ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【ウッチー輪ばなし】連載・第43回。

【ウッチー輪ばなし】連載・第43回。

【ウッチー輪ばなし】連載・第43回。

みな、みなさまこんにちわ!

別れの季節に切なくなる男、内田英希です。

来る3月4日に行われる『介護福祉士実技試験』には、

ケアステーションたきびからも数名が受験予定なので、

「頑張れ!!!」と、心で叫びまくっているこの頃。

我がチームメイトだけでなく、受験されるみなさま、

とにかく全力で、悔い無きようにのぞんで下さい!


…となれば、今週はせっかくなので、

実際の実技試験を疑似体験して頂きましょう

興味のおありになる方は、ぜひ挑戦してみて下さい。

●問題(昨年の試験より抜粋)

山下たくみさん(仮名・75歳)は、右上下肢に麻痺があり、

全ての動作に一部介助が必要で、歩行はつえを使用。

右利きでしたが、現在は左手を使って、

趣味の絵手紙と習字を始めました。

座っている山下さんをテーブルまで歩行介助し、

イスに腰をかけてもらって下さい。

その後、趣味の活動が出来るように準備し、

必要な用具を持つまでを介助をして下さい。

山下さんは「はい」または「うなずく」のみです。

(※試験時間は5分以内)

jitugi.JPG

問題は、↑このように見取図と文章で構成されており、

モデルさんがご利用者様役をして進行します。

試験問題は、試験開始前数分前に知らされるのですが、

ここで、私が思う注意点をいくつか挙げておきますので、

参考にして頂ければ幸いです。

①ご利用者様の安全・安楽を最優先し、転倒はもちろん、

 麻痺側の保護、膝折れの防止を適切に行いましょう。

 また、動作前の安全確認が大事です。

②自立支援の観点で介助を行いましょう。

 つまりは、山下さんの左側上下肢を最大限利用して頂き、

 残存機能を活用して頂く事が重要です。

尊厳的に「山下さん」とお名前を呼びましょう。

 そして、目線を平行に合わせる事が大事です。

④行動前の事前説明と同意。

⑤この設問では、趣味つまりは習字か絵手紙を選んで

 頂く事になります。こちらが決めるのではなく、

 絵手紙をするか習字をするのかを山下さんに確認し、

 その用具を持っていただくようにしましょう。

細かな点を話し出したらキリがありませんので、

これぐらいにとどめさせて頂きますが、

私自身、今でもあの緊張感は忘れれません

しかしながら、緊張しない方法なんてありません!

では、最後にメンタル面へのアドバイスを…

「誰もが同じように緊張するのであれば、

 日頃からに緊張した状態で練習を行い、

 常に緊張した状態で日々の介護をしている自分は

 自ずと有利なんだ!」と発想してみて下さい。

当日の条件は誰も一緒、普段からキチンと考えて

業務に当たっているあなたは、それだけで有利なはず

明日受験する方が、もしこのブログを見ておられれば、

ささやかながらウッチーが応援している事を忘れずに…

それでは、Good Luck!

また来週、笑顔でお会いしましょうね

アーカイブ

月別 アーカイブ