ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > ケンジが教えてくれた。

ケンジが教えてくれた。

今年は記録的に早い梅雨入りとなりました。

「雨にも負けず、風も負けず…」と詠んだ、

宮沢賢治は1896年8月27日、岩手県で

質商の長男として、当時としては裕福な

家庭に生を受けているのですが、

実はその2ヶ月前、東北地方太平洋沿岸を

ある未曾有の大災害が襲っています。

ご存知〝三陸地震津波〟です。

幼い賢治にとって、その惨憺たる故郷の

光景は、その後の作家人生に多大なる

影響と発見を与えたといいます。

自らの裕福な出自と、郷土民の悲惨な境遇との

コントラストが生んだ贖罪感や自己犠牲精神。

それこそが、賢治の原風景ではないでしょうか。

東日本大震災から2ヶ月半が過ぎました、

ふと「宮沢文学」に触れたくなるこの頃です。

雨ニモマケズ…一方、ご利用者の皆様も、

余暇活動を楽しんでおみえになります。

昨日は、毎月一度の『塗り絵』でした。

IMG_2402.jpgのサムネール画像

傘を見て何色を思い出されますか?

デンデン虫を見て何色を思い出されますか?

色を用いて表現する事は、

各々皆様の記憶の引き出しを開ける

尊くロマン溢れる作業でもあると思います。

今後、施設内〝たきびギャラリー〟にて、

バァバァ〜〜ンと展示予定です。

御来設の際は、ぜひともご観覧下さいませ!

アーカイブ

月別 アーカイブ