ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【ウッチー輪ばなし】連載・第1回。

【ウッチー輪ばなし】連載・第1回。

【ウッチー輪ばなし】連載・第1回。


はじめまして!

たきび松阪の施設長・内田英希です

今週より毎週土曜は、私のブログ連載日となりました。

介護現場からの視点を踏まえて、松阪施設の内側を

ご紹介したり、介護保険のサービスや内容を

より実態に沿った形で伝えて行けたらいいなぁ、

と意気込んではおりますが、なにゆえ未熟者

乱文の〝つるべ打ち〟になるかと予想されます・・・

どうか何卒、温か〜い目でお付き合い下さいませ。


さて・・・

先日、とある友人から万歩計をもらいました。

それ以降、試しに装着して仕事をしているのですが、

初日の計測を見てビックリ。

なんと・・・1日で10,100歩!


そこからは記録更新の連続で、

ここ最近では、13,000歩~17,000歩ぐらい。

施設内でこんなに歩いているのか??と驚きの日々。


弊社の松阪施設は、デイサービス定員35名と、

ショートステイ50床(全個室)です。

その建物内を、目まぐるしく歩く歩く歩く、

テクテクではなくセカセカって感じで、まるで競歩。

私がそれぐらい歩いているということは、

チームメイトはおそらく、それ以上だと推測します。


ご利用者様に視点を移して考えてみましょう。

自分が万歩計を装着するようになってから、

Aさんとの時間をよく思い出しています。


以前、万歩計ご持参のご利用者Aさんに対して、

機能訓練(通称:リハビリ)ではありませんが、

歩行練習(歩行の見守り)をしていた時のこと・・・

008.JPG

※写真は、ご利用者様の承諾を得て掲載しております。

歩行練習後、傍らの私にAさんは満面の笑みで、

『今日は100歩も歩けたわ。ありがとう』と

おっしゃって下さいました。

Aさんにとっての100歩は〝たった100歩〟じゃなく、

とても豊かで意義ある100歩だったに違いありません。


歩数は人それぞれ、自分で出来ることも人それぞれ。

『自分で出来ることは無理ない程度に自分で行う』

それを見守ることも介護技術の基本なのだと、

その時のAさんの言葉から改めて学んだ気がします。


万歩計を通じて、私が発見したのは「歩く意義」。

様々な方が生活される、にぎやかな施設館内で、

歩数記録は、今日もまた更新されそうな気配

ぜひ、歩数に負けない「意義」を持ちたいものです。


それでは、また来週!

ウッチーこと、内田英希でした。

アーカイブ

月別 アーカイブ