ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 

2012年11月アーカイブ

 ヘルパーのカタチ 生搾り
第145回『おかえり!高瀬さん(1)』の巻。


<今週のテーマ>
急性心筋梗塞で緊急入院治療していた、
番組レギュラー出演者の高瀬企画代表、
高瀬さんが見事カムバックしてくれました!
経過も順調とのことで、本収録から番組にも
元気に復帰!感無量、喜ばしい限りです。
誰かの予防意識や恐怖感の緩和に繋がれば…
という本人の意向で、今週からは数週に渡り、
自身による今回の経験談を配信致します。


<今週のメンバー>

高瀬和良(高瀬企画代表)、
赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、三浦真弥、
伊藤亜也子、木田健太、大西竣也。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

パワフル・パフォーマンス。

多芸団『みふくの会』様が御来設され、

多彩な芸をご披露して下さいました!

mifukunoka_2.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

もはや日本の伝統芸能〝皿回し〟で、

華麗なテクニックに浸った後は、

なんと、ご利用者の方々も挑戦…

成功すればプレゼントをゲット!

とあってか!?皆様次々に成功

決して簡単ではないのに…スゴい。

mifukunokai_3.jpg

そして大道芸の王道〝玉すだれ〟では

変幻自在な擬態芸に皆様方ウットリ。

その後も〝安来節どじょうすくい〟

演舞や〝三味線による唱歌の演奏〟

さらには皆様と共に〝いきいき体操〟

お手製の大きなパネルを駆使した

〝紙芝居〟など…多種のパフォーマンス

まったく飽きることがありません。

mifukunokai_1.jpg

最後は皆様ご存知〝ズンドコ節〟

銭太鼓を使ってダイナミックに演舞!

曲の終盤からは、ご利用者の皆様も

銭太鼓やタンバリンで演奏に参加

気付けば、歌えや踊れやって感じで

デイホールは熱気でムンムンに…

とても短い60分間は、心と体と頭を

ホッカホカに温めてくれました。


『みふくの会』の皆様、パワフルで

エンルギッシュなパフォーマンスを

誠にありがとうございました!!

ツリー対決迫る!

先日、本ブログで紹介させて頂いた

デイのクリスマスツリー…それに負けじと

ショートステイでも鋭意製作中です

short_tree.jpg

全てご利用者様方の手作りですので、

完成まではもう少し時間がかかりそう

なのですが、必ずや〝傑作〟になると

思います!なにしろ皆様方のチカラ

入れようが、それはもうスゴいんです

デイにゃ負けちゃおれない!って感じ…

ライバル心むき出しに聞こえますが、

実際皆様ライバル心むき出しなんです!

さぁ、クリスマスまであと1ヶ月弱、

どんなツリー対決になるのでしょうか?

今からワクワク、とっても楽しみです

古館アナが将棋の実況をしたら...

デイサービス、午後のフリータイム。

ホールの片隅で何やらパチパチと音が…

ふと見ると、自他ともに認める名棋士

であるご利用者のT様に、スタッフの

徳田が挑んでいるではありませんか

syougi_fight.jpg

ここからはプロレス実況でならした

往年の古館伊知郎アナ調でどうぞ…

「さぁ若干20歳の徳田優弥、王者相手に

どこまで食い下がれるのでしょうか。

戦略と戦略による高度な攻防劇、

それこそが古来から伝承される将棋

という頭脳戦の醍醐味であります。

9×9、81マスの中に108つの煩悩と

喜怒哀楽を集約しながら、今まさに

戦いの火蓋が切って落とされました。

それにしても、まるで新たな下町名物

スカイツリーの如くそびえるT様の

貫禄を前に身動きのとれない徳田、

さしずめヘビに睨まれたカエル、、

いえスカイツリーだけにその高さに

ちなんで武蔵(634m)に睨まれた

小次郎といったところでしょうか。

ここで両者組み合った!アァ〜っと

早くも王手!王手です!対局終了!

レフェリーが二人に割って入ります!

何と言うことでしょうか!一体誰が

この様な秒殺劇を予想したでしょう!

徳田は必死にまだ出来るとアピール

していますが、時すでに遅しぃ…」

と、こんな結果に終わった訳です

結局この後は、飛車・角落ちの

ハンデつきで対局は続くのでした。

さすがT様、ヒクソンの如し!

サンタクロースの足音。

先日、ご利用者の皆様が製作された

デイのクリスマスツリーが↓↓です

施設内のあちらこちらにリースなどが

飾り付けられ、にわかにクリスマス

ムードが高まる中、待望の真打登場!

といった感じで盛り上がっています。

chiristmas_2012.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

それにしても、デコレーションが

キンピカでちょっと派手では!?

そこで、皆様方にインタビューを

敢行させていただいたところ…

「派手な方が縁起がええわさ。」

「目立つ方がええに決まっとる!」

「サンタが見え易くてええやろ。」

なるほど皆様、意図して派手に

飾り付けてみえたわけですね。

皆様のおかげで、今年のX'masは、

とても縁起良くなりそうです

体が寒さに慣れ始める頃ですが、

まだまだ冬はこれからが本番です。

油断大敵、体調管理のほどを…

では今週も7days、覇気持ってGO

【自転車奔走記】「認知症を考えよう」#7。

 【ケアマネの自転車奔走記】連載・124回。

はじめに。
「前頭側頭型認知症」は色々と誤解の多い
病気で、
認知症として診断されず社会的
不利益を被る可能性が
非常に高い病気です。
また、治療や介護に関しても非常に対応

難しい病気でもあります。
勿論アルツハイマー病やレビー小体病
をはじめ、
認知症に関わる疾患も同じではあるんですが、
とりわけ、この病気において今最も必要な事は
社会的認知度の向上、
つまりは、
「もっと多くの人に知ってもらう事」です。
もっと社会での認知度と理解度が上がれば、
患者さんと介護者
を社会で支えていく事も
できるようになります。
治療方法や介護方法に
決定打とも言うべき方法が見いだせない
これらの
病気の患者さんにとっては、社会の理解が
なによりも
必要不可欠なんです!
そんな思いから「前頭側頭型認知症」に
ついてはできる限り詳しく
話しを進めて
行くつもりでいますので、
何卒ご了承下さい。
では【自転車奔走記】スタートです!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今週も引き続き「前頭側頭型認知症」について。
簡単におさらいしますと、
①脳はその機能によって大脳・小脳脳幹
 3つの部分に
分ける事ができる。
②それぞれが人間の身体活動に密接した役割を
 担って
いるが、一番大きな大脳は、
 コミュニケーションや感覚
記憶、情動等の
 機能を司っている。
③大脳は更に(前頭葉)(頭頂葉)
 (側頭葉)(後頭葉)
と機能別に細かく
 部分分けをする事ができ、それぞれが
 大脳機能の実施実行を担う。
といった内容のお話しでした。

今週は核心へ進めていきます。
先ずは前頭葉についてです。
大脳の前方に位置する部分ですが「実行機能」と
呼ばれる
能力を司る事が大きな特徴です。
「実行機能」とは、私達がなにか物事を行う際に
必ず辿る
プロセス的なものとお考え下さい。
例えば…
今私はこの原稿を書くという行為をしています。
「書く」と言葉にしてしまうと、簡単な作業に
思えますが、
試しにこの行為を眺めてみましょう。

先ずテーマを決めます。
【自転車奔走記】は連載形式になっていますので、
当然前回の内容に
即したテーマを取り上げる
必要があります。
続いて書く具体的な内容決定。
例えば言葉使いや文章形式、できる限り
分かりやすく親しみやすい
文章になるように
考えて書くようにしている(…つもりです)。
次は「推敲」、書いたものを見直して誤字脱字、
文法の誤りや
表現が正しいかどうかをチェック。
そして、内容に問題が無ければ晴れて掲載!

となるんですが、
実は上述のごく当たり前に見える行為にとって、
前頭葉の機能が非常に重要な働きをしているんですね。
物事を行う際に先ず必要な事は「現在の状況認識」。
今自分がどんな状況にいるか?自分がいる環境、
ひいては
周りや社会の状況環境等も含めた認識です。
今の私に即して観てみると…
私はたきびのスタッフであり、
ケアマネという
職業に就いている人間で、
男性でありメタボです。
一方、今は社会保障の問題が色々取り沙汰されていて、
高齢化社会と呼ばれているご時世で、
もうすぐ衆院選があると言った社会状況。
今回のテーマに「認知症」を取り上げたのも、
記事内容や文体等々も、
もっと言えば「連載を書く」
と言う行為自体も
全て上述のような状況(背景)
から導き出した事なんですね。
「現在の状況認識」を言い換えると、
「今自分の置かれている立場や環境を
理解する」
という事になります。

では、この「状況認識」ができないとどうなるか?
全く関係のない話題を取り上げたり、
専門用語だらけの記事や難解な文章
で読んで下さる
皆様の興味を削いでしまうかもしれません。
もっと極端に言えば「メンドクサイ!!」と言った
ごく個人的
な理由だけで、書かないことだって
あり得てしまうわけです。

続いて物事の実行に必要な事は
行動を選択する」ことです。
行動の方法や内容を決定する事とお考え下さい。
今ワタクシがブログの記事を書く時は、PCの
文書ソフトで作成
や編集をしています。
でも、方法はこれ一つとは限りませんよね。
昔ながらの原稿用紙に万年筆でもいいですし、
口述筆記という
方法もあります。
左記に挙げた方法そのものに優劣はありませんが、
最終的にブログに掲載するためには、文章を
PCに入力する必要
があり、私がある程度は
PCやキータイプができる人間
なので、
文書ソフトでの作成を選択した訳なんです。
仮に私が全くPCを触れない人間であれば、
原稿用紙
に書いた原稿を誰かに入力して
もらう方法を取るでしょう。

上述からも分かるように「行動の選択」には、
ある程度の結果予見
や手順の手間、そして
最初に挙げた「現在状況の認識」等
色々な要素を
分析・シミュレートして決定するんですよね。
では…
この「行動選択」が上手く機能しないとどうか?
非常に時間と手間がかかる方法や、
結果に結びつきにくい、
言い換えれば
「非効率的な」手法で物事を進めていきます。
もっと言えば、行為の結果に結び付かないような
全く関係
のない事をする可能性もありますね。
行動を選択する作業と密接に関係するのが
計画を立てて決定する
作業です。
何かをする時私達は
「この行動方法をとると、
これこれのプロセスが
あって、こんなメリットや
デメリットがあって…」等々、
ある程度先を
見通した上で、
最適と考え得る
やり方=計画を
決定しています。
所謂「場当たり的」と言われる
ような行為であっても、それなりの計画性は
持っている、、
と言うか、
それなりの計画立案
プロセスは経てきている訳なんですね。
極端な言い方をすれば反射的な行動でないかぎり、
人の行為には必ず上述の意味での「計画性」が
介在していると。

【状況認識】→【行動選択】→【計画決定】
次は「計画を実行する」ことになります。
この計画の実行で、実際に行為・行動をする
なんですが、全く何も問題なく行為が終了する
場合より、行動の実行段階で何らかの問題が
発生
するケースが殆どですよね。
その場合は「このまま突き進むか否か?」
色々なケースを想定して修正や調整を加え
ながら
行為を実行していきます。
例えば、PCに文章を入力
していたら、
停電発生!!となれば、再入力をしますよね。
もっと言えば、再入力の手間を省くために
バックアップ
を取る事も想定する訳です。
もっと身近な例を挙げると、
トイレに入って
「紙がない!!」という笑うに笑えない状況も、
立派な「計画実行」上に発生した障害ですよね。
上述のように計画実行段階で障害に遭遇すると、
私達は現状把握して色々な対処対応をしますね。
驚くほどの事でもないフツーの事ですが、
翻って考えると
この事も
【状況認識】→【行動選択】→【計画決定】
というプロセスを繰り返している事になります。

そして最後は【結果の評価】になります。
ある行為、行動をした結果どのようになったか?
を認識して
上手くいけばそれでよし、失敗しても、
再トライや別の方法
を考える等の判断を行います。
例えば、文章を紙に書こうとしたら鉛筆が
折れてしまう事
よくありますよね。
でもこの日常的な風景も、上述のプロセス

照らして再検証してみると、文字を書くという
行為の結果、
鉛筆が折れる→文字が書けない
という事になったので、
鉛筆を削る・ボールペンに
持ち替える等々の方法を取る
という評価を
下した事になります。
この「評価」という活動も、行為の結果の
状況認識
が必要になり、認識に応じ行動を選択
またまた
実行機能のプロセスに戻ります。

つまり、
人間の行為行動(例えば話す事も立派な行動。)

全てに上述の「実行機能プロセス」が
介在している事になるんですね。
前頭葉の機能はこれら「実行機能」だけではなく、
「思考」や
「理性」「情動を抑える」等の
重要な機能を担っています。
「情動を抑える」と書きましたが、平たく言うと
「我慢する」
「周りの空気を読む」という事です。
一見、実行機能
プロセスとは無関係に思える
かもしれませんが、行動選択
の過程において
行為を衝動に任せて行うとどんな
結果を招くか?
ということも踏まえた上でヒトは計画決定し
上記のように、前頭葉は人間の行動
(個人としてのもの、社会のなかでのもの)
全てにおいて重要な役割を果たしている事が
ご理解いただけましたでしょうか?

今週は「前頭葉」について、その機能の中でも
特に
「実行機能」について話しを進めました。
次週は「前頭葉」の補足と「側頭葉」について。
来週も宜しくお付き合いのほどお願いしますね!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いよいよ年の瀬も間近!
色々と慌ただしい毎日が続きますね。
ただ1年12カ月、いつでもどこでも
イチバン大切なのは
健康に変わりありません。
風邪などひかないよう、年の瀬の慌ただしさで
気が急いて、怪我や事故をしないよう、
くれぐれもお気をつけ下さいませ。
クリスマスに忘年会と、行事も目白押し!
楽しく充実した年末を過ごしましょうね。
と、充実しているのは腹脂肪だけ…
去年も今年も来年も、
未来永劫「脂」との
縁が切れない予感が漂う、
ケアマネ界の
〝ラーメン二郎〟こと
ヒロモリが
お送りしました【自転車奔走記】
また来週
See you next week , bye!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第144回『あのバイト、今に活きてます!』の巻。


 <今週のテーマ>
今週のテーマは「過去のバイトと今の自分」。
当時はそんな事、想像もしていませんでしたが、
今振り返ってみると、あの時のバイト経験が
あったからこそ、自分は今こうして介護職に
就いているのでは…と感じる事があります。
ご自身の体験と照らし合わせながら、
お気軽に御一聴下さいませ!


<今週のメンバー>

赤塚浩文、内田英希、
三浦真弥、伊藤亜也子、木田健太。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

歳末・赤い羽根共同募金。

〝赤い羽根共同募金・歳末運動〟

についてのお知らせをどうぞ…

akaihanebokin.jpg

今年もケアステーションたきびでは、

同運動に参加させて頂いております。

募金箱の設置場所は、たきび松阪施設

1F事務所前の1箇所のみ、運動期間は

本年12月31日迄となっております

時節柄何かとお忙しいと存じますが、

皆様方、何卒ご協力のほどを

宜しくお願い申し上げます!

飛び出せ!ヤングアフロ。

デイサービス、レクビリ前のヒトコマ

毎回レクビリの前には、場をあたためる為、

スタッフたちが〝前説を行うのが慣例です。

maesetsu_tokuda.jpg

この日の担当は若きホープ・徳田優弥。

写真は舞台裏で前説練習中の様子…極度に

緊張しているのが伝わりますでしょうか?

しかし緊張しながらも、髪型はアフロ

のアンバランスさが妙にツボにHITし、

一部のご利用者様はすでにクスクス状態。

この後、声が上ずりながらも見事に前説の

役目を果たした本人は大きな溜息の後、

「みなさんの優しさが身にしみました…」

とポツリ、ご利用者様と自分との関係性に

ついて改めて何かに気付いたようでした。

城代です、育代です!

人呼んで〝デイサービスのアネゴ〟!

現在育児休業中のスタッフ・城代育代が

昨日、たきびへ立ち寄ってくれました。

jyohdai_came.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

ご利用者の皆様方も、久々の対面に

随分と盛り上がって、大歓迎の雰囲気

だったのですが…あれっ?赤ちゃんは…

昨日は、家で留守番なのだそうです 

それでも「城代さんの顔が見れたわ!」

と、涙されるご利用者のT様はじめ、

「あんた、早く戻ってきてな~!」

「もうすぐ復帰か?待っとるで!」

など、皆様から本当に温かいお言葉。

これには城代も感無量の様子でした。

これから家庭と仕事の両立が大変

時期ですが、本人ヤル気満々です

2012年、クライマックスへ!

4班に分かれて実施された、たきびの

スタッフツアーズ…いわゆる社員旅行。

昨日夕刻に最終班が戻り無事に終了!

ご協力下さった方々には、心より深く

感謝致します…有り難うございました!

日頃は別のセクションで業務に就く

スタッフ同士が旅を共有することで、

さらに深まった連体感は、必ずや明日

以降のチームに活きてくると思います。

この経験を糧にして、今後スタッフ

一丸のスタイルでサービスの質向上に

邁進して参りますので、今後とも

何卒よろしくお願い申し上げます。

❖  ❖  ❖

さて、先日の松阪施設のランチは…

「お楽しみ膳」!美味しそうでしょ↓↓

2012_nov_lunch.jpg

◎北海道風!ぜいたく海鮮丼。

◎モチモチ!蓮根まんじゅう。

◎緑の名脇役!春菊の和え物。

◎ホッとひといき!お吸い物。

◎今が食べ頃!ラ・フランス。

以上、5品にシェフの愛情スパイス

このメニューをご利用者の皆様方は、

心から堪能してみえるご様子でした。

「ん〜美味いなぁ、星3つと半分や!」

とは、ご利用者S様のお言葉です

❖  ❖  ❖

早いもので11月も終盤に差し掛かり、

師走の足音が近づいてまいりました。

残り少ない2012年、覇気持ってGO!

【自転車奔走記】「認知症を考えよう」#6。

 【ケアマネの自転車奔走記】連載・123回。

今年は秋らしい秋がなかった様に感じます。
風流に言うなら「釣瓶落とし」、
プロレス的には「垂直落下式」気候ですね。
毎度毎度の繰り返しになりますが、
風邪にはお気をつけ下さいませ。
ところで、先週連載でお知らせしたとおり、
ワタクシの所属するたきび津事業所の
社員旅行
で鳥羽~伊勢へ行ってきました。
鳥羽も伊勢も三重有数
の観光地です。
鳥羽と言えば、真珠や海女さんなど海の恵み

たっぷり詰まった場所で、一方伊勢と言えば
当然「お伊勢さん」、
天照皇大神様や豊受大神様が
鎮座される伊勢神宮があり、
近年は日本有数の
パワースポットとして取り上げられる
事しばしば。
ただ三重県民のワタクシにとっては、
鳥羽も伊勢も観光地というには余りに近すぎる
場所なので、、、鳥羽へ行くなら釣り、
伊勢に
行くのは冬場の自転車の練習といった程度でした。
今回改めて一観光客として同地を訪れてみて、
改めて
「良いトコロだなぁ」と再認識した次第です。
鳥羽は何と言ってもシーフード!!
有名な伊勢海老、アワビ、サザエに加えてもうすぐ
ハイシーズン
を迎える海のミルク「牡蠣」などなど、
新鮮かつ美味な海の幸
を堪能!!一方伊勢には、
お馴染の赤福をはじめとして、
岩戸餅にへんば餅、
二軒茶屋餅に五十鈴川餅など、
美味な餅菓子和菓子が
てんこ盛り。加えてワタクシの大好物
の伊勢うどんに
てこね寿司などなど、たらふくの堪能ぶりでした。
と、鳥羽・伊勢の美味しいものめぐりを
お届けしました
久しぶりの旅行で心身・腹共に
パワーアップ!
「もっちり餅腹ケアマネ」の
ヒロモリがお送りします
【自転車奔走記】スタート!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今週は「前頭側頭型認知症」についてのお話です。
皆様は「ピック病」という病気をご存知ですか?
認知症状を呈する疾患の一つなんですが、
以前はアルツハイマー病
やレビー小体病と一緒に
よく取り上げられた病気なんですね。
この「ピック病」が今週取り上げる
「前頭側頭型認知症」を代表する
疾患です。
この「前頭側頭型認知症」の症状を発症する
原因となるのが「前頭側頭葉変性症」。
「変性」という言葉が示すように、この病気も
アルツハイマー病と
同じように細胞が
変性(委縮)していく事によって様々な
症状を
呈するようになる病気です。
では早速…とお話しを進めていきたい所ですが、
その前に、病名についている単語の説明を…
前頭側頭型認知症
漢字ばかり並んでいますよね。
前頭側頭」という単語が付いていますが、
これはヒトの脳の
部位である「前頭葉」と
側頭葉」を示しているんですね。
「前頭葉ってナニ?」と?マークがちらほら
漂っている
方も多いと思いますので、先ずは
簡単に【】についての
お話しをします。

ヒトの「脳」ですが、この脆く壊れやすい
デリケートさと
複雑至極かつ神のごとき
働きを併せ持つ臓器を語るとなると、
その切り口は当に多種多様、とても
ワタクシごとき
に扱える代物ではないんですね。
ですので、一般的な解説でよく目にする
「脳機能」での
分類法でお話しを進めます。
まず、脳は大きく3つに分ける事ができ、
大脳
小脳
脳幹
となっています。
勿論それぞれを更に細かく分ける事も
可能ですが、
専門的になってきますので今回はこの3分類

基礎としてお話しをします。
先ず大脳から。

「大」という言葉が使われている通り、
脳の大部分を占める部位です。
この大脳ですが、ヒトという生物の最大の
特徴である
「話す」「考える」「感じる」
「記憶する」等々の活動中枢と
なっている
総合指令センター的な役割を担っています。

続いて小脳
脳の下部に位置している(小さな)部位。
この小脳の働きは、指令センターである
大脳からの
命令を筋肉に伝えて、身体を
スムーズに動かす働きを
担っています。
また平衡感覚等の姿勢制御機能も小脳の
重要な働きです。

そして脳幹
大脳を頭に小脳を背に頂くように
位置する部位で、
この脳幹の一部で最下部に
ある延髄は脊髄へと繋がっています。
この事からも分かるように、大脳や小脳からの
指令を
全身の神経に伝える役割を持っています。
また、自律神経系やホルモン系の働きを司る機能、
呼吸や体温調節、睡眠など人の【生存活動】に
直結
した基本活動の中枢でもある、小さいけれど
重要度は
トップクラスの部位です。

以上、脳を3部位に分けて話しを進めましたが…
「延髄」と言う言葉…ある趣味を持った
人間にとっては
抗いがたい衝動を誘発します!
それは何ぞ?
語りたくても語れない、語り出したら止まらない、
戦いのワンダーランド、
やっぱ天龍より猪木だ!
となります、、失礼、プロレス魂は隠せません

本題に戻ります。
今回のテーマである「前頭葉」や「側頭葉」は
大脳を
更に機能別に細分化する捉え方です。
大脳はその部位や機能によって、
①前頭葉
②頭頂葉
③側頭葉
④後頭葉
以上の4つの部位に分けられています。
前頭葉と側頭葉については後ほど詳しく
お話ししますので、
先ずは頭頂葉からです。
文字通り、大脳の一番てっぺんの部位で、
主に「感覚」に関わる
機能を司っています。
「感覚」といっても沢山の種類がありますが、
視覚情報がない状況で(目をつぶった等)モノを
触った時、
「硬い」とか「柔らかい」とか
「暖かい」等の認識をもつことだと
お考え下さい。
他には空間の認識や対象物を操作するなどの
動き、
そして計算等の数字を扱う機能を担当しています。

続いて後頭葉。
こちらも文字通り大脳の後方に位置する部位で、
視覚や色彩の認識や知覚を司っています。
よく漫画やアニメなどで、頭を強打した登場人物の
目の周りで星がチカチカ☆、これはまさしく
後頭葉の
機能を示していますよね。
これだけでも、大脳にはヒトを人たらしめている
様々な機能が詰まっている事が分かります。
で、いよいよ前頭葉と側頭葉のお話しになりますが、
寄り道もあってお話しが長くなりましたので、
続きは次週!としますね。

次週、前頭葉と側頭葉の機能をお話しした上で、
本題の【前頭側頭変性症(型認知症)】に
ついて
お話しをしていきます。
では、また来週!SEE YOU NEXT WEEK 

号外・三浦主任の【Give me!ウラ話し】。

号外【Give me!ウラ話し】。

みなさま方、いつもお世話になっております。

たきびデイサービス主任の三浦真弥でございます

今週は【みウラ話し】と題しまして、私スタッフ

ツアーズ第2班のリポートを担当させて頂きます。

不慣れですが、何卒お付き合いお願い申し上げます…

それにしても、旅行から帰ってきて以来、

私も含め、スタッフのテンションが高い、高い。

それほどに楽しかった時間だったんです、、


一日目の天気は、冷えたものの最高の秋晴れ。

2han_3.jpg

1班よりも平均年齢が若干オールダーですねぇ、

その為か、車内は割と落ち着いた雰囲気でした。

…ですが、それも束の間、、、目的地が近づくと

ともに徐々に修学旅行的な〝おだち〟モードへ

その後の1日目の行程は、先週の【ウッチー輪ばなし】

が詳しいのでここでは割愛、場面は旅館に飛びます!

2han_1_2012.jpg

待望の夕食時…普段はあまりお酒を飲まない

スタッフらですが、この日だけは!とばかりに

杯を酌み交わしつつ、徐々にイイ感じに

ご覧下さい↑皆の顔、雰囲気伝わりますか?

この後場所を移してからも、全員で語らい大はしゃぎ。

普段では見れない仲間の姿はとても新鮮なものですね。

部屋に戻ってからは、まさかのマクラ投げ…

最後まではしゃいでいた私は、普段はやさしい

ショートスティの〝お地蔵様〟こと、島谷さんに

「主任、明日もありますのでそろそろ…」と、

やんわりお叱り!?を受け、あえなく就寝。

翌日…こんな時に限って天気予報は的中し、雨。

そんな中、早朝から金毘羅山へ登る一行。

その際の私の心の中はこんな感じでした…

「昨夜早めに就寝へと促してくれた島谷さん、

 ありがとう!睡眠不足ではとても登れなかった…

 あなたはやっぱりお地蔵様ですね。」

結果、金比羅山の有り難さと、島谷さんの

有り難さを同時に知る事となったわけです


2日目は一路、神戸へ移動し
散策したのですが、、

2han_2_2012.jpg

この続きは本日出発の3班を代表して、

伊藤部長にリポートしてもらいましょう。

ということで、来週は引き続き号外企画!

伊藤隆太の【日々隆々】を、お送り致しますので、

ぜひともお楽しみにお待ち下さいませ


それでは、三浦真弥の【みウラ話し】は

これにて終了、近いうちにまたお会いしましょう!

あっそういえば、1日目の倉敷散策で素敵な

出会いがありました、日テレ系の朝番組、

ZIP!ダイスケ君と遭遇したんですよ

何か良い事あるかも…では、GOOD LUCK!

 ヘルパーのカタチ 生搾り
第143回『買い物ブギ』の巻。


<今週のテーマ>
今週のテーマは「買い物」について。
老若男女問わず、どなたにとっても
買い物へのこだわりはおありだと思います。
が、在宅でお過ごしになるご利用者の皆様に
とって、このこだわりを実現する事は、
想像以上に困難な現実があります。
ホームヘルパーの現行制度の話から
展開する談論、ぜひ御一聴下さいませ。


<今週のメンバー>

赤塚浩文、内田英希、
三浦真弥生、伊藤亜也子、木田健太。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

CANDLE IN THE WIND.

今週月曜から本社事務所に登場し、

ヘルパーたち癒しているアロマグッズ。

honsya_tour_1.jpg

これらは、先日のスタッフツアーズの

旅先で、みんなが選んだものなんです

事務所に帰って来たヘルパーが少しでも

安らげる環境を…と、事務スタッフの

竹田が発案したのが発端で全員賛同!!

honsya_tour_2.jpg

仲が良いだけではなく、互いに厳しく

律し合える仲間だと自負しています。

皆様、本社にもお立ち寄り下さいませ

伊藤部長のライブラリー。

ちょっぴり気が早いですが…

クリスマスまであと少しという事で

先日は、館内BGMのリニューアル!

music_select.jpg

季節変わりを中心に行う恒例業務、

担当するのは、伊藤隆太部長です。

無類の音楽好きである部長、自宅の

ライブラリーには国内版・輸入版含め

実に5000枚以上のアルバムが!!

そこから毎回、季節に応じたBGMを

チョイスしてくれているんです

隠れた名曲もあり、ご利用者様から

「今かかってる曲、なんて言うの?」

というご質問を賜る場合もあります。

名曲は世代を超えるって事ですね!

イイ仕事してくれます!

松阪施設の掃除機が故障気味だったので、

この度、超頑丈な新機種を購入しました!

new_cleaner.jpg

メンテナンスをして手入れをしても…

それでも毎日の長時間使用で消耗が早い。

機械にだって寿命があるワケですから

仕方がないのですが、古くなった物を

処分する時はとても寂しくなります

とりわけその気持ちが強い様子なのが、

クリーンスタッフたち…掃除機は

言わば、相棒の様な存在ですからね。

あるスタッフは処分予定の掃除機を

「写真に撮っておいても良いですか?」

と聞いて来た程、愛着があった様です。

今までありがとうね古い掃除機…

北原白秋の謎。

北原白秋といえば日本を代表する

詩人ですが、その作品群の中でも一際

有名なのが童謡『あめふり』の歌詞。

♬あめあめふれふれ母さんが…

これを聴くと未だに寂寥感が迫ります。

♬母さんが蛇の目でお迎え嬉しいな…

しかしながら、その歌詞をみると決して

暗い内容のものではありませんよね。

ならばなぜ、物悲しくなるのでしょうか?

おそらく主人公である〝母と帰る友達〟を

横目に見ている〝自分〟を想像するから

ではなかろうか…と、自分なりに仮定を

立てて文献を調べていました、すると

ある書籍に「家業が多忙な白秋の母は、

こういったお迎えには来れなかった為、

そこに描かれた情景に憧れが強かった

と推測される。」という解説文を発見。

作者である白秋自身こそが〝友達を

見送っていた少年〟だったんですね。

長年の謎がやっと解けた気がします。

昨日は全国的にあいにくのお天気。

たきびスタッフツアーズの松阪第2班と

本社班も、雨の旅路となった様です。

情緒があってまた良し、なのですが

この時期の雨は体の芯まで底冷えする

寒さを伴うのが難点なんですよね…

そんな季節ですので、たきびでは先日

スタッフジャンパーをスタンバイ

takibi_janper.jpg

13年前の会社創立から変わらぬデザイン。

雨風を通さず、寒さがしのげるので、

特にヘルパーにとっては冬場の相棒です。

津市内&松阪市内で皆様のお目にかかる

かも…その際にはお気軽にお声掛けを

ひと雨ごとに冬が輪郭を強める頃。

体調管理レベルをMAXに高めつつ、

新しい7days、覇気持ってGO!!

【自転車奔走記】「認知症を考えよう」#5。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・122回。

寒くなってまいりました。
皆様、風邪はひいていませんでしょうか?
そろそろインフルエンザの声もちらほらと
聞こえてきていますが、
予防接種がまだの
方は、くれぐれもお早めにして下さいネ。

ところでワタクシ、本日スタッフ旅行の
真っ最中!今頃は仲間たちと楽しんでいるはず。
という事で、このブログは金曜夕刻に書いた
ものですので、どちら様も悪しからず…です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ワタクシには11
月の恒例行事があります。
毎年何かと楽しみなこの行事と言っても
大した
事ではないんですが、それは手帳選び。
近頃はタブレット端末やスマホの手帳アプリ
なんかを
利用活用されている方も多いようですが、
ワタクシは
根っからの手帳管理派!
自身のスケジュールやちょっと
したメモ等々、
携帯電話と同じくらい大切なツールなんです。
ちなみに毎年新調するする手帳は2つ。
一つは仕事用の手帳

そしてもう一つが1月始まりのプライベート用

仕事用は実用一点張りになるので、毎年同じ
タイプの
使いなれた手帳ですが私用は別なんです。
毎年毎年違ったタイプの手帳を使っていまして、
今年はスケジューラータイプの小さな手帳でした。
来年は思い切って11ページタイプの手帳に挑戦?
などとカタログを見ながら独り楽しんでいます。
元々日記をつける習慣が無いと言うか、
継続性が皆無
の性格ですので、私用の手帳は
貴重な「ワタクシの記録」
になります。
実際には大したことはメモして無いんですが、
何年か前の手帳を捲ってみると、色々な事が
思い出されて
それはそれで結構楽しいんですよね。
試しに今年の私用手帳を捲ってみると・・・、
「○○ラーメン店・電話×××―□□□□」
「○○風カップラーメン・何処そこで発見!」
……食物の情報ばっかじゃねーかー
と、
わが身を振り返り嘆息する年の瀬も間近、
♪今年のアブラことしのう~ち~にぃ♪
も間に合いそうにない“万年脂”ケアマネ、
ヒロモリ
がお送りします【自転車奔走記】スタート!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週は「レビー小体型認知症」についてのお話。
あまり聞き慣れない病名かもしれませんが、
実は日本では
アルツハイマー病、脳血管障害に
このレビー小体病を合わせて
3大認知症”を
呼ばれる事もあるぐらい患者数の多い病気で、
これからこの病名を聞く事も増えてくると思います。
では、早速お話しを進めていきましょう。

【病気のメカニズム】
病名にもなっている【レビー小体】というもの。
これは、神経細胞
の中に現れる円形の異常物質
(「封入体」と呼称するそうです。)
とお考え下さい。
このレビー小体と呼ばれるものですが、
神経細胞内に
出現すると細胞機能が変化してしまいます。
脳幹部の神経細胞にレビー小体が出現してくると
「パーキンソン病」
になり、そのレビー小体が大脳皮質、
つまり脳の大部分に及ぶと
「レビー小体(型認知症)病」
となり、色々な症状が出現します。
現在のところ、このレビー小体が出現する
プロセス等は
よく判っていないそうです。

【症状と進行】
認知機能の障害が現れると言う点でアルツハイマー病と
同じ
認知症疾患の一つとなりますが、このレビー小体病の
特徴的な症状をいくつか挙げる事ができます。
先ずは幻視(幻覚)です。
この幻覚(幻視)は発症初期から現れる症状で、
かなりリアル
で生々しい内容の幻視を体験するそうです。
例えば、「虫が壁を
這っている。」「子供が部屋の中で
遊びまわっている」等々、等身大
のリアルな“幻”を
体験します。時には既存の人物が現れる事も
あるそうで、
幻視を現に体験している人にとっては、幻ではなく
現実と認識されるぐらいのリアリティーを持っています。
次に特徴的なのが運動機能障害と呼ばれる症状です。
「病気のメカニズム」の欄でパーキンソン病を
挙げましたが、
レビー小体病によって出現する
運動機能障害はパーキンソン病
における機能障害と
ほぼ同じ内容になります。
運動機能障害では
(歩行障害)が最も目につきやすい症状です。
小刻み歩行(歩幅が極端に狭くなる)、
前傾歩行(前のめりで歩く)、
引きずり足(足を引きずるような、
すり足での歩行”がよく観察されます。
また「最初の一歩がなかなかでない」事や、
「すぐにつんのめる」
等の状態もよく出現します。
これらの歩行機能障害は“易転倒性”つまり
「転びやすい」状態をもたらします。
結果、転倒等の事故や活動不活発
による筋力や
体力の低下等の問題が生じる事リスクが高まります。
その他にも猫背の姿勢や手足の震え、
筋肉の強張りやそれに伴う
動作緩慢等の症状が
出現する事もあります。
その他のレビー小体病で
特徴的な症状に自律神経機能障害
挙げる事ができます。
この自律神経機能の障害からくる症状に
(血圧の大幅な変動)があります。
通常、人間の血圧が変動するのは
当たり前と言うか
自然な事なんですが、自律神経の障害による
引き起こされる血圧変動は「異常変動」と
呼ばれることもあるように、
通常の変動レベルを
はるかに超えた動きをします。
結果として急激な
血圧低下による失神等の
症状が現れるようになります。
その他自律神経の障害によって、排泄障害や
発汗異常、
も現れる事が知られています。
その他にも一日の中で、興奮や錯乱、無気力や
傾眠などの状態
が入れ換わり現れる
気分や態度の変動などの症状もあります。
また、発症初期にうつ的な状態になったり、
記憶障害や行動異常
などの症状も出現する事があります。
このレビー小体病の診断ですが、MRI等の
画像診断だけではなかなか
判りにくいとされていて、
出現している諸症状や色々な検査データ

総合して診断が行われています。
そして、予後(回復の見込み)ですが、
あまり良くないとされています。
理由は、レビー小体の発生原因や治療法等が
まだ十分確立されて
いない事もありますが、
それよりも先程述べたように、【診断が難しい】
事が
大きな理由とされている様子です。
レビー小体病に限らずですが、
発症した病気の
症状や進行度は人によって様々ですので、
早期に
レビー小体病の診断ができる状態や条件が
整っていれば、進行を
遅らせる等の治療効果も
期待できるそうですが、例えばパーキンソン病

診断されていたが実はレビー小体病だったと言った、
非常に類似性の
高い症状を持つ他の病気と
区別がつきにくいことから、治療開始が
遅れてしまうと
言った事もあるそうです。また、レビー小体病の
進行速度や
進行度合いは人によって様々なので、
一概に述べる事ができない事も
影響を及ぼしていますが、
一般的には病気の進行に伴い認知機能障害や
運動機能障害が悪化し、寝たきり等の状態に
なる事が多いとされています。

【治療など】
現在のところ、レビー小体病そのものの直接的な
治療法は確立されていない
ようです。
ですので、出現している運動機能障害や幻視幻覚などの
認知機能障害
に対しての治療をする事になります。
ただ、この病気は薬剤に対する反応が
過敏に出現する
事が多いそうです。特に向精神薬投与への過剰反応が
特筆されています。ですので、投与する薬の種類や
量を微調整しながら
治療をすることになります。

【まとめ】
○レビー小体という異常物質が大脳の神経細胞に
 出現する
事により色々な障害が引き起こされる病気。
○幻視・幻覚等の認知障害、小刻み歩行などの
 運動機能障害、
血圧の異常変動等の自律神経機
 能障害などの症状が特徴的
に出現する。
○現在のところ、発生原因や治療法については未確定。
 また、診断が難しい。

以上、レビー小体病(型認知症)についてでした。
次回は【前頭側頭型認知症】についてお話しをします。
では、また来週お会いしましょう。
See you next week , bye 

【ウッチー輪ばなし】連載・第79回。

みな、みなさま、こんにちわ

全4班に分かれて実施中のスタッフツアー。

ワタクシ、先陣を切って行って参りました!!

帰ってからも旅行のテンションを引きずっている、

ウッチーこと内田〝トラベラー〟英希です。


さっそく本題へ…

今回はスタッフツアー「第1班」の模様を

少しだけですが、垣間見ていただきましょう

stafftour_2012_1pan_3_mini.jpg

第1班のメンバーは看護・介護スタッフの他、

厨房がっつの代表である森松比呂志シェフと、

たきび顧問労務士である梅田彩加先生!

こちら↓は倉敷で撮影した、ガールズチーム。

潔いほどに眼を閉じているのは総務・伊藤です

1-2.JPGのサムネール画像

倉敷では美観地区の町並みを全員で散策。

紅葉が真っ盛りの情緒豊かな風景の数々、

そして食べ、歩き、また食べ、食べ、食べ

ショートステイの岡田介護主任もご覧の通り。

1-3.JPGのサムネール画像

大好きなぜんざいを片手に満面の笑みです

甘いもの好きな岡田主任は、終始幸せそうでした。

このあと、みんなで重〜いお腹を抱えながら、

瀬戸大橋を渡り一路四国は香川県・琴平温泉へ。

途中、与島といわれるSAで瀬戸内海に沈む夕陽と

瀬戸大橋を展望しながら、青春時代の様なひと時…

stafftour_2012_1pan_2_mini.jpg

琴平温泉にたどり着いた後は、気心の知れた

仲間たちと過ごす宿の夜…あぁ楽しかった〜。

とにかく、ひたすら語り合った有意義な夜でした。

翌朝は、朝食前に金比羅山1365段を登り切り、、

って、このペースで書いてたらキリがないな…

2日目以降の模様は、今日から出発している

「第2班」の三浦主任に預ける事に致します。

という事で、来週は急遽【ウッチー輪ばなし】、

ではなく特別企画【みウラばなし】という事で

それでは皆様、第2班のリポートをお楽しみに!

Please take care , everyone 

ヘルパーのカタチ 生搾り
第142回『スタッフツアー2012』の巻。


 <今週のテーマ>
今週は、毎日共に過ごすスタッフ同士が、
年に一度一泊で出かける社員旅行の談論です。
たきびでは仕事の性質上、数班に分かれて
実施するのが恒例となっており、収録時点では
先陣の1班が旅行から無事帰ってきた段階です。
さて、今年の旅はどのような形でサービスの
向上に結びついてゆくのでしょうか…


<今週のメンバー>

赤塚浩文、内田英希、
三浦真弥、伊藤亜也子、木田健太。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

出来る予防は全て実行!

本格的に風邪が流行し始めた頃、

頻繁な手洗い励行や、うがいなど

対策は講じておみえでしょうか?

写真↓↓はたきび館内の温度・湿度計。

shitsudokei.jpg

インフルエンザを含めウィルスは通常、

湿度40%以下になると水分が蒸発して

軽くなるため、落下速度が落ちて、

空気中を漂いやすい…というのが定説。

感染予防の観点からも、乾燥による

肌トラブル等の予防の観点からも、

室内湿度を50%〜60%位に維持する

事が推奨されていますのでお含みを!

尚かつ、暖房等で室温が上がると、

外気との温度差が激しくなります。

その結果、外に出た瞬間に血管が

収縮し急性心筋梗塞等のリスクも…

これは入浴時にも言える事です。

皆様方、あらためまして充分な

健康管理にご配慮下さいませ!!

前向きな人が道を創る。

昨日のショートステイより…

入浴後のフリータイムに急遽始まった

ランチ前の軽〜いストレッチング

maegawa_staff.jpg

輪の中心で、ご利用者の皆様をリード

するのは新鋭スタッフ!前川芽衣子。

元気ハツラツな振る舞いと笑顔が、

皆様方からとても好評な若干20歳。

〝チームたきび〟の新しい仲間です!

現場の経験がまだまだ浅い彼女、

それだけに、学んだ事を必死で反復

しながら取り組む姿勢はフレッシュ

昨日も、先輩達に見守られながら、

館内いっぱいに響き渡る元気な声で

♬ それでは皆様ご一緒にぃ〜

イチ・ニ・サン・シ!!

その元気を吸収されたのか?皆様も

徐々に声が大きくなって行きます。

『健全な精神は、大きな声から』と

聞いた事があります…何事でも、

前向きに取り組めば、自然と声も

大きくなるという事なのでしょう。

皆様も今日一日を大きな声で

お過ごしになられてみては…

何か良い事あるかも知れませんよ!

一瞬で飛び越えてしまう。

『東保育園』のお友達がご来訪!

パワフルな演劇や合唱の披露に、

ご利用者様の表情は崩れっぱなし

笑顔・笑顔・ひたすら笑顔の60分。

ton_ton_ton.jpg

出し物の後は、うれしいサプライズ!

そう、恒例となった肩たたきタイム

♬ みなさん、お肩を叩きましょう〜

トントン・トントン・トントントン

小さくもあたたかい手の感触を

確かめる様に瞳を閉じる皆様方。

中には涙される方もおみえに…

園児の皆が来訪して下さる度に

感じる事ですが、やはり〝子供〟

には無限のパワーがありますね。

我々が年月を費やして挑む壁を

一瞬で飛び越えてしまったり

するんですから…スゴいです

『東保育園』の先生方、いつも

誠にありがとうございます。

園児の皆!また遊びに来てね 

冬が来る前に。

週末から全国的に冷え込んだようで、

木枯らし1号が吹いた地域もありました。

この時期、ショッピングセンターなどの

クリスマスイルミネーションを見ると、

時の経過の早さを、改めて知ります

もう冬ですね…ところで、寒さと同時に

やって来るのが人間の大敵「乾燥」。

肌トラブルが多くなる時期ですので、

数種の保湿グッズが不可欠ですよね。

そして「乾燥」といえば、何といっても

風邪やインフルエンザの感染でしょう。

2012_yobousessyu.jpg

たきびでは先週より、スタッフへの

インフルエンザ予防接種を順次実施。

対応ドクターは、たきび協力医

木田先生クリニックゆめ)です

予防接種を受ければ、予防効果が保障

されるというものではありませんが、

万一インフルエンザにかかっても、

症状の軽減には、確実に有効です。

とにかく皆さま!早めのワクチン

接種で、予防を心がけて下さい

更にもう一つ…「乾燥」で注意が

必要なことといえば、火の元です。

11月9日〜15日は、全国消防組合が

定める「全国火災予防運動週間」!

あちこちで、ポスターや呼びかけを

目にすることがあると思いますので、

今一度「火の用心」への意識を高め、

これからの冬本番を迎えて下さい

2012年も残すところ2ヶ月弱です。

やり残し&悔いのないように

新たな7days、覇気持ってGO!

【自転車奔走記】「認知症を考えよう」#4。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・121回。

急に寒くなりましたね
ちらほらと、ワタクシのまわりでもマスクを
付けている方の姿が目立つようになってきました。
冬の入り口、皆さま体調には十分注意して下さいネ。
ところで冬の風物と言えば何が思い浮かびますか?
雪景色や炬燵、色々な物があると思います。
因みにワタクシにとって冬を感じる風物は、
なぜか「プロ野球選手の自主トレニュース」!
選手の自主トレ開始で冬を感じるのが我流の
〝木枯らし1号〟なんです。
そう言えば今日は、熱田神宮から伊勢神宮を
目指して、
伊勢路を駆け抜ける全日本大学駅伝。
沿道に声援がこだまする熱い一日。
ワタクシの母校も今年は出場するみたいなので、
久しぶりに応援に行こうかな?と思っています。
選手の熱走を観戦した後は、当然伊勢の名物巡り!
餡と餅を堪能してきます、と、
毎年毎年懲りる気配もない“冬眠準備”
腹脂肪の
大量増員計画鋭意実行中のヒロモリが
お送りします
【自転車奔走記】スタート!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回から認知症症状の原因となる代表的な
病気や
疾患についてのお話しをしていきます。
まずは【変性疾患】、脳神経細胞の変性を
伴う病気
を取り上げていきます。
今週は「アルツハイマー病」について。
恐らく、皆さんが一番よく目に耳にしたりする
機会の
多い病名だと思います。

◎メカニズム
この病気の特徴は、大脳や海馬(記憶を司る
脳の器官)が
委縮していくことです。
委縮、つまり脳が縮んでいくような
状態に
なるんですね。このことにより正常な脳の
活動が
行えなくなり様々な症状や障害が発生。
30代~40代でも発症する事があり、
決して高齢者だけ
がかかる病気ではありません。
また、進行性の病気
である事も特徴です。

◎症状と進行
発症の初期は「もう年だから」と本人も
周りも納得
できる程度の物忘れが出現します。
状態観察だけでは
所謂、年相応の物忘れと
明確な区別がつきにくいんですね。
この段階では、日常生活でやり慣れた活動
(入浴や食事など)
は特に問題なく行えて
いるのですが、徐々に病気が進行すると、
短期記憶、ついさっきの出来事を忘れて
しまうように
なります。
例えば、食事が終わったばかりなのに
「まだご飯
を食べていない」と訴えたり
するような状態をさします。
そしてさらに進行すると、中・長期記憶、
昔の事や
長期にわたって保持されてきた
記憶にも障害が
及ぶようになります。
例えば家族の顔を忘れる、
自分が住んでいる
場所を忘れる等が挙げられます。
また、中長期に渡って保持されてきた
記憶ですので、
所謂手続きの記憶も障害を
受けます。手続きの記憶
とは、物事を遂行する
際に必要かつ、長年の生活において
身に
付けてきた(物事活動を遂行する手順)
とお考え
下さい。例えば買い物をする際には、
○買いたいもの、買うべきものの内容や量を考える。
○何処で何を買うかを考える。
○行き先のルートや移動手段を考える。
○大体の費用を見当する。
○目的の店へ行く。
○商品を選ぶ。
○代金を支払う。
○買ってきたものを整理する。
○家計簿等の会計整理をする。
ざっとですが、私達はごく自然に大体これらの
事柄を考え、
判断しながら行動している筈ですね。
でも!
これは予め与えられた本能的能力ではなく、
生活をしていく上で獲得していった能力です。
しかし、脳萎縮が進行し、記憶や色々な脳の活動が
障害を受けると、これら一連の活動を順序立てて
行う
事が非常に難しくなり、何か活動する際に
計画的に行動する事が
できなくなるんです。
例えば同じものを何度も買ってくる、
必要ない
ものを買ってくる、支払ができない、魚を
八百屋で
買おうとする等々の行動障害が
観察される事があります。

この他にも調理ができなくなるや掃除や物の
管理ができなくなる
等の症状が現れる場合も
多いですね。
以上は活動上の障害ですが、
症状が更に進むと、これらの障害が
生活習慣に
まで影響を及ぼすようになります。
・服の着方が分からない。季節に応じた服を選べない。
・歯磨き、洗顔等の整容ができない。
・トイレができない。
等々、習慣として身に付けてきた活動にも
影響が生じます。
そして更に進行すると、
歩行や摂食、会話等の身体機能そのもの
にも
障害が及ぶようになり、最終的には
寝たきりの状態
になります。

◎治療など
現在のところ、治療は非常に困難とされています。
ただ、MRI等の画像診断で早期に発見できれば、
薬で病気の進行を遅らせる事も可能になってきています。
ですので、早期の発見と対処が非常に重要になります。
・「物忘れが多くなってきた」事を周囲の人が感じる。
・今まで普通にできていた事を失敗するようになった。
・今まで興味を示していた事に急に無関心になった。
怒りっぽくなった。
身だしなみがだらしなくなってきた。
等々、代表的なものを列挙しましたが、
とにかく「あれっ?」
と思ったら、可能な限り、
できる限り早期に医療機関へ
受診するようにして下さい。
全国各都道府県には認知症専門医
という、認知症の
診断治療に関して信頼できる医師がたくさん
いらっしゃいますので、安心して任せられます。
また「何処に行ったらよいか分からない」と言うので
あれば、お住まいの地区の地域包括支援センター
ご相談下さい。認知症専門医のいる地域の
医療機関の情報
を教えてくれますし、ご本人様が
医療機関へ行きたがらない、
受診拒否というケースの
相談にも応じてくれます。

◎まとめ
・アルツハイマー病は、脳細胞の変性により脳が委縮する病気。
・記憶障害が主な症状で、進行性。最終的には寝たきりになる。
・早期の発見と治療で、進行を遅らせる事も可能。

今週はアルツハイマー病についてお話しをしました。
次回は【レビー小体病】についてお話しをします。
では、また来週お会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK!

【ウッチー輪ばなし】スタッフツアーズ。

【ウッチー輪ばなし】連載・第78回。

みな、みなさま、こんにちわ!!

今日11月3日は文化の日、1946年(昭和21年)に

『日本国憲法』が公布された記念すべき日ですが、

実は〝漫画の日〟でもあるのをご存知でしたか?

漫画を、日本の文化の一つとして認めてゆこう…

当初は、そんな目的で制定されたようですが、

今では、それは完全に果たされている気がします。

長く続く不況や、その影響による技術流出に

歯止めが効かない現状の我が国で、漫画・アニメは、

純粋な意味で、我が国が世界に誇れる文化でしょう!

さらに、今日は文化勲章の授与式の日でもあります。

先日、郷土出身(個人的には出身町も一緒です)の

吉田沙保里選手が国民栄誉賞に決定していますので、

三重県では例年以上に注目が集まっているんですよ。

 

さて、さて、、本題。

そんな記念日いっぱいな今日という日、

我々松阪施設のスタッフは?と言いますと…

IMG_2465.jpgのサムネール画像のサムネール画像

スタッフ旅行に、第1班がいざ出発!!なのです

今回の行程は、中国地方〜四国〜神戸のルート。

倉敷での町並み散策の後、瀬戸大橋を渡り、

金比羅山での宿泊(夜は懇親会!)、2日目は、

鳴門海峡渦の見物をしてから、神戸市街を集団散策…

今週から本社含め4班に分かれての1泊2日となります。

休憩時間に皆と話していて感じることですが、

チームメイトは誰もが、今回の旅行で有意義な

時間を共有し、更なるサービスの質向上に繋げよう!

という気持ちでいっぱいの様子なんです。

何とも心強い仲間たちだと実感する瞬間なり


ちなみにワタクシ、ウッチーは今日の第1班チーム。

出来れば、来週の連載で紹介させて頂きますので、

どちら様も、リポートをどうぞお楽しみに~

さぁ、旅行準備がありますので今週はここらで…

それでは気をつけて行って参ります!

Please take care , everyone

 ヘルパーのカタチ 生搾り
第141回『安眠ポリシー』の巻。


<今週のテーマ>
眠りに対してのこだわり、何かありますか?
良質の睡眠は、確実に健康を促進してくれます。
ということで今週のテーマは「安眠への心がけ」。
全体を通してマッタリムードの本回放送は、
後半になるにつれて、どんどんと駄話的に…
お時間が許す際に、ぜひ御一聴下さいませ!


<今週のメンバー>

赤塚浩文、内田英希、
三浦真弥、伊藤亜也子、木田健太。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

SWEET SMILE.

ショートステイでの「おやつ作り」。

今回は季節感たっぷりのメニューとして

『さつまいも蒸しケーキ』にチャレンジ!

satsumaimo_cake.jpg

甘くて香ばしいサツマイモの匂いが

作業中ご利用様を包みはじめると、

「あ〜、早く食べたいなぁ。」

「匂いだけでは我慢できやんわ…」

「蒸し上がるのに後どれ位?」

と、皆様もう待ち切れないご様子

そして出来映えはご覧の通り!

大成功の自作蒸しケーキを頬張る

皆様はとても優しい笑顔、それを

拝見するスタッフたちも笑顔。

甘い香りは、一気にフロアを

〝笑い満開〟にしてくれました

アーカイブ

月別 アーカイブ