ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記】「地域包括支援センター」#8。

【自転車奔走記】「地域包括支援センター」#8。

 【ケアマネの自転車奔走記】連載・111回。

暑い、暑い日が続いていますが、
皆さま体調は大丈夫でしょうか?
「室温管理と水分補給、そして十分な休養」
熱中症予防のアイコトバを唱和して、
元気に
夏を過ごしましょう!
オリンピックも中盤に突入
己の誇りを賭けて闘う全てのアスリートの姿は、
勝負の地平を越えて訴えてくるものがあります。
それこそ、勝っても負けても闘う姿は美しい!
全世界、全ての選手に拍手喝采ですね。
因みにイチ押しの種目「自転車競技」は、
トラック
レースの真っ最中で、イギリス選手団の
旗手を務めた
ホイ選手を始め、まさに世界最速の
スピードレーサーが
疾風のように競技トラックを
駆け抜けています。実に
最高速度70㎞/時以上!
う~ん、ヒジョーに楽しみです。
オリンピック開幕以来、帰宅後ビール片手に
競技観戦するのがすっかり習慣になって、
五輪にあやかり、腹は五重の重ね餅…
このままいくとオリンピック終了の頃には
メタボケアマネ男子無差別級メダル確定っぽい
ヒロモリがお送りする【自転車奔走記】
開講です
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週は「介護予防ケアマネジメント」のお話です。
具体的なお話しに入る前に、予防マネジメントの
概要についてお話しをしておきますね。
「予防ケアマネジメント」
って、ちょっと取っつきにくい
文言ですが、
要は「日常生活に何らかの介護を
要する状態に
ならないように、又は一日も早く身体の
機能を
回復して健康な生活が再開できる為の方法
を、
ご利用者様、ご家族、介護事業者、ケアマネ

一緒になって考えましょう!」と言う事です。
この〝一緒に〟と言うトコロがミソなんですね。

介護給付においてもですが、予防給付では特に
ご本人様とご家族さんの、予防的ケアに対する
取り組みが重視されます。
例えば、機能回復の為のリハビリテーションを
するにしても、週1~2回、30分程度の訓練だけでは、
なかなか効果が現れてこないんです。
そこで重要なのが、ご本人様の取り組みなんです。
◎散歩や体操などの運動を日課にする。
◎食事や睡眠など規則正しい生活リズム。
◎医療機関受診等の健康管理。
以上、思いつくままに挙げましたが、
要は毎日
の生活の中での積み重ねが確実な
機能回復
に繋がる第一歩なんです。
ただ、ワタクシ達はニンゲン…
健康な時でも、ちょっと
したことで気持ちが
ふさぎ込んだり、やる気スイッチ
OFFになって
しまったりしますよね。
特に介護サービスを利用する高齢者の方々は、
病気や怪我、或いは加齢によって身体・心身

機能が低下している謂わばマイナスの状況
からの
回復ですので、長期にわたって体力的にも
精神的にも負荷がかかる状態を強いられます。
有体にいえばしんどい状態が続く事になります。

そんな時、気持ちを後押ししてくれたり、
毎日の生活
の中で色々の協力をしてくれる
御家族”や友人・知人などのインフォーマルな
支援の存在は非常に
重要です。
そして色々な専門的立場から回復の支援や助言
行う介護事業所も重要な役割を担っています。
リハビリテーションと言う文言を「身体機能の回復」
と言う
狭義の解釈ではなく「健康の回復」と言う
広義の解釈
で考えると、以前お話ししましたように、
「健康」と言う状態は
身体の状況だけではなく、
心身状況、保健福祉の制度、
住環境、家族環境、
地域環境など複数要素が絡み合い構成されています。
つまり、
それぞれの分野からの知見に基づいた支援や
助言が
健康の回復には欠かせないんですね。
予防給付のサービスには、訪問介護・訪問看護を始め、
通所リハビリテーション、福祉用具貸与、
等々
様々な種類の“健康を構成する要素”に対応
した
サービスがあります。それら様々なサービスを
利用していく中で、そのサービスならではの見地
立った専門的な支援や助言で、ご本人様の回復を
後押ししていく事になります。
そして最後にケアマネは、ご本人様を中心に据えて、
ご家族や支援協力者、医療機関やサービス事業所等々、
ご本人に関わる、、というか繋がり合っている色々な
人や機関を結びつけ、
半年後、一年後を見据えた
「回復目標」を皆と一緒
に考えることを支援します。
そしてその目標に向かって
様々な取り組みを行い、
回復に向かって日々の生活を
送るご本人様を
側面から支援します。
これら、当事者を中心とし“支援者(機関)”

ネットワークを作り、調整していく事が
【予防ケアマネジメント】
と言われているものなんです。
あくまでもご本人様さんが中心!がアイコトバです!

ちょっと抽象的でしたが、予防ケアマネジメントの
概要は
ご理解いただけましたでしょうか?
次週は、今週の内容を踏まえた上で、
具体的な手続き
等についてお話しをしてまいります。
それではまた来週、皆様暑さに負けないでねぇ〜! 
がんばれ、NIPPON!
See You Next Week

アーカイブ

月別 アーカイブ