ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 

2011年4月アーカイブ

〝昭和〟は遠きにありて...

ズラッと並ぶカレンダーの赤印を横目に

「まぁ〜うらやましいザンスわねぇ」

とイヤミをカマしたくなる今日この頃

でも、世間が休んでいる時期こそ、

本質が露になるのが僕らの仕事だなぁ、

なんて事を、何となく再認識したりして

写真は、郷土三重県の出身、

戦火に散った大投手・沢村栄治さん。

ご利用者様世代には、周知の名選手です。

sawamura.jpg

昨日は「昭和の日」でしたね、

「天皇誕生日」〜「みどりの日」と変遷し、

「昭和の日」と制定されたのは平成17年。

本祝日を紐解いてみると、その趣旨は、

「復興を遂げた昭和の時代を顧み、

将来に思いをいたす。」となっています。

時代も状況もまるで違いますが、

「復興」に立ち向かう我々日本人。

人それぞれ思想はあれども、

今こそ古の先人たちが伝えた教訓を

読み解こうとする探究精神は、

決して無駄ではないのでしょう。

図らずも、例年以上に重みを感じる

「昭和の日」となりました。

 ヘルパーのカタチ 生搾り
第62回『茶談義チャチャチャ』の巻


<本編テーマ>
ご利用者の皆様にとって最もなじみ深い飲物、
それはもちろん「お茶」です。
そこで「お茶」をテーマにしたのですが、
ペットボトル世代の私たちは、「お茶」の
奥深さについてまだまだ無知すぎて…
反省の強く残った茶談義、熱いうちにどうぞ。


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、三浦真弥、
伊藤亜也子、木田健太、赤塚まゆみ、高瀬和良。


<してみてブックマーク>

今週のナビゲーター・伊藤亜也子

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

たきび流...ナマオケ!?

ショートステイのヒトコマより問題です!

まずは写真をご覧下さい。

さて、ご利用者の皆様は、

一体何をされているのでしょうか?

ヒントはスタッフの持つタンバリン。

namaoke.jpg

正解は…

カラオケの画面を見つめながら、

歌っていらっしゃる風景。

マイクもないし、そんなん分かるか!

というツッコミが聞こえて来そうですが…

実はこれ、新たな試みなのです。

ご利用者の皆様にとってカラオケは

大人気娯楽の一つなのですが、

従来通りの使用方法だけでは、

いささか工夫に欠ける感が否めません。

実際、歌われる方以外はただ聴くのみ…

なんて光景ももしばしばです

「これではアカンでぇ〜」

と考え、思いついたのがこの方法。

名付けて〝たきび流ナマオケ〟

ポイントは、伴奏音量をやや小さめにし、

スタッフがタンバリンでリズムを打つ。

そして、これが一番重要なのですが、

あえてマイクを一切使わないこと!

この方法だと、

歌があまりお好きでない方も参加しやすく、

機械的で味気ないカラオケの演奏が

皆様の「生きた歌」の伴奏へと早変わり!

小さなアイデアなのですが、

予想以上の反響でしたので紹介致しました

違いの分かる男になりたい!

突然ですが…

あなたは、ブラック派ですか?

それとも砂糖・ミルクを入れますか?

ご利用者様の中には、生粋の珈琲党!

という方がたくさんおみえになります。

そんな皆様はサービスご利用中にも、

お茶ではなく、珈琲をリクエストされ、

新聞や雑誌片手にカップをすすっては、

「ヴァ〜〜ッ」

と美味しそうな溜息をつかれるのです。

barisuta.jpg

ある方におうかがいすると、

「昔は、毎日喫茶店に通うのが日課でなぁ、

珈琲飲むと元気な頃を思い出すんや。」

と、しみじみ語って下さいました


スタッフにも珈琲党は実に多いため、

より一層の美味を求めて現在検討中なのが、

ネスカフェ製『バリスタ』(写真)の購入です。

プロの味を再現可能という触れ込みの本機、

「エスプレッソやカプチーノも自由自在、

これは最高の珈琲メーカーですよ!」

と激賞するのは、自宅で本機種愛用中の、

デイサービス・三浦真弥主任ですが…

皆様、『バリスタ』ご存知でしたか? 

◯◯より高い鯉のぼり♪

♪社旗よ〜り高い鯉の〜ぼ〜り♪

「子供の日」に向け、鯉のぼりの登場!

春風に悠然と泳ぐ姿が青空に映えます。

ところで、鯉のぼりを上げるご家庭が

年々少なくなってきましたよね。

今年は情勢を鑑みて自粛を考えましたが、

昨年、近隣の方がGWに帰省したお孫さんを

連れて見学にいらしたことを思い出し、

「やっぱり例年通りにしよう!」と決めました。

koinobori.jpg

たきびにあがる鯉のぼりが、誰かを通じて

新しいコミュニケーションに繋がるのなら、

それはとても嬉しく幸運な出来事ですし、

何より、一年中押し入れで過ごしている!?

〝鯉のぼり一家〟も本望だと思います

それにしても…

ご利用者様全てが見やすい様にと、

低めに設置した「たきびフラッグ」は、

完全に喰われていますよねぇ…

鯉のぼり一家、恐るべし

「ごっこ」こそ真剣たれ。

先週のこと。

松阪施設では消防避難訓練が行われました。

万が一への備えの意味と、防災意識啓発のため、

こうした訓練は定期的に行う事が大切です。

この日も松阪市消防署の皆様にご指導を頂き、

実践的シュミレーションに取り組みました。

syoubou2.jpg

たきび松阪施設は、本年3月1日に

ショートステイが増床したため、

より一層の危機管理が求められます。

建物全体の構造をしっかり踏まえ、

いざという時、我々はどのように動き、

ご利用者様を安全に誘導するのか…

訓練とは「ごっこ」です、だからこそ、

全員が真剣に取り組まなければ、

万が一に備えることは出来ません。

syoubou1.jpg

避難誘導経路や非常放送設備の使い方をはじめ、

救急への迅速な対応法など、新人スタッフたちに

きっちり知ってもらう好機会にもなりました。

「あってはならぬ」が「あるかも知れない」。

むしろ「ある前提」で考えて準備するから、

効果的な対応に繋がるのではないでしょうか。

一方その頃、ご利用者の皆様は…

syoubou_uta.jpg

防災訓練を窓越しにチラ見しながら、

「津軽海峡冬景色」を大合唱中!なのでした

【自転車奔走記 ♯44】介護保険Q&A編。

【ケアマネの自転車奔走記】

早速ですが、間違い探しです!
この写真、脳梗塞で起こる片麻痺について
説明する為にワタクシが描いた図ですが、
間違いがあります。さて、どこでしょう?
「字が汚い」とか「絵が下手」といった、
アラ探しはナシですヨ

0422.jpg

今日お伺いしていたご利用者様のお宅での一コマ。
この図で麻痺について説明をしていたら、ご家族様から
「間違ってる!」と一言…「えっっ!?」と一瞬絶句、
そして、頭をフル回転して自身の説明内容について
間違いを探しましたが、何が間違っているか分からない。
分からないままパニックになりかけた時、
「指の数が違う!」とお孫さん。
なるほど、指が4本に6本だ、、
絵心以前の性格的特徴を鋭く指摘!?
お孫さん!その通りです、今度はちゃんと描くからね

そんな〝逆ピカソ〟ことヒロモリがお送りしています
本連載、今週からは内容も新たに開講です!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先週お話ししました通り、今回から自己作成プランや
介護サービスの利用について、寄せられたご質問を元に、
Q&A形式でお話しをしていきます。
で、今週はこんなご質問から。

【質 問】
身体等の状態が急に変化し、介護が必要になった時、
すぐに介護保険サービスの利用はできるの?

これは、本当に多くご寄せいただくご質問。
では、まず質問内容を要約整理してから、
順に話を進めて参ります。

①要介護(要支援)認定を受ける前に、
 介護サービスを利用できるか?
②ケアマネが決まっていなくても、
 介護保険サービスを利用できるか?

①の回答はできる場合もある。
介護保険制度では、サービス利用ができるのは、
要介護もしくは要支援の認定を受けた方に限られます。
ですから、まず要介護(要支援)認定の申請を
お住まいの市町村(保険者)で行い介護認定を
受ける事が重要になります。
介護保険制度では要介護(要支援)認定を受ければ、
その効力は申請日にさかのぼって有効になります
では、例を使ってご説明しますね。

5月  1日 Aさんは、要介護(要支援)認定を申請。
530日 Aさんは、要介護1の認定を受ける。

といったケースがあったとします。
この場合、530日の認定日までは、Aさんは自分が
要介護なのかどうか判らない期間ですね。
で、その間は全く介護保険でのサービス利用が
出来ないかというと、そうではありません。
この例では、530日付けで要介護1の認定を受けた
ことになりますので申請日にさかのぼって有効」

つまりAさんは…
51日から要介護1の認定を受けたことになります。
したがって、51日の申請日以降にAさんが利用した
介護保険対象
のサービスについては、介護給付の対象
1割の自己負担分で利用可能)
となりますね。

よかった安心!と早合点は禁物ですよ。
確かに介護保険制度では要介護(要支援)認定の効力は
申請日に遡りますが、要介護(要支援)認定を受けない
状態(非該当・自立)の場合は、介護保険給付の対象と
ならないことに変わりはありません。

どういう事か??
もしAさんが530日に「非該当」と認定されたとします。
この場合、この非該当の認定も申請日に遡って有効に
なりますので、もしAさんが51日以降の申請期間中に
介護保険対象のサービスを利用していても、
保険給付の対象とはならず全額自己負担となります
また、介護度により給付が制限されるサービスもあり、
例えば、福祉用具貸与での特殊寝台貸与(介護ベッド)
については、原則要介護2以上の認定を受けた方が対象
となりますので、要介護2未満の認定を受けた方が、
申請期間中にこのサービスを利用して
いた場合、
保険給付が認められない場合があります。
ですので、
要介護認定申請中の介護サービス利用については、
ご利用者様の状態や必要な介護の内容を十分に見極め、
慎重に対処する必要がありますよね。

さらに、こんなケースもあります。
何らかの事情で要介護(要支援)認定の申請が間に合わず、
申請に先立って介護保険対象サービスを利用
したとします。
先程のお話しでは、介護給付の対象となるのは介護認定を
受けた場合に限られ、且つその効力は申請日に遡るとなって
いますので、この理屈で考えると、
申請日以前に介護保険対象
サービスを利用しても
保険給付の対象とはならないことになり
ますよね。
でも、そんなことはないんですね

介護保険制度では、
緊急止むを得ない理由により、要介護認定の申請前に
やむを得ず
サービスを利用した場合、費用はいったん
全額自己負担となりますが、
要介護認定を受けた後、
申請により費用の9割が保険給付として
払い戻される
ケースが認められています。 
この一旦全額を利用者様が支払い、後に保険給付対象として
9割が保険者から払い戻しされる事を「償還払い」呼びます。

「償還払い」のシステムは、
福祉用具購入や住宅改修
の際に使われるシステムで、
自己作成プランとも非常
に深い関係があります。

長文になって来たので、今週はここでおしまいです!
②の質問の回答と、「償還払い」については、
次週にさせて頂きますね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
季節もすっかり春!
自転車ブームも手伝ってか、
沢山のサイクリストを見かけるようになりました
今日、ピカピカに磨き上げられた自転車で、
暖かい日差しの中を、
春の景色を堪能するように
ペダルを漕いでいる
サイクリストを見かけました。
ライト、反射板、ヘルメット等の必要装備も
しっかり装着。
ただ惜しむらくは…

右側通行!!!!!!!
せっかくのサイクリストも交通違反では、
”ただの迷惑なご仁”でしかありません。

交通法規をしっかり守って、
楽しく自転車に乗りましょうね。
では、See you next sunday!ヒロモリでした。

踊れば変わる景色がある。

文壇の大御所、サミュエル・ジョンソンは

〝陽気こそ最上の健康法である〟と説きました。

先日のヒトコマ…

ご利用者の方々にはお馴染みとなっている

『ほほえみ太鼓』の皆様が御来設!

『ほほえみ太鼓』さんは三重県中勢地区を中心に

地道な活動をされているボランティアグループで、

福祉施設や地域のイベントで活躍中です。

この日、ホールは大狂乱!?

歌えや、踊れや、叫べや、笑えや

hohoemidaiko2.jpg

総務のスタッフまでもが、その輪に参加し、

アッという間の60分間でした。

あまりに強く手拍子をされたのでしょう、

終演後、ご利用者様の手のひらは真っ赤

これにはご自身もビックリされつつ、

「でも、たまには陽気にならなアカンな」。

『ほほえみ太鼓』の皆様、

いつも細かなご配慮、感謝致します。

ご利用者様たちは、早くも次回の

御来設を楽しみにされてみえますよ

 ヘルパーのカタチ 生搾り
第61回『たきびのアニキ、広瀬隆!』の巻。


<本編テーマ>
東海地区でラジオDJを中心に大活躍中の
ミュージシャン・広瀬隆さんをお迎えしての談論です。
広瀬さんとの出会いは遡る事10年前…
その後、公私含めてお付き合いさせて頂き、
今となってはたきびの良きアニキ的な存在です。
地上波ラジオでは、なかなか触れられない
広瀬さんの一面と、番組の最後に語って下さった、
「福祉従事者へのメッセージ」は必聴です!


<今週のメンバー>

広瀬隆さん(ミュージシャン・ラジオDJ)
大西敬子さん(タレント)
赤塚浩文、内田英希、高瀬和良。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

額縁を突き破れ!

かつて、

ご利用下さっていた方のご家族様より、

とっても素敵な絵画のご寄贈を頂きました。

ご覧下さい!この驚きの大きさを…

写真ではお伝えし切れないのですが、

近くで鑑賞すると、想像以上の迫力です

kuwanasan_e.jpg

通常であれば、この様なお心遣いは

丁重にお断りするのが慣例なのですが、

今回は、ご家族の強いご要望を尊重し、

有り難く頂戴した上、松阪施設のロビーに

飾らせて頂く運びとなりました。

現在・過去・未来。

全てのご利用者様とご家族様の

お気持ちを糧に、この絵の花たち同様、

大きく咲く「たきび」を目指し続けます! 

弱肉強食!?

 たきびの『青春のエスペランサ』こと、

木田くんは髪の毛切りたてホヤホヤ。

身長185㎝体重65kgの小顔イケメンが、

さらに凛々しく爽やかになりました。

仕事をバリバリこなしながらも、

口調優しく、物腰穏やかな木田くん

いつも女性スタッフ達の注目の的。

今日もん?んん?

何か気配を感じるような…

誰かがこちらを見ているような…

あっっっ

木田くん!左!左!

kidakun.jpg

この妖艶!?な視線の主…誰かと思えば

たきびの『肝っ玉ねえちゃん』こと、

総務の亀田さんじゃぁあーりませんか!

でもねぇ、

あなた2児の母ですから!残念!

事務所、昨日のヒトコマでした

尚、木田くんへのファンレターは、

亀田さんの目を盗んでお渡し下さい。

『タキビ座』と『コタキビ座』。

たきび松阪施設では…時々、

80インチ大型スクリーンとプロジェクターを使い、

「タキビ座」なる映画上映会を行っています。

そのために、映画からドラマまで

たくさんのタイトルを準備してあるのですが…

正直なところ、準備が大掛かりな「たきび座」は、

そうそう頻繁には実施出来ないのが現状です。

そこで 

せっかく沢山ある、それらの作品群を、

「タキビ座」以外にも有効活用しようと、

日課の空き時間等に、急遽リクエストを募り、

テレビでの即席上映会を実施する場合があります。

名付けて「コタキビ座」!

この日は久々に「コタキビ座」の登場、

皆様が熱心に鑑賞されているのは…

hissatsu.jpg

ご存知、大人気ドラマ「必殺!仕事人」。

その普遍的なテーマや勧善懲悪の内容は、

どの世代のご利用者様にも好評で、

いつも賑やかなホールが、この時ばかりは

見事なまでに静まりかえります。

主演の名優、故・藤田まことさんは、

皆様にとってのヒーローなんですね

画面を凝視される皆様の横顔を拝見しながら、

「時代を超えて、愛され続けるこんな作品」

私たちの世代だと例えば何があるかなぁ…

なんて真剣に考え込んでしまいました。

森松シェフ!出番です。

いきなりですが、

ラジオ体操の歌に合わせて、ご一緒に!

♪あた〜らし〜い週が来た

きぼ〜うの週だ♪

…、……、、

ゔぅん、失礼いたしました…

気を取り直して

先日の松阪施設ランチを紹介します!

この日は、鮮やかな桜色を中心添えて、

季節感を多彩に散りばめた「春爛漫膳」。

厨房チーム「がっつ」入魂の力作を前に、

ご利用者の皆様が、珍しく迷い箸を

繰り返されてみえたのが印象的でしたが…

こりゃ確かに目移りしますねぇ

さぁ、気になるそのメニューは、

IMG_2035.jpgのサムネール画像

●桜寿司

●和風カルパッチョ

●筍と豚肉の煮物

●明日葉とマッシュルームのツナ和え

●にら玉すまし汁

●桜餅

●シェフの愛情(大盛)

ご利用者様には「ちょっと量多すぎ?」という

心配も杞憂に終わり、完食の連続となりました

さて、ブログをご覧のみなさま…

4月も折り返し地点を過ぎました。

たくさん食べて、体と心にパワーを蓄えたら、

今週も元気ハツラツで参りましょう

【ケアマネの自転車奔走記】

唐突ですが、先日、家族から腕時計をもらいました。
腕時計と言えば、ワタクシ腕時計しない歴ン十年の

筋金入り鉄筋コンクリート級とも呼ぶべき
「反腕時計イスト」です。
重い、付け外しが面倒、時間に縛られる気がする、
等々の〝こじつけ〟から腕時計を持たずに暮らし、
今に至るまで、さして支障も感じていませんし…
それはそうと、腕時計といえば思い出すのが、
昔、友人に教えてもらった、こんな心理テストです。

Q1・腕時計はする?しない?
Q2・する人、しない人、それぞれの理由は?
Q3・好きな腕時計はどんなタイプ?

で、何の心理テストかと言うと、ズバリ!
“あなたの異性(恋人)観テスト”だそうです。
腕時計は、アナタにとっての異性を象徴し、
各質問は、異性や恋人に対するアナタの考えを現す…
と、友人は得意げに言っていました。

因みに、ワタクシの答えは、
Q1しない。
Q2・重い
Q3・強いて言えば、頑丈で簡単に壊れない事。

その答えを聞いて、友人が
「最悪」と呟いたのは言うまでもありません。

人生の乾燥肌はもはや修復不可能か!?
ヒロモリがお送りします【初めての介護保険】
ここらで今週も開講です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週のお話しは、
「利用者自己作成プラン」についてです。
といっても、具体的なお話しは次週以降
という事にして、今週は、自己作成プランについて
ワタクシが考えている事をお話ししますね。

おさらいになりますが、
①介護保険制度での保険給付は「現物給付」のシステム。
 保険事故(要介護・要支援認定を受ける)が発生した
 場合に、介護サービスを利用し、
その要した費用に
 対して保険給付(9割)が支給される。

②介護保険制度の基本理念は「利用者本位」。
 ご利用者様が主体となって、介護サービスを活用し、
 ご自身が思い描く生活を実現していく事。

③ケアプラン=介護計画は、その思いを実現する為に
 作成する、介護(生活)の計画書。ご
利用される
 サービスの種類や費用、目標や期間が記載されている。

といった事を今回までお話ししてきました。
これら①・②・③に共通する考え方は、

ご利用者様が主人公!という事です。

ケアマネの役割を称して、「介護保険制度の“扇の要”」
といった表現がされています。
現状では、確かにその通りと思う事もあります。
ですが、~要介護・要支援の認定を受ける事、
    ~介護サービスを利用したいと思う事、
    ~介護サービスが必要になると言う事、
    ~「こんな風に暮らしたい」と願う事、
    ~どんな介護を利用したいか、どんな支援を
     受けたいかを希望する事、
    ~自分の思いを関わりの中で実現していく事、

等々、これらすべての主体・出発点がご本人様である以上、
“扇の要”はご利用者様本人で、ケアマネの役割は、
あくまでご利用者さんの
「代弁者」として、
“要”であるご利用者様
を支える事です。
その中で、もっとご利用者様の声を届けたい、
もっとご本人様の思いを伝えたいと思う事が多々あります。
だからこそ、ご自身がご自身の言葉で生活(介護)を
コーディネートする利用者自己
作成プランを、
もっと多くの方々が実際に行える
ようになるよう
声を上げる事も、ケアマネの
重要な役割と考えています。

介護保険制度は良くできた、いい制度です。
ただ、細かな決まり事や難しい事柄が多く、
“ややこしい”、“難しい”といった印象を感じている方が
多いことも事実。
だからこそ、もっと多くの方々に、
介護保険を身近に感じていただき、知っていただき、
そして、もっともっと
多くの方がご自身の思いを
“ケアプラン”で表現してほしい!
と願っているヒロモリです。

ところで、
「自己作成プランって、実際どうするの?」
「例えばこんな場合は、介護サービスは使えるの?」
等々、色々なご質問を頂いています。
次週からは、自己作成プランについてQ&A方式で
もう少し具体的なお話しをしていきますね
請うご期待!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そろそろ桜も終わりの時期です。
先日、市内にある桜の名所付近を通ったら、
一面のピンク色の中に、ちらほらと緑色が混じる
ようになってきていました。
風に舞う桜吹雪の中を走り抜ける自転車!
カッコイイですねぇ、乗り手がワタクシじゃなければ

では、また来週、
See You Next Week!ヒロモリでした。

【定例勉強会】『たきびスタッフの鉄則』

先日、定例勉強会(月2回)が開催されました。

今回のテーマは『たきびスタッフの鉄則』。

ケアステーションたきびには創業当初から、

「たきびの鉄則」というスタッフ心得集があり、

本勉強会は、その内容を改めて全員で

認識し合おう!というのが目的です。

ある者は「慢心」に気付き、

ある者は「初心」に戻り、

ある者は「向上心」に触れる。

takibimanyuaru_benkyoukai.jpg

この様な機会を定期的に催す事は、

新人だけでなく既存スタッフにとっても有効で、

今や私たちの伝統にもなっています。

業務上での共通認識や、現場での判断基準を、

社会的な側面から考察する習慣を付ける。

「たきびの鉄則」とは、決して業務マニュアル

ではありません(それは別の勉強会で実施中)。

何を今さら…なセリフですが、

私たちは介護士や看護士である以前に、

責任を持った一社会人であるはずです。

ヘルパーのカタチ 生搾り
第60回『5月病とは言うけれど』の巻


<本編テーマ>
「選んだ職業を全うし、選んだ職場で末永く勤める。」
一見当たり前のようですが、それを実践するには
人それぞれの努力や工夫が存在しているものです。
また時期的に、4月新就職の方々にとっては、
心身ともに疲労が表層化する頃ではないでしょうか?
どんな風に自分を、心をコントロールするか…
今週はそんな事についての談論を配信致します。


<今週のメンバー>

赤塚浩文、内田英希、三浦真弥、
伊藤亜也子、木田健太。


<してみてブックマーク>

今週のナビゲーター・木田健太

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

ババンバ♪バンバンバン♪

介護施設のお風呂は、大別して2種類あります。

介助があればご自身で入浴可能な方の一般浴槽と、

自力での入浴が困難な方向けの特殊浴槽です。

写真はショートステイ用浴場の特殊浴槽。

1日平均約15〜20名のショートステイの

ご利用者の方が入浴されており、当然ながら

要介護度の高い方々が、その対象となります。

福祉機器・器具の発展は日進月歩で、

今や一般浴槽と変わらぬ快適さで

お風呂を満喫できるまでにになっています。

tokuyoku.jpg

でも、

皆様の入浴介助をさせて頂きながら、

いつも感じる事があります。

いくら機能的な快適さが確保されたとしても、

ご利用者の皆様にとって「これが一番!」

とは、決してならないのではないかと…。

介護には〝身体的な援助〟とともに

〝生活共感〟という大きな課題があり、

介護に従事する私たちにとって、

この〝生活共感〟を定型化させない為の

思考・行動努力は不可欠だといえます。

が、それを自分に問いかけてみると、

まだまだ出来ていない事のなんと多い事か…

反省、反省、また反省です。

たきびジェンガ。

今週は全国的に風が激しい模様。

気持ち的には「すっかり春」なのですが、

まだまだ肌寒い日も多いですよね。

この時期は、感覚温度と実際温度の落差から

体調不良に陥りやすいそうですので、

あらためて健康管理にご配慮下さい

また新入学・新就職の方々は、

精神的にも疲労が溜る頃なのでは?

日頃からの健康管理とともに、

「心を制動」する術も身につけて下さいね。

たまには目一杯遊んだりしながら…

お手玉に花が刺さっている!

んん〜、なんじゃコレ?

hanabatake.jpg

これ、たきびオリジナルのゲームなのです。

ご利用者の皆様に好評なこのゲームのルールは

「花を倒さないように、できるだけ多くの

お手玉をゲットする」というシンプルさ。

タカラトミー社から発売されている、

人気ゲーム〝ジェンガ〟にヒントを得て、

思案した結果、この形式になりました。

ソーっとお手玉を取るのが醍醐味ですが、

実は…

崩れた花やお手玉を、何度も組上げる動作にこそ、

手先のリハビリ効果を狙っているのです

SAKURAの天命。

いよいよ本日からプロ野球が開幕します。

二転三転、すったもんだの末の決着でしたが、

いざ始まるとなると、ファンのみならず

世間の注目を集めている現状から、

図らずもプロ野球が、如何に日本人の生活に

浸透した文化であるかを再認識します。

セリーグの「巨人×ヤクルト」は震災による

延期の関係上、宇部市での開幕となります。

巨人軍の長い歴史の中でも地方球場での

開幕は初で、これは特筆すべき現象です。

日本中がスクランブルで東日本に風を!

そんな精神を象徴する様な、この偶然に、

天運を感じるのは穿ち過ぎでしょうか?

さてさて、、まぁ写真をご覧下さい

たきび近くで昨日撮影したものなのですが、

sakura1.jpg

ハァ〜…なんと可憐なことでしょうか…

先週末の雨にも負けず、まさに満開の桜。

デイサービスの送迎時、あまりの鮮やかさに

思わず路肩に停車して乗り合わせた

ご利用者の方々と、予想外のささやかな

「お花見」を楽しんでしまいました。 

「しんぼる」を掲げろ!

先週金曜の夕刻、待望の「社旗」が完成し、

主を待ちわびたポールへと掲げられました!

当日は曇天模様だったので、写真はイマイチ

ですが、雰囲気は伝わります…でしょうか?

スタッフみんなで考えたデザインが、

風に颯爽と棚引きはじめた瞬間は、

今まで名前のなかった我々の信念に、

名前がついた様で、嬉しくて嬉しくて、

それはそれは至福の瞬間でした。

syaki_1.jpg

『向かい風にも、誇り高く応える』

木をくべなければ消えてしまう焚火の炎。

その火を守る為、スタッフ一同一心不乱で、

甘えず、サボらず、怠らず、出来る事から

コツコツと、取り組んで参る所存です!

最後になりましたが…

情勢を鑑みて「半旗」にするべきではないか?

という提案を多くのスタッフから受けました。

しかし、結果的にその方法は選んでおりません。

それは今後、たきびが取るべきスタンスを

熟考した結果である事を加えさせて頂きます。

 【ケアマネの自転車奔走記】

めっきり暖かくなり、サクラが見事な時期ですね。
ところで、プロ野球が412日に開幕を控え、
スポーツシーズンの本格的到来といった感がありますが、
自転車競技の世界でも、3月~4月後半にかけては、
“クラッシックレース”が世界各地で開催されます。
自転車レースと言うと、何といっても有名なのは、
「ツール・ド・フランス」でしょう。
美しいフランスの田園風景や、急峻なアルプス山脈を
幾台もの自転車が駆け抜ける光景は、自転車競技の持つ
「美しさ」と「激しさ」を観る者に堪能させます。

ところで、今回ご紹介するレースは、
春のクラッシックのハイライト「パリ~ルーベ」。
1896年に始まった、フランスのパリからルーベまでの
260㎞を疾走するレースで、またの名を
「クラッシックの女王」と呼ばれる格式高いレース。
このレースの特徴は、「パヴェ」という石畳の区間。
石畳と言っても、未舗装で、握りこぶし大の石が
敷き詰められ、風雨や年月によって浸食され、
泥が詰まり、一般人が自転車で走れば、
すぐにハンドルを取られてこけてしまうような“悪路”。
毎年、落車による怪我が必ずと言っていいほど発生。
加えて、晴れたら晴れたで、埃がもうもうと立ちこめ
雨が降れば、タイヤの巻き上げる泥で選手は泥だらけ、
雪でも降ろうものなら、泥に加えて寒さのダブルパンチ。
自転車レースで最強の過酷さを誇る事から、
「北の地獄」という恐ろしい別名もあります。
ちょうど、本日410日が開催日!
興味のある方は、一度お調べになられては?

レースは観戦するもの、「参加しない事に意義がある」と、
独りごちるヒロモリのオススメスポーツ情報でした

 さて、今週も元気に開講です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今週は、先週までの内容をおさらいして、
給付管理の巻「最終章」となります。
先ずは、色々出てきた用語のおさらいです。

給付管理とは?
個別に作成されるケアプランの内容に従って利用・提供
された介護保険サービス利用実績を集計し、実績内容を
確認、修正してサービス費用総額を算出。
その内容に応じて保険給付対象額を決定し、
審査支払機関へ介護給付費請求書を提出する一連の手続き。

ケアプラン(居宅・施設サービス計画)とは?
介護保険サービスとご利用者さんを結び付け、
ご利用者様が主人公となって介護サービスを利用しながら
自身の思いを実現する為の方法や手順、期日、費用等を
記載した介護保険サービス利用の大元となる帳票の事。

サービス利用票・別表とは?
ケアプランの内容をより具体的に記載した帳票。
①サービス利用票は、利用するサービスの種類、サービス
 を提供する事業者の名称、サービスの利用時間や回数を
 カレンダー形式で表示したものです。
②サービス利用票別表は、サービス利用票に記載された
 利用する各サービスの単価と月の費用総額、保険給付額
 と自己負担額等の情報を表形式で表示したものです。

審査支払い機関とは?
 保険給付について、その給付内容が適正かどうかを
 審査し、支払いを決定する機関。
 各都道府県の国民健康保険連合会(国保連)が業務担当。

給付管理票とは?
 保険給付審査の大元となる帳票で、ご利用者様個別の
 サービス利用実績明細書のようなもの。
 その月に利用した全ての介護保険対象サービスの種類、
 提供した事業所の名称、事業所ごとの利用金額と、
 ご利用者様のお名前、生年月日、介護保険被保険者番号、
 給付管理票を作成した機関の名称が記載されています。

介護給付費明細書とは?
 介護サービスを提供した各事業所が、ご利用者様毎に
 それぞれのサービス提供実績に応じた保険請求対象の
 費用を算出し、記載した帳票です。
 

続いて、具体的な給付管理の方法についてのおさらいです。

給付管理のスケジュールは?
例:H233月に利用したサービスの保険請求をする場合。
 ①2月末まで
  当該月のサービス利用票・別表を作成し、
  利用者様の同意を得て利用者へ配付。
  同時に提供予定の事業者サービス提供票・別表を配付。
 ②月初め   
  3月のサービス実績管理の開始。
 ③月末   
  3月のサービス実績管理の終了。
 ④翌月10日まで(41日~10日までの間)
  (1)2月に個々のサービス事業者が提供した
      サービスの実績を確認し集計します。
  (2)最終的に集計されたサービス実績に基づき、
      ●ケアマネは「給付管理票」を作成。
      ●サービス事業所は「介護給付費明細書」を作成。
  (3)ケアマネ、各事業所ごとに、上記2帳票を市町村
      または国民健康保険団体連合会へ提出。 
    ⑤410日の請求〆切りから5月の末頃まで
   受け付けた保険請求に関する①②の内容を精査。
   請求の内容を審査し、保険給付額を決定。
   決定された保険給付費の支払い。

審査支払いのシステムは?
 それぞれ提出された給付管理票と給付費明細書を見比べ、
 給付管理票に記載された内容に応じて、各サービス
 事業所が請求した給付費明細書の内容を増減し
 支払いをします。給付管理票に記載された以上の
 金額の保険給付支払いが行われないようにして、
 適切な保険給付の支払いを行います。

以上、箇条書きで今までの内容をまとめました。
給付管理とは、とにもかくにも、
公正かつ適法・適切な保険給付を遅滞なく行う!為に行う
重要な事務手続きという事を御理解下さると幸いです。

ところで、お話ししてきた給付管理の手続きや方法は、
主にケアマネがケアプランを作成した場合のお話です。

ん…?

と疑問符が浮かんでは消えている方も多いと思います。
今まで度々触れてきましたが、
ケアプランはケアマネだけが作る物ではありません。
要介護・要支援者であるご本人が作成する事も可能です。
現に、自己作成のケアプランで介護サービスを利用されて
生活されている方も多数いらっしゃいます。
通称「利用者自己作成プラン」と言いますが、
この場合の保険給付費の請求システム(給付管理)
は少々違った方法となります。

次回からは、その利用者自己作成プランについて
お話しを進めていきますね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここ数年の事ですが…
ワタクシ“甘党”になりました。
最初は恥ずかしくて、なかなか人に言えない
ヒミツの嗜好でしたが、最近は開き直って
毎日毎晩、晩酌ではなく“夜の甘味”を楽しんでいます。
帰宅して、深夜のニュースを見ながら独り食す桜餅は、
わびしさと愉悦が複雑に混じり合った正に禁断の味。

「背に腹は」ではなく「餡に腹はかえられねぇ!」
などと、筋の通らぬ理論を展開しつつ、かくして、
ドカベン腹をせっせと拵えているヒロモリなのでした。

See you next sunday! 

たくましく、健やかに。

三重県中勢地区では、昨夜からの雨で、

せっかく満開だった桜が散りはじめており、

何とも心残りな週末を迎えています

今年は各地で花見の自粛要請が相次ぐなど、

東日本大震災の影響が大きく影を落としていますが、

一方で、忘れてなならないのは、

被災地の方々からは「経済を停滞させてはいけない!」

「西日本は東日本の分も積極的に活動して欲しい!」

という声が挙がり始めているという事実。

全方位からの声に、しっかりと耳を傾けた上で、

個人やチームが「応援消費」へと目を向ける…

今、そんな姿勢が求められている気がします。


さて、話はガラリと変わりまして…

たきび松阪施設1Fロビーには、来月5月5日の、

端午の節句に向けて、五月人形を飾ってあります。

少し早すぎるのでは!?

IMG_1987.jpg

その通りなのです、が、しかし!

ショートステイのご利用者様の中には、

1ヶ月に1回しかご利用のない方々も沢山おられ、

より多くの皆様方にご覧頂く為には、

この時期からの展示開始がベストなのです。

みなさま、お近くまでお越しの際は、

ぜひともお立ち寄り、ご鑑賞下さいませ

ヘルパーのカタチ 生搾り
第59回『喜怒哀楽の怒』の巻


<本編テーマ>
今週は、限りなく雑談に近い内容で…
メンバー各々が「アッタマにくる時」
「怒りたくなる時」についての談論です。
日常生活の中で、思わずツッコミたくなる
許せない光景…皆様もありませんか?


<今週のメンバー>

赤塚浩文、内田英希、三浦真弥、
伊藤亜也子、木田健太、高瀬和良。


<してみてブックマーク>

今週のナビゲーター・高瀬和良。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

新種のサクラ、サク!

ショートステイでのヒトコマ…

皆様が興じて見えるのは、桜の貼り絵です。

三重県各地で咲き誇る桜は、今まさにピーク。

でも、残念ながらご利用者様の中には、

様々な事情から、お花見には出向けない、

という方がたくさんおられます。

ならばと、スタッフが考えたのが

この「たきび桜」の創作です。

sakura.jpg

鮮やかな桃色の折紙を千切りながら、

お互いの若い頃の話で盛り上がる皆様。

ふと、気がつけば…

貼り絵の桜も会話も、花咲いて満開

今週末より4月いっぱいの期間、

たきび松阪施設・新館2Fにて、

完成品を展示致しますので、ぜひ

「たきび桜のお花見」にいらして下さいませ。

お酒はありませんが… 

その後に残る何か。

先日のデイサービスには、音楽ボランティアグループ

「かのん」様が、約3ヶ月ぶりに登場です!

地元三重の中勢地区を中心に、精力的な活動を

広げている同グループの特徴は、なんと言っても

お馴染みの曲に組み込まれた〝リトミック〟要素。

kanonsama2.jpg

お馴染みの曲と言っても、毎回違う歌を

季節に応じて披露してくださるため、

ありがちなマンネリ感が全くなく、観る者や

聴く者に、いつも新鮮な印象を与えてくれます。

介護業界には、音楽のもつ効果を利用して、

対象者の、機能の維持や改善(ADL、IADL)、

ひいては、生活の質(QOL)の向上を狙う

『音楽療法』という方法論があります。

「かのん」様のご利用者様に対するアプローチは、

まさに『音楽療法』のそれと一致しており、

楽しむだけではなく、「その後に残る何か」を

感じさせてくれるのが嬉しいところなのです。

kanionsama1.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しています。

この日もご利用者の皆様は、身体に心に、

心地よい汗を滲ませながら、最後まで大盛況

演奏に合わせて唄ったり、身体を動かしたりで、

予想以上に喉が乾いたのだと思います…

上演後には、声を枯らしながら「お茶」を

すすられる皆様の姿が続出と相成りました。


花を愛する人。

『花を愛する人は、心明るき人。』

本社の花壇、施設内の鉢植えや生け花…

たきびにも沢山の花があります。

その花達に水をやるスタッフは誰なのか?

何を隠そう!?担当や決まりは一切ナシ、

気がついたスタッフが空いた時間に、

機転を利かせて、世話をしてくれます。

ちゃんと水をやれば誇らしく咲き、

怠れば悲しい程にグッタリ枯れる、

花とは、実に正直なものですね。

「笑えば咲く、愚痴れば枯れる」

人間も同じかも知れませんね…

では、ここらへんで…

月頭恒例、デイ三浦主任の入魂の一筆!

 IMG_2158.jpg

  

   【April】ローマ神話のヴィーナス「Aprilis」から。

   【異称】卯月とは、卯の花が咲く「うの花月」から

       という説や、稲の苗を植える「植え月」の

       略という説がある。 

       卯の花は初夏の頃、白い五弁の花をつける。

   【青果】竹の子、ふき、えんどう。

   【旬魚】にしん、あじ、たい、あさり。

   【月石】ダイヤモンド。

   【月花】カスミソウ、ミヤコワスレ。

   【月草】桜、わすれな草、かいどう、ヒヤシンス、

       もくれん、チューリップ。

   【挨拶】春暖、陽春、春日、春眠、温暖、朧月等。

チューリップにヒヤシンス、赤、紫、白、黄色。

カラフルな季節になりましたね。

新人さん♥いらっしゃい!

生活が一新するスタートウィーク。

この時期、全国各地様々な職場で、多くの

新人さんがデビューすることでしょう。

良き上司や同僚と出会える事は、

社会に出てこそ得られる大きな喜びです。

まずは、がむしゃらにぶつかって下さい、

あとは心配しなくても、先輩たちが、

厳しくも愛情をもって導いてくれるはず

皆様の健闘を祈っています!

syuugousyasin.jpg

少し視点を変えまして…

新入社員の存在は、既存スタッフにとっても

とても貴重で、とても胸躍るものです。

それは、新人スタッフの成長過程にこそ、

そのチームの本質的な課題(長所・短所)が

潜んでいるからではないでしょうか?

後輩の振る舞いに目を凝らしてみると、

そこには沢山のヒントが転がっているのです。

「後輩」とは、常に「先輩」の鏡、

指導するとは、自らの未熟と向き合う事。

仕事に慣れすぎて目的を失いそうな時、

我々を正しく導いてくれるのも、

また、不器用ながらでも精一杯取り組む

後輩たちの必死な背中なのです。

【ケアマネの自転車奔走記】

 ♪April come she will 
   When streams are ripe and swelled with rain
   May she will stay
   Resting in my arms again

My4月ソング、S&GのApril Come She Will』で
始まりました
今週の自転車奔走記。
ところで、先週の冒頭で、ルーズなワタクシの腹の段数を
「ドカベンの背番号」と謎かけしました。
勿論、正解は山田太郎の「2」ですが、
先日、その記事を見てくれていた知人に、
「香川の背番号て何番やったっけ?」と質問されました。
早速インターネットで調べたら、見出しには23や10の数字…
アレっ?何か変だぞ?

よくよく読んでみると…
ほとんどが
サッカーの日本代表・香川真司選手の記事でした。
昭和40年代生まれ、幼少から野球に慣れ親しんで育ってきた
ワタクシと知人にとって「香川」と言えば、当然の如く、
浪商で甲子園を沸かせ、南海ホークスに入団した、
通称・ドカベンこと、野球の「香川伸行選手」なの
です。
予期せぬ形で、しみじみと時代の移ろいを感じた一瞬…
せいぜい、腹だけはドカベンにならぬ様に心がけます
ちなみに、香川伸行選手の背番号も「2」でした。

さぁ、気を取り直して、開講です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今週のお話しは、介護給付費の審査支払いシステムの
パート2となりますが、例によっておさらいを少々。

介護保険での保険給付費の請求は、毎月10日までに前月分の
保険請求申請を、各都道府県の
国保連に提出します。
国保連は、サービス事業所から送れられてきた給付管理票や
介護給付費請求書等々の保険給付請求
関係の帳票を使って、
支払い請求を受けた介護給付費
に間違いがないか?
適切な請求額か?等の審査
(過誤の審査)を行い、
審査結果に応じて保険給付の
支払い手続きを行います。

で、今週はその過誤審査のシステム(方法)についてです。

先週も触れましたが、審査の際に重要な役割を果たすのが、
①給付管理票
②介護給付費明細書

以上2つの帳票です。
では、どのように
審査がなされているのか?
これら2つの帳票の違いを考えると判りやすいと思います。
これらの帳票をそれぞれ
作成した側から整理すると、
介護保険給付費の請求に際して、
●給付管理票はご利用者さんの側で作成され提出される帳票。
●介護給付費明細書は事業者側で作成されて提出される帳票
と言い換える事ができます。
さて、「はじめての介護保険」で何度も触れてきましたが、
介護保険制度での主役
は、介護サービスを利用して
ご自身の思いを
実現していく「ご利用者様」ですね。
ですから、この介護給付費審査においても当然ながら主役は、
「ご利用者様」=「給付管理票」
となる訳で、提出された給付管理票に記載されている
内容をもとに、保険給付費の審査が行われることになります。

では、具体的に見ていきますね。
平成233月にカガワさんが利用した介護サービスは、
A事業所の訪問介護1000単位分と仮定します。
この利用実績をもとに作成される給付管理表の内容は、
(保険給付対象月)平成233月分
(保険対象者氏名)カガワ
(利用サービス種)訪問介護A事業所→1000単位
となり、この内容の帳票を国保連に提出します。
次は、介護給付費明細書です。
A事業所が
国保連に提出する介護給付費明細書記載の内容は、
(保険請求事業者)A事業所
(利用サービス種)訪問介護
(介護保険指定番号)11111111
(利用サービス内容)1000単位
となります。

国保連は、提出された2つの帳票を見比べます。
給付管理票が1000単位、給付費明細書が1000単位、
Bingo!となって、3月の介護保険利用については、
1000単位相当の介護給付費が支給されることになります。
ここまでは、問題ありませんね。
では、A事業所が実績のカウントを間違えて、
「平成233月分にカガワさんに提供した
 訪問介護サービスの実績は1200単位です。」
 と国保連に介護給付費明細書で提出したとします。
カガワさん側は当然そんな事情は知らず、
1000単位
の給付管理票を作成して提出します。
さて、国保連はどうするか?
給付管理票1000単位給付費明細書1200単位
「う~ん困った、、どうしよう?」とはなりません

思い出して下さいね。
国保連は、給付管理票に記載された内容をもとに審査をします。
審査の結果、A事業所が請求している1200単位の内、
1000単位は、給付管理票に記載されている単位数と
合致しているので、支払いを認めます
ですが、それ以上の200単位分の保険給付支払いは
認めません!却下します!

となります。さすが国保連!

そして、以下の決定がなされます。
①1000単位→適合。保険給付としての支払いOK。
②200単位→不適合。保険請求棄却。支払い不可。
そして、これらの審査結果を、給付管理票、給付費請求書
を作成した事業所や機関に通知します。
これら、給付管理票と給付費明細書を見比べる事を、
専門用語で「突合(トツゴウ)」と言います。
この突き合わせ作業が、介護給付費請求の審査支払いに
おけるメインの作業となります。

つ・ま・り…
基本的に、審査支払いの過程で、給付管理票に記載された
保険請求額以上の給付費の支払いは行われないシステムに
なっている事がご理解いただけましたでしょうか?

もちろん、
ヒューマンエラーを根絶する
事は
人類が存在する以上は
不可能ですので、誤りがあった場合は事実に応じて
訂正・修正可能なシステムになっています。

いつも、いつもですが、ちょっと長くなりすぎましたね。
今週はここまでとして、来週もう一度内容を整理して、
簡単な「まとめ」をしますね!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4月になりました。
入学や異動などのスタート地点です。
ところで「はじまり」って、楽しいですね。
「終わり」は1回で十分ですが、
「はじまり」は何度あってもワクワクします。

START AGAIN!

どんな時も、その気持ちを忘れずに走り続けたいですね。
勿論、自転車で今年度も宜しくお願い致します。
See you next sunday! ヒロモリでした。 

クロスカウンター、一閃!

ご存知の通り、東日本大震災は、

各分野に甚大な被害もたらしています。

新卒学生の方たちも例外ではなく、

震災の影響で、「新就職内定」が

取り消しになるという皮肉な現象が、

東京都を中心に続出しているそうです。

120名以上が既にその苦境に立たされており、

今後も同様のケースや、入社見送りという

ケースが、多数表面化するものと思われます。

各地・各方面・各分野で、2次被害3次被害が

ますます拡大するであろう事を考えると、

改めて、事態の深刻さを痛感します。

ケアステーションたきびには、創業当時から、

事務所でご利用者様とスタッフたちの

健康と安全を、日々見守ってくれる、

「ある漫画主人公のブロンズ像」があります。

それが、↓↓これです↓↓

joe.jpg

そう、「あしたのジョー」の主人公・矢吹丈の

限定生産のブロンズ像なんです!

創業当初、ある男性スタッフがこれを買って、

事務所に持ち帰った際は、女性スタッフたちに

「キモイ」「コワイ」「置かないで!」等と

罵詈雑言の嵐を浴びせられていたものです

それが、いつの間にやらお守り的役割…

今では、みんなに可愛がられるヤツです。

現在は、本社事務所から松阪施設玄関に

場所を変えて、まだまだ未熟なたきびを

しっかりと見守ってくれています。

御来設の際は、ぜひナデナデしてみて下さい、

きっとご利益があると思いますよ

幾重のピンチに何度も這い上がったジョー。

今こそ彼のような魂が必要な時、

逆境にクロスカウンター!!

 ヘルパーのカタチ 生搾り
第58回『アイデアが呼んでいる』の巻


<本編テーマ>
東日本大震災から3週間。
被災された方々はもちろん、日本全体が逆境に立つ今、
国の有効な施策とともに、求められるているのが
各方面からの具体的なアイデアではないでしょうか?
今まさに、そんな時期にさしかかっている気がします。

今週は「この時期だからみえる新アイデア」について、
介護の現場スタッフ視点から談論しています。
皆様のアイデアもぜひお聞かせ願えると嬉しいな…


<今週のメンバー>

赤塚浩文、三浦真弥、伊藤亜也子、木田健太。


<してみてブックマーク>

今週のナビゲーター・三浦真弥

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

アーカイブ

月別 アーカイブ