ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 

2012年10月アーカイブ

ハロウィンイベント「ジャックを探せ!」。

10月31日は「ハロウィン」ですね。

もともと日本の伝統や風土とはまるで

接点のない海外のイベントですが、

10年程前位からでしょうか、私たちの

身近でも徐々に定着し始めています。

halloween_2012.jpg

松阪施設内にも↑↑の様なカボチャの

お化けたちが、隠れミッキーならぬ、

〝隠れジャック・ランタン〟として

隠れているんですよ、あちこちに!

さて、どこにあるのでしょうか?

御来設の際はご利用者様にヒントを

頂きながら、是非お探し下さい

3つ以上探すと幸せになれるとか…

イベント「ジャックを探せ!」は、

本日17時迄の開催です、そして!!

発見に見事成功!された方は1階の

事務所へ御申告下さい、すると…

さっそく何か良い事があるかも

元 グラフィックデザイナー!

レクビリで使用するイラスト

描いて下さる、ご利用者のT様。

irasuto_drew.jpg

昔グラフィックデザイナーをされていた

というだけに、ホントに見事な腕前

もちろん!何かをなぞっている訳では

なく全てご自身で描かれた作品です。

昨日は、キャラクター調のキュートな

「辰」や「牛」を描いて下さいました。

この貴重な作品を使って、どのような

レクビリが行われるのか…楽しみです

雨に唄えば。

昨日のショートステイのヒトコマ…

窓の向こうは久しぶりに雨の世界、

ザーザーと一日中路面を打つ音。

akisame_jyoutyo.jpg

誰でも憂鬱になりますよね…

しかし昨日のご利用者様方は

秋雨を楽しんでみえるかの様に

終始明朗な雰囲気でした。

ならばと、ショートでは急遽

〝雨の紅白歌合戦!〟を開催

雨に因んだ歌、という条件

付きのカラオケ歌合戦です。

これがまた大盛り上がり!!

♬長崎は今日も雨だった

♬アカシアの雨がやむとき

♬雨の慕情 ♬雨の墨田河岸

♬氷雨 ♬大阪ふたり雨

それにしてもジャンル問わず、

日本には「雨」を題材にした

名曲がとても多いですよね。

写真↑↑は、歌合戦終了後に、

あらためて窓の外を眺めながら

「まだまだやみそうにないなぁ」

と呟くご利用者のT様でした

やがて木枯らしが吹く頃。

冬支度はもうお済みですか?

厳しい季節への突入を目前に、

新たな7days、覇気持ってGO!

【自転車奔走記】悪質商法にご注意!

【ケアマネの自転車奔走記】連載・120回。

住宅改修のトラブルにご注意!
今週は認知症についてはちょっとお休み。
住宅のリフォームに纏わるトラブルについてです
と言いますのも、先日ワタクシの在籍する
地区担当の地域包括支援センター
主催の勉強会で、
住宅リフォームに関するトラブルへの
注意喚起が
あったからなのです。
どのような内容か?と言いますと、
リフォーム業者が直接高齢者のお宅を訪問し、
手すりの取り付けや段差の解消などの
介護リフォーム
を提案します。
その際に〝介護保険の住宅改修を使う〟
事を
前提として話しを進めていきます。
工事の内容が決まると、ケアマネージャーに
連絡をして
介護保険の住宅改修の申請を
依頼するよう促したり、
或いは直接業者が
ケアマネージャーに連絡して住宅
改修の申請を
迫ったりするという手口です。

一見、特に問題は無いような気もしますが、
あえて
手口という少々キツイ言葉を
使ったのには意味があります。
そもそも介護保険制度での住宅改修を
利用するには、
色々な条件があります。
どういうものか?と言うと、
①要介護もしくは要支援の認定を受けている事。
②上限額20万円で、1割の自己負担が発生する。
③ご本人の状態に応じた必要な箇所の改修。
④住宅改修の対象となる工事には制限がある。
⑤保険者への事前相談(審査)事後報告が必要。
代表的なものを挙げましたが、これら諸々の
条件
に該当もしくはクリアをしていないと、
住宅改修費の
保険給付が受けられない
“保険給付対象外”
となるケースが往々にして
存在するんですね。
つまるところ
【正式な手続きを踏む】必要があるんです。

一般的な手続きをご紹介しますと、
Step①要介護(支援)対象者もしくは
     その介護者が住宅改修を希望。
Step②ケアマネージャー等の住宅改修申請に
     携わる事ができる
担当者と面談。
Step③担当者は・本人の状態・介護者の状況
     ・家屋の状況
を確認し、ご本人が
     どのような生活を行いたいか?
     何が原因でその希望が阻害されて
     いるか?
等々を書面記載する。
Ste④その解決の為には、住宅改修も
     含めどのような方法
が有効か?を
     総合的に検討・判断。
Ste住宅を改修する事で、ご本人の状態
     及びQOLが向上もしくは
介護者の
     負担軽減に資すると見込まれるのであれば、
     住宅の改修を仮決定。
Step⑥住宅改修の内容及び箇所を決定。
Step⑦ご本人の希望で施工業者を仮決定。
     業者と打ち合わせの上、工事図面及び
     工事費用見積書の作成を業者に依頼。
Step⑧図面及び見積書の内容をご本人と検討、
     工事内容及び
価格を判断。
Step⑨見積書に問題が無ければ、工事が
     必要な理由や改修前の写真、見積書、
     図面等々
住宅改修申請書類の作成。
Step⑩申請書類一式を保険者に持参し、
     住宅改修の事前審査
を受ける。
Step⑪保険者の指導があれば工事内容等を
     修正し、工事許可
を得る。
Step⑫住宅改修工事開始。
Step⑬工事終了後、申請書通りに工事が
     施工されたかを確認。
Step⑭ご本人と施工業者間で工事代金の
     支払い手続き。
Step⑮工事完了報告書及び代金の領収書、
     住宅改修が適切に
施工された事を
     証する写真を保険者に提出し、
     工事完了
報告を行う。
Step⑯保険者において、申請書の内容及び
     終了した工事の内容を審査。
Step⑰適切と認められれば、支払済み
     工事代金のうち、保険給付の
対象額
     20万円の範囲内で9割分を保険給付
     としてご本人に
支払(償還払い)。

かなり煩雑な手順ですが、あえて全て書きましたが、
住宅改修サービスに関しては、少なくとも、
これら一連の手続きを踏む必要があるんです。
住宅改修に限らずですが、介護保険サービスの
利用の出発点は、
あくまでご本人及びその介護者家族
の要望希望になります。
ですので!!!
介護保険のサービス事業者が突然自宅にやってきて、
「当社の介護サービスを利用して下さい」と
言う事自体があり得ない行為、
NG!なんです。

特に介護保険制度での住宅改修については、
○突然の訪問で、強引な勧誘をする。
○契約をするまで帰らないなど居座り続ける。
○勝手に工事の内容を決め、ご本人の要望を聞かない。
○工事の内容が不適切、標準以上の工事代金を請求。
○契約を解除しようとしても受け付けない、
 或いは脅す等の行為をする。
等々の被害が以前より報告されています。
特に最近は「市役所からの紹介で~」などと
身分を偽って営業をする。
「介護保険を利用したらタダになります。」
等の嘘をついたり、
「一割負担は当社で負担!」等の
法令違反を前提に持ちかける。
など、聞きかじりの知識を悪用した悪質な例の
報告も増えてきました。

これらの悪質業者に引っかかると、
○必要のない工事をされたうえに、標準より
 高い代金を請求される。
○保険給付が認められず全額自己負担になる。
 等々の被害を被る事になります。
そこで注意喚起なんです!!
○玄関を開ける前にその人の身分を確認。
○市役所職員や知らないケアマネージャーが
   突然自宅を訪問する事はまず
ないので、
   相手がそう名乗れば、疑って対応する。
○普段から、すぐに相談に乗ってくれる人、
   家族や知人、民生委員等
を確保しておく。
○拒否をしてもしつこく営業をしてくる
  ようであれば、迷わず110番通報する。

もしも契約してしまったら!!!
○すぐに市役所や地域包括支援センターへ相談。
○すぐに消費生活センターへ相談。
○すぐに家族、知人、に相談。
「すぐに!」が非常に大切です。
訪問販売の場合、一旦契約をしても、
後日クーリングオフ
(契約解除)する事が
認められていますが、有効期間(概ね1週間)が
決められ
ていますし、工事に着手してしまうと、
解除の手続きも煩雑になるので、
早めの相談や通報が大切です。

また、本シリーズで取り上げている
認知症の方でも、
その方に判断能力があると
判定されれば、締結した契約は
有効と
みなされる場合があります。
ですので、成年後見制度を
活用して予防策を
取っておくことも非常に重要ですね。
今週は、住宅改修に纏わるトラブルに
ついてご注意申し上げました。
とにもかくにも
「知らない人は家に入れない。」事が一番。
また「あれ?」と思ったら、すぐに関係機関へ
相談をするようお願いします。
では、今週はこれまで。
来週は【認知症を考えよう】の続き、
アルツハイマー病等の認知症の原因となる
病気について、
になります。
それでは、また来週お会いしましょう。
Good bye , see you next week 

【ウッチー輪ばなし】TRUE GIFT...

【ウッチー輪ばなし】連載・第77回。

みな、みなさま、こんにちわ!

空気の乾燥が目立ちはじめたこの頃ですが、

皆様、お風邪などひかれていませんでしょうか?

今年の風邪症状は〝喉にくる〟が特徴らしいです。

毎年こんな事を言っている気もしますが…

ともあれ風邪予防に、湿度管理が重要で

あるのは事実ですので、みなさまご留意を。


さて、本題です。

先日のこと、、

ある男性ご利用者様をお迎えにあがった際、

お見送り下さったご家族方の中に、

まだ幼いお孫様がおみえになりました

いよいよ出発の時、そのお孫様がポケットから

おもむろに何かを取り出したかと思うと、

「おじいちゃん!ハイ、これどうぞ!

元気な声で、こんな愛らしいプレゼントを…

from_omagosan.jpg

そのけなげな姿と、突然のサプライズに、

ご利用者様は感無量、我々スタッフはもらいウル

なんと、微笑ましい光景か…こんなドラマに

立ち会えるなんて、我々の仕事って素晴らしい!

たきびへ向かう車中、〝折り紙の栗〟を

見つめながら、真っ赤な瞳でお孫さんの

エピソードを語って下さったご利用者様。

「孫はなぁ、、目に入れても痛ない宝物やな。」

孫という存在は、やはり特別のようですね

ワタクシ自身は、まだ実感出来ない感覚ですが、

いつか、そんな日がやってくるのかなぁ…


【ウッチー輪ばなし】、今週はここまで!

ここ最近、急激に肌寒くなってきたので、

ちょっとあったか〜い話題にしてみました。

それではみなさま、また来週お会いしましょう~

Please take care , everyone 

 ヘルパーのカタチ 生搾り
第140回『その味方、おかず未満。』の巻。


<今週のテーマ>
今週配信のテーマは「白飯のお供と言えば…」。
どんな仕事にもいえる事ですが、介護という
職種もまた例外なく体力勝負の面があります。
たきびの休憩室には、給食だけでは量不足で、
白飯をおかわりする育ち盛り!?スタッフ達の
為に、何品かの「白飯お供」が常備してあります。
そんな経緯もあり、エラく盛り上がった収録、
みなさまぜひとも御一聴下さいませ!


<今週のメンバー>

赤塚浩文、内田英希、
三浦真弥、伊藤亜也子、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

緑の子どもたち。

先日も紹介致しました〝たきび畑〟

だいぶんと緑色が広がってきました!

2012_green_2.jpg

グリーンプロジェクトの一環として

始めたのですが、実際に作物を育てて

みると、何とも愛おしいものですね

「今朝の霜はちょっと厚いなぁ」

「昨日の雨で被害はなかった?」

「あ〜無事で良かったわぁ〜!」

成長著しい我が子を見守るような

視点で、かわいい水菜や法蓮草を

育てる担当スタッフたちです

いつか、ご利用者様に美味しく

食して頂ける日が来るとイイな…

「防災訓練」リポート。

昨日はショートとデイのスタッフが

合同で参加する、半年1回の防災訓練日。

今回の想定は「夜間の出火」でした。

bousaikunren_2012_10_1.jpg

夜間の施設は、日中に比べてスタッフ数が

少ない為、火災発見が遅れたり、また発見後の

避難誘導に時間がかかる可能性があります。

〝事前のルーティン確認〟という意味では、

最重要想定と言えるのではないでしょうか。

今回は、通報&避難誘導訓練を各3回実施、

その後「寝たきりの方」「杖歩行可能な方」

「車椅子自走可能な方」等ご利用者様の状態

に応じた複数のパターンを演習しました

bousaikunren_2012_10_2.jpg

今後もあらゆる可能性をイメージして

訓練に取り組んで行きたいと思います。

全国的に各自治体がハザードマップを修正

している現在、ここ松阪でも津波到来が

予想されることから、今後は地震想定の

複合的な防災訓練も実施する予定です。

54℃ の向こう側。

松阪施設の自動販売機に…

hot_2012.jpg

先日、ホットが導入されました

いよいよ「冬近し」って感じですね。

デイのご利用者様の中には、帰宅前に

ホットドリンクを購入してから帰路に

就かれる方も少なくはありません。

そんな皆様を拝見しつつ、ご帰宅後に

ホッと一息つかれるのかなぁ、、

なんて想像してみれば、こちら

心もあったか〜くなってきます

外気温が下がる分、人の温もりを

感じやすくなる季節になりました。

季節を感じる健康法。

「秋刀魚」「きのこ」「柿」…

先日のランチ〝秋定食〟は大好評でした!

irodorizen.jpg

✜美味!秋刀魚の炊込み御飯。

✜ツルッと食感!きのこ蕎麦。

✜緑パワー!法蓮草のお浸し。

✜渋〜い甘味!柿ヨーグルト。

何より嬉しかったのは、ご利用者様が、

ほぼ全員、完食!して下さった事です。

先日配信の『ヘルパーのカタチ生搾り』でも

「食」を取り上げておりますが、旬の食材を

食すことは、それだけで既に充分な健康法

なのではないか?と感じる事があります。

間近に控えた厳しい冬を乗り切る為にも、

栄養の季節食をモリモリ食べましょう

早いご家庭では、既に暖房のスイッチに

手が伸び始める頃ではないでしょうか。

風邪はもちろん、インフルエンザなどの

感染にも更なる注意が必要な時期です。

身を引き締め7days、覇気持ってGO!!

【自転車奔走記】「認知症を考えよう」#3。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・119回。

すっかり秋らしくなりましたね。
朝晩の心地良い冷え込みが、一層の秋愁を誘う
こんな時期は、久方ぶりにシャンソンでも
聞きたくなります、
曲はもちろん「枯葉」。
少し物憂げなこの名曲を聴きながら食すは
秋の味覚「
栗きんとん&栗ようかん」そして
「モンブラン」!
バックに流れる枯葉に反して、
食欲は一向に枯れない、
常緑樹の如く一年中
たわわに実り成長を続ける〝
常脂腹〟ケアマネの
ヒロモリがお送りする【自転車奔走記】
始まり!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今週は認知症の原因となる代表的な
病気や疾患について、
お話しをしていきます。
とその前に、認知症を引き起こす原因として、
病気」「疾患
と言葉をあえて使い分けました。
何故か?といいますと、認知症を引き起こす
色々な原因は、
大きく2つに分ける事ができます。
変性疾患
脳血管障害
上述がその2分類になります。
これは先週も少し取り上げ
ました厚生労働省作成の
政策レポートに記載されている分類です。
実際は、もっと細かな分類がなされているそうですが、
あまりに専門的になるので、今回はこの分類法に
沿って
お話しをしていきます。
先ずは「変性疾患」から。

この変性疾患は
「脳や神経の細胞が徐々に変性し壊れて行く
病気」と
お考え下さい。
私達は、出生時から一定の脳機能、
神経機能を持っています。
それらの機能は、
病気や怪我等の原因が無ければ、加齢等
の自然要件を
加味した範囲で状態維持ができていますが、
何らかの原因でそれらの機能をつかさどっている
脳細胞や
神経細胞が変性していく、つまり加齢等の
自然要件を
遥かに上回るスピードで壊れる事があります。
これらを総称して【変性疾患】といいます。
この変性疾患は、脳細胞や神経細胞が徐々に
壊れて
いきますので、進行に応じて様々な症状を
呈するように
なり、呼吸等の生存に必要不可欠な
機能まで障害を
受けることもあります。
また、原因がよく分かっていな
い事が多いのも特徴。
この変性疾患に分類される認知症の原因と
なりうる病気は、
・アルツハイマー病
・レビー小体病
・ピック病(前頭側頭型認知症)
・パーキンソン病
などがあります。
これらの病気のお話しは次週以降していきますね。

続いては「脳血管障害」です。
変性疾患が脳神経の細胞の変性が原因だったのに対し、
この脳血管障害は、脳内の血流が悪くなったり
することで、
脳細胞壊死等の障害を負う事を指します。
代表的な
疾患名に「脳梗塞」があります。
これは脳内の血管が
血栓(血管中の血の塊が栓の
ように血管を塞ぐこと)
などの原因で流れが阻害され、
その結果血流が滞り
脳細胞が壊死するとお考え下さい。
これら脳血管障害と先に挙げた変性疾患との
最大の違いは、
脳血管障害が脳梗塞等の血管障害が
起因となるいわば
2次的なものであるのに対し、
変性疾患は脳神経細胞の病変
そのものが原因と
なっていることです。
言い換えると、脳血管障害を起こさなければ、
つまり生活習慣病
等の血液・血管病リスク
(例えば動脈硬化や高血圧等)が低ければ、
脳梗塞等の発症リスクも低く、従い脳血管性認知症の
発症率
も比例して低いが、変性疾患は原因が
よく判っていないこともあり
発症リスクの高低に
ついては正直不明な点が多く、発症すると
その病気の進行に応じて比例的に認知症の
症状が進行
すると言う事が言えます。

以上、
代表的な2分類で認知症を引き起こす疾病

これら二つの共通点は“不可逆”、発症すると
脳機能は元に戻らない事が殆どであると言う点です。
アルツハイマー病等で変性してしまった脳神経細胞や
脳梗塞で壊死してしまった脳細胞は、基本的には
その
機能を回復する事が無いとされているという意味。
この不可逆の反対が可逆、つまり元に戻る可能性が
ある事を指す言葉ですが、認知症を引き起こす
原因となる病気・疾患にも可逆、正確には
脳神経細胞
の変性や壊死を伴わないものがあります。
その代表的な疾患が「正常圧水頭症」というものです。
一時期大きく取り上げられた事がありましたので、
耳にした方も多いのではないでしょうか?
この正常圧水頭症ですが、脳内を循環している
「髄液」
という水の循環が悪くなる等の原因で
脳内に溜まり
脳を圧迫する事によって、
歩行障害や排尿障害、
集中力の低下や物忘れ等の
精神活動の低下を呈します。
物忘れや排泄障害など認知症によくみられる
症状が出ますが、
この場合は脳を圧迫している
髄液の循環を改善する事で
かなりの症状回復が
可能とされているんですね。
つまり治る可能性が高いと言う意味で可逆なんです。
但し、、
脳が圧迫された事により、脳細胞が器質的な
障害を
受けた場合は、残念ながら不可逆と
なりますので、
早めの診断と処置が不可欠です。
この正常圧水頭症は髄液が脳を圧迫するのですが、
頭を打つなど頭部が外的ショックを受けた結果、
硬膜
と言う頭蓋骨のすぐ内側にある膜の内部で
出血が起き、
その出血が血腫、つまり血の塊と
なって脳を
圧迫します。
その結果手足の麻痺や歩行障害、思考力の低下

ぼーっとする等の精神活動低下の症状が起きます。
この状態が「硬膜下血腫」と呼ばれるものです。
この硬膜下血腫ですが、急性と慢性があります。
急性は頭部受傷後比較的早く症状が現れますので
判別はしやすいですが、怖いのが
「慢性硬膜下血腫」
とよばれるものです。
血腫が脳を圧迫して認知症状
を引き起こす事は
同じですが、慢性と言う言葉が示す
通り、
頭部外傷後ごく微量の出血が長期間続く事で
血腫
ができ、脳を圧迫するという特徴があります。
つまり、症状発生のかなり以前に原因があるので、
頭部の外傷と認知症状を一見して結びつける事が
なかなか難しいんですね。
ただMRI等の画像診断
をすれば、それこそ一発で
判明する事も非常に多く、
また処置後の予後も
比較的良いと言われています。

この慢性硬膜下血腫ですが高齢者の方に
多いそうで、ワタクシ
も実際に遭遇した事があります。
「ある日突然」
思考力の低下や物忘れが顕著になり、
あっ!と言う間に
手足の麻痺が出現しました。
病院に受診してCT検査で
慢性硬膜下血腫が判明、
すぐに手術を受ける事になりました。
因みに、手術の翌日病院へお見舞いに行くと、
「あら!ヒロモリさん!」
といつもと変わらない
お姿があり、安堵と言うか少々あっけに
とられた記憶があります。
この慢性硬膜下血腫、ごく軽い打撲でも発症する
事があるそう
なので、十分にご注意して下さい。

さて、
認知症を引き起こす色々な病気や怪我を
お話ししてきましたが、
最後に、
ここ最近症例報告が多くなってきた、
うつと認知症の関係について少しお話しします。
うつ病と認知症、一見全く別の病気のような
気もしますが、
確かに病気としては全く別なんです。
うつ症状の中で
記憶力や集中力、思考力の低下が
観察される場合が
あります。
この症状が認知症、特にアルツハイマー型の
初期症状とよく似ていますので、高齢者の方が
左記の
症状を呈された時にご家族様が
「認知症?」と勘違いしてしまう
事が
あると言う事なんですね。
つまり、
うつ病と認知症には
症状に共通点があると言う事。
ただ、高齢者の方がうつを発症した場合、
【高齢者→物忘れの症状→認知症だ!】
という、少し失礼な言い方になりますがいわゆる
「ステレオタイプ」の
思考で、それこそ「認知症」と
決め込んでしまうケースが想定できます。
認知症のケアにはアクティビティ生活の活性化が
良い
とされる場合が多いので、それこそ人との
関わりを増やしたり、
外出の機会を多く持つなど
生活に刺激を多く持つ暮らし
をする事を
推奨するのは別におかしくないんです。
ですが、もしその方が認知症ではなく
うつだったらどうでしょうか?
対人交流機会の増加や外出等、
もしかしたらご本人様にとって
一番苦痛に
を強いる結果になる場合も想定
できますよね。
場合によっては病気の悪化も懸念されます。
この「うつと認知症」、
実際は判別が難しい事もあるようですが、
我々が知識として持っておく必要性は
非常に高いと考えています。

さて、長々とお話ししてきましたが、
まとめると、
認知症の原因には…
☆脳神経細胞の変性が原因となる変性疾患。
☆脳血管の障害により脳神経細胞が
 障害を受ける脳血管障害。
☆正常圧水頭症や硬膜下血腫の様に
 治療可能なもの。
☆うつ病。
様々が原因が想定されるという事と、
そして、
物忘れや集中力低下、或いは機能障害など
「あれっ?」と
思う事があれば、
早めに医療機関へ受診し相談する事が
非常に大切であるという事になります。
原因が判かってこその対応と対処ですね!!

では今週はここまでとします。
来週は、アルツハイマー病や
レビー小体病などの病気
についての話しから、
中核症状と周辺症状という
非常に
重要な考え方のお話しをする予定でいます。
ちょっと難しいオハナシが続きますが、
どうぞお付き合い
くださいませ
それでは、また来週お会いしましょう。
See You Next Week! 

【ウッチー輪ばなし】渋い男になりたい。

【ウッチー輪ばなし】連載・第76回。

みな、みなさま、こんにちわ

急な冷え込みで、巷では風邪が流行しています。

就寝時は上着や毛布を一枚多くするなど、

健康管理に一層のご注意を下さいませ。

あっ!インフルエンザの予防接収もお早めに!


さて、本日のメインテーマへ。

秋深まるこの頃ですが、先日あるお方より

とっても立派な「柿」を頂戴致しました

kai_hallowin.jpg

この時期の果物といえば、やっぱり柿ですよね。

全世界の生産量中72%が中国で作られている

柿ですが、国内に絞ると生産量NO1は、

三重県のお隣、和歌山県という事になります。

以前、和歌山産の〝早秋〟を食べた時に、

その自然な甘味を帯びた渋さと、ジューシーさに

さすがはNO1の産地だと、驚いた記憶があります。

ちなみに〝早秋〟というのは品種名でして、

他の有名所なら富有柿や次郎柿などでしょうか?

実は柿の品種って、全国津々浦々全て合わせると

ナント!1000種を超えるといわれているんですよ

柿を食べる際、その品種まで気にする事は

あまりないかも知れませんが、次の機会には

ぜひお調べ頂くと、美味しさが増すかも…

ワタクシも気をつけてみます!

 

このブログ連載も、おかげさまで76回目。

これからも出来るだけオリジナルな視点で、

進めて行きますので宜しくお願い致します!

それでは、また来週お会いしましょうね~、

Please take care , everyone 

 ヘルパーのカタチ 生搾り
第139回『食事の食べ方残し方』の巻。


<今週のテーマ>
今週の配信内容は「食べ方と人」について、
ならびに、そこから派生する躾文化の談論。
お食事中のご利用者様を拝見する際に、
感じる事は〝食物に対する敬意の深さ〟です。
そこから読み取れる美意識を、私たちは
学び直し、伝承しなければなりません。


<今週のメンバー>

赤塚浩文、内田英希、
三浦真弥、伊藤亜也子、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

雨音が教えてくれたのは...

本社トレードマークの看板も、

一日中降り続く雨で泣き顔

2012_10_honsya_ame.jpg

ヘルパーにはこたえる天候ですが、

台風の影響なので仕方ありませんね。

不安定な天候は時に、ご利用者様方の

精神状態も不安定にしてしまいます。

「ひとりで怖かったわぁ」

「あんたの顔見て安心した」

「来てくれてありがとうな」

ご利用者様が求めてみえるのは、

決して技術だけではありません。

こんな日は、私たちに課せられた

「責任」を再認識したりもします。

松阪城ではなく松坂城である。

たきび厨房業者『がっつ』所属の

調理師・湯浅光子さんの特技は絵画。

それもかなりの腕前で、今年春には

松阪市で個展を開催した程なんです

yuasa_gahaku_gojyouban.jpg

その画伯?がこの度、自身お気に入りの

作品をたきびに寄贈して下さいました。

地元史跡松坂城跡」を描いた水彩画、

ご利用者様の故郷談義も弾む一枚です。

1588年蒲生氏郷により築城された松坂城、

松阪のサカの字が当時のまま〝坂〟

なっているのが大きな特徴と言えます。

ちなみに松坂城は、その石垣の美しさに

定評があり「日本の城百選」にも選定。

桜や藤の名所として、現在でも地元

松阪地域を中心に親しまれています。

また近くには御城番屋敷と言われる、

当時旧紀州藩士が住んだといわれる、

武家屋敷が多数軒をつらねており、

観光地として結構有名なんですよ

そしてナント!この御城番屋敷には、

希望者の中から当選した方々が

今も居住されているんですよ!!

地元歴史の足音が聞こえそうな作品、

ご来設の際は、ご観賞下さいませ

縦の糸は私、横の糸はあなた...

デイサービスのフリータイム…

ご利用者E様が取り組んでみえるのが

こちら↓↓の編み物…ご覧下さい!!

すごいですよねこの技術と根気。

amimono_1.jpg

あまりにも見事な作品だったので、

ブログUPの御了承を得た次第です。

それにしても、その手捌きたるや、

スタッフ全員が唖然とするほど

まさに〝巨匠の技〟ってカンジ!

このセーターに袖を通せる幸せな

人は果たして誰か?…内緒です。

真っ赤に染まれ!たきび渓谷。

先日の記事でも紹介致しました、

ショートフロアの壁にそびえる大樹!

葡萄やりんごに加え、最近もう一本が

追加されました、ご覧下さいませ

kouyou_short_1.jpg

こちらももちろんご利用者様作!

こちらの紅葉樹にはまだまだ装飾が

施される予定ですので、ますます

華やかさが増していくはずです

この季節、ご利用者様の多くも、

〝自然の中で紅葉観賞をしたい…〟

とお考えですが、体力面からも

なかなか困難なのが現実です。

そんな皆様にわずかでも雰囲気を

味わって頂きたい!と始めた企画

『たきび渓谷の紅葉シリーズ』。

見頃!?に再度リポートしますね!

もっともっと真っ赤に染まれ

〝涼しい〜〟という形容詞が、

いつの間にやら〝寒ぅ!〟に。

みなさま、体調にご注意の上、

新たな7days、覇気持ってGO!

【自転車奔走記】「認知症を考えよう」#2。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・119回。

今週はマクラなしでいきなりスタート

『認知症を考える』の本編。
まずはそのパート1として、医学の視点から
認知症を考えていきたいと思います。
ただ「医学の視点」と言っても、私は医療従事者
ではありませんので、医学的見地からの情報を
紹介しながらお話しを展開して行く事になります。
その点はご了解下さいネ。

では、先ず「認知症」とは何か?
についてお話しを
していきます。
認知症の定義は様々ありますが、私が見聞した
中で一番分かりやすかった定義を
ご紹介します。
認知症とは、いろいろな原因で脳の細胞が
 死んでしまったり、
働きが悪くなったために
 さまざまな障害が起こり、生活するうえで
 支障が出ている状態(およそ6ヵ月以上継続)。
上記は厚生労働省の【認知症を理解する】という
政策レポート
からの転載になりますが、
認知症という言葉の持つやや複雑
な側面を簡潔に
表現できていると考えています。
その複雑な側面と言うのが、先週少しお話しした
「病と症」。
この一見似ているようで、その実違いの大きい
単語の意味の
違いが原因になっているものです。

先に挙げた厚労省の定義文(以下、定義文)の
最初の部分「いろいろな原因で脳の細胞が
死んでしまったり、
働きが悪くなったために
さまざまな障害が起こり…
を使って説明します。
棒線部分中のいろいろな原因という文言が
「病」の事を
指しています。
この棒線部分を言い換えると〝認知症には先ず、
脳の働きを阻害するような何らかの原因がある〟
という事に
なるんですね。
この、脳の細胞が死んだり、働きが悪くなるといった
現象を引き起こす原因と言うのが「原因疾患(疾病)」、
つまり認知症の大元の疾患と言う事になります。
そして、定義の波線部分、その病気や疾患が原因で
起こる
色々な脳の変化や障害によって起きる
「生活するうえで支障が出
るようなさまざまな障害
を、と言うんですね。
つまり「病と症」とは、密接にかかわっていても
イコールとは
言い切れないという事なんです。

ここで例え話をします。
私ヒロモリが、最近鼻水をすすりくしゃみを連発。
少々熱っぽい気もしたので、市販の風邪薬
飲んで安静にするようにした…
とします。
鼻水、くしゃみの原因が風邪ならこの対応でも
いいですが、
もしも原因が花粉アレルギーだったら
どうでしょうか?
風邪薬を飲んでもあまり効果は
期待できませんよね。
下手をすると症状が悪化
するかもしれません。
鼻水・くしゃみといった
「症状」が何から来ているのか?を
はっきり
させてからでないと誤った、、というか効果の
薄い
対応をしてしまう恐れが高いです。
実はこれと同じ事が「認知症」にも言えるんですね。

例えば物忘れの症状が目立つようになったとします。
日頃、一人でいる事が多く刺激が少ない毎日なので、
もっと人と接する機会を多くしたり、本を読んだり
パズルを
したりといった頭を使う作業をもっと
するようにしたとします。
これらの方法は決して
的外れではなく、実際かなりの
効果を挙げている
方法なんですが、もし物忘れの
原因が、脳梗塞の
ような脳血管性の疾患だったら
どうでしょうか?
先ず行うべきは医師による治療ですよね。
もしも治療が遅れれば大変な事になる可能性も
ありますし、
原因となる疾患が治れば、症状が
改善する可能性も多々あります。
言い換えれば…
現前の症状にばかり目を取られると、
治癒の機会を
失う事もありうる
という事です。
(ただし脳機能については「不可逆」、
 つまり一度障害を負って
しまうと元には
 戻らない事が殆どですので「病」の治療が
「症」の
 改善にダイレクトに結び付く訳ではありません。)

整理すると「認知症」というのは、
①病気や怪我等の原因で脳の機能がダメージを受ける。
      ↓
②脳の機能に障害が起きた結果、実生活を送る上で
 障害となる様々な症状が観察される。
という、現象として起きている事象とその原因となる
ものを明確に区別したうえで
現に起きている
症状や障害を指す言葉なのです。

やや、ことばの解釈・解説に終始しているようですが、
「認知症」を理解する、考える第一歩はココです!
認知症というものに接する際、先ず心がけるべき事は、
目の前にある諸症状にばかり目をやるのではなく、
原因はなんなのか?
先ずそれを知る事なんですね。
その為にも、「おかしいな?」と感じたら、
早めに医療機関、
特に認知症を専門に看て頂ける
医療機関への
受診を強くお勧めします。

では、今週はここまでとします。
来週は、「認知症の原因となる病気や疾患」に
ついて
お話しをしていきます、それではまた!
See You Next Week 

【ウッチー輪ばなし】連載・75回。

みな、みなさま、こんにちわ!

10月に入り、周辺では専ら運動会関連の話。

聞く所によると、今年は天候に恵まれている様で、

中止や延期が少ないらしいですね、何より!


さて、さて本題に…

たきびでも大いに盛り上がった運動会。

デイサービスの様子は、既に本ブログで

紹介させて頂いていますが…もちろん!

ショートステイでも実施されたんですよ

short_taiikusai_1.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

写真は、入場行進が終わって開会を直前に

控えたショートステイ大ホールの模様。

ご利用者様による高らかな選手宣誓の後、

いよいよ競技の開始…今も昔も変わらぬ定番

「紅白玉入れ」の他「グルグル回転リング!」や

「バンズ・ザ・バトル」「カ行抜き歌合戦」など

皆様方、気持ちが幼少期に戻られたように、終始、

満面の笑みで楽しんでみえたのが印象的でした。

一年に一回の運動会、ご利用者様はもちろん、

お越し下さった御家族の皆様も競技に熱中。

いつの間にやら、スタッフも盛り上がって…

あっという間の120分、本当に楽しかったぁ〜

さぁ、次のイベントに向かって企画会議だ

最後に、この場を借りまして、

ご協力頂いた皆様方に御礼申し上げます。

事故や怪我なく、こうして無事に終われたのも、

皆様のおかげ、スタッフ一同心より感謝致します。

誠にありがとうございました!!


それでは、また来週お会いしましょう

たきびの〝アベベ〟こと内田英希でした!

Please take care , everyone 

ヘルパーのカタチ 生搾り
第138回『福祉的人物連想。後編』の巻。


 <今週のテーマ>
先週配信テーマの続編です!
人物から福祉を連想する…言葉にすると、
少々まどろっこしい気もしますが、
改めて考えてみると、皆様にも心当たりが
おありになるのではないでしょうか?
漫画界の巨匠・手塚治、登山家の野口健さん等、
今週も各方面から多彩な名前が挙がります。
ぜひ御一聴下さいませ!


<今週のメンバー>

赤塚浩文、内田英希、三浦真弥、
木田健太、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

いざ!ショートステイ体育祭。

先週、幕を閉じたデイサービスの

「大運動会」から遅れること数日…

本日はショートステイ『大体育祭』!

short_.jundoukai_jyunbi_1pg.jpg

昨日はご利用者様・スタッフ共に、

最終準備に余念がありませんでした

万国旗やアーチをデコレーションする

紙造花など、全面的に皆様のご協力

いただいたおかげで、準備は万端

胸躍る10月12日、いざ、本番です!

〝クワ小町〟大奮闘!

グリーンプロジェクトの一環として、

たきび裏地に小さな畑を作りました。

takibi_hatake_1.jpg

土壌が命の畑作り、経験がないと

均すのはなかなか難しいのですが、

そこはバイタリティー豊か!?な

たきびスタッフ自称〝鍬小町〟

ことデイの永田正子が中心となり

手際良く完成!さっそく栽培中

ニラと法蓮草がなる日も近そう…

皆様ご来設の際はご覧下さいね!

ここからしか見えない景色がある。

デイサービスの『大運動会週間』!

事故も無く無事に終わりました

2012_day_undoukai_3.jpg

ご利用者様によるチーム対抗の綱引き…

ならぬ毛糸引き〟吊輪リレーでは

皆様方真剣で白熱した勝負を!そして

仮装リレー満水競争など、ユーモア

要素の大きい競技では笑顔で勝負を!

2012_dayundoukai_4.jpg

全編に渡り、なかなかメリハリの

効いた一週間になったと思います

あるご利用者様の有り難いお言葉、

「この歳で運動会を楽しめるなんて

  嬉しい限りやなぁ、ありがとう。」

お聞きした際、もう、感慨無量で…

いつもながら、ご利用者の皆様から

多くを教えて頂いた一週間でした。

そして、そして!

皆様が最も盛り上がってみえたのが

スタッフによる対抗競技の応援

キャタピラレース・3人4脚・リレー。

2012_day_undoukai_1.jpg

慣れ親しんだいつもの顔が、真剣に

競技に取り組む姿は、皆様にとって

我々の予想以上に胸踊るようですね!

それを感じてか、ご覧下さいませ↑↑

スタッフたちの嬉しそうな表情を

この幸福感、我々の特権ですね。

飯田蛇笏と栗の歌。

『折り取りて はらりと重き すすきかな』

秋の句として有名な飯田蛇笏の

代表作、この歌の主題は生命の

重さと尊さだと言われています

ススキの穂は、見た目には軽そう、

だが、折って手に持ってみると、

思いがけない程の重さであった…

季節柄あちこちで揺れるススキを

見る度、この句を思い出します。

実際にはススキって、それほどは

重くないと思うのですが、きっと

蛇笏にとってそう感じる〝何か〟が

あったのでしょうね…それが何かは

分かりませんが、そこには我々が

決して失くしてはいけない感性

隠されているような気がします。

秋を感じさせてくれるモノは数あれど、

〝栗〟はその代表格ではないでしょうか?

先日の「手作りおやつ」でご利用者様が

挑戦されたのは『栗きんとん』でした!

kuri_oyatsu_1.jpg

少し荒めに栗をかき出し、餡に混ぜ…

う〜ん、書いているだけであの上品な

甘味がよみがえってくるようです!

ミネラルや繊維も豊富で、栄養面も

優れた、小さいけどスゴいヤツ

お茶片手に、頬張って笑う皆様は、

秋を満喫されているご様子でした

秋の盛り、生命を謳歌し、

季節を満喫して下さいませ!

さぁ、それでは今週も7days、

覇気持ってLet's Go Together 

【自転車奔走記】「認知症を考えよう」#1。

 【ケアマネの自転車奔走記】連載・119回。

朝晩、めっきり涼しくなりましたが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?
運動会は一段落した様子ですが、
これからは秋祭りや紅葉見物などなど、
楽しい秋の風物詩が目白押し
ワタクシの仕事場がある今日の津市は
「津まつり」と言う津市民が毎年心待ちに
している
ビッグイベントの真っ最中!
一方お隣の鈴鹿市では「F1鈴鹿GP」。
こちらも全国からモータースポーツファンが
押し寄せて
来ています…もしかしたら、
一年で一番賑やかな日かもしれませんね。
と言いつつも、まだまだ朝晩と日中の気温差が
大きい時期、
体調には十分ご注意下さいませ。
では、自転車奔走記〝認知症の巻〟始まりです!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今週からのテーマは「認知症」についてです。
が、その前に、本連載で認知症のオハナシを
進めて行く際のスタンス、、と言いますか
方針につきまして
前説として述べさせていただきます。
「認知症」という言葉、皆さまも良く目にしたり
耳にしたり
する機会が多いと思います。
因みに、
厚生労働省の推計で、平成22年度は
208万人の方が、
平成27年度には250万人の方が
認知症の症状が見られる
状況にあるという
データも公表されています。
また、「若年性認知症」つまり30代・40代で認知症の
症状が発症する事例が取り上げられる機会も増え、
介護・福祉の問題から社会問題へとなりつつ
あるのが
現状なんですね。

ここ数年間で急に身近になった「認知症」。
「認知症って何?」と問われると、恐らく
多くの方が返答に
窮してしまうと思います。
物忘れや迷子になる等々が認知症のイメージ
として一番多いのではないでしょうか?
実際のところ、上述のような症状が現れると
認知症」と判断される場合が多いのは
紛れもない
事実なんですが、
では物忘れ=認知症かというと、
厳密には
両者をで結ぶことはできないんですね。
「へっ?!」とお感じなる方も多いのでは?
しかしここが非常に重要なポイントなのです。
専門的には、「中核症状」と「周辺症状」
という言葉を使って
解説がなされています。
また「認知」と言いますが「認知」とは
言いません
よね。
皆さんが良く耳にする「アルツハイマー病」、
認知症の症状を
呈する代表的な疾患ですが、
これは「病」という単語がついています。
アルツハイマー病を発症したことで認知症の
諸症状が観察
されると「アルツハイマー認知」と
呼ばれる事が多い、
つまり「病」と「症」という
文言を区別して使用している訳なんですね。
じゃあ、認知症って?

というギモンを皆さんと一緒に考えていこう!
と言うのが、
これからで取り上げる「認知症」の
大きなテーマです。
認知症の定義は?
認知症の原因は?治療は?
認知症の介護は?
などなど、様々な切り口からお話しをする
必要がありますが、
①医学からの切り口。
②介護からの切り口。
③家族・地域からの切り口。
④施策・行政からの切り口。
⑤予防的視点からの切り口。
以上、5つの切り口から進めて行く予定です。
もちろん、認知症の介護についての具体的な
ノウハウや
介護保険制度についてもお話しはしますが、
目的は、「皆さんと一緒に認知症を考える」
こと!
少々抽象的・概念的なお話しや、小難しい
制度や
法令のお話しをする事も多いとおもいます。
ただ、お互いが色々な知識を得ることで、
「認知症」
を大きく捉える事ができれば幸いです。

と言う事で、
次週より「認知症を考えよう」本編開始!
1回目は「医学視点での認知症」です。
それではまた来週、See You Next Week
 

【ウッチー輪ばなし】KYTとは?

【ウッチー輪ばなし】連載・第74回。

みな、みなさま!こんにちわ

朝夕が少しずつ寒くなって来ましたので、

先日いよいよ長袖を身にまとい始めました

ウッチーこと内田英希望です、お元気ですか!

それにしても本当に涼しくなりましたね

一年で数少ない、車にエアコンがいらない日々。

やがて暖房のスイッチに手が伸びそうですが…


さて、さて、そんな最近の話題から。

先日、定例の勉強会が開催されたのですが、

この日のテーマは、日新火災海上保険ユニバーサル

リスクソリューション株式会社から小黒信治様に、

お越し頂いて、ズバリ!『自動車運転の予防意識』。

anzenunten_kousyuukai_1.jpg

中でも特に印象的だったのが、KYTという取り組み。

KYTとは〝危険予知トレーニング〟の頭文字の略で、

実際に起こった悲惨な事故現場映像を見た上で、

どのようにすれば事故を未然に防げただろうか?

という方法論を皆でディスカッションしながら

考え合うという、討論式のトレーニングです。

速度制限、巻き込み確認、交差点への進入方法、

運転前の心の準備、起こりえる危険の想定等々…

今回は事前に、ご利用者様の送迎時に起こり易い

事故の映像をピックアップして頂いた事もあってか、

予想以上に白熱したトレーニングになりました。

この意識を、実戦で役立てる事が大切ですね


今回の経験を参考にして、
次回の勉強会では、

介護現場における〝KYT〟を行う予定です!

以上、【今週のウッチー輪ばなし】はここまで。

それでは来週もお楽しみに!Please take care 

ヘルパーのカタチ 生搾り
第137回『福祉的人物連想。前編』の巻。


 <今週のテーマ>
予想以上に展開する談論…またまた前後編パターンです。
テーマは「福祉を連想する人物」、あくまで「福祉から」
ではなく「福祉を」というところに重きを置きました。
バルセロナのメッシをはじめ、ちょっと予想外の
名前が挙がるのですが、その理由がなかなか深いです。
タイトルほど堅い内容ではありません、ぜひ御一聴を!


<今週のメンバー>

赤塚浩文、内田英希、
三浦真弥、木田健太、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

このもみじ、落葉知らず。

2階ショートステイのフロアに

飾られているのは〝もみじの木〟

もちろん!ご利用者様による作品。

momiji_1.jpg

赤色や橙色の折り紙を一枚づつ

綴って、丹念に作成されたており、

近くで観賞すると、実に綺麗です!

冬までしばらくの間、展示予定と

なっておりますので、みなさま方、

ご来設の際はぜひご覧下さいませ

秋桜は、なぜ小宇宙と呼ばれるか。

ご利用者様が、自宅の畑に咲いていた

〝秋桜〟を持ってきて下さいました

さっそく花瓶にさしてテーブルに…

akinohana_cosmos.jpg

日本語表記で秋桜、学名cosmos。

我々にとっては秋の代名詞的な花は

ラテン語で「秩序ある完結した体系」

という意味、それが転じて〝小宇宙〟

呼ばれる様になったとの事です。

「いよいよ秋になったんやなぁ」

「台風に負けやんとすごいなぁ」

秋桜を見つけたご利用者様同士の

会話が場を色付けてくれました

『大運動会週間』開幕 @ デイサービス!

デイサービスでは運動会が開幕!

day_undoukai_1.jpg

※写真は関係者ご了承の上掲載しております。

詳細は週末のまとめ記事に預けますが、

この日、激闘の末勝利したのは白組!

初登場競技の満水競争や、定番競技の

玉入れなど…今年も初日から大いに

盛り上がっており嬉しい限りです

今日と昨日のご利用者様が違うのが

デイサービス。今日もスタッフ一丸と

なり大運動会を演出して参ります! 

アンチエイジング < グッドエイジング。

皆様、台風被害はいかがでしょう?

国道23号線でも、視界不良や強風による

交通事故が、多く起こったようですね…

想像を上回るのが天災、唯一の対抗策は

過去の経験に基づく知恵しかありません。

地震・水難・積雪、お互いに万策を!

❖  ❖  ❖

『港公民活動』様がお越し下さいました。

しなやかな舞踊に、ご利用者様は大盛況!

驚くべきは、演者さんの平均年齢でして、

なんと80歳を超えてみえるそうなんです

IMG_1956.jpg

ご利用者様よりご高齢の方々も多く、

体力が心配ですが…でもでもでもでも

そんなの関係ねぇ♪そんなの関係ねぇ♪

この日は残暑厳しい中での演舞となり

ましたが、その動きは力強く、軽快

中でも印象的なの『ボケない小唄』。

♬「趣味のある人味もある

  異性に関心持ちながら

   色気ある人ボケません」

歌詞にはナルホド納得!という部分も

多くて、非常に楽しい歌なんですよ!

❖  ❖  ❖

『港公民活動』様、有り難うございました。

次回のご来訪を楽しみにしています

アーカイブ

月別 アーカイブ