ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 北原白秋の謎。

北原白秋の謎。

北原白秋といえば日本を代表する

詩人ですが、その作品群の中でも一際

有名なのが童謡『あめふり』の歌詞。

♬あめあめふれふれ母さんが…

これを聴くと未だに寂寥感が迫ります。

♬母さんが蛇の目でお迎え嬉しいな…

しかしながら、その歌詞をみると決して

暗い内容のものではありませんよね。

ならばなぜ、物悲しくなるのでしょうか?

おそらく主人公である〝母と帰る友達〟を

横目に見ている〝自分〟を想像するから

ではなかろうか…と、自分なりに仮定を

立てて文献を調べていました、すると

ある書籍に「家業が多忙な白秋の母は、

こういったお迎えには来れなかった為、

そこに描かれた情景に憧れが強かった

と推測される。」という解説文を発見。

作者である白秋自身こそが〝友達を

見送っていた少年〟だったんですね。

長年の謎がやっと解けた気がします。

昨日は全国的にあいにくのお天気。

たきびスタッフツアーズの松阪第2班と

本社班も、雨の旅路となった様です。

情緒があってまた良し、なのですが

この時期の雨は体の芯まで底冷えする

寒さを伴うのが難点なんですよね…

そんな季節ですので、たきびでは先日

スタッフジャンパーをスタンバイ

takibi_janper.jpg

13年前の会社創立から変わらぬデザイン。

雨風を通さず、寒さがしのげるので、

特にヘルパーにとっては冬場の相棒です。

津市内&松阪市内で皆様のお目にかかる

かも…その際にはお気軽にお声掛けを

ひと雨ごとに冬が輪郭を強める頃。

体調管理レベルをMAXに高めつつ、

新しい7days、覇気持ってGO!!

アーカイブ

月別 アーカイブ