ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 

2012年1月アーカイブ

さびしい時...

あまりクローズアップしてきませんでしたが…

デイサービスには、スタッフたちが淋しい気持ちに

なる瞬間があります、しかも毎日必ずあるのです

それは15:00~16:00頃の、ご利用者様帰宅時

gokitaku1.jpg

約7時間、時間を共にさせて頂いた皆様が、

ご自宅へと帰られる…当たり前の光景ですが、

毎度、たまらない寂寥感に見舞われます。

帰路の車中で、今日の出来事に話しの花が

咲いた後は、いよいよご自宅に到着の時が。

笑顔で手を振り、声をかけて下さる方、

会話は出来なくとも、涙をこぼしながら

我々の手をギュッ〜と握って下さる方…

「皆様、また次回にお会いしましょうね!」

スタッフは心よりお待ちしております

【定例勉強会】「指文字を学ぶ」。

定例勉強会、今回のテーマは『指文字』

IMG_5022.jpg

皆様も、NHKニュース等で手話をご覧になる

機会があると思いますが、今回のテーマである

指文字とは、その手話の基本となるものです。

具体的には、指を用いて50音と数字を表して、

「相手に意志を伝える」という簡素な伝達手段。

簡素とは言え当然ながら、身につけるまでには

それ相当の訓練と慣れとが必要とされます。

とても数回の勉強会のみでマスター出来るほど

甘くはありません…が、何事もチャレンジ!

IMG_5026.jpg

今回は〝あ〟から〝ん〟までの指形を覚え、

ある程度練習した後、さっそく2人1組になり

とても簡単な会話に取り組んでみました!

「なにいろがすきですか?」「みどりいろ」

「ふるさとは?」「みえけんまつさかし」

最初は予想以上に長時間を要し苦戦します。

同時に、相手の指文字を正確に読み取るのは

さらに難しいという事実にも直面しますが…

次第に、指形に文字のイメージを繋げて行く

重要なのだと気付き始めるスタッフ達

加齢に伴って聴力は低下すると言われます。

聴こえにくい事により、コミュニケーションの

機会が減ったり、危機回避能力も低下します。

この現実は、介護状態に関わらず、全ての人に

訪れる事…そう、皆様も例外ではありません!

ぜひ指文字・手話に触れてみて下さいませ

ではコミュニケーションを大切にして、

新たな7days、覇気持ってGO!

【自転車奔走記#83】介護保険Q&A編。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・83回。
この冬一番(らしい)寒波到来で、
ちょっと
尋常ではない寒さが続いています。
降雪や路面凍結が原因での転倒事故も多発らしい…
皆さま、外出時は十分お気をつけ下さい。

ところで皆さんは、外出時の寒さ対策をどうしていますか?
今週は【自転車乗りの豆知識】と題して、ワタクシ達
サイクリストの防寒対策を
お話しします。
気温が0度近い日でもサイクリストは外を走りますが、
着ている物はアンダーウエアと
サイクルジャージと
ウインドブレーカー程度
で、結構薄着なんですね。
寒くないか?と問われたら、「寒い!」と答えますが、
ワタクシ達が防寒について
気をつけている事は、
体を暖かくする事ではなく、
意外な事に汗対策なんです。
ワレワレ人間は、活動していると必ず汗をかきますが、
この汗で
アンダーウエアが濡れてしまう事がクセモノ!
毛皮やダウンなど防寒に優れたアウターを着ていても、
アンダーウエアが濡れてしまうと、
蒸発しようとする
汗に表面体温を奪われて、体温
はドンドン低下していき、
寒さが増す事になります。

以前、故植村直巳さんの著書を読んだ際に、
登山の際の必需品にアンダーウエアを挙げていました。
また、下着が濡れたらどんなに寒くても
すぐに着替えるようにとも書いてありました。
濡れた下着が体温を奪い、そして体力も奪い、
最終的には行動不能になる事を防ぐためだそうです。
ですので、自転車に乗る際の基本は“重ね着”と“換気”!
乗り始めは防風に優れたウインドブレーカーを着て、
体が温まったら躊躇せずに脱ぐ!冷えたら着る!
汗をじわっとかいたら、これまた躊躇せずに上着
開けて外気を入れ、湿った空気を追い出す!
これらの事をマメに行う事で、寒くても【快適】
自転車に乗り続けられるんですね。
以上【自転車乗りのマメ知識】でした!!
と、、テンポよくお話しを進めてきたのに、
久しぶりの登場、我が津事業所のスタッフの呟きが…
「薄着はイイらしいですね。筋肉が緊張して代謝量
 が増えるので脂肪燃焼率が上がるらしいですよ。」
「ヒロモリさんの脂肪も、脱着できたらいいのにね。」
ハイハイハイどうせ
「薄着でも脂肪は厚着のヒロモリ」でございますよ
と、拗ねたところで〝可愛らしさ〟は微塵もなく、
〝ふてぶてしさ〟が増すだけの〝福々しい腹ケアマネ〟
ヒロモリがお送りします
【自転車奔走記】開講です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今週は、身体障害者手帳の等級と受ける事ができる
制度やサービスについてお話しします。
先ずは身障者手帳の等級から。
身障者手帳の等級は7段階あります。
最高度は1級、そして最軽度は7級になります。
このあたりは、最重度が要介護5で最軽度が要支援1
なる介護保険での要介護度区分とは
逆パターンに
なっていますのでご注意ください。
この等級ですが、実際に身障者手帳が交付されるのは
6級以上の認定者からとなっていますので、
7級単独での認定では、手帳の交付は行われません。
続いてこれらの障害認定の方法ですが、
医学的に
かなり細かなガイドラインに基づいて行われます。
視覚障害での障害認定を例に挙げますが、1級相当とは、
「両眼の視力(万国式試視力表によつて測つたものをいい、
 屈折異常のある者については、矯正視力について測つた
 ものをいう。以下同じ。)の和が〇・〇一以下のもの」
2級相当とは、
「1 両眼の視力の和が〇・〇二以上〇・〇四以下のもの
 2 両眼の視野がそれぞれ一〇度以内でかつ両眼による
   視野について視能率による損失率が95%以上のもの」
(※ 以上、身体障害者福祉法施行規則より抜粋)

と、一見してもかなり専門的な内容ですよね。
言い換えれば、これぐらい厳密に等級の判定を
行っている
事になります。ですので、先週のブログで
お話ししましたように、
障害認定の申請に際しては、
意見書を作成していただく
医師とよくお話しをする
必要があると言う事にも頷いて
頂けると思います。
で、これらの障害認定は傷害を有する各部位ごとに
行われます。どういう事かと言うと、複数の障害
有した場合、その部位(上肢や下肢等)ごとに
ガイドラインに従って障害程度の認定が行われる
と言う事で、仮に上肢と下肢に障害を有した場合は、
上肢に対しては○級の障害程度、下肢に
対しては
△級の障害程度と判定されるという
意味になります。
その際、手帳の等級は、
各部位ごとの障害等級を
総合して判定される
事になります。
先程、7級単独では障害者
手帳の交付がないと
書きましたが、仮に
7級程度の障害を複数部位有する
場合は、
総合して身体障害6級以上の認定となり、
身障者手帳の交付が行われる事になります。
また、判定を受けた障害等級については、決して
「永続的ではない」と言う事にも
注意が必要です。
障害等級の認定を受けた部位の機能の程度が、
認定時よりも重くなれば、より
重い等級へ、あるいは
軽くなれば
軽い等級へ変更される事もあります。

以上少々込入っていますが、障害等級のお話しでした。
続きましては、障害者手帳所持と受益できる制度や
サービスについて。
先ず、交付された身障者手帳には、御本人の氏名住所、
顔写真、障害の種類と等級
が記載されています。
この交付された手帳
を所持している事が、以下の
障害者への
福祉・介護のサービス利用の条件になります。
障害者への介護サービスについては、皆さまよくご存じの
障害者自立支援法が
ありますが、同法での介護サービス
受給
申請時には、当然障害者手帳が必要となります。
また、福祉機器の交付や医療費の助成、障害基礎年金や
障害者特別手当、税法上の
障害者特別控除等、
ざっと思いつくままに
挙げましたが色々な福祉制度が
利用できます。
他にも、鉄道等の旅客運賃や道路交通料、
NHK受診料の減額も受ける事ができます。
ただし!
上記については障害等級や所得での
制限があります。
また福祉サービスの内容
や支給要件も各自治体で
差異がありますので、
基本的には在住する自治体の
障害福祉担当課
でご相談が必須になりますね。

最後に、先程お話しした旅客運賃についてですが、
割引の適用範囲が以下のように2種類に区分されています。
○第1種… 障害者本人と介護者のどちらも割引適用。 
○第2種… 障害者本人のみ割引適用。
ですので、これまたちょっと注意が必要ですね。
これにて身体障害者手帳についてのお話しは終了となります
が、今回はあくまで身がい者の手帳制度を
なぞっただけで、
細かな規則や例外規定
については述べていません。
制度詳細は必ず専門機関へのご相談をお願いしますね。

来週は「療育手帳」についてのお話しになります。
お付き合いの程をお願い致します。
では、皆さまお元気でお過ごし下さいねぇ〜
SEE YOU NEXT WEEK!!

【ウッチー輪ばなし】連載・第38回。

【ウッチー輪ばなし】連載・第38回。

みなさま、こんにちわ!お元気ですか!

一週間が早く感じて仕方ない男、ウッチーこと内田です。

前回のブログで加湿器の話題を挙げさせて頂きましたが、

あれ以降〝保湿効果〟の重要性に目覚めつつある年頃です

たきび松阪施設の事務所のメンバーはワタクシ含めて4名、

全員以前から、自分用のハンドクリームやローションを

ちゃんと持参して、乾燥状態に合わせて使用しています

↓こんな感じで、事務所の端にまとめて置いてあるのですが、

hoshitsu.jpg

写真のハンドクリームは3つ…そうなんです、ワタクシは

今まで保湿液やクリームを携行する習慣がありませんでした。

厳密に言いますと、自宅では毎日塗っているのですが、

仕事場に持参してまで使った経験はない、という感じです。

みなさんは、持参してまで〝保湿〟に気を配ってますか?

やはりこういった部分にも気を配るべきなんでしょうね、、

遅ればせながら、改めて〝保湿〟の大切さに気付いた今、

ワタクシは、携帯タイプの自分用クリーム探しに夢中です!

ちなみに写真後方に写る箱は、使い捨てマスク。

感染予防はさることながら、マスクを着用するだけで、

口腔口唇の保湿率はUPこれまた欠かせぬアイテムですね

それでは今週はここらへんで…


各地での降雪が示す通り、深刻な寒波が襲来しています。

何はともあれ健康第一、皆様くれぐれも自己管理にご配慮を、

そして心に〝潤い〟を…ウッチーこと内田英希でした。

それでは、また来週お会いしましょうPlease take care!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第101回『100回突破記念ルーレットトーク』の巻。


 <今週のテーマ>
『生搾り』、おかげさまで放送100回突破です!
そこで、今週と来週は「記念談論企画」として、
ルーレットを使ってのフリートークを配信致します。
トークテーマはどれも〝高齢者介護〟〝福祉〟や
〝介護現場〟にまつわるものばかりで合計8題。
何が出るかな♪何が出るかな♪…ぜひ御一聴を!


<今週のメンバー>

赤塚浩文、広森規泰、伊藤隆太、内田英希、
三浦真弥、伊藤亜也子、木田健太、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境) 

もったいぶって、スミマセンでした!

一昨日に本ブログで〝もったいぶった〟

ショートステイご利用者様製作の『貼り絵』が、

昨日見事に完成・お披露目となりました

IMG_5005.jpg

ご覧の通り、ビッグサイズの「宝船」!

とっても縁起が良さそうですよねぇ

写真では、立体感が今ひとつ伝わって

いないのが残念…ぜひ御来設下さって、

直接鑑賞して頂きたいほどの迫力です!

新館2階廊下にて、絶賛展示中です

「復刻版」が流行るワケ...

昨年の下半期から、食品メーカー業界では、

古き良き時代の〝商品〟を復刻するのが、

一種のトレンドになっている模様です

確かに、コンビニやスーパーの陳列棚には、

思わず立ち止まって「懐かしぃなぁ〜!」と

唸ってしまう商品が増えた気がします。

「サントリーはちみつレモン」「サクマドロップ」

「雪印コーヒー牛乳」「アサヒビール初号」等々、

そんなブームの中、一際注目を浴びているのが、

日清のカップヌードルシリーズ「天そば」

それならばと、早速購入して食べてみると…

なるほど!〝天かす風の具〟は実にレトロで、

〝ナツかしウマい〟絶妙な味わいでした

しかしこのブーム、ともすると自分の年齢層が

明るみになる可能性を秘めていますよね。

年齢未公表!?の方は、くれぐれも店頭での

反射的な「懐かしいぃ〜」にはご注意を

たきびの〝ナツかし〟企画といえば…

その筆頭は、何と言っても『紙芝居』でしょう!

空いた時間を利用して、突如実施するケースが

多いのですが、読み手であるスタッフたちは、

その〝突如〟を見据えて予習がかかせません

当然ながら、物語りを上手く読まなければ、

レクビリとしての目的が半減してしまうからです。

2012_kamishibai.jpg

視覚と聴覚による展開思考力の触発という意味で、

大変重要なレクビリツールである『紙芝居』。

しかし一番肝心なのは…感じる風景こそ違えど、

聞き手のご利用者様と読み手のスタッフが共に、

昔日へと旅をしている感覚なのかも知れません

昔の子供らは、公園にフラッと現れる紙芝居屋の

口調や声音や表情から〝想像力〟〝道徳観〟

自然と身に付けていったのではないでしょうか

古き良き時代と称される理由が分かる気がします。

図書館には色んな種類が揃っていますので、

皆様もぜひ家庭でお子様に読んでみてはいかが?

もったいぶっちゃいました。

年明け以降、施設玄関のちょっとした名物!?

になりつつある、デイサービスご利用者様製作の

貼り絵『風雲龍』…この大作に負けじとばかりに

対抗心!?を燃やすのはショートステイの皆様

shichifukujin.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

「1階(デイ)より凄い貼り絵を作ったろに!」

を合言葉に皆様、鋭意製作中のここ数日です。

ところで、↑写真をご覧頂き…この貼り絵、

一体何がモデルかお分かり頂けるでしょうか?

ヒントは〝とっても縁起の良いモノ〟です。

答えは、七…いや、出来上がるまでの秘密

近日中完成予定!ですので、その際には、

本ブログで、ガッツリと報告いたします 

伝統文化とは時空を歩く鏡である。

『藤正会』の皆様がご来設されました!

『藤正会』様は松阪・久居を中心に活動されている、

本格民謡&三味線舞踊の活動団体です。

IMG_4979.jpg

開会直前、代表の方がマイクを前にして…

「東日本大震災で被害が甚大な岩手や宮城は、

民謡や伝統芸能の“宝庫”のような場所です。

数々の有名な民謡が生まれただけでなく、

日本各地に伝わる“節”に多大な影響を与えた、

いわば民謡の聖地でありメッカなのです。

今日は、東北発祥の民謡を中心に、皆様に

全国各地の唄を楽しんで頂くつもりです!」

この言葉に対するご利用者様方の拍手は、

実に大きくて、そして温かなものでした。

そして拍手の中、待ち望んだ宴が開演…

IMG_4990.jpg

さんさ時雨(宮城)、新庄節(山形)

喜代節(秋田)、新相馬節(福島)

伊勢音頭(三重)、河内音頭(大阪)

筑後の酒造り唄(福岡)、郡上節(岐阜)

おてもやん(熊本)、越中おわら節(富山)

淡海節(滋賀)、黒田の武士(福岡)

岸壁の母、郷愁松阪城…

特に若年層において、普段の生活の中で、

和楽器の演奏や民謡を聴く機会は多くない…

と言うより、皆無なのではないでしょうか?

〝伝承〟されてこそ文化は〝伝統〟となる。

「興味がない」「古い」「知る機会がない」、

そんな言葉で済まさずに、我々はまず一度

能動的に接するべきではないでしょうか。

今回、各地の民謡から発せられた黙示は、

営みを見つめ直す〝視点〟だった気がします。

【自転車奔走記#82】介護保険Q&A編。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・82回。

寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
東京では1カ月以上も連続して乾燥注意報
発令されているようですね。
ワタクシの住んでいる
三重県でも殆ど
雨の降らない日が続いていましたが、
ここ数日の雨で少し潤いも取り戻した様子。
ほっと一息ついています。
とはいえ、油断は禁物!
巷ではインフルエンザ流行中でもありますので
ご注意を…

さて唐突ではありますが、
ようやくダルビッシュ投手の
メジャー入団が
決定しましたね。今年はダル投手を始め、
岩隈、青木、川崎、
和田、チェン選手が新たに
メジャー(マイナー)
契約を結んで、海を渡っていきます。
メジャーは見果てぬ夢!なんてのは今や昔、毎年毎年
多くの日本人選手が
メジャーの舞台で活躍を見せていますね。
ですが、ワタクシにとって日本人メジャーリーガーと言えば、
イチロー選手でも松井選手でもなく、
野茂英雄投手
なんです。
トルネード投法から繰り出される魔球フォークで、メジャーの
強打者をバッタバッタと三振
に切って取る人呼んで「DrK」。
移籍一年目のメジャーオールスターゲームで、
あのランディ・ジョンソンとタメを張っての
先発登板!
野茂選手の名前がコールされた時
のスタジアムの熱狂は
今でも忘れませんね。
(テレビ観戦でしたが・・・)
野茂投手の移籍一年目を特集した雑誌は今でも大切な宝物
因みに、名将権藤監督率いる横浜ベイスターズが日本一になった
年の特集号も宝物、
勿論私の愛した近鉄の特集号も、
涙なしでは頁を開けない宝物
です。

寒い冬が過ぎれば、すぐに野球シーズン!
大いに盛り上がって行きましょうね!
と、
秘かにたきび野球チームの復活を心待ち
にしている、
ポジションは体型で決まった
キャッチャー!
安定感抜群の座り姿に加え、
どんな鋭いクッションボールの
衝撃も
見事に緩和する生体プロテクター装備済み、
“ポジション志望動機が脂肪”のケアマネ・ヒロモリが
お送りします【
介護保険Q&A】開講です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今週は障害者手帳の制度についてのお話です。
先ずは、手帳の種類から。
障害者手帳には以下の3種類があります。
① 身体障害者手帳。
② 療育手帳。
③ 精神障害者保健福祉手帳。
以上の3種類ですが、例によって根拠法が違いますので、
それぞれ別個にお話しを
進めていきますね。
先ずは① 身体障害者手帳から。
根拠法は「身体障害者福祉法」という法律です。
この法律に身体障害者手帳の規定が
記載されています。
この手帳制度の目的は、先天的或いは後天的な疾病や
事故等で体に何らかの障害を有する
事になった方でも、
健常者と同程度の生活を
送る為に、色々な支援制度や
サービスを利用する
際の(証明書)とお考え下さい。

この身体障害者手帳(以下「身障者手帳」とします)は、
傷害の種類や程度に応じて等級が定められています。
手帳交付判定の対象となる障害の種類は12種類あります。
以下に列挙しますと、
①視覚障害
②聴覚障害、
③平衡機能障害
④音声・言語、そしゃく機能の障害
⑤肢体不自由(上肢・下肢・体幹)
⑥肢体不自由(乳幼児期以前の非進行性脳病変による
 運動機能障害における上肢機能・移動機能)
⑦心臓機能障害
⑧呼吸器機能障害
⑨腎臓機能の障害
⑩膀胱又は直腸の機能障害
⑪小腸機能障害
⑫ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害
⑬肝臓機能障害
以上が、身体障害者福祉法で定められている障害の範囲
(種類)となり、これらの障害を
有する事が手帳交付の
第一条件となります。

続いて、手帳交付までの流れ(申請方法等)を
説明します。
手帳交付の申請には、以下の書類等が必要になります。
(1)身体障害者手帳交付申請書
(2)身体障害者診断書・意見書(指定医記載のもの)
(3)本人の顔写真(手帳貼付用)
このうち(2)の診断書・意見書について少々進めます
身障者手帳に限らずですが、障害者手帳交付申請時には
必ず医師の診断書・意見書が
必要となります。
障害の内容や程度について
医学的な判定材料が必要に
なるからですね。
と言う事は、障害者手帳の交付申請の
前に
できれば主治医(担当医)に手帳申請の相談をする事も
有効な方法です。
どういうことかと言うと、
自身の有している
障害が手帳交付の対象であるかどうか?
については、私たちではなかなか分かりにくいからです。

例えば視覚障害を例にとりますと、視力の障害であれば
全て交付対象という訳ではなく、片側の
失明では
身障者手帳の交付不可等々
の細かな取り決めがあります。
実際にご自身が有している障害が、障害者手帳の制度下では
どれくらい
の程度なのか、事前に相談をする事ができれば、
申請の手続きがスムース
に進む事も多いと思います。
で、実際の申請はどのように行われるかと言いますと、
1:お住まいの自治体の障害者福祉担当課で、手帳交付
  申請をしたい旨を伝え申請書類
の配付を受ける。
2:医師に依頼して、診断書・意見書を作成してもらう。
3:配付を受けた手帳交付申請書を作成し、
  診断書・意見書及び写真を添え市町村担当課へ提出。
という手続きになります。
申請書提出後、担当機関で審査が行われ、該当する区分の
身障者手帳の交付が行われて
手帳交付手続きは終了です。

思いのほか簡単な手続きですよね。
ところで、一つご留意してほしい事があります。
それは、手帳交付申請の条件の一つに「障害の固定」と
言う考え方がある事です。
どう言うことか?と言うと、例えば大きな事故に遭って、
障害者手帳交付対象となる程の
大怪我を負ったと仮定します。
事故直後は怪我をしたばかりで重篤な状態であっても、
その後のリハビリ等で快復する
ケースもあります。
つまり事故直後とその後
ある程度の時間経過を経た時の
状態に違いが
ある場合があると言う事です。
ですので
「障害の固定」というのは、障害を受けた機能の
回復が望めず後遺症化する状態の
事であり、その状態に
至る事が障害者
手帳申請時の大きな条件となります。
ですので、身障者手帳の申請は、事故や病気をして
初めて医療機関を受診した日(初診日)
から6カ月を
過ぎないと行えない事になっています。
つまり、初診日から半年以内は例外を除いて
申請はできないことになるんですね。

以上、今週は障害者手帳の種類や身障者手帳申請に
ついての大まかなお話しをしてきました。
次週は、身障者手帳の等級や受ける事ができる
制度・サービスについてのお話しになります。
まだまだ続きますので、請うご期待!
では、また来週。
SEE YOU NEXT WEEK!!

【ウッチー輪ばなし】連載・第37回。

【ウッチー輪ばなし】連載・第37回。

皆様、お風邪は引かれていませんか?

健康優良児ウッチーことワタクシ、内田英希は

毎日元気、元気の〝芋づる式元気〟状態です

この季節、注意すべきは何と言ってもインフルエンザ。

乾燥注意報が発令されたタイミングで恵みの雨が降り、

いささかながら幸運を感じますが、まだまだこれから

本格的な乾燥時期がやってきます…対策は怠れません。


たきび施設内では、
ご利用者様居室、食堂、廊下…と、

いたる場所に加湿器を設置して対応しておりますが、

実は、事務所だけは簡易的な小型のモノしかなく、

多彩な機能を装備した加湿器がありませんでした。

そこで先日、満を持して!?事務所の加湿器を新調

kasitu.JPG

しかも、加湿空気清浄機です

加湿をしながら、空気清浄をしてくれるという優れモノ。

最近にしては、これくらい当たり前なのかな??

ともかく家電原人のワタクシとしてはかなりの感動!

一層の体調管理が行き届くに違いないそう確信して、

ニヤニヤ不気味に笑いつつ、加湿器をみつめるこの頃。

チームメイトに「大丈夫?」とツッコまれながら…


くどいようですが皆様方、早寝早起き、
うがい手洗い、

水分補給、早めの受診、親孝行に愛妻、納税、お墓参り、、、

最後の方は関係ない気もしますが

くれぐれも体調管理には細心の注意を配して下さいませ。

そんでもって、来週またこの連載でお会いしましょうね

ヘルパーのカタチ 生搾り
第100回『ひとりじゃない!在宅介護』の巻。


<今週のテーマ>

おかげさまで放送100回目を迎えました!
今週の配信内容は、昨今の社会問題にもなりつつある
「認知症患者さんの在宅介護」について、引いては
現在介護奮闘中のご家族様へのメッセージ的談論です。

安心して長続きする「在宅介護」の条件・要件を、
決してご家族の〝頑張り〟だけにしてはいけません。
世間の介護に対する印象や、他ならぬ我々の意識改革…
そこにこそ「在宅介護」を明暗する本質があるはずです。
どちら様も、どうぞぜひ御一聴下さいませ!


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、
三浦真弥、伊藤亜也子、木田健太、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境) 

ホイッスルをかき消せ!

イチニ・サンシ、イチニ・サンシ!

写真はレクビリ『トスラリーバレー』前の

準備体操に興じるご利用者様の模様です。

チーム別の対抗形式で争うこの競技は、

毎回かなりの〝真剣勝負〟になるのが特徴

honkaku_volley.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

この日は、各チームとも〝元バレー部〟という

ご利用者様がキャプテンとあり作戦会議も綿密

「声出していこ!」「さぁいくぞ〜オォ!!」

試合開始のホイッスルが鳴ったその後も、

「◯◯さ〜ん!」「はいよっ!」「そぉーれ!」

いつも通り活発な声がコートに響き渡ります

どんな事にも、常に真剣に臨む皆様の姿勢、

そんな姿勢こそが〝精神を健康に保つ〟秘訣、

なのではないでしょうか…毎度、感服します。

さすが、先輩方リスペクトです!

サム〜い!でも、アマ〜い!

北海道・網走沖で今年初の流氷が

確認されたとのニュースを聞きました。

オホーツク気団〟と〝シベリア気団〟が

その勢力を増し始めると、いよいよ冬も

本領発揮か…といった印象を受けます。

「毎年自然災害と闘っている様なもんだ」

とは、北海道・釧路出身の友人の言葉。

この言葉を想い出す度、三重県の寒さ位で

ブーブー言っちゃいかん!と肝銘するも…

でも、やっぱり寒いもんは寒いわなぁ

皆様、くれぐれも自己管理にご注意を。

デイサービス、昨日の「手作りおやつ」、

ご利用者の皆様が製作されたのは…

創作和菓子の代表格『いちご大福』!

ichigo_daifuku.jpg

いちごの醸す、ほんのりアマ〜い香りと

あんこの持つ〝和〟の融合は何とも絶妙。

「これ思いついた人天才!…ハイ星5つ!

と、ご満悦の様子なのご利用者のFさん。

その気の利いたセリフにデイホール一同、

モグモグしながらの大爆笑となりました

3600秒の交差点。

三重を中心に活動中のボラティアグループ

『仲よし会』様がご来訪下さいました!

お馴染み「リンゴの唄」や「青い山脈」に

オリジナル振付を加えたレパートリーのご披露に

デイホールは笑いあり、歓声ありの大盛況

nakayoshikai.jpg

時には〝主役はみなさま!〟とばかりに、

ご利用者様へ順番にマイクを向けながら、

会場狭しと右から左へ奔走、また奔走!

エネルギッシュな姿に客席ヒートアップ、

最後の曲、唱歌「ふるさと」では大合唱

『仲よし会』様の方々、60分以上の長時間、

気迫漲る熱演をありがとうございました!

「栄養士」は何を語る...

厨房チーム『がっつ』の森田栄養士が、

何やらマイクに向かって話していますが…

24.1.guttshousou.jpg

これ、ランチ前の風景なんです

でも、栄養士さんがマイクに向かって何を?

実は、たきび松阪施設ではランチ前に、

献立を考案してくれた人、つまり栄養士から

全館放送を介し、ご利用者の皆様に向けて、

「献立の目的」「旬を迎えた食べ物の話」

また「食事の際の注意点」「栄養素」等を

分かり易く説明してもらっているのです

そして、この放送のミソは何と言っても…

皆様に興味を持って耳を傾けて頂ける様、

面白演出を加えているというところです!

今では、ご利用者の皆様だけに留まらず、

スタッフらもこの放送を楽しみにしています

さて、気になるこの日のメニューですが…

lunch_12:1.jpg

♬ピクニックサンドイッチ

♬グランマのミートローフ

♬エビとアボガドのサラダ

♬冬のチャウダースープ

♬コク深コーヒーゼリー

♬シェフの愛情たっぷり

以上、5品と1スパイスでした。

ちなみに、本ブログでも紹介致しましたが、

今週は『冬のあったかメニューWEEK』

食事が楽しみな日には、幸せを実感します。

しっかり食べて今週も7days、覇気持ってGO!

【自転車奔走記#81】介護保険Q&A編。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・81回。

寒い日が続く上に、インフルエンザの流行、
皆さま、くれぐれも健康にはご注意ください。
年明けから、車のガラスの霜摂りが
日課のヒロモリです。
本当にさぶい日が続きますねぇ…そんな“北風ピープー”の中を
颯爽と
走り抜ける自転車乗り!周りからは、
「寒くないの?」
「見ているだけで寒くなる」と言った
コトバをよく掛けられます。ところがどっこい、
自転車を漕ぐ動作は
冬場でも結構な汗をかくぐらいの
運動量
ですので、あまり寒さを感じないんですね。
防風素材のウエアのおかげもありますが、
氷雨混じりの気温氷点下でもなければ走り出してしまえば
取り敢えずはOK
動いていれば体も暖まるという寸法です。
但し体の末梢部分、顔は勿論ですが特に足先、指先は
冷気にしこたま弱い…
実際、冬場自転車を漕ぎ続けていると、
足先が寒さで痺れて感覚が無くなってくる事が良くあります。
そんなときの対処法は、ズバリ〝使い捨てカイロ〟!
これがものすごーく重宝するんですね。
市販されている足先用の小さなカイロをインソールに
入れておくだけで
快適ポカポカココロもカラダも暖まる、、
訳では
ありませんが、少なくとも足先の冷えは無くなり、
ストレスなく自転車に乗り続ける
事ができるんですね。
御存じでない方は、一度お試しあれ!と、
自称「自転車乗りの知恵袋・明けて嬉しい
福袋・
腹の周りは脂袋」のケアマネヒロモリがお送りします
【介護保険Q&A】元気よく開講です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今週のご質問は、
Q 障害者手帳と要介護認定の関係は?

ワタクシも、相談の現場で障害者手帳の等級と
要介護度の関係について質問を受ける
ことがあります。
多くのご質問(疑問)は、障害者手帳1級を取得
されている方が要支援の認定を受けた際、
「何で障害程度が重いのに、要介護度が軽いの?」
感覚的に疑問を感じての事です。
確かに、障害者手帳1級の方が要支援の認定を受けられると、
少々アンバランスな
感覚を覚えてしまいますよね。
この疑問に対するお答えは、

A 障害者手帳の等級と要介護度はリンクしない。

という事になります。
そもそも障害者手帳と介護保険での要介護認定は
別々の制度ですので、双方に直接的な関連性がない
と言う意味で「リンク」という言葉を使いました。
ですので、【障害者手帳の等級が重ければ要介護度
重くなる】という式は成り立たないんですね。
もう少し細かくお話しを進めていきます。
先ずは、介護保険での要介護認定から。
要介護認定については繰り返しのお話しになりますが、
要は
「身体・心身等の状態悪化によって生じる動作や
生活での“手間”の内容と量を基準
に決定される区分」
という事になります。
つまり麻痺や骨折、認知症など、その方が有している
障害そのものの程度や内容ではなく、
障害を含めた
“その方”ご自身が生活していく
上で、どれくらいの量の
介護を必要とするか?
を判定すると言う事ができます。
障害も含めての判定ですので、その意味では“全人的な判定”
とも言えますね。

一方、障害者手帳については、有している障害
そのものの
程度や内容に応じて区分が決定
されます。
極端な言い方をすれば、判定の際に
その方の実生活での
活動や生活内容は、殆ど関係
ない事になります。
ですので、ごく一般的に軽い程度の障害は軽く、
重い障害は重く判定されるんですね。
介護保険の要介護認定では、生活をしていく上で、
多くの介護を必要とする人は重く、少ない量の人
軽い介護度の認定を受けますので、判定・認定
の基準が
そもそも違いますからリンクしないと言う回答になるんですね。

と、大体の概要をお話ししてきましたが、
意外に障害者手帳の制度について詳しく御存じ
の方が
少ないこともあるので、次週は、
障害者手帳の制度について
お話しをします。
これらの制度をもっと詳しくお話しできれば、
今週の内容も、更に“ストン”と腑に落ちる方も
多いのではないでしょうか?

では次週、【障害者手帳制度とは?】でお会いしましょう!
SEE YOU NEXT WEEK

【ウッチー輪ばなし】連載・第36回。

【ウッチー輪ばなし】連載・第36回。

みな、みなさま、お元気ですか!

毎度のご愛読に、心より感謝する男・内田英希です。

【ウッチー輪ばなし】2012年に入ってから2回目の連載、

今年も「内輪ばなし」や「駄話」で盛り上げて参りますので、

どちら様も、ちょっとばかり期待していて下さいね


ところで先日…

不覚にもワタクシ、仕事中に激写されてしまいました!

saihou2 (2).JPG

でも、一体何をしている場面なんだぁ?

そうですこれ、ご利用者様の衣類補修の裁縫中なんです。

少しビックリでしょ、、驚いて頂けましたか?

こう見えても、ちゃんと裁縫できるんです、ワタクシ

仕事柄身につけた〝意外な特技〟ってところでしょうか…

とは言いながら、、本当はかなり久し振りでしたが


ちなみに、事務総務部スタッフの伊藤亜也子も…

saihou2 (1).JPG

この通り、一緒になって手伝ってくれました!

根が負けず嫌いの2人のこと、予想通り最後には、

どちらが〝上手く出来たか〟を競い合ってしまいました。

たかがそれくらいで…と思うかも知れませんが、

裁縫針と格闘しながら、思わず実感した思いがひとつ、

どんな事柄でも、競う相手がいるという環境は、

自分の能力を喚起してくれる意味で、マジアリガタイ


それでは今週はここらへんで。

真冬というのに、髪型がどんどん〝南国化〟している

パイナップルヘアーな、ひょっこりひょうたん島男、

ウッチーこと、内田英希でした。

みなさま、また来週お会いしましょう!ALOHA〜

 ヘルパーのカタチ 生搾り
第99回『新成人の仕事観』の巻。


<今週のテーマ>
振り向けば遠くに輝く「成人式」!?
今年最初のレギュラー放送は、新成人を迎えた当社の
スタッフ、大西竣也を囲んでの談論となりました。
成人というワードを中心に、メンバーそれぞれの
仕事観や介護観に及びながら、話は展開して行きます。


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、三浦真弥、
伊藤亜也子、木田健太、大西竣也、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)  

人生とはスゴロクなり...

デイサービス、昨日のヒトコマより、

レクビリゲーム「イキツモドリツ」の風景です。

BIGサイズのサイコロを放りながら、

止まったコマの指示に従う…つまり双六!

IMG_4928.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

コマの内容は、全てご利用者様とスタッフが

一緒に考えながら作ったものなのなんですよ

おなじみの「1回休み」「振り出しに」の他に、

「動物の鳴き真似をする」「大声で歌う」等の、

体を使う指示も、数々用意されています

皆様の、思わぬ特技に驚かされるこのゲーム、

これからもどんどんコマ増量の予定です!!

味の連続小説やぁ〜!

寒〜い季節に、恋しくなるのは…

人肌、、じゃなくて「あったかい食事」です!

たきび松阪施設の夏のランチ・ディナーには、

納涼メニューウィークという週があります。

一週間を通して、皆様に〝味の連続小説〟を

楽しんで頂こう!という趣向で「厨房がっつ」と

協力してはじめた企画なのですが、これが好評

「だったら、冬にもあってエエよなぁ〜」と、

管理栄養士さんに相談した所、下記↓の日程で、

『冬のあったかメニューWEEK』の実現です!

pokapoka.jpg

当たり前に感じる「昼食」や「夕食」も、

こんな風にして、ひとつ演出が加わるだけで、

普段とは随分心持ちが変わるものですよね。

表記の品数以外に、毎日〝隠しメニュー〟が

あるとかないとか…そちらもワクワクです!

寒い冬を楽しむ方法、他に何があるかな…

真昼のディナーショー!?

昨日、話題に挙げた新成人・大西竣也が…

あの後、式典帰りに職場に寄ってくれました!

seijinn_1.jpg

立ち寄ってくれるらしい、という話を直前に

察知したご利用者様とスタッフたちは、

急遽「たきび成人式」の準備に大慌て

紙吹雪を切って、飾り付けをし、花を手配して…

ご利用者の皆様も、大喜びでの作業です。

しばし待って本人が登場するやいなや、

ホールには割れんばかりの黄色い拍手と声援

ご利用者様の「一緒に写真撮ってぇ~」との

リクエストに、丁寧に応えてまわった後は、

集合しての記念撮影↓、セェ〜ノ、パチリ!!

seijinn_2.jpg

中には、感極まって涙されるご利用者様も…

スタッフを家族と思っていて下さるその心、

それこそが、我々の財産だと改めて知ります。

そうです、一つ屋根の下、皆家族ですよね


最後は、新成人の大西竣也より皆様に、

「まだ20歳、これから皆様に追いつけるように

頑張りますので、よろしくご指導下さい!」

と新成人らしい、元気の良い挨拶で閉幕…

質素ながらも盛大な「たきび成人式」でした。

あらためまして、

新成人の皆様おめでとうございます

良き上司と同僚、そして良きお客様に囲まれ、

〝三方良し〟で大きく羽ばたいて下さいね。

ハレルヤ、新成人!

先日、松阪市の市街地で初雪が降りました。

引き続き、とても寒い日が続いていますが、

そんな季節に、若者たちが迎えるのが成人式

誰もが一度は通った道…えっ?もう忘れた?

確かに、過ぎてしまえば遠い昔に感じますが、

当時は成人という響きに、胸躍ったはずです。

ちなみに、たきびのチームメイトの中からは、

ショートステイ・大西竣也がめでたく新成人

今や、たきびの〝Next Leader〟となった彼、

大人になった彼の今後に、ぜひご期待下さい!

さて、一方こちらは昼下がりのヒトコマ。

ご利用者の皆様同士が、休憩時間を利用し、

トランプゲームに興じてみえる模様ですが…

IMG_4872.jpg

よくよく見るとトランプの裏面が万札柄、

福沢諭吉大先生ではあ〜りませんか

こりゃまたなんと豪華なトランプでしょう。

あれ、でも待てよ、、このゲームは確か、、

より早く手持を無くした者が勝つルール。

う〜ん、そんな風に余計な事を考えていると

ますます浮世離れした光景に見えてくる様な…

ともかく、この雰囲気はプライスレスです 

そろそろ3学期が始まる頃ですね。

大人として我々が求められるのは、

子供らに対し、模範を示す姿勢だと考えます。

新成人のみなさま、本当におめでとう!

誇れる友人と、尊敬出来る上司を大切にし、

子ども達が憧れる大人へと歩を進めて下さい。

【自転車奔走記#80】新年のご挨拶。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・祝!80回。

謹賀新年!
遅まきながら、新年のご挨拶を申し上げます。
「何時まで正月モードなの?」
「ひょっとして、まだおとそ気分?」
と訝しがっておられる方も多いとは思いますが、
今年初めての【自転車奔走記】ですので、
ひとつ、ご勘弁をお願い申し上げますネ

今年平成24年は、介護保険業界にとっても
色々な事柄が待ち受けている年です。
先ず思い浮かぶのが、平成24年度の介護保険法改正。
昨年末から議論が活発になってきていますが、
今回の改正はかなり大きなものになりそうな予想です。
また、巷を騒がせている(?)消費税増税を含む
税と社会保障の一体改革の問題も見逃せませんね。
社会保障と一口に言っても、介護保険はもとより、
国民健康保険や年金・医療保険・生活保護等々
いろいろあります。それらと税金の問題ですので、
私達国民の生活を大きく揺さぶる事になる
諸問題が議論され、場合によっては政策として
実施される事になります。
大きな、大きな変革が訪れる予感です。

昨年から絶えることなく、「激動」や「転換期」等々、
様々な見出しを新聞紙上やテレビ、ネットで見聞き
するようになりましたね。
制度や私達の生き方等、色々な面で変化が
訪れている事は否定できませんが、
押し寄せてくる社会の大きなうねりの中で
私達の生活が翻弄されない事が肝心です。
人あっての社会、世界ですよね。
日々の生活を大切に、人との“絆”を育てられるよう、
ワタクシを始め弊社スタッフ一同、
地に足をつけて皆さまと共に過ごして参ります。

この自転車奔走記も皆さまとのQ&Aに
加え、
旬な情報を分かりやすく発信して、
介護保険を始めとした社会保障制度について
皆さまと情報を共有しながら、
楽しく福祉・介護を考えていきたいと思っております。
最後になりましたが、昨年同様本年お付き合いの程、
よろしくお願い申し上げます。
今週は、御挨拶まで…それでは、また来週
SEE YOU NEXT WEEK!

【ウッチー輪ばなし】連載・第35回。

【ウッチー輪ばなし】連載・第35回。

みな、みなさま、本年もよろしくお願い申し上げます!

えっ?もう7日だって?…そんなカタい事仰らずに、

2012年連載初めということで、いいじゃないですか


ところで、みなさまは初詣に行かれましたか?

有り難い事に、ワタクシは元旦が休暇でしたので、

家族揃って、行って参りましたよ!

hatumoude1.jpg

場所は、三重県津市美杉にある、川上山若宮八幡宮。

地元では有名な〝お宮さん〟ですがご存知でしょうか?

ここは、津本社勤務から松阪施設勤務に転属した年から、

変わらず、必ず年頭に足を運んでいる場所なんです。

今では、何かあれば〝川上山若宮八幡宮へお参り〟に

行くのが、我が家の慣例としてすっかり定着しました。


さて、
初詣と言えば「おみくじ」ですよね、

私も、気合いを入れて引いて参りました!すると…

hatumoude2.jpg

うれしいことに、なんと大吉でした

それから当然!皆様とたきびにも、素晴らしい出来事が

いっぱい起こるように、お願いして参りましたからね!

新しい年を迎え、個人的にはワクワクする毎日です。

今年はどんな人たちと会えるのだろう…

どんな風にチームメイト達と過ごせるのだろう…

体が震えるのは寒さのせいではありません!武者震いです


あらためまして、本年も「ケアステーションたきび」に、

ご愛顧を賜ります様、心よりお願い申し上げます。

以上、土曜日のお相手・ウッチーことワタクシ内田英希、

新年一発目となる【ウッチー輪ばなし】でした

それでは、また来週お会いしましょう…

ヘルパーのカタチ 生搾り
第98回『介護と農業(再放送)』の巻


 <本編テーマ>
新年第1回の放送は、先週「2011生搾りアワード」で
50本の中より選ばれたベストエピソードの再放送です!
既にお聴きの方も、まだ!な方も是非お楽しみ下さい。

農業と介護業の意外な共通点とは?
今週のテーマは「農業と高齢者」について。
職業や趣味の形態が多様化するにつれて、
高齢者世代の皆様にとっての「農業」は
ますます特別な意味を持ちはじめます。
「生活手段」「生活習慣」「生活風景」
偉大なる農業文化を踏まえてこそ、
得られる新しい視点があるはずです。


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、
三浦真弥、伊藤亜也子、木田健太、高瀬和良。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)  

What color is your heart?

多くの職場は、昨日4日が〝仕事始め〟。

「休む前より、しっかり休んだ後の方が、

体がしんどいのは一体何故なんだ!!」

と、うんざりしながらハンドルを握ったり、

改札をくぐる皆様の姿が透けて見える様…

でも!職場であなたを待つ人が沢山いるはず、

カラ元気でも、目一杯元気出して下さい!

そして、今年も覇気持ってLet's Begin Work 

施設内のヒトコマ、、

「越中小原節」「関の五本松」「ソーラン節」

そんな曲をBGMに、鼻歌まじりのご利用者様方は、

〝カラーリング・レクビリ〟に没頭中です

color.jpg

その瞬間の気分を色に乗せながら、

次々とペンを持ち替えられる皆様の表情は、

午後のアンニュイな雰囲気と相まって、

とても穏やかで、優しげに感じられました。

笑顔の数だけ福来たる。

1月のレクビリは「お正月の遊び」テーマ。

カルタ・双六・百人一首・独楽回し、などなど…

そして昨日は〝福笑い〟で盛り上がりました!

fukuwarai.jpg

※写真はご利用者様の了承を得て掲載しております。

アイマスクをして、回りの助言に耳を傾けて、

目を置き、眉毛を置き、次に鼻、そして口…

出来上がった顔に、歓声があがったり、

大爆笑が起きたり、飽きない60分でした

そして、、、

すっかり笑い疲れた後の「おやつ」は、

zenzai.jpg

お正月気分で「ぜんざい」です!!

さっぱりした甘さを堪能しながらの談笑。

皆様の笑顔こそ〝福〟そのものです

オ・マ・ケ

さて、ワタクシは誰でしょう?

tokuda.jpg

答えは、女性ご利用者様中心に人気の、

デイサービス所属、19歳・徳田優弥でした

山の神と、甘酒と...

スゴいなぁ〜、それにしてもスゴい…

箱根駅伝、東洋大・柏原竜二君の話しです。

「山の神」と呼ばれるに相応しい力走でしたね。

そしてレース後のコメントも、福島出身の

柏原選手ならではの言葉で素晴らしかった…

新年早々、若者に大きな力を頂きました

さて、さて…

デイサービスでは正月気分を満喫しよう!

という事で、甘酒作りにチャレンジ

amazake.jpg

デイホールに広がる甘い香りに皆様うっとり…

身も心も、芯からポカポカに温まった後は、

風物詩・箱根駅伝をテレビで観戦しながら、

お正月らしくのんびり(ダラ〜!?)と団欒。

普段ではあり得ない、ご利用者様とスタッフの

プライベートに及んだ会話に花が咲きます

geisyun.jpg

日本ですもの、日本人ですもの。

三が日位、こんな感じも悪くないですよね

今日も箱根駅伝・復路を観ながら、

のんびりモードのC.Sたきびです。

白地に赤く、空は青く。

寒風吹きすさぶ中でも、見上げると青空。

元旦、たきびの旗掲ポールには、

国旗と社旗とが、風に棚引きました。

不遜ながら、現在の我々にとって、

この2つの旗が持つ意味はほぼ同じです。

kokki_syaki.jpg

忘れ難い2011年を経て、今年の元旦ほど

〝春〟の到来を強く願った年はありません。

復興へ向けて、現在の我々に出来る事…

それは、取り立った行動だけではなく、

まず自分の足元をしっかりと見つめて、

「自分に与えられた事」や「職責」を、

粛々と果たす事ではないかと感じます。

2012年!新しい日々へ!

旧年中は、ケアステーションたきびに

一方ならぬご愛顧を賜りまして、

誠に、誠にありがとうございました。

backphoto_s.jpg

まだまだ道途上、未熟な我々ですので、

本年も変わらぬご指導ご鞭撻の程を、

なにとぞ宜しくお願い申し上げます。

ケアステーションたきび・チーム一同。

2012年 元旦

アーカイブ

月別 アーカイブ