ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記】パラリンピック!

【自転車奔走記】パラリンピック!

 【ケアマネの自転車奔走記】連載・114回。

残暑真っ盛り!熱中症のリスクも減る気配全くなし。

今年の夏はなかなかしぶといですね。

皆様まだまだ気を緩めず、万全の体調管理をお願いします。

さて今週は【予防給付について:ケアプランの巻】

予定でしたが…先週に引き続きほっと一息

コーナーになります、誠に申し訳ございません。

是非とも皆様にお伝えしたい事がありますので、

よろしくご容赦のほどお願い致します!

お伝えしたい事とは…

いよいよ始まります『ロンドンパラリンピック』

今回で14回目を迎える夏季パラリンピック、

以前、本連載でも触れた事がありましたが、

「パラリンピック=障害者対象のスポーツ大会」

と安易に捉えられがちな傾向があり、

正直、福祉的なニュアンス重視で語られる事が

多いのではないでしょうか?ところが、

実際の競技を観てみると、オリンピック

勝るとも劣らないスーパーアスリート達が

誇りと名誉を賭けてぶつかり合う姿は、

コロシアムで闘うグラディエイターを

連想させるほどのド迫力!なんです。

どれくらい凄いかを少々紹介させて頂くと、

ロンドンパラリンピックにも出場される

自転車競技の藤田征樹選手の記録。

因みに藤田選手は学生時代に事故で両下肢を切断、

その後義足でトライアスロンを完走するなど

驚異的な身体パフォーマンスの持ち主です。

その藤田選手が2009年のパラサイクリング

トラック世界選手権大会、1000Mタイムトライアル

優勝した時のタイムは115307!

1キロを115秒程度で走るという事は、

時速に換算すると約46.8Km/hにもなります。

並大抵のスピードではありませんよ

自転車乗りの端くれを自任するヒロモリでも、

一瞬なら46Kmは出せますが、1キロ続けて

時速46キロで走るなんて、とても不可能。

別競技を見ても、競技用車いすで42.195Km

走り抜ける車いすマラソンの世界記録は

1時間20分14!腕の力だけで実に平均時速

31.7km/時を叩きだすケタ外れのパワーは、

常人にマネできる筈もありませんよね。

簡単な紹介でしたが、

出場選手の凄さがお判り頂けたかと思います。

パラリンピックの「パラ」は「Parallel:並行」。

つまり、もう一つのオリンピックと言う意味が

込められた熱い、アスリート達に期待です!

ロンドンパラリンピックは829日から開催、

TVでの放映もありますので、要チェック。

そして、最後に…

我が三重県から出場する、車いす陸上競技の

伊藤智也選手の健闘を祈っています!


2
週続けての脱線になりましたが、

来週こそ「予防給付・ケアプランの巻」を

お送りします、それではまた来週…

See You Next Week!!

アーカイブ

月別 アーカイブ