ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 

2012年3月アーカイブ

【ウッチー輪ばなし】深みのある男に...

【ウッチー輪ばなし】連載・第47回。

みな、みなさま、こんにちわ!

春の兆しを感じるこの頃…を一気に飛び越えて、

昨日は「陽春」と呼ぶにふさわしい一日でしたね。

あちこちで、土筆や桜の蕾が目に飛び込んできますが、

明日からはとうとう4月、新年度へと突入します。

今年絶好調!という方はこのままのペースで、

今年は何だかイマイチ、、という方は心機一転で、

新しい年度を迎えて、頑張って行きましょう


さて、今週は個人的な趣味の話しから…

実はワタクシ内田英希、大のコーヒー党なんです!

それもあって、空いた時間を利用し、出来る限り

ご利用者様にコーヒーを振舞うようにしています。

が、、お恥ずかしながら、日常業務に追われる中で、

一杯一杯の〝味にこだわってお出しする〟ことは、

けっこう難しかったりするのが、正直なところ

そこで、頼りになるのが、↓このコーヒーメーカー!

IMG_0127.jpg

このメーカーで用意した「一杯」は、皆様に好評!

いつもムラなく、深みのある味を演出してくれます。

皆様に喜んで頂けると、コーヒー党のワタクシも

嬉しい限りでして…えっ??…紅茶党の皆様は

どうするのかですって?…心配ご無用でございます。

大の紅茶党である、総務スタッフ・木田健太が、

こだわりの紅茶を用意してくれていますから!

たきびコーヒー & たきびティー、みなさまも、

ご来設の際には、ぜひとも一杯いかがですか


それでは、今週はここらへんで…

お相手は、土曜日の使者ことウッチー・内田英希でした。

また来週お会いしましょう!Please take care


P.S.

先週アップしたYoutube、ご覧になられましたか

まだ…な方は、ぜひ先週の連載をご覧下さいませ!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第110回『入浴介助はスローハンドで。後編』の巻。


 <今週のテーマ>
先週に続き「施設の入浴介助」についての談論です。
ご利用者様にとって大きな楽しみの一つである入浴。
デイサービスとショートステイそれぞれの視点からの
「入浴介助観」はなかなか興味深い内容かと思います。
介護現場のスタッフは一体どのような感覚で、業務に
のぞんでいるのか?その一端が垣間見える本配信…
みなさま、ぜひ御一聴下さいませ。!


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、
三浦真弥、伊藤亜也子、木田健太、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

    、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ  

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、以降毎週自動配信されます。(要インターネット環境) 

砂時計のリズムで。

「どの作家が好きってことは無いけどなぁ、

小説読んどる時は、落ちつくんやわ

nyuuyokugo.jpg

※写真はご本人様ご了承の上で掲載しております。

デイサービスの入浴後にホット一息、

読書をお楽しみ中ご利用者T様。

ランチ前のひと時を、ご自身の趣味に

費やす風景はデイの恒例なんですよ!

見よ!袖に刻みし「松阪」の文字。

昨日三重高校×浦和学院」が始まる頃には、

多くのご利用者様がデイ&ショートステイの

ホールへと自然にお集まりになり、あたかも

パブリックビューイング!?の様相で大応援

初戦を突破した郷土代表の戦いに一喜一憂、

最後は…落胆…そして、大きな拍手・拍手!!

mieko.jpg

「三重高!絶対、夏にまた来いよぉ〜」

「ようやったぞ!泣くな、胸を張れぇ!」

地元・三重高校のセンバツが終わりました。

既に県下高校球児達は、夏の選手権に向け、

猛練習に取り組んでいる事だと思います。

〝切磋琢磨〟そして〝真剣味〟

高校球児たちはいつでも教えてくれます…

我々も、しかと胸に刻んで夏へ向かうゾ

三重高のみなさん、お疲れさまでした!!

たきびカラーがまぶしいゼ!

彼岸も済んでだんだんと暖かくなってきた…

と思えばこの寒さそりゃ開花も遅れますよね

その代わりと言っては何ですが、松阪施設の

ロビーで咲き誇るを水仙をごらん下さい!

yellow.jpg

フレッシュなたきびカラーにあわせて、

現在決定している4月の外部イベントを…

4月2日(月)「藤原和歌子さん歌謡ショー」

4月20日(金)「瑛穂会による民謡発表会」

藤原和歌子さんは、津市のご当地ソング

「なぎさ港」が現在ヒット中の演歌歌手、

そして『瑛穂会』様は、三重県中勢地区を

中心に活動中の民謡・舞踊サークルです。

ご利用者の皆様も、両イベントを今から、

楽しみに、待ち望まれているようです

この他にも、現在調整中のイベントや、

毎度お馴染みスタッフ主体のイベント…

たきびは〝卯月〟もアツいですよぉ〜!

【勉強会】『介護保険改定ポイント確認』。

月2回の定例の勉強会、今回のテーマは、

『介護保険制度改定のポイント確認』

seido_short.jpg

ショートステイ・デイサービス共に分かれ、

サービス「本報酬」や新導入を含め「加算」が

どのように改正されたか、またそれによって

ご利用者様方の1割負担額やケアプランには、

どの様な影響が発生すると予想されるのか…

を、具体的なシュミレーションを交えて、

再度周知徹底し合った約60分間の勉強会。

技術の向上と同時に、法制度を熟知しておく

事は、介護従事者として不可欠といえます。

seido_day.jpg

また、その後に実施されたケース検討会では、

さっそく改正後の新制度を踏まえた意見が

各スタッフたちから多く飛び交いました

互いに確認し、指摘し合う時を経てこそ、

全体がより良い援助チームへと向かいます。

その観点からも、月2回の「勉強会」とは、

とても重要で、かくも貴重な時間なのです。

【自転車奔走記#91】「生活保護制度」編。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・91回。

いよいよ3月も最終週に突入!
ぼちぼち桜の話題も取り上げられるようになってきました。
もう一つの春の話題と言えばセンバツ!
我ら三重県から
出場している三重高校ナイン
は、順調に初戦突破。
2回戦で名門の
浦和学園と激突します、祈・健闘!
サイクルスポーツ
では、春のクラッシックレースが
いよいよ
佳境に突入!以前に紹介しました“北の地獄”こと
「パリ~ルーベ」
4月8日開催予定、こちらも要チェック。
本命のプロ野球は、
いよいよ今月30日に開幕を迎えます。
この所、野球以外でのゴタゴタみたいなコト
が続いていて
正直興ざめ感も拭え
ませんが、やっぱりスタジアムに
立つ
選手を見ると、テンションが上がりますねぇ。
そして、今年は何と言ってもオリンピックイヤー!
ワタクシ的に〝推し選手〟だった公務員ランナーこと、
マラソン・川内選手
の五輪出場はなりませんでしたが、
陸上競技、体操、サッカー、もちろん自転車競技も含めて、
トップアスリートの熱い戦いを今から楽しみにしています。

と、今回は非常に無難にマクラをまとめました
“マクラは及第点、腹は落第点”のヒロモリ
お送りします【自転車奔走記】
開講です!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今週は先週の続き…
生活保護の第2原則
「基準及び程度の原則」に絡めて、
扶助】のお話しをします。

基準及び程度の原則のお話しの中で「最低生活費」という
言葉が出てきました。最低生活費について
おさらいすると、
根拠となるのは生活保護法
1条及び第3条に記載されている
「最低生活の保障」
という文言です。
所謂“健康で文化的な最低限度”の
生活を維持していく為に
必要な保護を行わなければ
ならない事を定めた条文ですが、
その最低生活を
送る為に必要と考えられる費用が
「最低生活費」
と言う事になります。
現に生活保護を必要として
いる人にとって、
その「最低生活費」を基準
として、不足分を生活保護にて
補う事になります。
その最低生活費に応じた実際の
費用額については、
居住地や世帯構成、年齢等の色々な
個々人の実情
に応じて変化するので一律○○円とは
申し上げ
られませんが、その最低生活費算出の際に
考慮
すべき項目、言い換えれば、実際の生活保護費算出
根拠ともなる項目が、今回お話しする「扶助」
なんですね。

平たく言い換えると、
色々な種類の“扶助”や自身が
有する収入等を
積み上げていけば、生活保護
制度で定められている
“最低生活費”というもの
に到達する訳です。
と言う事で、早速“扶助”を見ていきましょう。
現在、生活保護制度下では“8つの扶助”があります。

① 生活扶助
  食べ物、衣類、光熱費など日常の暮らしの費用。
② 住宅扶助
  家賃、地代などにかかる費用。
③ 教育扶助
  義務教育に必要な費用。
④ 介護扶助
  介護に必要な費用。
⑤ 医療扶助
  医療にかかる費用。
⑥ 出産扶助
  出産に必要な費用。
⑦ 生業扶助
  自立した生活獲得に必要な技能習得の為の費用。
⑧ 葬祭扶助
  葬祭にかかる費用。

と言うものです。
これらの扶助に本人が活用できる収入や資産を加えた
金額が概ねの“最低生活費”となります。
では、これらの中で一番大きなウエイトを占める
①生活扶助
について、話しを進めていきます。
生活扶助とは、食事や被服等々、文字通り基本的な
毎日の
生活を送る為に必要な援助になるんですが、
この生活扶助の額は次のような方法で算出されます。

Step1 その人個人にとって必要な経費の算出。
 専門的には「生活扶助基準第1類費」。
 これは、保護を受けている人その人個人が生活を
 送る際、日常的に必要となる経費
 どのようなもの?と言うと食費や被服費
が代表格。
 この1類費の算出には、お住まい
の地域の区分と、
 対象となる方の年齢に応じて定められた個人単位の
 基準額
を世帯を構成する全員分足した額。

Step2 その世帯にとって必要な経費の算出。
 専門的には「生活扶助基準第2類費」。
 第1類が個人であったのに対して、
 第2類は
「世帯」に対しての経費、つまり世帯が
 生活
していく上で必要となる経費の事。
 言い換えば世帯共同で必要となる費用、水光熱費や
 家具什器類などが該当。
この第2類費の算出は、
 第1類と同じく在住
地域の級地と、世帯構成員数に
 対応して
定められた基準額となる。

これら上記の2つの類型の扶助を加えた額が生活扶助
基礎部分となるんですね。
※因みに、上述の2つは住居に住んで生活している場合で、
長期間の入院や介護施設等への
入所となっている対象者の
場合は、入院患者日用品費
や介護施設入所者基本生活費
という別の項目で
算定する事になります。
さて、、
基礎部分の算定は終わりましたが、それだけ
では、
実際の多様な生活場面に対応しきれません。
例えば、妊娠出産の際に必要となる費用や、対象者が
障がいを有している場合等、第1・第2
の類型を基にした
算出だけではカバーしきれない
部分については、
別途の手当が必要ですね。
そこで、
Step3 その他の加算の算定
 この加算には、妊産婦、母子、障がい者や
在宅患者、
 児童養育等の生活場面やより細やかな
個人の実情に
 応じた加算が定められる。
また、年末や冬季の
 暖房費用等に対応した
一時的な扶助なども算定対象。

ザッと見てきましたが、これらの3ステップを踏んで、
生活扶助の額が算出されるんですね。
このように算出された生活扶助に、他の扶助
から
必要なものを付け加えることで、いわゆる
「生活保護費=最低生活費」が算出される訳なんです。

ここまで、生活保護費の構造と生活扶助の構成について
進めて参りましたが、では実際の保護費用はどのように
支給されるの?と言う
ギモンが出てきますよね。
先週少し触れた通り、生活保護制度での扶助類には
金銭現物2種類の給付があると
説明しました。
つまり直接金銭で支給されるもの、又は現物
支給される物があると言う事です。

次週は、それら金銭・現物給付の内容についてのお話しと、
生活保護の第三の男…ではなく
第三の原則についてです。
我ながら、間違いが古いなぁ…どうも、メンゴです…
コレまた古い…ともかく今週はドロンさせて頂きます

では、来週もお楽しみにお待ちください。
お相手は、たきび保険証番号「第三の男」ヒロモリでした
See You Next Week!

【ウッチー輪ばなし】Youtube 導入!?

【ウッチー輪ばなし】連載・第46回。

みな、みなさま、こんにちわ!

3月も終盤にさしかかると、出会いと別れの季節。

淋しい別れをかみしめつつ、新しい人達と巡り会う…

そんな風に、いつでもふれ合いを大切にしたいと

願ってやまない男、ウッチーこと内田英希です

先日、たきびでもスタッフの送別会がありました。

勤続年数11年、殿村事業所で長年ヘルパーをしていた、

薬師神健二が、兼ねてからの予定通り、この3月をもって

奥様と子供たちの待つ沖縄へと帰ってしまいます。

「予定通り」と記したのにはワケがありまして…

薬師神夫妻は、元々それぞれ愛媛県と沖縄県の出身、

その2人が三重県の社会福祉士養成学校に入学して出会い、

卒業後、夫婦揃って仲良くケアステーションたきびに入社。

その後3年目に結婚してからも、変わらずチームたきびの

中心的存在として、さらなる活躍を続けていたのですが、

当然、故郷に残したご両親や、将来の子育て環境を考えると、

いずれは帰郷しなければなりません…特に健二さんは長男!

いつかは三重を離れなければならない、と分かっていても、

今回は、本人たちにとって苦渋の決断だったそうです。


さぁ、ここからが今週の本題!

そんな愛すべき仲間に、僕らの思いをしっかり伝えるべく、

先日、松阪市のLivehouseM'AXAで盛大に行われたのが、

そう!冒頭で紹介した、送別会なんです

soubetukai.JPG

各セクションごとの出し物を中心に、

ゲラゲラありウルウルありの、素晴らしいひと時でした。

ザッとした流れとしては、、

オープニング曲に乗せてスタッフ全員を、

オモシロニックネームとともに紹介。

本社・殿村事業所のドリフターズのパロディ。

ショートステイの、本人の半生を如実に描いた劇。

松阪施設デイサービス+総務の、少女時代『Gee』。

そして、たきび代表・赤塚とケアマネ・広森による、

本人へのメッセージを綴ったオリジナルソング。

各部署とも、ちょっと驚く位、完成度が高かった…

スライドショー後の、本人手紙では、あちこちで号泣

そして、会の最後を締めたのは新入スタッフの自己紹介。

良い仲間に囲まれている〝今〟に感謝・感謝です。

去り行く人よ、さようなら!

新たな人よ、こんにちは!


それでは、今週はここらへんで。

新たな年度へのカウントダウンがはじまる頃、

淋しさの向こう側の、新しい出会いに心躍らせて…

今週もお相手は、ウッチーことワタクシ内田英希でした。

また来週、お会いしましょう!Please take care


P.S

送別会の雰囲気を、何とか少しでも伝えられないか?

と思案した結果、個人的に参加していた

デイサービス+総務の、少女時代『Gee』を、

人生初の挑戦!としてYoutubeにアップしてみました

よろしければ、ご覧下さいませ。↓↓リンクです↓↓

http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=G0mhLEQ_IwA

 ヘルパーのカタチ 生搾り
第109回『入浴介助はスローハンドで。前編』の巻。


<今週のテーマ>
ズバリ!「入浴介助」についての談論を、
前編・後編の2週に分けて配信致します。
インサイドからの視点、ぜひ御一聴下さいませ!

<今週のメンバー>
赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、三浦真弥、
伊藤亜也子、木田健太、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

    、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ  

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

    、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境) 

誰かが記憶をノックしている。

昨日、松阪市・東保育園の園児のみんなが

卒園挨拶の為、たきびに寄ってくれました

higashi_enji.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

元気に歌う愛らしい姿も心なしか、いつもより

ちょっぴりお兄さん、お姉さんに見えました。

その後、園児のみんなから嬉しいサプライズが…

「肩たたきを、させていただきます!」

higashi_enji_2.jpg

この言葉に、ご利用者の皆様はもう感無量

今にも溢れそうな涙目を、静かに閉じて、

子ども達の小さな手に、背中を預けます…

♬おじいちゃん、お肩を叩きましょう〜

トン・トン・トントン・トントントン

何だかスタッフも涙ぐんでしまいました。

東保育園の先生方、粋な計らいを

誠にありがとうございました。

そして園児の皆、卒園おめでとう!!

小学校に進級しても、友達や家族を

大切にする心を決して忘れないでね。

センバツとBIG BAND!

〝春はセンバツから〟と言いますが、

今日から「第84回センバツ高校野球大会」。

開会式で、注目されるのは何と言っても、

石巻工業高校・阿部主将の選手宣誓ですよね。

春の到来を勇壮に告げてくれる事でしょう

そして三重県民が、もう一つ気になるのは…

その後の開幕試合に登場する地元・三重高校!

対戦相手の鳥取城北高校は、強豪校ですが、

三重高は第41回大会で全国制覇した際も、

大会初日第一試合に登場していることから、

必ずや、やってくれる!と信じています。

がんばれ三重高校野球部のみなさん!

昨日、松阪施設にご来訪下さったのは、

『亜熱帯トロピカル楽団』のメンバー御一行。

『亜熱帯トロピカル楽団』は、県内外を問わず、

幅広く活動中のラテン系ビックバンドです

IMG_0147.jpg

スタンダードナンバーから始まったLIVEは、

ジャズの名曲メドレーを挟んだ後、ナント…

演歌メドレーへと突入これがカッコイイ!

とにかくエネルギッシュなパフォーマンスに、

一部のご利用者様とスタッフたちはDancing!

そして、聞き慣れた曲のりずむに手拍子や

足拍子でスィングする多くのご利用者様。

ここはクラブ?ダンスフロア?ってノリで、

本当アッという間に過ぎた70分間でした。

『亜熱帯トロピカル楽団』のみなさま方、

アツい演奏を、ありがとうございました。

またの御来設をお待ちしております!

ブレイン・ストレッチ。

『脳トレクイズ』で盛り上がった昨日の午後。

様々な趣向の問題に、ご利用者の皆様方も、

スタッフたちも悪戦苦闘の連続でも楽しい!

例えば、こんなクエスチョン↓↓

noutre_2.jpg

Q・赤い丸を使って『えん』を書いて下さい。

すぐにわかった方!ムムムッ…メメメッ…

凄いんです相当柔らかいんです、脳が!

「体が柔らかい」と言うのと同じように、

「脳ミソが柔らかい」って表現があります。

つまり、脳にもストレッチが必要ってこと

目で考えて、耳で考えて、脳は真っ赤!

そして沢山笑った事で顔の筋肉も真っ赤!

一風変わったデイ昨日のレクビリでした。

ちなみに、その盛り上がりが気になって、

のぞきに来た亀田事務員が参加する一幕も…

noutre_1.jpg

この日がちょうど自分の誕生日だった事もあり、

急遽「私の年齢当てクイズ」が始まります…

さすが、たきびの肝っ玉母ちゃんこと亀田愛。

MCを押しのけ、ガッツリ仕切っています 

「たきび定食」ヘイ、お待ち!

の開花が例年より1ヶ月ほど遅れている模様。

それに伴い、スギ花粉に悩む日も例年より少なく、

花粉症と奮闘される方々には割合過ごしやすい今季。

ちなみに、今年想定飛散量の50%は既に飛び終えた!

なんて、ちょっと嬉しいニュースも聞いたりします。

とはいえ、症状が軽めでも気が重くなるのが花粉症

加えて、アレルギーで苦しい思いをしている方々が

年々増えているという現実も、深刻な問題ですよね…

みなさま、自らの体質を出来るだけ把握した上での、

食事管理&健康管理に、充分ご留意を下さいませ

◇   ◇   ◇

さて、さて、

健康管理に欠かせないのは、やっぱり食事!

たきび松阪施設、先日のランチのメニューは…

march_lunch.jpg

●頭の良くなる!?豆ご飯

●ホッコリホンワカ茶碗蒸し

●栄養満点の牛肉八幡巻き

●濃厚風味のエビマヨネーズ

●喉越しサッパリもずくスープ

●ひんやり苺のヨーグルトかけ

以上6品に、シェフのガッツと愛情たっぷり添えて

本格的な春まで、もう少し待たなくてはなりませんが、

たきびのランチは今日も華やかに春爛漫です!

◇   ◇   ◇

それではみなさま、開花を心待ちにしながら、

新たな7days、覇気持ってLET'S BEGIN

【自転車奔走記#90】「生活保護制度」編。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第90回。

いよいよ3月も後半戦突入となりました。
日に日に春めいてきて、陽が長くなるにつれて
過ごしやすい気候になってきています。
ワタクシのような中年なんちゃってサイクリスト
にとっては、骨身に沁みる寒さが和らぐほど
自転車で走りだす日が増えてくる、筈なんですが…

春と言えば梅に桜、卒業式に入学式なんて今は昔、
近年、春=花粉症と言っても過言じゃない気がします。
ワタクシも年々花粉症がひどくなるばかりで、
毎年春になると、暖かくなり活動的になる身体と
花粉を恐れて非活動的になるココロのせめぎ合いの毎日。
花粉症のサイクリスト用に、花粉をシャットダウンする
フィルターの付いた自転車用マスクなどのギアも販売
されているようですが、結局ワタクシは目のかゆみ
とダダ漏れの鼻水、止まらないくしゃみが収まるまで
はじっと我慢の子、お部屋で大人しく過ごしています
・・・・ン?
またまた聞こえてきました、恒例のスタッフ呟きが、、
「ヒロモリさんは『惰眠暁ヲ覚エズですねぇ
春になったら花見に団子、桜を見れば桜餅、と桜に先駆けて
腹満開!脂肪前線常時停滞中のヒロモリ
がお送りします
【自転車奔走記】それでは開講です!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週は、【生活保護の4つの原則】の2番目、
基準及び程度の原則」についてお話ししますね。
先週お話ししました「申請保護の原則」により、
生活保護開始には、原則本人もしくは親族等の申請が
必要となります。
生活保護の申請後、面接や審査等の
手続きを
経て保護受給が開始となる訳ですが、
今週お話し
する「基準及び程度の原則」は、
受給可能な保護の程度(量)についての定めなんですね。
では、恒例となりました法文引用から始めます。

(基準及び程度の原則)
第八条
保護は、厚生労働大臣の定める基準により測定した
要保護者の需要を基とし、その内その者の金銭又は物品で
満たす事のできない不足分を補う程度において行うもの。

前項の基準は、要保護者の年齢別、性別、世帯構成別、
所在地域別その他保護の種類に応じ必要な事情を考慮した
最低限度の生活の需要を満たすに十分なものであつて、
且つ、
これをこえないものでなければならない
(生活保護法より抜粋)

先ず条文の第1項についてお話しをしていきます。
この条項の内容を大まかに要約すると、
「受給できる生活保護の量は、国の定めた基準の範囲内で
 年金等の各種収入を差し引いてもなお不足する分」
という
ものです。実のところ生活保護の内容には
現物給付金銭給付
の二通りがあり、金銭のみの支給では
ないんですが、お話しを
分かりやすくするために、
あえて生活保護を全額金銭給付のみと
仮定して、
上記の第8条第1項の内容を簡単な式で表すと、
生活保護の額(程度) =
国の定めた生活の基準額 − 本人が活用できる収入や資産
となります。

非常に大まかな算出式ではありますが、上記の式に従って
生活保護の給付量が決定されるとお考え下さってOKです。
この算出式で重要な点は「国の定めた基準」という文言。
もし国の定めた基準額が必要以上に多ければ、
生活保護を受給していない他の国民にとって生活の不平等、
不公平感が生じますし、同時に国・自治体の財政負担も
過大し
、社会保障費への負担が必要以上に増大しますね。
一方、もし保護の基準が私達国民の実生活に比して
極端
に少ない金額であれば、非受給者の不公平感や
負担は
減りますが、生活保護制度が貧困や様々な
理由で生じた
困窮から全ての国民が立ち直れる為に
必要な“手助け・支援”
として制度化されているという
基本的な考え方=国家による
最低生活の保障の原理
反する事になりますよね。
そうすると、
生活保護の量を考える上で【国の基準】と
言うものが
非常に重要となります。その基準についての
補足的な
条項が、同条の第2項になるんですが、
この第2項を
ひらた~く言い換えると、
諸処の事情や情勢を考慮したうえで、最低限の生活
レベルを維持することができる為に必要かつ十分な
額が
“国の定める基準”ですよ。

となります。
ではでは、その【国の定める基準】とはどのようなもの
なのかをお話ししていきます。

お話しを分かりやすくするために「国」と書きましたが、
正確には「厚生労働省」が定める基準、つまり告示等
示された額が基準になる訳です。
で、その算出方法の基礎となる考え方は「水準均衡」と
呼ばれているもので、簡単にいえば
ある程度定まっている
保護基準額を、現状の国民
生活水準と比べて、
非常な格差が生じないよう
微調整を行っていくと言うもの。
インフレ等で物価の上昇が激しい時は、保護基準額が↑、
デフレ等で物価下落、必要生活費の下落が激しい時は↓と、
非常に乱暴なたとえではありますが、保護基準費用

一般国民との生活費用について、非常な格差が
生じない
ように調整を行っていると考えて下さい。
大元の考え方は上記の通りですが、細かく見ると、
地域や世帯
状況により必要費用には差が生じます。
どう言う事か?と言いますと、
例えば都心部は
家賃や物価が地方に比べて高いですよね。
また、寒冷地方
であれば冬季の暖房費は温暖な地域より
高いコストがかかります。
また、単身世帯と子供がいる世帯では必要な生活費
ついても当然差が生じますね。
ですので、保護基準費用は上記を始め色々な条件に
応じて細かな設定ができるように工夫されています。
では具体的にどれくらいの金額か?と言いますと、実は…
諸々の勘案事項が多く、一律に申し上げられないんですね。
因みにワタクシの住む三重県は約10万円程度だそうです。
では、仮に10万円が三重県の最低生活費であれば、
生活保護
の受給開始になればその金額が毎月支給される?
と言いますと、答えは「否!」となります。
何故か?
実は本文中でちょっと触れましたが、生活保護には
現物支給と現金支給の2通りの支給方法が
あるんですね。
その現金・現物の支給についての
解説が、次回お話しする
「基準及び程度の原則P-Ⅱ、
扶助について!」となります。
今回の最低生活費のお話も、次週お話しする“扶助”
構造の知識がないと少々分かりにくい内容なんですね。

と言う事で、
次週は「生活保護制度での“扶助”」を
取り上げ、
生活保護の基準と程度についてもっと深く
掘り下げた
お話しを進めてまいります。
ぜ〜ひぜひ、お楽しみにお待ちください。
See You Next Week!!

【ウッチー輪ばなし】連載・第45回。

みな、みなさま、こんにちわ!

もう3月中旬にも関わらず、寒い日が続きますね。

これぞ「寒の戻り」って感じですが、

体調など崩されてみえませんか?

我々チームたきびは、皆毎日元気に活動しています


さて、昨日は…
三重県総合文化センターで行われた、

三重県主催「新介護報酬改定説明会」参加して参りました。

ちなみに県内をいくつかの地域に分けて行われるのですが、

昨日は松阪市以南の市町と伊賀市、名張市の事業所が対象。

ご存知の通り、来る4月1日より介護保険は制度が変更されます。

それが改良であるのか、あるいは改悪となるのか…

社会保障財源の逼迫や、障害福祉の立ち後れた政策を考えると、

今それを論じるのはいささか短兵急かと思うので避けますが、

本改定により「介護生活のビジョン」を変えざるを得ない

ご利用者様やご家族が一定数みえるであろう事は確かですし、

事業所視点でも同様に「運営ビジョン」の変更を余儀なく

されるケースが多発し混乱するのではないか?と予想されます。

事実、各所で諸々の議論が飛び交う、最近の介護業界です

IMG_0124.jpg

が!!制度改定がどうあれ、何であれ、

それで、我々としての信念が変わるわけではありません!

むしろこの改定を〝良き事だった〟と言えるかどうかの

鍵を握っているのは、我々現場のスタッフではないかと…

ちょっと大仰過ぎますかね?でもこの気持ちマジでっせ!

老後を迎えても、生まれ育った町で、楽しく、安心して

過ごせるような〝国づくり〟の一翼でありたいという

たきびのポリシーは、ずっ〜と変わりませんので、

今まで通り、まずはお気軽にご相談下さいませ!


最後に、具体的な情報を

本改定後も、ケアステーションたきびでは全部門

サービス時間などの営業形態変更はございません

尚、改定後の1割負担額については、新料金表にて

お知らせ致しますので、今しばらく

お待ちのほどをお願い申し上げます。


それでは、また来週…

お相手はウッチーこと内田英希でした。

Please take care

ヘルパーのカタチ 生搾り
第108回『テレビ、ラジオ、ミュージック』の巻。


 <今週のテーマ>
施設の館内放送の話から、次々と脱線!?する談論。
BGMの有効利用は生活演出に不可欠、あって当然の存在。
しかし、そのとらえ方は人それぞれだからこそ難しい…
「聴く」「聞く」「流す」、なかなか奥深いテーマです。
そして一方、BGM化しているテレビ鑑賞文化の弊害とは?
ぜひお気軽に、御一聴下さいませ!


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、
三浦真弥、伊藤亜也子。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境) 

愛をこめて甘菓子を。

3月14日は「ホワイトデー」ですね。

昨日の「手作りおやつ」は男性スタッフ主導企画!

IMG_0056.jpg

チョコの中に、細かく砕いたビスケットや

イチゴジャムを流し込んで、ホラ↑こんな感じに、

サクサクお洒落な〝生チョコバー〟の完成です。

予想以上の出来栄えに、ご利用者のみなさまは

「シャクシャク、モグモグ、なかなか美味しいな!」

男性スタッフ一同からみなさまに対する敬意が

こもった2色のチョコバー喜んで頂けたかなぁ…

【定例勉強会】『高齢者虐待について』。

月2回の定例勉強会が開催されました。

今回のテーマは『高齢者虐待について』です。

IMG_0020.JPG

・高齢者虐待防止法について。

・虐待の種類とその類型。

・虐待の理由とその過程。

などを中心に約60分の勉強会となりました。

高齢者に関わらず、虐待について考える時、

被害者の保護という観点とともに重要なのが、

「いかに未然に防げるか」という予防の視点。

〝予兆・兆候を、周囲が察知して動く〟

簡単なようでハードルが高いこのテーマ。

悲惨な事故へと発展する前に出来る事は?

一市民、また他人として打てる手とは?

とにかく、制度を含めた現状をしっかりと

把握する事が第一歩になる事だけは確か。

今後も職責として、虐待についての勉強会は

一般開放で継続して参りますので、皆様も

〝考えるきっかけ〟としてぜひご参加下さい。

詳しいお問い合わせは0598−53−1444まで…

一年、また一年と...

mokutou_1.jpg

先日3月11日、14:30を過ぎた頃から

黙祷を捧げるべく、各階のロビーへ集う

ご利用者のみなさま方とスタッフたち。

テレビ放送にあわせて自然発生した

皆様の国歌合唱には少々驚きました。

そして「14:46」より60秒間の黙祷…

現在、なおも行方不明の方々を始め、

未だ、悲しみの渦中に過ごされる方々

これは東日本大震災だけに限りませんが、

起こった悲劇がある以上、その出来事が

真に終息する日など無いのだと思います。

当事者であるみなさま悲しみが完全に

癒える日もまた来ないかも知れません。

そんな今、なにをするべきなのか?

そんな今、なにを起こすべきなのか?

そんな今を、どう捉えるべきなのか?

直接的な被害者ではなかった僕たちも、

この一年間常に心に問い続けてきました。

明確な答えになど到底辿り着けませんが、

今後も何十年、何百年と次の世代を含め、

それをやめない、それこそが我々の使命

ではないかと言う気がしてなりません。

サクラサク、オチャカオル。

携帯電話の普及で、世の中から減った…

といえば、公衆電話・手紙・電話帳など。

そして、今やまず聞かない合格通知電報

そのうちの一つなのではないでしょうか。

最も有名な電文は「サクラサク」ですが、

当時は受験した学校によって、贈り主が

文面を変え、祝福に花を添えたそうです。

例えば、こんな感じで…

お茶の水女子大学は「オチャカオル」

高知大学の場合は「クジラガツレタ」

筑波大学の場合「ガマガエルワラウ」

そして三重大学は「イセエビタイリョウ」。

昔の日本人って、なんだか粋ですよね

ちなみに海の向こうアメリカでも同じ様な

風習があったそうで、ハーバード大学では

不合格だった受験生に対して、大学当局が

「Harvard's loss more than yours.」

という電文を贈ったことがあるそうです。

〝ハーバードの損失は、あなたより大きい〟

アメリカ人もまた、粋な事をしますね。

ショートステイより、春めいたヒトコマ。

ご利用者の皆様が取り組んでみえるのは、

「貼り絵」「折り紙」を融合した大作

IMG_0019.jpg

IMG_0018.jpg

新緑と桜の春〟が来る頃には完成の予定。

地道な作業が続きますが、ご利用者の皆様は

お茶をかたわらに、会話に花を咲かせつつ、

進めておられます、乞うご期待下さいませ

そして、ご来設の際には、要チェックです!

「サクラサク、オチャカオル」!

さぁ皆様、今週も7days、覇気持ってGO

【自転車奔走記#89】生活保護制度編。

忌まわしい東日本大震災の発生から一年。
犠牲になられた方、
ならびにご家族の方に対して、
あらためてお悔やみとお見舞いを申し上げます。
そして、あの震災以降、一歩一歩あゆみを進めてみえた
罹災者の方々と、復興に向かって取り組む全ての皆様に、
心よりのエールをおくらせていただきます

                                    ケアステーションたきびスタッフ一同。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第89回。

今週も引き続き生活保護制度についてのお話しです。
生活保護の原則」についての
お話です。
先週は「生活保護の原理」についてお話ししましたね。
この【原理】とは、日本の
生活保護制度の基本となる
考え方を述べたもので、生活保護の4つの原理
原理1 国家による最低生活の保障。
原理2 無差別平等。
原理3 健康で文化的な最低生活の保障。
原理4 保護の補足性。
以上の4つでした。

これらの【原理】=考え方に則って、生活保護制度は
作られ、施行されているんですが、
今週お話しする
「原則」は、これらの原理に
基づいたうえで、
生活保護制度を実施(適用)
する際や制度を運営する
際の基本となる
指針を述べたものです。
つまり制度の実際運用時の基本指針になります。
では早速、原則を見ていきましょう。
生活保護制度を利用しようとした時に、先ず最初に
知るべきことは、「どうすれば利用できるか?」
という点。
その制度利用(適用開始)の
基本的指針を定めているのが
第1の原則申請保護の原則】と言われるものです。

生活保護法第7条(申請保護)
保護は、要保護者、その扶養義務者又はその他の同居の
親族の申請に基いて開始するものとする。
但し、要保護者が急迫した状況にあるときは、
保護の申請がなくても、必要な保護を行うことができる。

生活保護制度の利用(保護開始)は原則、本人もしくは
親族等からの申請が必要になると言う
事を述べています。
言い換えれば、条文中にある「急迫した状態」でなければ、
国や自治体の権限(職権)で生活保護
を開始する事を
戒める内容になっています。
この事柄の是非はともかく、そもそも生活保護制度が
保護を必要とする方が「自立した生活」
を獲得するための
力添え的な意味を持っている
以上、保護を必要とする方
(要援護者)の自発的
な申し出によって開始されるのは、
当たり前と言
えば当たり前の話ですよね。
確かに、本人または関係者からの申請が無かった事により
生活保護を受ける事が出来ず、不幸な
事態に陥った事例も
報道された事がありますが、それらは制度運用、
つまり実務上の問題点を
問うべき事で、原則論的に言えば、
この申請保護
の原則は的を得たものだと考えています。

ちょっと話しが横道に逸れましたが、生活保護の開始に
当たっては、本人もしくは親族等からの
保護開始の
申し出が必要になるとお考え下さい。
因みに、条文内の但し書部分である職権による保護開始
ついて補足しておきます。
保護を必要とする人が急迫、例えば判断能力に障害がある、
急な傷病で生計を断たれ
生活の遂行が困難になっている等、
事情によっては
保護実施機関(各自治体福祉事務所等)や
自治体の長が職権をもって保護開始をする事ができる、
或いは保護開始決定を速やかに行う
義務がある旨の内容で、
同法第25条にこの
定めが記載されています。

(職権による保護の開始及び変更)
第25条 (抜粋)
 保護の実施機関は、要保護者が急迫した状況に
 あるときは、すみやかに、職権をもつて保護の種類、
 程度及び方法を決定し、保護を開始しなければならない。
②保護の実施機関は、常に、被保護者の生活状態を調査し、
 保護の変更を必要とすると認めるときは、すみやかに、
 職権をもつてその決定を行い、書面をもつて、これを
 被保護者に通知しなければならない。
③町村長は、要保護者が特に急迫した事由により放置する
 ことができない状況にあるときは、すみやかに、
 職権をもつて
第十九条第六項に規定する保護を
 行わなければならない。

この条文が職権での保護開始を定めているものです。
第1条の「保護の実施機関」というのは、各自治体に設置
されている福祉事務所(※)の事を指します。
実際の運用についてはともかく、法律においては、
福祉事務所や町村長は、現に保護を必要とし、
なお且つ
緊急切迫した状態にある人については、速やかに
生活保護の適用を開始しなければならないんですね。
これら2本立て、「本人等による申請」もしくは
「職権による保護開始」によって生活保護の適用が
開始されることになりますよね。
ちなみに福祉事務所とは…生活保護を始め、母子及び
寡婦福祉や児童福祉を所管する福祉に特化した
行政機関で、
都道府県及び市には必ず設置されています。
今回のテーマである「生活保護制度」においては
最前線を担当する行政機関と言えますね。

続いて
「どれくらいの保護を受ける事ができるのか?」と言う
疑問に対する回答が第2の原則
基準及び程度の原則】と
言われるものです。では早速…
と言いたいところですが、
今週はここまでとします。
どうしてもお話しが細かくなって
しまいますね
次回は、「基準及び程度の原則」について。
引き続き細かなお話しになりそうな
予感がしますが、
お楽しみにお待ちください。
それでは、また来週、See You Next WeeK!!

【ウッチー輪ばなし】連載・第44回。

【ウッチー輪ばなし】連載・第44回。

みな、みなさま、こんにちわ!

先日行われた当社の親睦会で、久しぶりに大粒の涙が

流れるほどの感動に打たれた、ウッチーこと内田英希です

いやぁ〜、仲間って本当に素晴らしいですね、

サヨナラ・サヨナラ……じゃなくて、今週の本題はじまりぃ。


たきび松阪施設から車で10分程の場所に、

厄除け祈願として、かな〜り有名な寺院、

岡寺山・継松寺(通称おかでらさん)があります。

地元の方なら必ず知っているスポットなのですが、

松阪市外のみなさま、ご存知でいらっしゃいましたか?

hatuuma.jpg

今年は3月9日~3月11日の期間で初午大祭が開催されます。

初午祭りとは、毎年3月初めの午の日を中心として

前後3日に渡り行われる、仏教寺院としては県内最大祭礼。

この地方に春を呼ぶ行事として、厄年の方々をはじめ

 

多くの参拝者で賑わい、数百に及ぶ露店も立ち並びます。

そして、この期間中は周辺一帯を交通規制するため、

車やオートバイでは近辺が走れなくなります、ご注意を。

なんせこの祭りの開催中、松阪市街は本当に賑わうのです

ちなみに、厄除けのために境内へ自分のハンカチを落とし、

お参りしてからは一切振り返らない!!という風習

定着していますが、ハンカチをわざわざ持参せずとも、

通例作法でお参りすれば、ちゃんと厄は除けてくれます。

決して「ハンカチ必須!」という訳ではないですからね。

厄年の方々、余裕がおありになれば、ぜひ松阪市にあります、

『岡寺山・継松寺』へお参りにお越し下さいませませ


以上、今週は松阪観光大使となったウッチーでした。

【ウッチー輪ばなし】それではまた来週お会いしましょう!

お相手は内田英希でした、Please take care

 ヘルパーのカタチ 生搾り
第107回『年齢というもの』の巻。


<今週のテーマ>
今週は「年齢を感じる時」についての談論です。
どのように自分らしく歳を重ねて生きるか…
職業柄、多くの良き見本を目の当たりにする
我々だからこそ感じる「老いる」事の素晴らしさ。
みなさま、お気軽に御一聴下さいませ。


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、
三浦真弥、伊藤亜也子。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境) 

文化系?運動系?

昨日は一日中〝春待ち雨〟

ご利用者様も、気分が滅入りがちな感じだったので、

予定していた文化系のレクビリを運動系へと変更。

体を動かすと、精神がリフレッシュしますものね!

写真は↓その時のレクビリ風景のヒトコマです…

table_soccer.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

行っている競技は『テーブルラグビー』

ボールを落そうと力強く転がすAチームと、

それを落さぬように必死に防御するBチーム。

攻守交代ごとに白熱してゆくゲームの展開、

このシンプルなゲーム、予想以上に燃えます!

結局、予定時刻を大幅に過ぎてノーサイド。

その後の〝おやつタイム〟もまた別格でした。

それにしても、みなさまアツい…

無言のメッセージ。

ひな祭りが終わり3日ほど経過。

ということで昨日、ここ2週間施設のロビーを

彩ってくれた七段飾りのお雛様を片付けました。

遅れてしまうと、お嫁に行きそびれてしまうという

習わしがありますよねぇ…もしかしたらコレが

現在における未婚率の高さの原因だったりして

スタッフたちの手で、徐々に箱詰めされる雛壇。

淋しい気持ちで作業していると、そこに隠れていた

『歴代たきびTシャツ』が目に飛び込んできました

IMG_0007.jpg

「久々に見ると、いつも以上に新鮮ですねぇ〜」

あるスタッフの何気ない呟きを耳にしながら、

今年のお雛様が、最後に教えてくれた教訓、

〝新しい春を前に、初心忘れるべからず!〟

を感じて、不意にホロッときちゃいました

ネイルケアでテンションUP↑。

昨日のデイサービスからヒトコマ…

ご希望されたご利用者様を対象に、

「ハンド&ネイルネイルケア」を実施

nail_art.jpg

季節柄「春」をイメージされるからか、

ピンク系のネイルカラーをリクエストされる

方が多かったのが、とても印象的でした。

通りかかったカメラに向かいハイポーズ

オシャレ心を持ち続けるって大切ですよね!

さよなら、また来年。

先日3月3日は「桃の節句」でした。

たきび松阪施設ロビーの、↓七段飾りも

ひな祭りBGMをバックにひときわ誇らしげ!

hina_festa.jpg

そして、もう一つ…

ショートステイに柔らかな衣装をまとった

ベリーファニーなお内裏様とお雛様が!

それがコチラです、ごらん下さいませ。

sousaku_ohinasama.jpg

これは「おやつ」の時間に、ご利用者様と

スタッフで共作した〝食べられる〟お雛様

クリームで土台を作って、カステラや苺ジャムで

おめかしして、最後にチョコで表情を描いたら、

創作お雛様の完成!その後、しばしの鑑賞。

そして名残惜しくも実食何だか複雑な気分…

♬ きょうはわたしも晴れ姿

     春のやよいのこの良き日

     何よりうれしいひな祭り

三寒四温の〝温〟の中で食べた創作お雛様は、

春への移ろいを感じる、幸せな味でした

「一雨ごとに春が近づく」と言いますが、

まさにそれを実感する、ここ最近ですね。

さぁみなさま軽やかなステップ踏んで、

今週も新たな7days、覇気持ってGO!

【自転車奔走記#88】生活保護制度。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・88回。

不安定な天気が続いていますが、
皆さまいかがお過ごしでしょうか?
寒暖の差に加えて気圧の変化が大きい今の時期は、
非常に体調を崩しやすい時、お気をつけ下さいね。
さて、
3月に入るといよいよ本格的なスポーツシーズン到来!
プロ野球、そして我が自転車レースも本格始動。
通称〝春のクラッシックレース〟がヨーロッパ各地で
開催され、自転車乗りのココロを熱く
掻き立てます!
一方、ワタクシの様なゆる~いヘタレ自転車乗りには、
冬場ほど気合を入れずともツーリングに出やすくなる時期。
「梅は咲いたか、桜はまだかいな」なんて感じで、
今年の春は、早春の日差しの中をのんびりゆっくり、
ペダルを漕いで浮世のしがらみから期限付き
の解放満喫…
と目論んでいたのですが、先日自転車仲間から1通のメール。
内容は、去年地獄を見たMTBイベントへの参加要請、、
ではなく参加強制、しかも今年は山道を100キロ!!
慌てて電話をかけ「色々栄養のしがらみで、腹脂肪が…」
と、参加前から尻ごみ巣籠りのナサケナイ言い訳も虚しく、
ひと通り言い訳を聞き終わった友人の言葉は、
「まあ、もう申し込んだから。頑張ってな」

早春の桜餅付きサイクリングが、
疲労回復の梅干付き練習になる事うけあいの
「腹爛漫」ヒロモリがお送りする【自転車奔走記】開講!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今週は、生活保護制度のついての第2回目、
「生活保護の原理原則」についてお話しします。
先週お話しした通り、生活保護は日本国憲法
に規定された
【生存権】を、全ての国民が行使
できるよう、貧困等の
諸事情で困窮状態にある
人に対し「健康で文化的な
最低限度の」生活
を保障する事が目的の制度です。

で、今週のテーマ「原理原則」とは何ぞや???
「原理」と聞くと、なにか小難しい概念的なものを
想像しがちですが、生活保護は他の制度と同じく
「生活保護法」という法律に基づいて施行・運用
されるものである以上、制度適用や運用の大前提となる
【基本的な考え方】が必ず必要となり、
この制度の
基本的な考え方を「原理原則」という文言

生活保護法に規定してあるんですね。
そしてその「原理原則」も、理念的なものではなく
実際的な考え方に即した内容になっています。

では、早速順を追って見ていきましょう!
日本に限らずですが、全ての法治国家には色々
法律や法に基づいた制度がありますが、
それらを策定及び施行する際に一番重要な事、
それが「法律や制度の目的」です。
生活保護制度の目的は先週お話しした通りですが、
この生活保護制度の目的こそが
1番目の原理
国家による最低生活の保障になります。

(生活保護法)
第一条・この法律は、日本国憲法第二十五条 に規定する
理念に基き、が生活に困窮するすべての国民に対し、
その困窮の程度に応じ必要な保護を行い、その最低限度の
生活を保障するとともに、自立を助長することを目的とする。

つまり、生活に困窮する国民に対して国は、生存権に
基づいて最低生活を保障し、自立した生活が送れる
ようになるよう必要な対応をしなけらばならない。
国の責任といった事柄が明記されていて、生活保護制度は
国による生存権の保障が目的であるという
内容です。
さて、目的は分かりました。
次は、この制度を①誰に②どの程度③どのように
実施していくか?が問題となります。
①の「誰に?」について、第1条では「全ての国民」
という文言で示されていますが、それをもう少し明快に
規定したのが2番目の原理無差別平等」になります。

(無差別平等)
第二条 ・全て国民はこの法律の定める要件を満たす限り、
この法律による保護を、無差別平等に受けることができる。

思想信条、性別、社会的立場などで差別を行わない、
現に誰かが「困窮」という状態であれば、生活保護を
受ける事ができると言う考え方(原理)です。
但し、「~この法律の定める要件を満たす限り~」と
但し書きが付いている通り【なんでもかんでも】
と言う訳ではありませんのでご注意を。
平たく言えば、保護を受ける要件を満たした国民ならば、
誰でも生活保護制度を利用
できると言う内容です。

続いて②の「どの程度」について。
この生活保護法によって行われる保護の程度
についての
基本的な考え方を示しているのが
3番目の原理最低生活の保障」になります。

(最低生活)
第三条・この法律により保障される最低限度の生活は、
健康で文化的な生活水準を維持することができるもので
なければならない。

つまり、実生活において経済的、社会的に自立・自律した
生活が送れる最低限度の生活水準を、生活保護に
よって
保障すると言う内容です。
実は、この「健康で文化的な生活水準」という文言、
非常に抽象的なので、実際の生活レベルに置き換えた時に、
保護世帯と非保護世帯間の不平等感やQOL
(生活の質)の
問題等、色々と議論が絶えない部分なんです。
これについては、次週以降もう少し詳しくお話しいたします。

最後に③の「どのように?」という事について。
実は生活保護制度で一番重要な事柄かもしれないこの②に
ついての考え方が第4番目の原理保護の補足性」です。

(保護の補足性)
第四条
①保護は、生活に困窮する者が、その利用し得る資産、
 能力その他あらゆるものを、その最低限度の生活の維持の
 ために
活用することを要件として行われる。
②民法 (明治二十九年法律第八十九号)に定める
 扶養義務者
の扶養及び他の法律に定める扶助は、
 すべてこの法律による保護に
優先して行われるものとする。
③前二項の規定は、急迫した事由がある場合に、必要な保護を
 行う
ことを妨げるものではない。

生活保護法第1条から第3条に比べて、文章量が多いですよね。
この「保護の補足性」と言う考え方ですが、
「金銭でも、能力でも、その人が利用できる物は
全て
 活用しても困窮の解消に至らない場合に
その
不足分を補う形で保護が行われる」と言う意味です。
例えば、月額2万円程度の年金が収入の全てで、
毎日の生活に困窮している方がみえたとします。
仮に、生活保護の受給が認められて受ける事ができる
金銭的な扶助の上限が10万円だとすると、10万円満額が
支給されるのではなく、本人の収入
=年金収入の2万円分を
差し引いた額8万円が
保護費として支給されるという内容。
この場合、年金収入は本人が活用できる資産ですので、
保護を受ける前に、その人の
生活の為には先ずその資産を
活用する事が必要ですよね。

つまり、個人が持つ資産(年金や預貯金、不動産等々)、
能力(仕事ができる等)、そのた扶養義務者(親族等)
各種の制度(年金、医療保険等々)で先ずはできる
所まで
自分の力でやってみて、それでも足りない部分を
生活保護制度で“保護”=“補足”する
ということ、
これが「補足性の原理」と呼ばれるものです。
さて、
ざっと生活保護制度での4つの基本原理をお話ししました。
実は、これらの「原理」は最初にお話しした生活保護法

1条中の文言を更に明快に規定したものなんですね。
ですので「4つの原理」ではなく「無差別平等」
「最低生活の保障」「保護の補足性」
3つを挙げて、
生活保護の3つの原理と呼称する事もあります。
ともあれ、これらの基本的な考え方で、生活保護
制度が
成り立っている事がご理解いただけましたでしょうか…

今週はここまでとします。
次回は「生活保護の原についてのお話しになります。
文字通りの原則論ですので、コレまた重要なポイントです。
それでは、See You Next Week!

【ウッチー輪ばなし】連載・第43回。

【ウッチー輪ばなし】連載・第43回。

みな、みなさまこんにちわ!

別れの季節に切なくなる男、内田英希です。

来る3月4日に行われる『介護福祉士実技試験』には、

ケアステーションたきびからも数名が受験予定なので、

「頑張れ!!!」と、心で叫びまくっているこの頃。

我がチームメイトだけでなく、受験されるみなさま、

とにかく全力で、悔い無きようにのぞんで下さい!


…となれば、今週はせっかくなので、

実際の実技試験を疑似体験して頂きましょう

興味のおありになる方は、ぜひ挑戦してみて下さい。

●問題(昨年の試験より抜粋)

山下たくみさん(仮名・75歳)は、右上下肢に麻痺があり、

全ての動作に一部介助が必要で、歩行はつえを使用。

右利きでしたが、現在は左手を使って、

趣味の絵手紙と習字を始めました。

座っている山下さんをテーブルまで歩行介助し、

イスに腰をかけてもらって下さい。

その後、趣味の活動が出来るように準備し、

必要な用具を持つまでを介助をして下さい。

山下さんは「はい」または「うなずく」のみです。

(※試験時間は5分以内)

jitugi.JPG

問題は、↑このように見取図と文章で構成されており、

モデルさんがご利用者様役をして進行します。

試験問題は、試験開始前数分前に知らされるのですが、

ここで、私が思う注意点をいくつか挙げておきますので、

参考にして頂ければ幸いです。

①ご利用者様の安全・安楽を最優先し、転倒はもちろん、

 麻痺側の保護、膝折れの防止を適切に行いましょう。

 また、動作前の安全確認が大事です。

②自立支援の観点で介助を行いましょう。

 つまりは、山下さんの左側上下肢を最大限利用して頂き、

 残存機能を活用して頂く事が重要です。

尊厳的に「山下さん」とお名前を呼びましょう。

 そして、目線を平行に合わせる事が大事です。

④行動前の事前説明と同意。

⑤この設問では、趣味つまりは習字か絵手紙を選んで

 頂く事になります。こちらが決めるのではなく、

 絵手紙をするか習字をするのかを山下さんに確認し、

 その用具を持っていただくようにしましょう。

細かな点を話し出したらキリがありませんので、

これぐらいにとどめさせて頂きますが、

私自身、今でもあの緊張感は忘れれません

しかしながら、緊張しない方法なんてありません!

では、最後にメンタル面へのアドバイスを…

「誰もが同じように緊張するのであれば、

 日頃からに緊張した状態で練習を行い、

 常に緊張した状態で日々の介護をしている自分は

 自ずと有利なんだ!」と発想してみて下さい。

当日の条件は誰も一緒、普段からキチンと考えて

業務に当たっているあなたは、それだけで有利なはず

明日受験する方が、もしこのブログを見ておられれば、

ささやかながらウッチーが応援している事を忘れずに…

それでは、Good Luck!

また来週、笑顔でお会いしましょうね

綿毛のようなアフタヌーン。

3月に突入!ってことで、レクビリは

月頭恒例の『カラーリング』です

IMG_5270.jpg

寒さも少しづつ落ち着いてきそうな気配。

〝タンポポ〟や〝土筆〟のイラストに、

来るべき春を思いながら色を乗せて…

そのうち皆様の会話もリズムに乗って…

「綿毛の色って?」「フワフワな色さ」

穏やかに色づいた昼下がりとなりました 

 ヘルパーのカタチ 生搾り
第106回『食事介助はバッテリーの調べ』の巻。


<今週のテーマ>
一日早い配信の今週は、高齢者介護施設においての
食事介助や入浴介助などについてのアツ〜い談論。
3年目を迎えた本番組、原点へと立ち戻ったような
本テーマに対し、口調には自然と熱がこもります。
ぜひとも、ご一聴下さいませ!


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、
三浦真弥、伊藤亜也子、木田健太、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境) 

アーカイブ

月別 アーカイブ