ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 

2012年7月アーカイブ

からだピース!こころピース!

先日は、スタッフの健康診断日

peace_1.jpg

今回も松阪健診センター『ぴーす』様

たきび松阪施設にお越し下さりました。

身体測定・胸部X線・採血・心電図など

必要項目チェックの他、問診を含めて

〝本人の気になる点〟にも、じっくりと

耳を傾けて頂けるのが嬉しいところ

スタッフの健康があればこその仕事

身体の健康管理はもちろんのこと、

定期健康診断は、精神面での健康管理

という視点でも成果に繋がっています。

猛暑、酷暑はこれからが本番です。

皆様方、熱中症予防は万全の体制で…

祝!松阪高校☆もう一つの甲子園出場。

文武両道の地元公立高校が、

いざ、夢の大甲子園へ!

gougai.jpg

ロンドンオリンピックで盛り上がる

スポーツ界ですが、たきび施設のある

松阪市は、専ら松高の話題で持ち切り

この快挙を誰よりも喜んでいるのは、

他ならぬ地元市民であると実感します。

更に、我々が湧く理由がもう一つ…

松阪高校の吹奏楽部は、毎年たきびで

演奏会を開催して下さっているんです!

「あの子たちを甲子園の大きなアルプス

  スタンドで演奏させてあげたいなぁ。」

これが、ご利用者様とスタッフたちの

間で合言葉のようになっていました

koukouyakyuu_1.jpg

ピンチに太鼓で、チャンスも太鼓で、

「ドン・ドン・ドン♬頑張れ!松高!」

固唾を飲む熱戦を、見事に制して

快挙達成となった瞬間は、皆様と

スタッフ一同で、バンザイ三唱!!

いや、三唱どころじゃなかったな…

バンザイ延々!!同校ご出身の方も

多くみえるので、涙される方々も

最後には、好敵手に敬意のエール…

「フレー!フレー!いなべ!」

松阪高校の生徒・関係者の皆様、

本当におめでとうございます。

甲子園では、三重県代表として

胸を張ってプレーして下さい!

そして…

吹奏楽部のみんな、やったね!

大甲子園のアルプスから、

アツい演奏を轟かせて下さい!

ご利用者様も、スタッフ一同も、

心より楽しみにしております。 

 【ケアマネの自転車奔走記】連載・第110回。

警報!!
猛暑を通り越して酷暑日が続いています。
三重県伊勢では36℃前後の気温を
記録したとか…
皆様、とにかく熱中症には注意!
小まめな水分・塩分の補給は勿論ですが、
適度の休憩、お昼寝なんかも非常に有効です。
また、ギンギラ太陽が照りつける中での外出や
屋外作業
はできるだけ控えるようにしましょう。
どうしても
屋外に出る必要がある時は、
財布を忘れても
飲み物と帽子は忘れない!
くらいの意気込みでお願いします
加えて、世はこぞって【節電】の大合唱。
電力需給の関係上必要な事なんでしょうが、
あくまでも
電、
つまり電気の節約が目的ですので、
過度の節約
で体調を崩したら本末転倒!
適度な室温設定は健康を維持するために必須ですので、
節度を持って電気機器を使用する」ように
各自で
心がけていれば十分ですよ!
そして最後に、気分が悪い、ふらふらする等、
症状があれば、早めに医療機関へ受診して下さい。

以上、思いつくままに書いてきましたが、
各々が注意すれば殆ど必ず予防が可能です。
オリンピックも始まっています。
体調管理をしっかり行い、夏を過ごしましょう!
では今週の自転車奔走記、開講です
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週から、介護予防支援の展開についてのお話しを、
実際の動きに沿って進めてきますね。

〈事例1〉
始めての要介護認定で、要支援の認定を受けた場合。
●STEP1
お住まいの地区を管轄する地域包括
支援センターに相談。
要支援者のケアマネジメントについては、
地域包括支援センター
が担当する事が原則ですので、
先ずは現在お住まいの
地区を管轄(担当)する
地域包括支援センターへ介護サービス
利用の相談を
する事になります。
とは言っても初めての事ですので、
「管轄する地域包括支援センターって何処?」
なるのが普通ですよね。でもご心配なく。
概ねの場合ですが、ご自宅に郵送されてくる
認定結果通知に
地域包括支援センターの一覧が
同封されている場合が
多いです。
又は、お住まいの市役所や役場の担当課

お問い合わせ下されば、連絡先を教えてくれます!

相談の方法ですが、直接地域包括支援センターを
訪問
してもOKですし、電話で相談してもOKです。
ただ、担当者が不在の場合がありますので、
できれば
最初は電話での相談をお勧めします。
尚、電話での相談では、氏名住所等の個人情報を
伝える必要はありませんのでご安心下さい。
相談する内容は、「今こんなことで困っている」や、
「介護サービスを
利用したい」「リハビリをしたい」
等々のざっくりした
内容で十分です。
内容に応じて、相談員さんが適切に
説明や応対を
して頂けますので、最初は謂わば
「下駄を預けて」
頂いた方が良いと思います。
そこで大まかな説明と相談を受けた上で、
介護サービス
の利用をしたい等のご希望があれば、
次のステップ
に進む事になります。

●STEP2
介護予防支援を担当するケアマネと面接。
2ステップは、地域包括支援センターの担当者と
直接対面して(面接)をしての相談となります。
場所はご自宅に担当者を招いても、又はご本人様
直接地域包括支援センターへ出向いても
OKです。
この面接では、前回の電話での相談よりもう少し
突っ込んだお話しをする事になります。
「面接」というと、ちょっと身構えてしまう方も
いらっしゃる
かもしれませんが、肩の力を抜いて
リラックス!
これからどんな生活をして、その為に
どんな介護
サービスを利用するのかを一緒に
考えていく為の
非常に重要なワンステップですから、
しっかりと
お話しをしましょう。

で、具体的にどんなお話しをするか?というと、
①現在のお身体の状態や生活の状態
②今現在困っている事、或いは今、自分がしたい事、
 これからしていきたい事。

だいたいこれらの事柄をお話しします。
担当者とのお話しを通じて、介護予防のサービス
利用していく事がきまりましたら、次のステップ

進む事になります。もちろん、
ケースによっては、
介護保険制度での対応
が難しい場合もあり得ます
そんな場合でも、介護保険外のサービス機関や
行政のサービス等を紹介して、問題解決に繋がるよう
相談に応じてくれますのでご安心を!

●STEP3
サービス利用の契約と届出。
介護保険制度での予防給付サービスを利用する際には、
介護給付でのサービス利用と同じように
ケアプランの
作成が必ず必要になります。
このケアプランですが、
ご利用者様ご自身が作成する
「自己作成プラン」と、
介護支援専門、つまり
ケアマネが意向を受けて作成を
代行
する「事業者作成プラン」の2種類があります。
利用者自己作成プランの場合につきましては、
別の機会にお話しをしますので、今回は事業者作成
プランに絞ってお話しを進めますね。
事業者作成の場合に必要な手続きは、
①プラン作成を担当する事業者と契約締結
②保険者(市町村)への届け出
以上の2つになります。

①のプラン作成事業者ですが、予防給付の場合は
地域包括支援センターが担当する事になるので、
相談をした地域包括支援センターとの間で
サービス利用契約書を取り交わす事なります。
その際、必ず行うべきサービスの内容や料金、
その他取り決め事項について説明がありますので
良く聴いて、疑問点はドシドシ質問して下さいネ。
双方納得の上で利用契約を締結しましたら、
次は②保険者への届け出となります。
これは、保険者から予防給付を受ける際に必要な
手続き(保険給付手続き)になります。
ほとんどのケースで、契約を締結した包括センター
書類作成及び届出を代行してくれますので
ご安心を。
尚その際、介護保険証
が必要となります。
利用契約を締結し、保険者への届け出も終わり
ましたので、いよいよ実際に利用するサービス
調整等の作業に入ります。

●STEP4
介護予防ケアマネジメントの実施
ちょっと小難しいお話しになりますが、
この
ステップでは実際に利用するサービスの調整
必要な一連の作業を進めていきます。
その作業とは…
ここからは、次週連載でお話ししますね

まだまだ暑い日が続きます。
どうか体調管理に留意して
気を付けてお過ごし下さい。
日曜のお相手は「たきびのグッドリッジ」こと、
わたくし、ヒロモリでした!
ではまた来週、See You Next Week!

【ウッチー輪ばなし】ヒュゥゥ〜...ドーン!

【ウッチー輪ばなし】連載・第64回。

みな、みなさま、こんにちわ!

本格サマー到来で、早くも肌がナスビ色の内田です

それにしても注意すべきは〝熱中症〟ですね。

今年は相当な猛暑になるようですし、加えて

節電ムードがますます高まっている事を考えると、

例年以上の準備と対策が不可欠になりそうです。

みなさま方、くれぐれもご注意のほどを…

水分補給は「喉が渇く前に!」を御徹底下さいね。


さて本題、今週は…

2階ショートステイフロアの作品をご紹介致します。

IMG_1374.jpgのサムネール画像

キレイでしょ?製作者はもちろん!ご利用者様。

モチーフは夏の風物詩「花火大会」です

ペットボトルのキャップ一個一個に、光沢のある

折り紙を巻き、それらを並べて貼ってあります。

皆様が、丹誠込めてお作りになっただけあり、

ご家族様や来客の方々に大好評なんですよ!

差し詰め、〝たきび花火大会〟といった様相…

ちなみに7月28日、つまり今日は、明和町で

大淀祇園祭と花火大会が開催されます。

そして明日7月29日は津の花火大会ですね。

また、8月4日は久居でサマーフェスタの花火大会。

そして8月17日には…何と言っても三重県花火界の

真打ち!そう、熊野大花火大会が開催されます。

家族で、カップルで、仲間同士で、ぜひどうぞ

また、ご利用者様の作品〝たきび花火大会 〟へも、

どうぞお気軽に…8月末頃まで展示予定です


以上、今週の【ウッチー輪ばなし】でした。

お相手は、2週ぶりに土曜に帰って来た、

〝ナス畑のヘラクレスと言えばぁ?ヒデキィ↑↑〟

ことウッチー・内田英希でした、それではまた来週~。

Please take care everyone!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第127回『マイケアプラン』の巻。


 <今週のテーマ>
今週はズバリ!「自分のケアプラン」についての談論。
将来、何らかの援助を要するとして、現在介護現場で
従事する我々は、どんな一週間をイメージするのか…、
それらを討論する事で、何かに気づけるのではないでしょうか?
〝継続的サービスの質向上〟〝初心の確認〟〝既成概念〟
遊び心的な試みが、忘れかけている何かを呼び覚まします。
ぜひ皆様にもお試し頂きたいです。


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、三浦真弥、
伊藤亜也子、木田健太、大西竣也、徳田優弥、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

将棋とお箸。

デイサービスでのフリータイム。

ンン?こちらには将棋に興じるお二方!

syougi.jpg

クリスタル調の盤が優雅さを演出

「待ったはなしやで!」といいつつ、

「あっ、待った!」…そんな対局を、

周囲の皆様も微笑みながらご観戦。

ンン?こちらでは豆掴みですね!

hashitsukami.jpg

手先の運動に最適なこの遊びですが、

それはともかく、ご覧下さいませ…

この美しき箸使いのフォームを!

苦手な子ども達にご教授頂きたい位

〝捌く〟という動詞がピッタリでした。

その他にもホールのあちらこちらで、

思い思いの時が穏やかに流れています。

そんなフリータイムは、最も自然体の

皆様と出会える貴重な機会なのです

情報交換の場でもあります...

先日は午後から、三重県が主催の

『介護保険事業所・集団指導』に出席。

syuudanshidou.jpg

年に1回、三重県を地域ごとに分けて

各会場で開催されるこの集団指導

我々、介護保険に携わる者としては、

非常に重要かつ不可欠な会なのです。

各事業所ごとに人数制限が設けられて

いるため、職長のみの参加となるのが、

とても残念本当はもっとたくさんの

スタッフたちに、こういった貴重な

機会を経験させてあげたいのですが…

ですので、たきびではこの集団指導を

スタッフに伝達する「集団指導報告会」

という研修会を行っているんですよ

コンプライアンスとサービスの質向上!

暑い季節ですが、チーム一丸です。

転ばぬ先の Health Care!

みなさま、本格的夏の到来を前に、

体調など崩されてみえませんでしょうか?

今日はたきびの「健康診断」について…

日中のみ勤務のスタッフたちは年1回、

夜勤にあたるスタッフたちは年に2回。

この検診をきっかけに、思わぬ疾患や、

数値異変に気付く事も少なくありません。

現在ちょうど検診時期でして、問診票が

本日対象スタッフに対し配られた次第。

kensinhyou.jpg

※写真はサンプルです。

ちなみに、たきび松阪施設の健康診断は、

松阪市検診センター『ぴーす』の皆様に、

検診専用のバスで、当施設駐車場へと

お越し頂くのが慣例となっています

ご利用者様方と過ごさせて頂くにあたり、

我々自身の健康管理・維持は最重要。

定期検診で、異常の早期発見に努めます!

旬を知り、旬を採る。

夏野菜といえば何を連想されますか?

なすび?とうもろこし?…他には、

トマト、きゅうり等々ありますね。

以前も紹介致しましたが、たきびでは

今年、カボチャを栽培しています

kabotya.JPG

このカボチャを使った訳ではないですが、

先日のランチは『カボチャの夏カレー』!

タイトル通り、とても爽快な味でした。

みなさま方もご存知の通り、夏野菜には、

バテ予防となるカロチンやビタミンC、

ビタミンEが多く含まれている上、食欲を

増進する効果も高いといわれています。

暑いと〝食べる〟という行為自体が、

億劫になりがち、で、ふと気付いたら、

軽い栄養不足、脱水症状や熱中症に…

なんてことが起こり易いので、しっかり

食べて、体力を蓄えておきましょうね

〝旬のものを食べるのが最も健康に良い〟

という古の教えに学び、夏野菜作戦で

今週も新たな7days、覇気持ってGO!

【ウッチー輪ばなし】希望の轍。

【ウッチー輪ばなし】連載・第63回。

みな、みなさまこんにちわ!

♬ラララ〜ラ、ララララ〜ラ…

今週だけは日曜日よりの使者、サンデーヒデキです。


さっそく本題に、、

ご利用者様、ご家族様をはじめ、本当に多くの方々の

ご支援で『たきび大納涼祭ウィーク』が無事閉幕致しました。

祭りの余韻の中、金曜夜に実施したスタッフ打ち上げは、

大げさでなく感動的なほどの一体感で、もう感無量でした

『やれんのか?見せるのか?たきび魂!』と題した5日間。

各スタッフの準備期間を含めると、約40日以上の

長い挑戦でしたが、終わればアッという間の出来事。

最終日のデイサービスご帰宅時、最後のご利用者様を、

お見送りさせて頂いた際の言葉が今も忘れられません。

「最高やったわ。また来年も楽しみにしとるぞ!」

こちらこそ、本当にありがとうございました。

昨日今日と、とても涙もろいウッチーです…

もちろん、反省点や改善点も山積しています。

勉強させていただいたこともたくさんありました。

今後に活かして、必ずやご利用者様に還元する所存です!


感動と感傷に浸るのも束の間、次のステージへと、

更に進化するチームたきびでありたいと強く思います。

正真正銘、スタッフ全員が本気で挑んで、

ご利用者様と共に作り上げた『納涼祭』。

そして、我らはいざ!次の目標へ…


最後になりましたが、

ご協力頂きました皆様方に、スタッフ一同より

心より感謝申し上げます、誠にありがとうございました。

では、今週の【ウッチー輪ばなし】はこれにて。

夏バテに負けずに、また来週お会いしましょう~。

Please take care 

matsurinoato.jpg

 【ケアマネの自転車奔走記】連載・109回。

今週は!土曜に登場、ヒロモリです
毎週土曜の連載【ウッチー輪ばなし】の内田施設長と、
「たまには土日変わってみる?」と言う話しになって…
ただ、それだけです深い意味は皆無なのです。
とはいえ、慣れない曜日の更新は、何故か緊張するな…
さぁ、それでは土曜日初の【自転車奔走記】、どうぞ!

梅雨明けと同時の酷暑日、体にはこたえますね。
夏の到来はなんともウレシイ出来事ですが、
適切な水分補給と休憩を心がけて、夏を過ごしましょう。
いよいよロンドン五輪まで1週間を切りました。
また寝不足の日が続くかと思うと少々憂鬱にはなりますが、
ともあれ世界最高の舞台で闘う
アスリート達、
とりわけ日本代表選手に大きな
エールを送りましょう!
ところで、我が国日本では自転車競技はマイナー
競技という
括りから脱しきれていない気がします。
実際、普段でも自転車競技をTVで観戦する機会は、
殆どないですし、競泳、体操、柔道などなど、
視聴率が
取れるメジャー競技の中継に押されて、
放送枠が
なくなるのかな?と勘繰りさえしてしまいます。
ですが、自転車競技は近代オリンピックの発祥となった
1回アテネオリンピックからの正式競技種目、
欧州ではメジャー中のメジャー競技なんですね。
今回のロンドンオリンピックでは、自転車競技専用
コース(トラック)で行う【トラック競技】、
屋外の
舗装路を走る【ロード】、荒れ地や急斜面
ばかりの
山道を走り抜ける【マウンテンバイク】、
そして
ジャンプやコーナーが設けられらダートコース
周回して順位を競う【BMX】の4カテゴリー
があります。
どれもこれも見どころ満載ですが…
ワタクシ個人としては、男子ロードレースと
トラックでのスプリント競技がおススメですよ。
あ~~っ、早く観たい!!
ロンドンに行きたいが、
ロンドンはあまりに遠し、、
せめて自宅でビール片手に観戦、つまみは空揚げに
ウインナー、、と
競技の内容より観戦スタイルが重要!
ココロはいつも飲み食い算段、腹はいつでも脂肪三段の
ヒロモリがお送ります
【自転車奔走記】開講です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今週は、介護予防支援についてのお話しになります。
介護予防支援とは、要支援認を受けた方へ
介護保険
サービスを提供する際のマネジメントの事です。
で、本題前に少し制度内容と用語を整理をしておきます。
皆さんご存じの通り、介護保険制度において介護
何らかの援助が必要な方には、その介護の必要・
度合いに
応じた要介護度の認定を受けます。
所謂「要介護認定」の事なんですが、この要介護認定、
正確には【要介護(支援)区分認定】と言うんです。
「支援」という文言が入っていますが、この支援という
文言が【要支援】という認定区分を表しています。
平たく言い換えると、「要介護もしくは要支援の認定」
となるんですが、何故【介護】と【支援】を分けているの?
というギモンこそが予防サービス、ひいては
介護保険制度
用語をより深く理解するキーポイント!
介護保険制度での要介護という文言ですが、
漢文読み
をすると「介護ヲ要スル」、何らかの介護が必要
とされる
状態像を示しています。

※介護保険法より
第七条
この法律において「要介護状態」とは、身体上又は
精神上の障害があるために、
入浴、排せつ、食事等の
日常生活における基本的な動作の全部又は一部について、
厚生労働省令で定める期間にわたり継続して、
常時介護を要すると見込まれる状態
であって、
その介護の必要の程度に応じて厚生労働省令で定める区分
(以下「要介護状態区分」という。)
のいずれかに該当するものをいう。

出ました!サンデー兆治ならぬ、サンデー引用!
恒例の法文引用です。
介護保険法においては【要介護(状態)】を
上述のように
定義しています。
要約すると、日常生活を送る上で、何らかの
介護を
常時必要としている状態となりますね。
では、要支援とはどんな状態像なのか?
漢文読みをすると
「支援ヲ要スル」となりますが…
今ひとつピンときませんよね。
そこで、再度介護保険法での定義を見てみましょう。

介護保険法第7
この法律において「要支援状態」とは、身体上
若しくは精神上の障害があるために
入浴、排せつ、
食事等の日常生活における基本的な動作の全部
若しくは一部について
厚生労働省令で定める期間に
わたり継続して常時介護を要する状態の軽減若しくは
悪化の防止に特に資する支援を要すると見込まれ
又は身体上若しくは精神上の障害
があるために
厚生労働省令で定める期間にわたり継続して
日常生活を営むのに支障が
あると見込まれる状態
であって、支援の必要の程度に応じて厚生労働省令で
定める区分
(以下「要支援状態区分」という。)の
いずれかに該当するものをいう。
ここで注目してほしい点は【要支援(状態)】というのは、
「要介護状態
軽減もしくは悪化の防止に特に
 資する
支援を要する」とされて
いることです。
【要介護状態】が、常に何らかの介護を要している
状態である
ならば、【要支援状態】とは、要介護の
状態であっても身体や
精神の機能等が回復することで、
常時の介護を必要とする
状態が解消できる(=自立)
もしくは現状以上に悪化しない
と見込まれる、
リハビリなどの訓練や適切なケアで状態回復

悪化防止が図れる事が期待できる状態を指すと言えます。
言い換えると、専門的なケア(支援)を提供する事で、
要介護の状態に至らない、或いは介護状態に至る
危険性を回避できる可能性が高い状態を【要支援状態】
と言う事もできます。更に逆説的に言うならば、
「何のケア
もなされないならば、
 早晩要介護状態に陥る可能性が高い」
状態像とも言え、まさしく要介護状態に至る事を【予防】
する
必要が高い状態であると言うことなんです。
要介護と要支援の状態像の違いを見てきましたが、
現行の介護保険制度下ではこれらの状態像に応じて、
行われる給付を区別しています。
要介護の状態つまり要介護1から要介護5の
認定区分を
持っている方に対して行われる
介護サービスを
総称して
介護給付サービス】といいます。
一方、“要支援の状態”、現行制度では要支援1・2
認定区分をお持ちの方に対して行われる
介護サービスを
予防給付サービス】と呼称します。
そして、介護給付サービスの一つとして行われる
ケアマネジメントを【居宅介護支援】、
予防給付サービス
で行われるケアマネジメントを
【介護予防支援】と
それぞれ呼称して区別しています。
少々ややこしい…と言うか、言葉面だけの違いのように
感じてしまいますが、同じ介護保険給付
でも、
介護と予防とでカテゴリーが
区別されていますので、
このような仕分けが
行われることになるんですよね。

で、今回のテーマの介護予防支援で行われる
ケアマネジメントは、要支援1、要支援2の方を
対象とした、予防給付サービスを利用する為の
マネジメントを指す事になります。
では、
次週から実際のサービス利用の流れに
沿って
もう少し具体的なお話しをしていきます。
ではまた来週お会いしましょう。
See You Next Week 

ヘルパーのカタチ 生搾り
第126回『梅雨明けマッタリ駄話』の巻。


<今週のテーマ>
梅雨が明けたと思えば、すぐに猛暑の足音。
皆様、今のうちから夏を乗り切る体力を
しっかりと蓄えておいて下さいね。
今週は表題通りマッタリしたテンポの駄話。
〝英語〟〝登山〟等の話題が飛び出します。
お時間の許す方は、お聴き下さいませ。


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、
三浦真弥、伊藤亜也子、木田健太。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

【納涼祭リポート②】最高到達点更新!?

納涼祭3日目の昨日、たきびLIVE』

会場は最高で最上の空間となりました!

takibi_live_2012_2.jpg

muramatsuri.jpg

うりゃ、オイ!うりゃ、オイ!

特に終盤は、ご利用者様&スタッフ

一体となり、異様な!?盛り上がり

引き続き写真で雰囲気をどうぞ…

ganpekinohaha.jpg

atarimae.jpg

とどまる事なく、熱気は上昇!

uewomuitearukou.jpg

yosakoi_2012.jpg

ご利用者の皆様が笑顔満開で何よりです

さぁ残り2日間も、この調子で加速だ!

【納涼祭リポート①】人生はジョイナス!

月曜開幕の『大納涼祭ウィーク』は、

予想以上の盛り上がりで進行しています!

2日間だけでも、イベント数は相当な数

詳細は別機会に預けるとして、本日は、

ここまでの模様を、かいつまみリポート!

kaikaishiki_1.jpg

2組のピンクレディーに挟まれた三浦主任、

小粋な浴衣姿で高らかに開会の宣言を。

この後に、スタッフ出し物が複数続き、

祭り会場は早くもヒートアップです!

中でも盛り上がったのは、デイドライバー

谷勝雄による「カツオの歌謡ショー」

katsuo_show.jpg

よほどの練習を重ねていたとみえ、

ショーとしての完成度はなかなか…

次の出番を待つスタッフたちに大きな

プレッシャーを与えていた様です。

それでもカメラを向けるとハイポーズ!

ikidane_ofutarisan.jpg

さて、さて、、

一方2階ホールは連日、縁日で大賑わい!

ennichi_2.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

輪なげ・射的・ピンボール・風船すくい

ストライクアウト・かたぬき・等々…

昔ながらの遊びに次々トライする皆様。

あれやこれや、大いに楽しんで頂いた後の

おやつはスイカ割りの甘冷た〜いスイカ!

さぁ今日は〝たきびLIVE〟

納涼祭後半も、日常を忘れて大笑いできる

演出が、いくつも控えている様です…

楽しみ!あぁ〜楽しみ!ジョイナス!!

踊れや、唄え、チョウヤサ!

先日幕を切った「大納涼祭ウィーク」

ご利用者様もスタッフらも、アツいです。

さて初日レポートを!といきたい所ですが、

まだ先は長いので、本日は別の話題を…

先日の土日は『松阪祇園祭り』でした。

毎年町を挙げて盛り上がるこの伝統祭り、

中でも、松阪城を取り囲む3つの神社が

繰り出す〝三社神輿〟は特に有名です。

さらに、地区・地域単位で多くの御輿が

市中を練り歩き、町は終日お祭り三昧

そして例年通り、たきび松阪施設には、

宮町&東町の御輿が寄って下さいました!

miyamachi_mikoshi.jpg

晴天に響き渡る、威勢の良い掛声。

観覧中のご利用者の皆様も、合わせて

♬ チョウヤサ!チョウヤサ!

higashimachi_mikoshi.jpg

太鼓が鳴り轟くと、迫力は加速します。

心が踊り、魂は昂る!世代を超えて…

祭り文化って本当に素晴らしいですね

宮町自治会の皆様、東町自治会の皆様、

暑い中、誠にありがとうございました!

Here comes the show!

静寂のデイホールで開幕を待つ2つの旗…

そう、今日から『大納涼祭ウィーク』

nouryousai_zenya.jpg

少しの緊張と、大きく膨らむ期待。

この1ヶ月、懸命に費やした練習時間。

心震わすスタッフたちよ、今何思う…

ご利用者の皆様に、今こそ恩返しの時、

さぁ!夏を告げるサイレンが鳴る。

Are you ready?

Here comes the show!

welcome_bord.jpg

ケアマネの自転車奔走記】連載・108回。

ようやく梅雨も終盤にさしかかりました。
ウットーシイ雨空も、あと暫くの辛抱ですね。
ところで、先日所用があり仙台に行ってきました。
震災後一年以上経過して、被災地は現在どのような
状況なのか興味もあったので、
空いた時間に
野蒜地区という所へいってきました。
津波で
甚大な被害を受けた地区です。
先ずは芭蕉の句で有名な松島駅に降り立ちました。
松島も津波の被害を受けましたが、見た限りでは
土産物屋や遊覧船等
の観光施設は旅行客で賑わっていて、
観光地松島健在!!と安堵する思いでした。
そこからワタシの目指す野蒜までリアス式特有の
くねくねした海岸線を
ゆっくりバスで移動していきます。
バスから窓外の景色に目を凝らして
いましたが、
洗濯物がたなびいている家々
も多く、人々は普段の
暮らしに戻っているのかな?
と感じていました。
ところが、
小高い丘を越えて野蒜地区に入ると
景色が一変しました。
なにも無いんです…バスを降りて辺りを見回してみると、
遠くに防波堤と防風林、ポツンと取り残されたように
佇んでいる大きなコンクリの建物。
墓石が倒れたままになっている共同墓地。
目に入ったのはそれぐらいで、あとはなにも無い、
遮るものがない景色が一面に広がっていました。
野蒜の駅は、震災の時津波に蹂躙されたままの姿。
折れ曲がった鉄塔、倒れた電柱、割れたガラス、
247分を指した時計は時間が止まっていました。
駅前の通りを横切り、欄干が折れ曲がった橋を
渡りかけた時、思わず立ち竦んでしまいました。
眼前に広がる赤茶けた更地…この更地、震災の前は
住宅地だった様子です。
住宅跡と思しき場所に手向けられた献花を挟んで、
向かい合うように椅子が2脚置かれ、片方の椅子の
背もたれには綿半纏が掛けられています。
海へと向かう一本道を歩くと、倒れたままの石碑、
半ば埋もれたままになっている茶碗などの生活用品。
遠くに見えるのは学校のような建物ですが、
今は
瓦礫置き場になっている様子で、
ひっきりなしに
ダンプが行き来しています。
そこは時間が止まったままの地。
怒り、悲しみ、やるせなさ、虚しさ、色々な感情が
渦のように湧きあがってきました。
震災から1年以上の月日が経ちましたが、まだ何も
終わっていない、何も始まっていない現実
がある事を
思い知らされた仙台行きでした。

でも、日本はこのまま終わる訳じゃない!
まず手始めにロンドンオリンピックと夏の甲子園で、
元気と勇気をチャージして、国民みんなで、
止まった時計の針を
動かし続けましょう!
では【自転車奔走記】開講です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先週までの回で、地域支援事業の内容と、
その実施主体が市町
であるというお話しをしてきました。
今週は、そこで出た疑問…
「地域包括支援センターは地域支援事業で
 どんな役割を果たすのか?」
についてのお話しをしていきます。

地域支援事業はその名のとおり、
個々の要介護者・要支援者
への支援ではなく、
地域を主眼として行われる包括的な支援
が必要に
なりますので、条文の主語が「市町村」
つまり実施
主体は市町村とされています。
ですが、実際の
制度運用(現場)においては
「実施機関」つまり直接の窓口となり、
支援展開を担当する部署(機関)が必要になります。
その実施機関が「地域包括支援センター」と言う事
つまり、
地域包括支援センターは地域支援事業等の
実施機関
という位置づけになるんです。

介護保険法の条文でも地域包括支援センターの記述は、
地域支援事業に関する条項の次に記載されています。
では、毎度おなじみの法文引用で確認しましょう。
(地域包括支援センター)
  地域包括支援センターは、前条第一項第二号から
  第五号までに掲げる事業
(以下「包括的支援事業」。)
  その他厚生労働省令で定める事業を実施し
  地域住民の心身の健康の保持及び生活の安定のために
   必要な援助を行うことにより、
その保健医療の向上
  及び福祉増進の包括的支援することを目的とする施設。

  市町村は、地域包括支援センターを設置することができる。

  次条第一項の委託を受けた者は、包括的支援事業
  その他第一項の厚生労働省令で
定める事業を実施するため、
  厚生労働省令で定めるところにより、あらかじめ、
  厚生労働省令で定める事項を市町村長に届け出て、
  地域包括支援センターを
設置することができる。
 〜以下略〜
 ※介護保険法より抜粋

以上を要約すると、
①地域包括支援センターは地域支援事業等を実施する施設で、
②市町村が、地域包括支援センターを設置することができるが、
委託を受けて市町村に届出を行った者も、
 地域包括支援センターを
設置する事ができる。
となり、そして③に出てくる委託について
述べているのが、次条になります。
 (実施の委託)
市町村は、老人福祉法第二十条の七の二第一項に規定する
老人介護支援センター
の設置者その他の厚生労働省令で
定める者に対し、包括的支援事業の実施に係る
方針を示して、
当該包括的支援事業を委託することができる。(以下略)
 ※介護保険法より抜粋

上記条項中の「老人介護支援センター」と言うのは
「在宅介護支援センター」
の事です。
この条項によると市町村は地域包括支援センターの
設置・運営
を地方公共団体とは別の法人に委託する事が
できると定められていますね。
これまでを整理しますと、
※地域支援事業の実施主体は市町村。
※地域支援事業の実施機関は地域包括支援センター。
※地域包括支援センターの設置は、市町村もしくは
   委託を
受けた法人が行う。
と言う事になります。
ですので、
地域包括支援センターには市町村直営と
法人委託
2類型がある事になりますね。
ワタクシの感想では、在宅介護支援センターが
地域包括支援センター
の機能を持っているケースが
多いような気がします。
因みにワタクシのケアマネ事業実施地域である
津市の内訳は
直営1か所、法人委託8か所となっています。
それはさておき、地域支援事業の実施機関である
地位包括
支援センターは、実施主体である市町村が
直接運営或いは
法人に対し設置・運営の委託を行うことで、
地域を主眼とした
包括的支援
の展開ができるように
制度設計がなされているんですネ。

以上見てきたように、地域包括支援センターの
主な業務は
地域支援事業なんですが、
もう一つ重要な業務があります。
それが「介護予防支援」つまり要支援の認定を
受けた方への
居宅介護支援(介護予防支援)業務!
この「介護予防支援」については、次週以降に
詳しくお話しをしますね。

さて
地域包括支援センターの位置づけや実施業務の
内容について
駆け足ではありましたが解説を致しました。
最後に、地域包括支援センターの人員構成について…
地域包括支援センターは、繰り返しになりますが
地域を主眼と
した包括的支援機関ですので、
「多種職のチーム」体制を取っています。
その構成は、
①保健師或いは看護師
②社会福祉士
③主任介護支援専門員
これらの3種職、つまり「保健医療」「福祉」「介護」の
専門職
が協働し、地域や関係機関と連携を取り合って
支援や業務に当って
いるんですね。
現在の介護保険制度においては、高齢者福祉・介護の
総合相談窓口
の性格を強く持った所謂「ワンストップ」の
相談窓口として、
相談者や介護や支援を要する
高齢者と密接な繋がりを持った機関です。
地域差はありますが概ね中学校区に1か所程度設置
されていますので、
皆さまも是非活用して下さいね。

それでは次週からは「介護予防支援」についてです。
どちら様も、来週以降もよろしくお願い致します。
See You Next Week 

【ウッチー輪ばなし】連載・第62回。

九州地方の集中豪雨で被害に遭われた方々に、

心よりのお見舞いを申し上げますとともに、

これ以上被害が拡大しない事を切に願っております。

ケアステーションたきびスタッフ一同。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ウッチー輪ばなし】連載・第62回。

三重県はここ数日でかなり暑くなってきました。

たきびでは「納涼祭」間近とあって、スタッフらの

熱気でさらにアツい毎日を過ごしております。

さて、そんな最中、松阪施設新館の裏手の畑では、

5月に種を蒔いた〝南瓜〟が順調に育っています

kabotya.jpg

現在、施設側に向かってツタが這い始めており、

まるでグリーンの絨毯のようでホントにキレイ。

ご利用者様の中には、ご来所の度にその成長ぶりを

確認される方もたくさんいらっしゃるんですよ。

そんな皆様の為にも、早く大きな実がつきますように!


さて、来週はいよいよ『たきび大納涼祭ウィーク』。

ご利用者様にとって、サプライズ連続の毎日になる予定です!

☆2012 たきび大納涼祭☆

『やれんのか!?見せんのか!?たきび魂』

日程:7月16日(月)〜7月20日(金)。

ご家族様はもちろんのこと、近隣の方々をはじめ、

一般の皆様の観覧も受け付けておりますので、

興味がございましたら、ぜひお問合せ下さいませ。


以上、
今週も土曜日のお相手は、

ウッチーこと内田英希でした、ではまた来週〜。

Please take care , everyone!

 ヘルパーのカタチ 生搾り
第125回『粋なあの人』の巻。


<今週のテーマ>
梅雨が明ければ夏、夏と言えば夏祭り、祭りと言えば粋!
日本人特有の語感を、見つめ直してみよう…と言う事で、
今週の配信は、ご利用者様はじめ高齢世代の方々に学ぶ
「粋」の美学や、「粋」な振る舞いについての談論です。
ご興味がおありの方は、ぜひ御一聴下さいませ!


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、
三浦真弥、伊藤亜也子、木田健太。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

手垢、書き込み、セロテープ。

先日やっと届いた3冊の書籍…

これは介護業界で、通称〝赤本・青本〟と

呼ばれるものでして、分かり易く例えると、

「事業所側における制度運用の百科事典」

akabon_aobon.jpg

制度の枝葉部分の確認や、ケースによっての

解釈を正しく導く為の道標的バイブルです。

先日届いたのは、今年度改正の介護保険に

対応した最新版で、今後大活躍予定です!

でもこの本、分厚いだけあって1頁あたりが

非常に薄い!ですので、大切に取り扱って

いるつもりでも、数週間後にふと気付くと、

もうボロボロになっていたりするんです。

あちらこちらに追加ポイントを書き込み、

スタッフたちの手垢で黒ずみ、何カ所もの

破損箇所をセロテープで補修しながら…

今回もアッという間にそうなるでしょう

誰かの願いが叶う頃。

七夕の笹飾りを片付けながら、

あらためて皆様のお書きになった、

短冊に見入ってしまいました

含蓄深い願いや、思わず微笑んで

しまう様なユニークな願いまで、

全てが個性に満ち溢れています。

少しだけ紹介させて頂くと…

2012_tanzaku.jpg

「いつまでも元気に過ごせますように。」

「どんな時もハツラツと笑える人生を。」

「日本に早く復興の日が来ますように。」

「ただ、世界が平和でありますように。」

「息子一家が家内安全であるように。」

「孫の高校受験合格。お願いします!」

「3キログラムだけ痩せたい!」

「わしは金メダルより金が欲しい。」

「あたまを雲の上に出したい。」

中には立派な挿絵入りの短冊もあり、

どれもが素晴らしい〝作品〟そのもの。

皆様、願いが叶うと良いですね…

体感温度+3℃!

業務終了後、納涼祭の実行委員達が

相談しつつ工作に奮闘しています

nouryousai_jyunbi_fuukei.jpg

どうやら「水風船」や「射的」等の

露店で使用する小道具らしいです!

19日〜の『大納涼祭ウィーク』まで、

いよいよ一週間を切って、それぞれの

気合いが暑苦しいほど!?のたきび。

ご利用者様方もスタッフも、気分は

もう完全に HOT SUMMERです!

大和技術の粋。

『大工』…日本が世界に誇る職業です。

時にここ10年来、大工の後継者不足が

深刻化しているという話しを聞きます。

とりわけ宮大工業界では顕著であると…

しかし、コレ本当なのでしょうか?

大工といえば、人によっては憧れの

職業ですし、この不況下においては、

「我こそその道に!」という若者が多数

いたとしても不思議でない気がします。

以前からそんな疑問を抱いていたので、

先日ある機会に、知人である大工職人に

思い切って聞いてみました…すると、

「後継者不足というより仕事不足や。」

つまり、仕事量的には現役世代で充分

事足りてしまっているという訳です。

成る程!後進が育たないのではなく、

大工を目指したいという者がいても、

それを受け入れ、そして育てる必要に

まで迫られない現状があるんですね。

文化継承面の不安を禁じ得ません。

一方、人手不足が頻繁に報じられる

介護業界ですが、見方によっては後進

輩出の必要に迫られているという事。

これが、仕事においてどれ程幸せか…

今一度、考え直す必要性を感じます。

デイサービスのレクビリ素材作りを

ご利用者のK様が、手伝って下さいました!

reku_sozaidukuri.jpg

円筒を小さなノコギリで均等に切る作業。

皆様の眼につかないホールの片隅で

スタッフが苦戦しているのを見つけたK様、

「ちょっと貸してみ、俺がやったるで。」

その心強い言葉に、場所を変えて再開始…

実はK様、昔腕利きの大工だったんです!

驚いたのは、衰え知らずのその腕前

上手いの何のって…瞬く間に皆とりこ。

突然の出来事でしたが、ご利用者様の

歴史に触れた様で、嬉しい瞬間でした。

そろそろ梅雨明けでしょうか。

夏に向けエンジン全開と行きましょう!

さぁ、今週も7days、覇気持ってGO

【ケアマネの自転車奔走記】連載・107回。

やっと梅雨らしい日々が続くようになりました。
ジメジメと蒸し暑く、うっと〜しい毎日ですが、
ココロもカラダもこんな時こそ健康第一!
雨雲を吹っ飛ばす勢いでいきましょうね。
唐突ですが、私はカタカナが大の苦手なんです。
このカタカナ苦手は、小学生から続いていますので、
かなり年季も入っていますけど、一体何が苦手か?
と言いますと〝
カタカナ文字を読む〟という
極々基本的な事がうまくできないんです。
例えば「サファイヤ」という単語、勿論宝石の
サファイヤですが、
実は私中学入学まで
「サイファア」と思っていました。
ファイイファと読み違えて覚えたんですね。
恐らく往来のせっかちな性分が原因と思いますが…、
それにしてもカタカナに限ってこんな間抜けな
読み違えが
非常に多いことも事実なんですね。
「サイファア」の他にも、「オードソックス」や
シュミレーション
はたまた「アンチャッタブル」等々、
思い出すだけで憂鬱になります。
因みに「オードソックス→オーソドックス」
   「シュミレーション→シミュレーション」
   「アンチャッタブル→アンタッチャブル」

こんなカタカナ誤読症のワタクシですので、
高校時代の
世界史の授業は、ほんとに苦痛の毎日。
教科書の何処をどう読んでもカタカナの連発!
一字ずつ、ゆっくりと何度も小声で復唱して覚え込んだ
記憶は未だ色褪せず、40歳を越した今でもふとした
拍子に
「マルクス-アウレリウス-アントニウス」なんて
言葉が
頭をよぎるぐらいです。
そんなカタカナ恐怖症の私ですが、不思議な事に
平仮名は
大丈夫なんです。
「きゃりーぱみゅぱみゅ」なんて名前も、
別段??となる訳でなく、間違えずに判読できたので、
我ながら不思議だなぁと一人感心している次第です。
ただ、ヨコモジの隆盛著しい昨今は、カタカナ苦手症に
とって
受難の時代には違いありません。
先日も、インターネットを何となしに見ていたら、
ゴッチの秘密」という見出しうひょ〜っと、
思わずクリックしたら
「コーチ・グッチの秘密」の記事
プロレス愛の生んだ悲喜劇だと胸張って…言えないですねぇ。
体型が全盛期のラッシャー木村選手によく似てきたと
評判も高い〝金網の鬼〟ケアマネ・ヒロモリが
お送り
します【国際プロレス自転車操業記】…
じゃなくて【自転車奔走記】
開講です!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週は先週に引き続いて、
地域支援事業のお話し、
先週は…
①介護予防ケアマネジメント事業
②総合相談・支援事業
についてのお話しでした。
そいでもって今週は、条文第四項のお話しから!
が、条文四項?という方の為に条文を掲載します。

(地域支援事業)
第百十五条の四十五  市町村は、被保険者が
要介護状態等
となることを予防するとともに、
要介護状態等となった場合においても、
可能な限り、
地域において自立した日常生活を営むことができるよう
支援するため、地域支援事業として、
次に掲げる事業を行うものとする。

《※ 1から3は先週連載参照》 
4・被保険者に対する虐待の防止及びその早期発見の
   ための事業その他の
被保険者の権利擁護のため
      必要な援助を行う事業
5・保健医療及び福祉に関する専門的知識を有する
      者による被保険者の
居宅サービス計画及び
      施設サービス計画の検証、その心身の状況、
      介護給付等対象サービスの利用状況、その他の
      状況に関する定期的な
協議その他の取組を通じ、
      当該被保険者が地域において自立した
日常生活を
      営むことができるよう、包括的な支援を行う事業。

上記の第4項の事業を【権利擁護業務】と言います。
本連載617日の記事で、地域包括支援センターが
創設
された平成18年頃は、深刻化する高齢者の虐待が
大きな
社会問題になっていた事をお話ししましたね。
この「権利擁護」と言う文言は読んで字の如し、
「高齢者の権利
を守る」事を意味しています。
高齢者への権利侵害事案の
相談・解決へ向けての
役割を果たす事が明記されています。
具体的には高齢者虐待への相談・対応はもとより、
消費者被害や成年後見制度活用に向けての助言等、
高齢者を取り巻く諸問題に対して、謂わば社会的側面
からの
支援アプローチを行うことなんです。

そして最後、条文第5項は、
包括的・継続的ケアマネジメント
業務と呼ばれます。
この「包括的・継続的ケア」と言う文言を、
あえて平たく言うと「在宅・施設・病院等の場所を問わず、
要介護・要支援・非該当
等の介護状態を問わず、
地域の中で高齢者が暮らし続ける
事ができる為の支援」
とお考え下さい。平たくナイデスネ…
現行の介護保険制度では、例えば医療機関へ
入院した場合は
原則介護保険サービスの利用は
一時中断となります。
また、
在宅で生活をしている時は在宅ケアマネ、
特養等の施設
に入所している時は施設ケアマネが、
マネジメントを担当する
ことになっています。
保険の制度だけを考えると妥当な事では
あるんですが、
現実は、医療機関・施設・自宅と、状態に応じて
3つの場所を行き来する方が結構いらっしゃいまして、
その際在住する場所ごとにケアマネが違う事で、
情報の伝達
や継続的なケアが提供されにくくなって
しまう現状がありました。
同じ地域内にいても、居場所が違うと
サービス体制が違って
しまうという事態が
散見されていたんですね。
また、
例えば要介護1の認定を受け、一生懸命にリハビリ

して機能が快復した方がいらっしゃったとします。
機能回復を果たした訳ですから、順当に考えれば
要介護度
は当然下がる(軽くなる)ことになりますね。
それはそれで
非常に良い事なんですが、
もし要介護認定から外れる(非該当)
となった事により、
今まで行っていたサービスを
利用できなくなり、
結果、機能が低下→再び要介護認定を受ける
という
ような事例が全国的に散見されたんですね。
高齢者に限らずですが、リハビリ等の機能回復は
長いスパンで、
継続的に、状態に応じて行っていく事が
非常に重要なんです。
とすると、要介護度と言う
括りだけで、リハビリ等のサービス利用
機会が失われたり、
あるいは要介護と要支援と言う介護度の
違いが生じた為に、
ケアマネジメントの一貫性が失われたり
する事は、
リハビリの見地から見ると非合理的
な事態なんですネ。
そこで「包括的・継続的」、つまり!
地域の保健医療・介護・社会資源を
結ぶ扇の要となって、
高齢者の住まう場所や、介護度等の状態に
捉われず、
地域で、末永く生活できる為の支援が必要になります。
ご利用者様を中心として、情報伝達や共有、
フォロー体制を
しっかりと機能させることが
非常に重要となります。

地域内での異サービス間連携を大切にしよう!
という事がこの条項の要旨なんですね。
具体的には、医療機関や介護施設・介護事業者との
地域連携
体制の構築、ボランティアや老人クラブ、
自治会、民生委員
等のインフォーマルサービス活用の
為のネットワーク構築
等の業務を挙げる事ができます。
以上、お話ししてきました4つの業務
①介護予防ケアマネジメント事業
②総合相談・支援事業
③権利擁護事業
④包括的・継続的ケアマネジメント事業
これらを総称して【地域支援事業】と称します。
個別のケアマネジメントの為の事業と言うよりは、
地域の介護・福祉ネットワーク構築の為の
事業であると考えると、
このように個別ではなく
地域を主眼点として展開される
これらの
地域支援事業の実施主体が、個々のケアマネ事業所や
介護保険諸施設ではなく市町村なのも納得ですね。
ここでようやく今回のテーマ「地域包括支援センター」
に戻ります。
地域包括支援センターは、
地域支援事業ではどのような
役割を果たすのか?
もっか最大の疑問点ですね。

そのお答えのキーワードは「委託」というシステム。
では、次週でそれについてお話しをしていきます。
今週はここまで、、次週もお楽しみに!
See You Next Week

【ウッチー輪ばなし】連載・第61回。

みな、みなさま、こんにちわ!

世間は完全に梅雨ムードで、

洗濯物が乾かなかったり、レインコートの中学生さんが

自転車を一生懸命こぐ姿を、良く目にしたり…

そして、今日は七夕!不安定な天候ですが、

織姫様と彦星様は無事に逢えるのでしょうか?

そんな中、たきび松阪施設は、

先週と変わらずお祭りムード。

ふと眼をやると、倉庫の片隅にただならぬ気配が…

sisimai.jpg

うわぁ、なんじゃ〜、獅子の顔面だ!スゴい迫力!

コレ、担当者に確認した所、段ボール製との事。

しかも、組み立ては自分達で…というニトリ!?方式。

極秘裏に組み立て中だったところを、ワタクシが偶然

発見したようです、、それにしてもビックリしたぁ〜。

現在それを更に〝たきび風アレンジ〟に改造中らしいです。

図らずも、子供の頃にお祭りで見た獅子舞の記憶が

走馬灯の様に…結構な量チビってしまう程怖かったなぁ

さて、この『たきび獅子』!いったい誰が舞わすのか?

情報によると、納涼祭中は毎日登場するらしいです!

ズズズイ〜っと、どちら様も乞うご期待です

最後に、そんな大納涼祭ウィークの告知をどうぞ…

☆2012 たきび大納涼祭☆

『やれんのか!?見せんのか!?たきび魂』

日程:7月16日(月)〜7月20日(金)。

ご家族様はもちろんのこと、近隣の方々をはじめ、

一般の皆様の観覧も受け付けておりますので、

興味がございましたら、ぜひお問合せ下さいませ。

それではみなさま、また来週お会いしましょう!

お相手は〝なまはげはマジすぎる〟が持論の

ウッチーこと内田英希でした。

Please take care , everyone

その時、三浦主任は...

レクビリの新競技を考案し、実際に導入

するまでの流れ数パターンあります。

ルールが簡便で理解し易く、身体機能面

からも有効性が高いと期待されるケース…

これに該当する場合は、事前にスタッフが

段取りを確認する位で実践導入されます。

一方、機能的な効果は予想されるものの、

ルールの理解や競技自体の難易度的に、

やや不安が残っている場合においては、

フリータイムに、まずは〝プレクビリ

とい形体で実験的に導入し、そこでの

様のレスポンスを元に、改善を加えて

から、後日本格導入の運びとなります。

ちなみに…

プレクビリとはプレ・レクビリ略語。

出たぁ〜たきび得意造語でっせぇ〜

この日、デイフリータイムはプレクビリ。

仮のタイトルは『文字フィッシング』!

moji_fising.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

与えられたお題の文字を釣り上げる

というシンプルなルールなのですが、

実際はかなり繊細な手先作業です。

そこで、まずは三浦主任がデモ!

雰囲気を盛り上げようとしてか、

謎のサムライヅラを被って登場。

腰から颯爽と引き抜いた釣り竿で

勇ましく、いざ挑戦!ところが…

まさかまさかの悪戦苦闘ぶり

「皆様、よく見ておいて下さいねぇ」

「ここをこうして狙い、引っ掛けて」

というトークも見事にスベッてます。

人前になると、焦りも手伝ってか、

難易度がUP↑する競技の様ですね…

遂に見かねた、あるご利用者様が

「不器用やな、ちょっと貸してみ!」

そしてお題の文字をサックサックと

釣り上げて行くではありませんか!

会場、割れんばかりの拍手&拍手。

「次は私やでな!」「その次私!」

周囲の大盛況ぶりとはうらはらに、

存在を忘れ去られた三浦主任……

静かにサムライヅラを外す、その姿を

見た者は、最早誰も居ませんでした。

こんなハプニングも、プレクビリ

ならではの長所かも知れませんね。

何はともあれ、新たなレクビリ競技

誕生!の瞬間と相成りました

ヘルパーのカタチ 生搾り
第124回『顧問社労士、登場!後編』の巻。


 <今週のテーマ>
先週に引き続き、顧問労務士の梅田彩加先生を
お迎えしての「労務」についての談論です。
後編も非常に興味深い内容なのですが、
いかんせん、かなりの喧騒の中での録音と
なってしまいました…お聴き苦しいかと
思いますが、何卒ご容赦下さいませ。


<今週のメンバー>

梅田彩加さん(うめだ社会保険労務士事務所)
大西敬子さん(テレビタレント・ラジオMC)
高瀬和良、赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、
三浦真弥、伊藤亜也子、木田健太。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

【定例勉強会】「脱水症状」by 大塚製薬。

月2回の定例勉強会、今回は外部より

株式会社大塚製薬の担当者・篠田様

講師としてお招きし『脱水症状』

メカニズムをより深く学びました。

ohtsukaseiyaku_benkyoukai.jpg

一口に「脱水症状」といっても、

その種類や症状、対処方法には、

かなりのパターンがあります。

また、全く同じ環境であっても、

どのような特性の方々が、より

症状を引き起こしやすいのか

そして最も肝心な〝予兆〟と、

高齢者における〝効果的予防〟。

誰もが、知っているつもりだと

思い込みがちなテーマ…しかし、

細かい知識を自問自答すると、

知らない情報の多さに気付く…

篠田様ならびに大塚製薬工場様、

誠にありがとうございました。

とても有意義な講義でした

授かった知識は、早速今日から

現場で実践してまいります!!

インタビュー敢行!?

デイサービスのフリータイム。

皆様、思い思いに過ごされるこの時間…

ある方はマッサージルームで疲労箇所の

マッサージを受けてみえたり、ある方は

新聞を広げて優雅に珈琲タイムだったり。

そんな中、黙々とカラーリングに取り組む

数名のご利用者様方を発見しましたので、

作業中を割り込み!?突如インタビュー

iro_iro_iro.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

  みなさま、何の作業ですか?

「もうすぐ夏やし、七夕祭りが近いやろ。

 それに因んだ絵に色を付けとんのさ。」

  随分とカラフルですね?

「夏はパッとした色の方が似合うやろ?

 向日葵の黄色とか、海の青とかな。」

  こちらの七夕の絵も同じく…

「そう!カラフルやろ。特に織姫様と

 彦星様はキンキラキンにしたんや!

これで、ちょっと位雨が降っても

  互いにすぐ気付いて逢えるからな。」

  うわぁ〜素敵!完成したら
  ぜひ、展示させて下さい。

「あかん!これは孫にあげるんや。」

  、、スミマセンでした…

銀河のロマンス、COMING SOON!

「七夕」に向け、装飾が始まりました!

tanabata_kazarituke.jpg

ご利用者様の1.5倍程はあろうかという

立派な高さの笹に、以前から皆様が作り

ためておられたパーツを飾り付けると…

見る見る間に「七夕まつり」の雰囲気!

メインの短冊は今週製作予定ですが、

早くも「今年の願いは何にしよう?」

「去年は叶えてもらったでなぁ〜」と、

口々に想いを巡らされているご様子

そして、皆様一様に気にされたのが、

7月7日のお天気…晴れるやろか?」

「逢えるやろか?」と、1年1度の銀河の

ロマンスに想いを馳せてみえました。

いよいよ7月突入、夏はもうすぐです!

夏バテ防止対策は早いうちから…

さぁ今週も7days、覇気持ってGO

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第106回。

いや~な梅雨空が続いていますね…
と始めたいトコロですが、我が本社のある津市は
今年の
梅雨雨量が少ないような気がします。
雨も晴天も曇天も長続きしない気紛れなお天気ですね。
それはさておき、先日外回りの仕事中に、
自転車とあわや衝突!?
といった出来事がありました。
雨の中ご利用者様のお宅へ訪問する為に歩いていると、
後ろから聞こえてくるシャーという自転車の走行音。
振り向くと、傘差し片手運転+右側通行
の自転車が
ワタクシに向かって突進中!
恐らく傘で前が殆ど
見えていなかったのでしょう。
慌てて横っ跳びしたワタクシに驚いたのか、
相手の
自転車も一瞬ハンドルを取られて蛇行走行。
ヒヤッとする瞬間でした。
注意する間もなく相手は街に消えてきましたが、
制服を着た後姿から想像すると中学生でしょうか?
もし、ワタクシが衝突され怪我をしたら、これは
車輌交通事故で、中学生であろうが児童であろうと、
運転者はれっきとした交通事故加害者となります。
ケースによっては、本人もしくは親が損害賠償を
負わなくてはならないケースもあるようです。
また、間一髪衝突を免れても、雨で滑りやすい
路面は容易にスリップしますし、急な操作を
する
ことで自転車が制御不能となって自損事故を
起こす
可能性が非常に高いですね。
雨の日に自転車の傘さし運転なんぞ言語道断!
もう止めて下さいネ。

今まで何度も本連載で取り上げていますが、
自転車は車輌なんです。
車輌を運転者は子供であろうが大人であろうが、
自分の命、そして歩行者を始めとした周りの人の
命を預かっている事をもっともっと認識すべきです。
確かに自転車は便利なもの=利便ですよね。
ただ、利便は状況に応じて使い分けるべきもので、
利便に状況を合わせようとすると、
逆に不便
になるケースが多々あります。
雨天どうしても自転車で移動する必要がある時は、
○レインウエア等の雨具を着用して運転。
○路面がスリップし易いので、速度を遅めに。
○雨粒で視界が悪くなるので、周りに十分注意。
○タイヤの減り具合など、自転車の点検。
そして最後に!
○リスクが高い場所では自転車を押して歩く。
十分、十分、十分注意して
運転をお願いします。
と、
久々のマジメモードで始まりました自転車奔走記、
お相手は、先日の会社健康診断で見事メタボ認定を
受け、脂肪にますます艶が加わりもはや貫録の
腹周り【トクホ対象ケアマネ】のヒロモリです
それでは恰幅、、じゃなくて開講です!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今週は、地域包括支援センターの業務内容や
人員構成
等についてのお話しになります。
先ずは、包括支援センターの業務内容から。
地域包括支援センターが行う主な業務の内容は、
① 地域支援事業
② 指定介護予防支援事業
以上の2つに分ける事ができます。
これらのうち、大きなウエイトを占めるのが
①の地域支援事業
となっています。
では地域支援事業ってナニ?
早速地域支援事業の内容を見ていきましょう。

(地域支援事業)
「第百十五条の四十五」 
市町村は、被保険者が要介護状態等
となることを
予防するとともに、要介護状態等となった場合に
おいても、
可能な限り、地域において自立した
日常生活を営むことができるよう
支援するため、
地域支援事業として、次掲の事業を行うものとする。
一    被保険者(第一号被保険者に限る。)の
  要介護状態等となることの予防
又は要介護状態等の
        軽減若しくは悪化の防止のため必要な事業。
     (介護予防
サービス事業及び
  地域密着型介護予防サービス事業を除く。)
二 被保険者が要介護状態等となることを予防するため、
  その心身の状況、その置かれている環境その他の
  状況に応じて、
その選択に基づき、前号に掲げる
  事業その他の適切な事業が包括的
かつ効率的に
  提供されるよう必要な援助を行う事業。
三 被保険者の心身の状況、その居宅における生活の
  実態その他の
必要な実情の把握、保健医療、
  公衆衛生、社会福祉その他の関連施策に
関する
  総合的な情報の提供、関係機関との連絡調整
  その他の被保険者の
保健医療の向上及び福祉の
  増進を図るための総合的な支援を行う事業。
四 被保険者に対する虐待の防止及びその早期発見の
  ための事業、その他の
被保険者の権利擁護のため
  必要な援助を行う事業。
五 保健医療及び福祉に関する専門的知識を有する
  者による被保険者の
居宅サービス計画及び
  施設サービス計画の検証、その心身の状況、
  介護給付等対象サービスの利用状況その他の状況に
  関する定期的な
協議その他の取組を通じ、
  当該被保険者が地域において自立した
日常生活を
  営めるよう、包括的かつ継続的支援を行う事業。

今週もイキナリの介護保険法より引用文です。
小難しい文章ですが、順を追って見ていきましょうネ。
先ず、地域支援事業についての定義がなされています。
その定義を要約すると、「高齢者が要介護状態にならず、
又は
仮に要介護状態になったとしても、地域の中で
自立した生活
を送ることができる為に市町村が行う
色々な支援」という事になります。
ここで注目すべきは、太字で記した市町村と言う文言。
この条文では地域支援事業の実施(運営)主体が
市町村であると
明記されていますね。
とすれば、
所謂ケアマネジメントのような
要援助者の個別の
ニーズに細かく対応していく個支援とは違って、
高齢者、家族、支援者、地域や社会資源等
“支援・ケアの構成体”を
総合的にバックアップ
していく事こそが【地域支援】であると逆定義
している事になり、文字通り地域への支援ですね。

続いて同条第1項を読んでみましょう。
非常に抽象的と言うか、
括りが大きすぎて詳細な
内容が掴めないですよね。
介護予防に資する内容で、市町村が必要と判断した
事業
を行う事が地域支援事業だと記載されていると
解釈できますから、
地域支援事業というのは
個々別の支援ではなく、行政施策として
行う支援が
第一義であると言う事になります。
この2つの条項を
平たく言えば、
【各市町村単位で介護予防に取り組んで、
 元気に地域で暮らせるように支援しましょう!】
的な意味合いですね。

ところで気の早い人は、
「地域包括支援センターが実施主体じゃないの?」

ギモンを呈しているのではないでしょうか?
確かにそうですよね。
地域支援事業の実施主体は市町村である!と
法律には
明記されていますが、条文内の何処にも
地域包括支援センター
という名前が出てきません。
レレレ…??
となりますが、本来的な実施主体を正確に
お知らせしたくて
わざと廻りくどくお話しを
進めているだけですので、ミナサマ御心配なく。
お話しを進めます。

抽象的な第1項と比べると、条文第2~第5項
内容は解りやすく、理解できるものですよね。
この第2項は、別名「介護予防ケアマネジメント事業」
と呼ばれて
います。
この事業の内容を簡単に説明すると、要介護や
要支援と
なる恐れの高い65歳以上の高齢者
(二次予防対象者と言います)
を対象として、
保健医療機関との密接な連携の上で、
ケアマネジメント
の手法を使って、地域の中で
お元気に、尊厳を
持って生活ができるよう支援する事。
もっと言えば、要介護・要支援対象者以外の
高齢者への支援
と言えますね。
また、「ケアマネジメント」と言う文言が
ついていますので、
当然
アセスメント→プラン作成→
プラン実行→モニタリング
という一連の
手順を踏まえて実施されます。

続いて第3項です。
この第3項にも別名があります。
総合相談・支援事業】と称します。
これは分かりやすいと言うかそのままの内容でして、
所謂ワンストップ
の相談窓口として、高齢者の抱える
諸問題を介護だけといった
限定的な分野ではなく、
保健医療や社会福祉等々大きな間口、
つまり総合的に
捉えて問題の相談に応じ、解決への支援を
行う事業です。
先週お話ししました「健康」について
の考え方を
思い出して下さると、より分かりやすいと思います。

続いて第4項…
と行きたいトコロですが、今週はここまで!
次週は、第4~5項の説明と域支援事業と
地域包括支援センター
の関係について進めます。
それでは、来週もお楽しみにお待ちください!
See You Next Week 

アーカイブ

月別 アーカイブ