ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記#74】介護保険Q&A編。

【自転車奔走記#74】介護保険Q&A編。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第74回。

急に冬らしくなった近頃ですが、
皆さまいかがお過ごしでしょうか?
ワタクシも、ついこの間までは11なのに、
夏用のサイクルウエアで走って
いましたが、
ようやく冬用ウエアへの
衣替えが完了した次第です。
そう言えば、春ごろの気象予報では今年の冬は
暖冬傾向だと聞きましたが、
いつのまにやら
平年より寒い冬になる
と予報が変わっていました。
電力不足や燃料高騰が懸念される中、湯たんぽなどの
昔ながらの暖房器具
も見直されてきているようですね。
もしかしたら、昔懐かしいドテラや掻巻なんかも
今年の冬は流行るかも
しれません。
ワタクシと言えば、寒さ知らずが身上。
日頃の自虐ネタに欠かせない腹脂肪も、
冬はあたたか~く接してくれる
大切なトモダチ
「脂肪でローコスト、高効率の暖房!」
「アンコ型こそ省エネ・エコ体型!」
時代の最先端を独走中の“ナウ”な
(古ぅ~スタッフ談)
ケアマネ・ヒロモリの【介護保険Q&A】開講です!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週はお約束通り福祉用具の巻・第2章、
介護保険制度下での福祉用具貸与サービスについて、
実際的なお話しをしていきます。
先ずは、現行制度で定められてい貸与品目からです。
介護保険制度で定められている貸与品目は、
① 車いす
② 車いす附属品
③ 特殊寝台
④ 特殊寝台附属品
⑤ 床ずれ防止用具
⑥ 体位変換器
⑦ 手すり
⑧ スロープ
⑨ 歩行器
⑩ 歩行補助つえ
⑪ 認知症老人徘徊感知機器
⑫ 移動用リフト
以上の12品目となっていますが、制度上の用語ですので
少々分かり
辛い品目が何点かありますね。
では、以下でもう少し詳しくお話しをしていきます。
車いす
(解説)病院や施設でよく見かけますので、
 特に説明はいらないと思いますが、介護保険制度では、
 電動車いす(モーター駆動タイプ)
も含まれます。
車イス附属品
(解説)車いす本体にオプションとして
 取り付ける機器を指します。座面に置くクッションや、
 車いすに取り付け・取り
外しが簡単にできる
 簡易テーブル等が
代表的なものです。
特殊寝台
(解説)いわゆる【介護用ベッド】と言われて
 いる物です。床面からの高さの調節が可能であったり、
 背上げ・足上げ機能が付いていたり
して、
 ご利用者の自己動作のサポートと、介護者

 負担軽減を図る機器です。
特殊寝台附属品
(解説)介護ベッドにオプションとして取り付ける
 機器類です。ベッドに敷くマットレスや転落防止
 の為のサイドレール、ベッドからの立ち上がりを
 サポートするベッド用手すり等です。
床ずれ防止用具
(解説)長期間ベッド上で寝ている事が続くと、
 ベッドと接触している皮膚部分の血流が悪くなり、
 床ずれ(じょく創)が発生しやすくなります。
 この床ずれの発生をできる限り防止する為の
 機器です。空気圧で体にかかる圧力を分散し、
 床ずれの発生を減らすエアマットが代表選手です。
(但し、エアマットを使用していても
 床ずれができる事は多々あります。機器に頼る

 ではなく、体位交換(体の向きを変える事。
 寝返りの事です)や離床(ベッドから離れて
 座って過ごす事)などの介助を組み合わせる事が
 非常に重要になります。)
体位変換機
(解説)自力で寝返りができない方の寝返り
 動作(体位変換)をサポートする機器です。
 麻痺等の理由で、自分の力で寝返りができない、
 或いは、横向きで寝る姿勢を保てない等の方々が
 対象となります。
姿勢保持を助けるクッションや、
 空気圧等
で自動的に体の向きを変える機器等があります。
 また、専用の福祉用具を借りなくても、バスタオルや
 枕・市販のクッションを活用
されている方も
 多数いらっしゃいます。
手すり
(解説)そのものズバリですが、福祉用具貸与の品目では、
 ネジ等で床や壁に固定しない
もの
(言いかえれば容易に取外し可能)が対象となります。
 天井と床の間に突っ張り棒
として固定するタイプや、
 トイレ便座を
囲うように床に置く手すり等があります。
(因みに、壁や床に、
 
ネジ等で固定して手すりを使用
する場合は、
 住宅改修という取扱になりますのでご注意ください。)
スロープ
(解説)屋内・屋外で車いすを使用する時、階段等の
 段差が移動の大きな障害になります。段差
の移動が
 安全かつスムースに行えるように、
段差障害の 
 ある箇所に設置できる簡易スロープ
を指します。
 折り畳み式の物や、長さ調節が可能
なもの
 色々な種類があります。
ただ、⑦の手すりと同じで、
 固定し据え置きで
使用する物は住宅改修の扱いになる
 場合があり
ますのでご注意ください。
歩行器
(解説)歩行をサポートする機器ですが、介護保険の
 福祉用具貸与では、2種類が取扱品目と
なっています。
(1)歩行
 4脚フレームの下部にキャスター或いは車輪が
 付
いていて、身体を腕で支えて歩行するタイプです。
 注意していただきたいのは、市販の所謂“シルバーカー”
 という機器は、貸与品目に入らない事が殆どです。
(2)歩行
 4脚フレームに車輪が付いていないタイプを指します。
 4脚杖・ウオーカーとも称されます
が、
 車輪が付いていない分、歩行器を動かしながら
 身体を支えて歩行するタイプの機器です。
 と、文章ではかなりイメージが掴み辛いと思いますので、
 リンクを貼っておきますのでご覧下さい。
 ここをクリック→
(財)テクノエイド協会/歩行器
歩行補助つえ
(解説)杖の事です。福祉用具貸与では、松葉つえや、
 多点杖(杖の接地点が1点ではなく、3~4点

 分かれているタイプ)をよく見かけます。
認知症老人徘徊感知機器
 (解説)認知症からくる問題行動の一つに「徘徊」
 があります。徘徊という行動への対応やケアは、
 認知症介護の中でも非常に重要な位置を
占めていますが、
 この感知機器は、センサー
をお部屋や家の出入り口に
 設置して、認知症
の方が移動したことを介護者
 知らせる機器の事を指します。
 徘徊は時として、交通事故や行方不明等の重大な
 結果を招くことがありますが、
かと言って家から
 出ないように“閉じ込める”
ことは、人間の尊厳という
 観点からすると
決して好ましい手段とはいえないのが
 現状です。
感知機器を設置したから徘徊行動が
 減る訳では
ありませんが、少なくとも初期段階で
 発見、
対応が可能になり、事故に至る事を未然に
 防ぐ事が期待できる機器です。
移動用リフト
(解説)介護技術の一つに“移乗介助”というものが
 あります。これは、車いすからベッドへ
“移る”、
 あるいはベッドから車いすに“乗る”
といった動作を
 介助する事を指します。
実は、この移乗介助と
 言うのは、訓練を経て
専門の技術を習得した
 プロの介護職員でも、
非常に腰に負担がかかる事の
 多い介護なん
ですね。専門職であるケアワーカーでも
 大変な場合があるんですから、ご家族様が介護する
 場合には
もっと高負担の介護
動作になってしまいます。
 そこでリフト、つまり機械動力を使って移乗動作を
 行う機器を“移動用リフト”
と言います。
 要介護者の方が乗りった
ハーネスをアームで
 釣り上げて、移動
(移乗)動作を動力で行う機器です。
 こちらも、リンクを貼っておきますのでご覧下さいネ。
 ここをクリック→(財)テクノエイド協会/リフト

と、非常に大雑把で申し訳ありませんが、
福祉用具貸与の対象品目の概要をお話ししました。
沢山の種類がありますが、福祉用具活用の原則は、
「身体の状態に応じた適切な
福祉用具を利用して、
自分の力で色々
な活動が行える、あるいは介護が楽になる」
ということです。
つまり、“選定”が非常に
重要なプロセスになる訳ですね。
例えば、“車いす”も、自走用(自分で車輪を回して
進む事ができるタイプ)と
介助用(自分で進む事が
できないタイプ)
に分かれます。
上肢(腕)を動かす事が可能な
方であれば、
自走用車いすを使って自分で移動
ができる事を
検討しますし、上肢が動かない
方であれば、
介助用車いすを検討する事になり
ます。
また、車いすを使用する場所が屋内
なのか屋外なのか?
屋内の場合は廊下の幅や
居室の広さ、家具等の配置を
検討して適切な
車いすのサイズを決めていきます。
屋外使用
の場合も、車載しやすいように折り畳みが
できるタイプの車いすもあり、どのような活動を
するかで機種も変わってきます。
また、そもそもの話しになると、利用者様にとって、
車いすしか駄目なのか、
他の代替移動補助手段
(杖や歩行器等)
を検討したほうが良いのかも考える
必要があります。先週もお話ししましたが、
福祉用具を選ぶ際には、身体の機能や介護力、
住宅環境やご本人・ご家族の意向等の様々な要素を
総合的に検討した上で、決定する事が不可欠ですよね。

では最後に、福祉用具貸与を利用する際の注意点に
ついてお話しをしていきたいの
ですがぁ・・・・
毎度のことですが、長くなりすぎましたので
来週改めてお話しをします。
来週こそ、【福祉用具の巻】最終回ですので、
請うご期待!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今年もあと1カ月と10日ほどになってしまいましたね。
今年を振り返るには、まだまだ早いですが、
それにしても色々な事が立て続けに起こった年でした。
ワタクシも含め、皆がココロの整理とキモチの
一区切りを付けて、新しい年を
迎える事が
できればいいな・・・と切に
思っています。
とはいえ、まだまだ年の瀬まで1カ月以上!
年末に向かうこれからのワタクシへの合言葉は
♪今年の脂肪は、今年のう~ち~に
落とせるものなら洗剤で洗い流したいと
切に願うヒロモリがお送りしました、
【脂取り洗剤記】…もとい【自転車奔走記】
また来週お目にかかりましょう!
See You Next WeeK!

アーカイブ

月別 アーカイブ