ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
ウッチー輪ばなし
トップページ > ウッチー輪ばなし > 【ウッチー輪ばなし】連載・第4回。

【ウッチー輪ばなし】連載・第4回。

【ウッチー輪ばなし】第4回。


雨・雨・曇り・またも雨、皆様お元気でしたか?

こんにちわ!水も滴るイイ男・ウッチーこと内田英希です。

スタッフ達によると「それ、ただの汗っかき」となりますが…

今後も、そこからは目を逸らし続けるつもりです!


さて、

当HPではブログや、音声配信Podcastを利用して

介護現場の各種現状をお伝えしておりますが、

本連載では、よりインサイドな視点から介護施設を、

ご紹介させて頂くのが、この私の役目です。

という事で、今回ご紹介するのは『ザ・マニュアル』


「マニュアルを基本にして業務をすすめる」という

考え方と方法論は、どんな業界にも存在しますよね。

例外なく、介護現場でもそれは同じ事。

何かを実践するにあたって、その動作の根拠となる

理屈やルールは必ず存在しており、

言い換えるところ「マニュアル」となります。

さらに展開させるなら「マニュアル」とは、

当該業務において、危険や事故の発生確率を

最大限抑える〝経験則的技術モデル〟ともとれます。

つまり、ご利用者様(一般的にはお客様)に、

満足を感じて頂く為に、最も効果的な

〝最大公約数の道標〟あるとも思うのです。

数多ある企業が新人スタッフに、まずマニュアルを

徹底するのは、やはりそれが「基本」だからですよね。

笑顔も技術も、全てはそこへと繋がります。

〝マニュアル通り〟という言葉を、揶揄的に用いる

ケースを良く耳にしますが、何事でも、

『基本あってこそ、我流が生きるのではないでしょうか。

manyuaru1.jpg   manyuaru2.jpg

ケアステーションたきびでは、上記写真↑のような、

マニュアル本を各セクション別に作成し、

新人・ベテラン問わず、スタッフたちが

いつでも自主的に取り組める環境を心がけています。

ちなみに、これら写真以外にも、

●たきびスタッフの鉄則

●基本的な介護技術のマニュアル

●接遇のマニュアル

●疾病別危機管理マニュアル

●事故発生時のマニュアル

など、多種のマニュアルが存在しています。

もちろん「マニュアル」が全てではありません。

現場では、見本のない仕事も沢山発生し得ます。

しかし、臨機応変な素早い対応のベースには、

くどいようですが、必ず「基本」があるのです。

マニュアル通りのオーソドックス(基本)な

介護を学ぶことでこそ、スペシャル(特別)な介護

実践できるのだと信じています。


ところで、

本ブログを、楽しみにして下さってみえるある方から、

「【ウッチー輪ばなし】というタイトルの割に、

 もっとコアな内輪話が載っていないじゃないか!』

とのご指摘を頂戴しましたでも、、コアな内輪話って…

来週はコアな内輪話目指します!

ちょっとだけ期待して下さい!

それでは、

水も滴るいい男、になりたいウッチーこと、

施設長・内田英希でした。

皆様また来週土曜日にお会いしましょう

アーカイブ

月別 アーカイブ