ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【ウッチー輪ばなし】連載・第18回。

【ウッチー輪ばなし】連載・第18回。

【ウッチー輪ばなし】連載・第18回。

みな、みなさま、こんにちわ!

町の空気は秋の匂いへと早変わりを済ませて、

紅葉近し…といった時期になってきましたね。

秋と言えば、食欲・読書・スポーツ・・・

そう、なんと言っても、スポーツの秋です

そこで今週の「ウッチー輪ばなし」では、

スポーツに絡めて、私たちのチームメイトを紹介!

写真は↓、本社兼松阪施設ショートステイ勤務の、

薬師神健二(やくしじん・けんじ)、通称〝ケンジ〟です。

kenji_1.jpg

ちなみにこの写真は、先日ワタクシと二人で、

三重県津市美杉にある『君ヶ野ダム』へと、

自転車でツーリングに行った時のショットです。

たきびでは比較的多くの(男性)スタッフが

自転車を趣味にしており、休日に機会を設けては、

スタッフ同士〝遠乗り交友会〟をしています。

職員同士の異常な!?仲の良さはたきびの伝統ですね

えっ??ダイエットブームはどうしたかって??

ダイエットブームはGirl、Boyは自転車ブームなんです。

写真の右端に写っているのが、ロードバイクと言われる

タイプの自転車で、スピードも出せ、長距離を乗っても

疲れがさほど溜らない、というのが最大の特徴です。

複数ツーリングの場合、前と後ろの縦1列になって走り、

カーレースで言うところの「スリップストリーム」状態を

作りながら走るのがオーソドックスもちろん前と後ろは

疲労度合いを勘案しながら適宜交代して行きます。

つまり、前の走者が、後ろの走者の為に「風よけ」になり、

後ろの人が自転車を漕ぎながら、休息を取るのです。

言わば、お互いがお互いを助け合うという訳ですね。

慣れると、これを「あ、うん」の呼吸で出来る様になり、

おのずとチームワークが生まれる瞬間がやって来ます。

専門的には、前走者が後ろ走者を「引く」と表現するのですが、

ケンジの背中に「引かれて」走っていると、

風を避けている以上の「安心」を感じます

そんな仲間たちと共に仕事が出来る幸福を感じつつ、

これから、スポーツの秋を満喫しようとたくらんでいる、

ウッチーこと、内田英希なのでした。

それでは、また来週お会いしましょう・・・


追伸・広森さん、自転車話を奪ってごめんなさい

アーカイブ

月別 アーカイブ