ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 古館アナが将棋の実況をしたら...

古館アナが将棋の実況をしたら...

デイサービス、午後のフリータイム。

ホールの片隅で何やらパチパチと音が…

ふと見ると、自他ともに認める名棋士

であるご利用者のT様に、スタッフの

徳田が挑んでいるではありませんか

syougi_fight.jpg

ここからはプロレス実況でならした

往年の古館伊知郎アナ調でどうぞ…

「さぁ若干20歳の徳田優弥、王者相手に

どこまで食い下がれるのでしょうか。

戦略と戦略による高度な攻防劇、

それこそが古来から伝承される将棋

という頭脳戦の醍醐味であります。

9×9、81マスの中に108つの煩悩と

喜怒哀楽を集約しながら、今まさに

戦いの火蓋が切って落とされました。

それにしても、まるで新たな下町名物

スカイツリーの如くそびえるT様の

貫禄を前に身動きのとれない徳田、

さしずめヘビに睨まれたカエル、、

いえスカイツリーだけにその高さに

ちなんで武蔵(634m)に睨まれた

小次郎といったところでしょうか。

ここで両者組み合った!アァ〜っと

早くも王手!王手です!対局終了!

レフェリーが二人に割って入ります!

何と言うことでしょうか!一体誰が

この様な秒殺劇を予想したでしょう!

徳田は必死にまだ出来るとアピール

していますが、時すでに遅しぃ…」

と、こんな結果に終わった訳です

結局この後は、飛車・角落ちの

ハンデつきで対局は続くのでした。

さすがT様、ヒクソンの如し!

アーカイブ

月別 アーカイブ