ〜。

施設内もお正月モードの元旦

ご利用者様のランチに、スタッフが

ご一緒させていただいたりしながら、

のんびりと年始を楽しんでいた所に…

sisimai_2013_2.jpg

突如として獅子舞が登場です!

一気にテンションUP↑となられた

ご利用者の皆様方は、口々に

「縁起のええわ!頭噛んで!」

「こっちこっち!私も噛んで!」

「みんなも噛んでもらいな!」

「後でわしも噛んでくれよ!」

と〝噛みつき〟リクエスト

確かに、獅子舞に噛まれると

一年間無病息災で、災いから

その身を守ってくれる…という

言い伝えがありますものね。

とはいえ、ご利用者様の頭を

噛むというのはどうも…なんて

スタッフが躊躇している間に、

男性ご利用者のY様が、自ら

獅子舞の口の中にスポッ!!

sisimai_2013.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

さらに盛り上がる雰囲気に、

意を決した獅子舞は、皆様方を

順番にガブ〜リ!ガブ〜リ!

遂には、リクエストに応えて

面会のご家族様にもガブリ!

2013年も、明るい『たきび』に

なりそうな予感いっぱいです

 

謹賀新年。

あけましておめでとうございます!

2013年が、皆様方にとって、

幸多き一年でありますように

takibi_flag_2013.jpg

旧年中のひとかたならぬご愛顧に

心より感謝申し上げると共に、

新しい年、新しい日々に、新たな

気持ちで皆様とお会い出来る事を

心より楽しみにしております。

まだまだ未熟な我々ですので、

本年もご指導、ご鞭撻のほどを

何卒宜しくお願い申し上げます。

平成25年 元日。

ケアステーションたきび、

スタッフ一同。

アーカイブ

月別 アーカイブ