ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記#72】介護保険Q&A編。

【自転車奔走記#72】介護保険Q&A編。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第72回。

BIGニュース!!皆さまに嬉しいお知らせです。
不肖ヒロモリ、日々の腹筋&節制の成果か、
この3カ月でウエストが
なんと4cmも細くなりました!
「見た目は大して変わらんでぇ!」
という周りの野次も
耳に入らず、
ベルトを締める際、今までの止め穴から
一つ余分に締めることができる快感!
心地よい余韻に酔いしれていました…が、まさかの落とし穴。
ズボンを履く時ベルトループ部分をキュッと
締めるという事は、いわば口を締めた状態の巾着袋と同じ。
つまり、履いているズボンがウエスト部分のみ締まり、
その下はダボッと
ゆるゆる状態になる訳です。
男性諸氏は薄々お気づきでしょうが、
男性用ズボンのベルト下部には、通称「社会の窓」と
呼ばれるチャックがありますよね。
ダボッとなるという事は必然的にチャックの
締まり具合が緩くなる
事を意味します。
何とも据わりの悪い事、悪い事…

事務所に戻ってスタッフにその話しをしたところ、
「そうでしたか。
でもどうせすぐに
 元に戻るんでしょ?腹周り・・・」
と、さりげなくキツイ回答(と言うか予言)。
冷静かつ的確な指摘に返す言葉もなく、
いつもの
ように項垂れて一人佇む正月に向けて鏡餅ならぬ
「三段腹餅」を
鋭意準備中の目出度いケアマネこと、
ヒロモリがお送りします【自転車奔走記】
開講です!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今週のQ&Aはこんなご質問です。
Q、介護保険料の額はどうやって決まるんですか?

「財政再建」
「社会保障・税の一体改革」
「増税」云々。
新聞紙上を賑わし、TV等でもほぼ毎日取り上げられる
話題ですよね。
介護保険も、社会保険の一つとして
社会保障の一分野に数えられますので、これらの話題と
無関係どころか、
大いに関係があるトコロです。
今週の連載では、これからの社会保障・高齢者福祉の
政策や、
巷を賑わす超高齢化社会に関する色々な話題の
基礎知識として、
介護保険料のお話しを取り上げます。

先ずは、介護保険料とはそもそも何ぞや?
「介護保険」と名前が付いているように介護保険制度は、
年金や健康保険と
同じ社会保険制度の一種でして、
保険料を支払い(保険に加入)、その集まった
保険料を財源とし保険事故(=介護が必要な状態になる事)
が起こった時に、その状態に応じて生活を保障
(=介護サービスの利用が1割負担でできる。)する制度。
つまり【介護サービスがある程度の低負担で行える為の財源】
と大まかにお考え下さい。
実際の介護サービスの費用配分は、
介護保険料拠出分が半分で、残りを国と県・市町村が
一定率ずつ負担することに
なっていますが、それでも
費用の半分は
介護保険料から支払われているんですね。
で、その介護保険料は、原則40歳以上全ての国民
支払うことになります。
因みに、日本の成人男女総数のうち、40歳以上が占める
人口割合は約70%
程度だそうです。

で、いよいよ本題に入ります。
Q:介護保険料はどうやって決まるか?
A:保険者(市町村)がそれぞれ設定します。
・・・色気もなにもない回答ですね
ですので、介護保険料の決定について、もう少し詳しく
お話ししていきます。
介護保険料は以下のプロセスで
決定されます。

☆Step1
介護保険法では、各市町村が「介護保険事業計画
という
計画を策定する事が義務付けられています。
どんな計画か?というと、市町村(介護保険の保険者)
介護保険制度が円滑に実施されるよう、
地域の人口や
高齢化率等を基に、介護サービス
の給付量の見込みや
見込み量を確保する
為の方策等を定めるものです。
この「介護保険事業計画」は、3年を1として、
3年ごとに策定
されます。
そして、
☆Step2
上述の「介護保険事業計画」で決定した介護サービスの
給付量見込等を基に、基準となる
介護保険料を決定します。
つまり、介護保険事業計画の策定に合わせて、3年ごとに
介護保険料は決定される事に
なります。また、決定された
保険料は条例化
する必要があります。最後に
☆Step3
条例で策定された介護保険料(「基準保険料」)を
被保険者の所得状況に応じて
加減調整し
8段階に分かれます)
、調整後の
額を「介護保険料」
として徴収することに
なります。

大まかではありますが、以上の3ステップを経て、
保険料額の決定~徴収が行われる
んですね。
このステップそのものは、全国どこでも同じですが、
人口比率や高齢化率、介護サービス
の供給量は
市町村毎に違いますので、
必然的に自治体(保険者)
ごとに保険料額
に差が生じる事となります。
つまり、介護保険料が高い町、安い町があるという
事になります。
見方を換えると、介護保険料の額を
比較的に検討する事で、お住まいの地域の特徴
(要介護高齢者率等)が
透けて見える事になりますね。
因みに現在、平成21年度~23年度の期(第4期)の
介護保険料の全国平均額は、4,160円です。
これを安いと取るか、高いと感じるかはともかくとして、
介護サービスの供給量が増加すれば、当然介護保険料も
値上げの必要に迫られる
ことになります。
4期は来年3月で終了し、来年4月からは第5期の
始まりです。
近代国家の基礎とも言うべき“社会保障”
について、ワタクシも含め日本全国民がもっと主体的に
考えていく事が必要ですね。
以上、介護保険料に関するQ&Aでした。

最後になりましたが、
上述の介護保険基準保険料は、必ず条例化され
公表されていますので、お住まいの
市町村のHP等で
ご覧になれます。ぜひ御確認を!
またまた、カタイお話しでしたが、今週はここまで。
来週も皆さまのご質問にお答えしてまいりますね。

※注※
上記の3ステップは、第1号被保険者
65歳以上の方)の
保険料策定のプロセス
です。第2号被保険者(40歳~64歳)
別の方法で決定・徴収されます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
季節はいよいよ霜月・・・冬将軍の近づく気配が、
木枯らしや陽光にちらほらと現れて
しかるべきなんですが、
ホンマに11月ぅ?!?!
と、太陽にツッコミを入れたいような毎日が続いています。
自転車で街を一走りすると、結構な量の汗をかく始末
異常気象という言葉で片付けられない気持ちの悪い
陽気ですね、
こんな天気が暫く続き、急に寒くなると、
覿面に風邪や体調不良が
襲ってきます。
体調管理と、早めの予防接種、皆さまお気を付け下さいネ。
ではまた来週!
See You Next Week!

アーカイブ

月別 アーカイブ