ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 三重短期大学にて。

三重短期大学にて。

三重短期大学・生活科学科で行われた授業、

「介護概論と技術実践」の模様をお伝え致します!

IMG_0465.jpg

毎年恒例となっているこのカリキュラム、

今年は津と松阪より赤塚・広森・内田・岡田の

4人が講師として参加させていただきました。

生徒数は、例年の3分の1程度にあたる25人、

それゆえなのか、真剣な眼差しで講師たちの

次の言葉を待つ生徒の姿は、例年以上にアツい

IMG_0469.jpg

4班に別れた生徒たちは、各班講師の指導のもと、

「移乗介助」「オムツ交換」「福祉機器」「疑似体験」

ローテーションしながら実践体験してゆきます。

IMG_0464.jpg

「福祉機器」班では、福祉機器事業所である

三重健康管理システムさんや松永製作所さんの

ご協力のおかげで、最新車椅子を操作するという、

またとない貴重な環境作りも出来ました!

IMG_0468.jpg

90分間の授業後半になると、生徒たちの積極性は

より増して行き、各班で質問が飛び交います

向上心溢れる生徒たちの姿が印象的でした。

技術だけでは語り尽くせないのが「介護業務」の

特質であり、そこにこそ介護職の〝本質〟、

言い換えると〝面白さ〟は隠されています。

この日の授業タイトルは「介護概論と技術実践」、

生徒たちが受け取ったものが、技術のみならず、

〝マインド〟ならば、こんな幸せはありません。

IMG_0470.jpg

メディアは、介護や福祉に対してネガティブな

取り上げ方をする傾向が強いと感じています。

また、急激な高齢化や医療費の膨張、介護という

言葉のイメージを考えると、そのような視点の

報道が増える実情を否定し得ないのも事実です。

ただ、今日出会った様な真剣な瞳の若者たちが

目指す「福祉業界」の将来が、暗いものだとは

どうしても認められない我々が、確かにいます。

扉を叩く者に不安を抱かせない業界作りこそ、

既存者たちの使命であり義務だという事でしょう。

生徒のみんな、沢山のガソリンをありがとう

いつの日か、どこかの現場で会いましょう

アーカイブ

月別 アーカイブ