ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記#60】介護保険Q&A編。

【自転車奔走記#60】介護保険Q&A編。

【ケアマネの自転車奔走記】

突然の猛暑、無事お過ごしでしょうか?
いくら夏らしく!といってもこれは極端ですね。
熱中症のニュースを観ない日は無いくらいです。
とにもかくにも、適度な室温と十分な水分補給、
そして日中の屋外活動はできる限り控えるように
充分な、充分な!ご注意をください。
節電やクールビズも、もちろん大切ですが、
体調を崩しては、まさに“本末転倒”です。
猛暑を乗り切って、心地良い秋を迎えましょう!
と、
やがて来る”△△の秋”に向けて、
適度な栄養補給と糖分供給で腹の脂肪を
ベストコンディションに保とうと、
涙ぐましくも不毛な努力を重ねている
ヒロモリがお送りします【体脂肪Q&A】もとい、
【介護保険Q&A】はじまりで~す。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週はこんなご質問がありました。

Q 知り合いから、早めに老人ホームへの入所
  を申し込んだ方がよいと言われた。
  何年も待たないと入れないという事をよく聞く。
  今のところ、生活に不自由はしていないが、
  申し込んだ方がいいのか?

Q 入所できる施設。ある所はずっと居てもいいが、
  ある所は3カ月で出ないといけない
と聞いた。
  同じ老人ホームなのに、何が違うのか?

といった、施設・入居サービスについてのご質問です。
因みに、ワタクシは、ケアマネージャーです。
改めて言う事ではないですが…
で、ワタクシはご自宅で生活をされている方を専門に
ケアマネの仕事をしていまして、
介護保険上では
居宅介護支援」という仕事の
分類になるんですね。

ですので、この【介護保険Q&A】では専門の
在宅介護に関わるご質問を取り上げる事が多く、
施設・入居サービスについて
は殆どありませんでした。
ですが、
介護保険制度というのは、在宅一辺倒
の制度ではなく、
施設サービス・入居サービス
も非常に重要な
社会資源・介護サービスとして
取り扱われています。
いわば、「車の両輪」として機能しているんですね。
そこで、
今週から暫くの間、施設及び入居サービス
についての
お話しをしていきます。

一口に施設サービスといっても多様です
まずはザッと施設・入居サービスを挙げていきますね。

①【介護保険3施設
・介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)。
・介護老人保健施設(老人保健施設)。
・介護療養型病床。
※所謂「施設サービス」は、以上の3施設
   指す事が多いですね。

②【老人福祉施設
・軽費老人ホーム(ケアハウス・A型・B型)。
・養護老人ホーム。
※以上の施設は、老人福祉法に基づいた
「老人福祉施設」に類型されます。

③【有料老人ホーム
・介護付き有料老人ホーム。
・住宅型有料老人ホーム。
・健康型有料老人ホーム。
※要介護者に限定せず、高齢者が入居して
   食事や介護等、条件に応じたサービス
   利用して生活する施設です。

④【高齢者専用賃貸住宅
※文字のとおり、高齢者の方々を専門対象に
   賃貸を行う住宅(マンション・アパート)です。

⑤【グループホーム
※正式名称は「認知症対応型共同生活介護」。
   介護保険制度では、在宅サービス
   一つとして位置づけられています。

ざっと列挙しましたが、沢山ありますねぇ、
中には、「もうお腹いっぱい」という方も
多いと思います。
加えて、在宅介護とは違って、
皆さまの日常生活
では少々馴染みが少なく、
漠然としたイメージ
だけが先行していることも、
しっかりとした
理解を妨げている要因かもしれません。
ですので、このQ&Aでの解説は、

(1)施設の特徴
(2)入所(入居)の条件等
(3)費用

あえて以上3点に絞りお話しを進めます
で、次週は①介護保険3施設についてのお話し。
請うご期待!!です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
さてさて、自転車ネタです。
先週も少し触れましたが、8月20日から
はじまる“ブエルタ・エスパーニャ”
日本人選手の出場が決まりました
“スキル・シマノ”というオランダ
チームに所属する土井雪広選手です!
そしてもう一人、別のチーム所属ですが、
別府史之選手も出場が濃厚。
楽しみになってまいりました!

今年のツール・ド・フランスには日本人
選手が出場しませんでした。
勿論、世界最高峰の自転車ロードレーサー達が
「これでもかっ!」と出場しましたので
かなり寝不足の毎日でしたが・・・
やはり日本人選手が出場しないと
盛り上がり
に欠けますねぇ。

例えるなら、
ミルコVSノゲイラも良いですが、
やっぱりメインは 桜庭VSシウバ、
もしくは、高田VSヒクソンでないと、
日本人としては盛り上がり切れない!
という事なんでしょうね・・・。
と、プロレスならぬPRIDEネタで強引に
締めようとしています、パッと見、腹周りの
シルエットだけはヒョードルそっくりなのが自慢!
ヒロモリがお送りしました【自転車奔走記】
それでは、また来週。
See You Next Week!

アーカイブ

月別 アーカイブ