ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記#78】介護保険Q&A編

【自転車奔走記#78】介護保険Q&A編

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第78回。

昨日のウッチー輪ばなしに続き、告知です…
明後日19日13:30〜15:55、radiocubeFM三重にて、
『広瀬隆のラジオ魂・ヘルパーのカタチスペシャル』
生放送されます!〝福祉や介護をもっと身近に〟をテーマに、
2時間以上、全編ガチンコのフリートーク編成だとか…
出演は…広瀬隆さん、大西敬子さん、当社より赤塚浩文。
たきび松阪では、館内放送でご利用者様と共に楽しむ予定です!
番組へのコンタクト方法は下記にて!
メール: 
hirose@fmmie.co.jp(←リンク)
または: 
広瀬隆のラジオ魂!HP(←リンク)
FAX: 059-223-0330
twitterアカウント:
 kaigo2011
介護に直接関係が無さそうなご意見でも全然OKです、
ぜひメッセージをお寄せ下さいませ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて…
皆さまいかがお過ごしでしょうか?
そろそろインフルエンザの声を聞く機会も増えてきました。
体調には十分ご注意くださいネ。
ところで、非常に唐突ですが、
皆さん朝ゴハンはちゃんと食べていますか?
ワタクシ実は、【12食派】のニンゲンでして、
学生時代の自堕落な生活習慣
が抜けきらず
いまだに食事は朝・夕の
2食しか食べないんですね。
でもって、その貴重な朝食の時のお話し。
つい先日、何故か朝食に雑煮が供されました。
別にお餅が出てきてもおかしくは無いですし、
元々お餅は大好きですので文句は無いんですが、
餅つきの時期はまだ早いし、何故年の瀬に
雑煮なのか?
と、少し寝ぼけたアタマで考え込んでいると、
家人がヒトコト「これ今年の正月の残り。早いとこ片付けて!」
なるほどネ!と納得しつつも「早いとこ・・・」と
言われても、出す時期が
遅すぎだろう!
ツッコミを入れたい気分をグッと押さえて
朝食を済まし、
大量の餅が腹をさすりながら
出社。
すると例によってスタッフから
「どうしたんですか?胃もたれですか?」と、
今日はあったかいオコトバ
今日はワタクシの事を
心配してくれているんだ!
と、少し熱くなった目頭を押さえ、
縷々と事情
を説明すると、
「ふーん。大変でしたね。ところでヒロモリさんのお腹を
 見て思い出したんですけど、事務所に飾る
お正月の鏡餅
 どうしましょう?」
結局それかい!と声を振り絞ったワタクシに、
「ま、食べ過ぎは自業自得ですし」とクールに締めてくれました。
涙に霞む三段腹自称、いつまでたっても柔らかつきたて
「たきびのニンゲン鏡餅」ことヒロモリ
がお送りします
【介護保険Q&A】鏡びらき…じゃなくて開講です!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今週は、税金の控除についての2回目、
「医療費の控除」についてお話しします。
おさらいの意味も含めて、質問を再掲しますと、
1 確定申告時にするべき所得税控除について教えて!
2 介護保険のサービスを使っていれば、
    控除の対象になるものはあるの?
といった内容でした。
で、先週は、控除対象項目のうち、
社会保険料控除と
障害者控除についての
お話しをしました。
今週は、所得税控除の項目のうちで、
最も介護保険制度と
関わりの深い医療費
の控除についてお話しを進めます。
先ず「医療費控除」とはどんな内容
なのかをご説明します。

※ 医療費控除とは?
●医療費控除の概要
「自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の
 親族のために医療費を支払った場合には、一定の金額
 所得控除を受けることができます。
 これを医療費控除
といいます。」

●医療費控除の対象となる医療費の要件
(1) 納税者が、自己又は自己と生計を一にする配偶者
  その他の親族のために支払った医療費であること。
(2) その年の11日から1231日までの間に支払った
  医療費であること。
(以上、国税庁HPより転載)
以上に加えて、控除額算出の方法には決まりがあります。

先ずは、医療に支払ったお金については、所得税
控除対象となるといった風にお考え下さい。
ですが、「な~んだ!」と早合点は禁物。
この「医療費」という文言について、対象となる医療費の
内容が非常に細かく定められて
いるんですね。
詳細内容はリンクで→国税庁HP:医療費控除
ご確認をお願いしますが、実際問題
として判断に
迷うトコロが沢山あると思います。
ここはやはり税の専門家への相談をお勧めですね。

本ブログでは介護保険制度と関わりのある部分に
ついての解説をしていきます。
介護保険制度下のサービスには、「医療系」

括られるサービス群があります。
それらを挙げると…
☆ (予防)訪問看護
☆ (予防)訪問リハビリテーション
☆ (予防)通所リハビリテーション【デイケア】
☆ (予防)居宅療養管理指導
☆ (予防)短期入所療養介護【ショートステイ】
となります。
上記サービス群の特徴は、事業の指定及び運営に際して、
病院等医療機関との密接な関係が
必要とされる
サービスと言えます。
この医療系サービス群が、
先ず介護保険制度
下での医療費控除対象のサービスとなり、
上記サービスを利用した際の1割負担分が控除対象費用
なる訳ですね。と、ここまでは単純なお話しなんですが、
下線付きで先ずと書いた事にご注目下さい。
ここからが少々込み入ったお話しになるんですが、
上記の5種類の医療系サービス
併用利用することで、
医療費控除対象
となる介護保険サービスも存在します。
どういうことか?と言うと、
例えば定期的
に訪問看護サービスをご利用している方が、
訪問看護サービスの他に、ホームヘルパーに
オムツ交換援助(訪問介護)を利用していたとします。
この場合、訪問看護に加えて訪問介護サービス
利用している事になりますので、
訪問看護サービスに加えて、
問介護
サービスの1割負担分も医療費控除の対象
として認められるという事になるんですね。
これを併用利用と言います。
その併用利用が認められる介護保険サービスは、
○(予防)訪問介護(注:生活援助中心型を除きます。)
○ 夜間対応型訪問介護
○(予防)訪問入浴介護
○(予防)通所介護【デイサービス】
○(予防)認知症対応型通所介護
○(予防)小規模多機能型居宅介護
○(予防)短期入所生活介護【ショートステイ】
以上と定められていて、
これらのサービスと医療系
サービスを併用した場合は、
該当するサービスの
1割負担分も医療費控除の対象となります。
(注)訪問介護サービスについては、併用利用
   であっても、調理や掃除、買い物等の援助
を行う 
   生活援助という類型のサービスは控除対象として
   算定はできません。
   訪問介護の内、併用控除の対象となるのは、
   入浴や排泄等の身体的な介護(身体介護)
   部分だけですのでご注意ください。

以上が、大まかな併用控除の内容ですが、
さらに、単独でも医療系サービス併用でも、
控除対象とならないサービスもあります。
以下に列挙しますと、
※ 認知症対応型共同生活介護【認知症高齢者グループホーム】
※ 介護予防認知症対応型共同生活介護
※ (予防)特定施設入居者生活介護【有料老人ホーム等】
※ 地域密着型特定施設入居者生活介護
※ (予防)福祉用具貸与
となっていまして、上記のサービスは医療費控除対象外と
なりますのでご留意下さいね。
以上長々とお話ししてきましたが、これで終わりか?と
言うとさに非ず。
以上は介護保険制度での居宅サービスの
お話しになります。当然ながら、介護
保険制度では
施設サービスもありますので、その施設サービスでの
医療費控除も見ておかない
といけません。
介護保険制度での施設サービスとは、
① 指定(地域密着型)介護老人福祉施設
② 指定介護老人保健施設
③ 指定介護療養型医療施設
以上の3類型となります。

このうち、
①指定介護老人福祉施設
(特別養護老人ホーム)については、
施設サービスの対価(介護費、食費及び居住費)として
支払った額の2分の1に相当する金額が、
②・③については、
施設サービスの対価
(介護費、食費及び居住費)として
支払った額
が医療費控除の対象となります。
①と②・③では内容に差がありますので、ご留意下さい。
また、①・②・③に共通する
事項として、
(1)日常生活費(2)特別なサービス費
の2つについては
控除対象外となります。
(参考リンク/国税庁HP)
医療費控除の対象となる制度下での居宅サービスの対価
医療費控除の対象となる制度下での施設サービスの対価
以上で、医療費控除のお話しは終了となります。

長々と細かなお話しになりましてスミマセンでした。
最後にですが、今週の記事は、あくまで参考程度として
お考え頂ければ幸いで、詳細については、
税及び介護保険の専門家にご相談されるのが一番正確で、
効率がよいと考えます。
では、今週はここまで。
次週もお楽しみに!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あと2週間過ぎると、謹賀新年!ですね。
今年は悪い事、良い事含めて色々な
事があった年でした。
年の瀬を迎えて一年分の疲れがどっと出てきたような
気がしますが、一年の感慨にふけってばかりで、
ゴール目前でペースダウンしてしまっては色んな事を
来年に持ち越してしまいます。残り2週間はラストスパート!
オリンピック候補の市民ランナー☆川内選手のような
完全燃焼のスパートで大晦日を駆け抜け、新年の
ゴールテープを晴れ晴れとしたキモチで
切りたいですね

みなさん、まだまだ気を引き締めていきましょう!
では、また来週、See You Next Week!

アーカイブ

月別 アーカイブ