ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > スゴい話しをひとつ...

スゴい話しをひとつ...

今日は少し変わった話題を…

35年以上前に開業し、今でも本社と同じ

建物内で営業中の喫茶クロワッサン」

たきびのスタッフたち、特に本社のホーム

ヘルパーは、そのお店のマスター&ママに、

常日頃から大変お世話になっています

・・・

さて先日…ママである高畑昌美さんが、

本社の事務所に〝あるCD〟を持って、

寄って下さったので、気軽な気持ちで、

「お疲れさまです。それ、何ですか?」

とうかがったところ、驚きの返答が!!

「これ私が作詞したんさ、聴いてみて。」

benisuisyou.jpg

「えぇ〜!どういう事ですかぁ〜?」

ママさんに、その様な趣味があるとは

知らずにいたヘルパーたちは皆驚き

「いや、作詞なんて生まれて始めて…」

と笑顔で前置きした後で、ママさんが

語って下さった経緯はこうでした。

・・・

2012年3月12日の読売新聞全国版に、

岩手県宮古市の東日本大震災追悼式で

挨拶に立った県立宮古商業高校2年生

山根りんさんの記事が掲載されました。

そのメッセージに感動したママさんは

いてもたってもおれず、想いのままに

不慣れな散文詩を書いてみたそうです。

後日、お店でこの詩をご覧になった

〝音楽に見識の広い〟常連お客様から

曲をつけてCDにしよう!そしてたとえ

  僅かでも収益を被災地に寄付しては?」

という具体案をもらって話しは進展。

タイトル『紅水晶』としてワンコイン

のCD化が実現したとのことでした。

さらに驚かされたのは、共同通信社や

読売新聞社ご協力の元『紅水晶』が

被災地の山根さんに届いたとの逸話。

人が人を動かし、人が人を繋ぐ…

身近にもこんな奇跡があるんですね。

・・・

いつも笑顔のママさんは言います。

「いくつになっても熱く生きたい。」

身を以て教えて下さったママさん、

これからもヘルパーたちに貴重な

アドバイスの数々、お願いします

アーカイブ

月別 アーカイブ