ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記#47】介護保険Q&A編。

【自転車奔走記#47】介護保険Q&A編。

【ケアマネの自転車奔走記】連載第47回。

先週は久しぶりに雨の日が続きましたね。
皆さま、いかかがお過ごしでしょうか?
いきなり、自転車のお話しですが、
自転車レースは雨が降ろうが、槍が降ろうが
天候に左右されず開催されます。
これ、プロのレースだけでなく、
ワタクシの
ようなアマチュアでも一緒なんですね。
レースに出る事は滅多にありませんが、
自転車練習などで遠出する時は、
必ず雨具を
持って行くようにしています。
が、走行中雨に降られるのは・・・
やっぱりツライですよねぇ

加えてそれが、一人且つ人家の少ない山道なら
「辛い」を通り越して、“ヒサン”としか
形容できない状況に陥ります。
視界が悪く、路面が濡れてタイヤも滑り
やすくなり、
強くブレーキをかけようものなら、
アッ!と言う間に
タイヤがスリップしてスッテンコロリン、
事故の危険性も高くなります。
皆さまも、雨の日の自転車移動は、
いつも以上の安全運転でお願いしますね。
自転車の傘さし運転なんて論外ですよ!

雨に降られて体温は下がっても、お腹はポカポカ、
脂肪に感謝のヒロモリがお送りします
【自転車奔走記:介護保険Q&A編】スタートです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、今週のご質問は、
介護保険サービスの利用料金について。

Q.
同じサービス種類でも、事業所ごとに
利用料金が違う
事があると聞きました。
介護保険サービスの利用料は、
原則1割の負担
と聞いています。
同じサービスであれば、
利用料は
一緒だと考えていましたが、
なぜ、事業所によって値段
が変わるのでしょうか?

では、さっそく回答です!
…とその前に、
「急いては事を仕損じる!」「急がば回れ!」
という事で、恒例の解説にお付き合い下さいませ

巷では、介護保険サービスとは、
1割負担でサービス
が利用できると制度だ!」
と言われていますね。
確かに、決して間違いではないんですが、
利用料金の
明細を細かく見ていくと、
今一つ腑に落ちない様な気が…

今回のご質問も、このあたりの曖昧さから発生する
ギモンと考えられます。

その「曖昧さ」というのは、
●「サービス利用料」
割の負担金」混同して
理解してしまう
起因しているケースが殆どです。

では、まず「サービス利用料」と「1割負担金」の
違いからお話しを進めていきます。

●「サービス利用料金」とは、
介護サービスを利用した際に発生する諸々の料金の総額
で、
●「1割負担金(正確には、介護保険利用者負担金)」とは、
介護給付の支給対象となるサービスを利用
した際に要した費用の「1割分」という意味です。

とは言ったものの、??とお感じの方も多いのでは…
と思いますので、例を使ってお話ししますね。

〝例1〟訪問系(訪問介護,訪問看護等)サービスで、
     【ご自宅で、入浴の介助を行った場合】を想定して、
    要した費用の内訳を試しに計上してみます。

(1):介護サービス費として4,000円(訪問介護サービス費)
    に加えて、
(2):入浴に要した水光熱費。   
(3):シャンプー等の備品費用。  

大体こんなものでしょうか?
この場合、

(1)の費用については、介護保険の給付対象となります
(2)及び(3)の費用ですが、訪問系のサービスは
 ご利用者様のご自宅で行うサービスですので、
 入浴であれば、備え付けの浴槽や石鹸を使って
 サービスを行いますので、費用として実費計上することは
 現実的
でないですよね。事実そうはなりません。

とすると、実際に発生した費用は、
(1)で示した訪問介護サービス費のみとなります。
これは先にも述べたように保険給付対象ですので、
4,000円の9割(3,600円)が保険給付で、
残りの1割、つまり400円を「利用者負担金」として
ご利用者様が、サービス事業所に支払いま
す。
それ以外の費用は発生しません。

とすると〝例1では、
サービス利用料金=利用者負担金
となっていることがお分かり頂けますね。

では、続きまして…

〝例2〟通所系(デイサービス・デイケア等)で、
     【週に1回デイサービスを利用した場合】を想定します。
    デイサービスの単価は、要介護度や利用時間、
    事業所
の人員配置状況等によって変化しますので、
    ここでは分かり易く1回10,000円として計算します。

先程の〝例1〟と同じように、
デイサービスの利用に要した
費用を計上してみますと、
(1):通所介護サービス費として10,000円。
(2):昼食に要した食材料費・調理費用として600円
(3):入浴に要した費用として500円
これらの他にも、送迎に要する費用や、
事業所に必要な
光熱費・冷暖房費などなど
色々な費用が考えられますが、
ここでは取り敢えず上記の3つとしておきます。
この場合、
(1)の費用は、介護保険給付対象となります
(2)の費用ですが、多くのデイサービスでは、
   昼をまたいでご利用される方が殆どですので、
   デイサービス事業所で昼食を摂ることになります。
   事業所側が用意した食事を摂った場合について、
   この昼食に要した費用については、
   介護保険対象とはなりませんので、
   ご利用者様に実費でお支払い頂く事になります。
(3)の費用ですが、この入浴に要した費用は、
   デイサービスで入浴サービスを提供した場合、
   「入浴介助加算」という名称で
   
介護保険給付の対象となります。

このように考えると〝例2〟では、
(1)(2)(3)の
全てにおいて
費用が発生している事になりますよね。
(1)と(3)の費用は保険給付対象ですので、
(1)10,000円の1割=1,000円
(3)  500円の1割=      50円
合計 1,050円が1割負担分、
「利用者負担金」
として計上されます。

ところが(2)の費用については「保険給付対象外」、
つまり全額を実費徴収することになり、600円全額が
昼食費用として、発生・計上される
ことになりますので、
(1)+(3)の利用者負担金に、
(2)の昼食費用を加えた額1,650円が
デイサービスの利用料金
となる訳です

この〝例2〟ではサービス利用料金>利用者負担金)
となっている事がお分かり頂けますでしょうか?
「食費相当分」は、
各事業所が自由に設定できます。
と言っても、極端に安かったり、
高かったりは駄目ですよ。

デイサービスなど通所系のサービスにおいては、
A,B二つのデイサービス事業所で、同じ時間、
同じ内容のサービスを利用しても、食費が違えば
デイサービスをご利用した時に要する費用、
サービス利用料金」に差が生じる事になります

因みに、訪問介護や訪問看護などの訪問系の
サービスにおいても実費徴収分が発生する場合は
ありますが、ケースとしては多くないのが現状です。
ですので、
同一地域で同一時間帯、同じ
内容のサービスを
利用した場合に、サービス
利用料に差が出る事は
殆どないと考えて下さって
結構です。

今までの内容を整理しますと、

◉利用者負担金(1割負担分)とサービス利用料は
 言葉は似ているけど、内容が違う。
◉訪問系のサービスについては、事業者間での
 サービス利用料の差が殆どない。
◉通所系のサービスでは、食費相当分が実費負担
となり、
 その額は事業所ごとで設定するので、
 同じ内容のサービスを利用しても、事業者間で
 サービス利用料には差が生じやすい。

となります。
ご理解いただけましたでしょうか?

【Q&A編】になって以来、久々の長話ですが……
実は、まだ終わりではないんです。

次週は「PART2」としまして、入所系サービスでの
サービス利用料金と利用者負担金の関係について、
サービス利用料の負担を抑える制度の説明も交え、
さらには全体のマトメまでしてしまおう!
と企んでおりますので、次回も必見ですヨ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今、ツール・ド・フランスと同じぐらいの
伝統
と知名度を誇るジロ・デ・イタリアという
世界的に有名な自転車レースが開催中です。
ジロ・デ・イタリアと言えば、「山岳」!!
キツ~イ登り坂が「これでもか」と現れる
21のコース(総長なんと!3,496㎞)を、
23日間で(休みは2日だけ!)走り抜ける、
まさに超人的な“とてつもない”レース。

ワタクシも毎日TV観戦で、少々寝不足気味…
興味のある方は、是非お調べの上でご覧下さいね。
では今週はここまで
ケアマネ・ヒロモリでした、
See you next Sunday. Ciao

アーカイブ

月別 アーカイブ