ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > ある歌の詞に。

ある歌の詞に。

「東北地方太平洋沖地震」発生から一週間。

施設でご自宅で、たきびのご利用者様方も

一様に、被災地の状況を気にかけておられます。

松阪施設内では通常、活発な会話の促進や

空間演出を狙って、極力テレビはつけないのですが、

この一週間は真逆で、ほぼ消す事がありません。

食事中も、談話中も、レクビリ中も、

何をされている時でも、新しい情報が入るたび、

手や口を止めては、画面に見入って

ホッとしたり、ため息をこぼしたり…

かつて、戦争や幾重の災害を経験されている

皆様だからこそ、今回の悲劇に対して

より特別な思いを、抱かれるのかも知れませんね。

ヘルパーをご利用の方々もご自宅で、

やはり同じ様な心持ちの中、過ごされてみえます。

shinbun.jpg

歌手で俳優の中村雅俊さんは、今回の災害で

壊滅状態に陥っている、宮城県女川町の出身です。

中村雅俊さんの1974年のナンバーに

『ふれあい』という曲があります。

もし、時間が許せば一度聴いてみて下さい。

この曲の歌詞は、どんなニュースキャスターの

言葉よりも、被災者の方々の〝今の声〟を

代弁している気がしてなりません。

YouTubeで検索するとヒットしますよ…

アーカイブ

月別 アーカイブ