ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 「芭蕉」の弟子が見たものは...

「芭蕉」の弟子が見たものは...

『梅一輪 一輪ほどの あたたかさ』

と詠んだのは、三重に所縁深い俳人、松尾芭蕉…

ではなく、芭蕉の高弟にあたる服部嵐雪です。

高弟とは、「ひときわ優秀な弟子」の意味、

確かにこの句からは、おとずれる春の気配が

立体的かつ、想像的に伝わってきます。

さすが、芭蕉が認める「優秀さ」ですね。

そして、たきびにも…

嵐雪の句に負けない位、立体的な梅の花が!

しかもこちらは一輪ではなく、鮮やかに満開

ume1.jpg

こちらの梅の花たち、

ショートステイのレクビリでご利用者の皆様が

丹誠込めて作成された貼り絵なのですが、

何を隠そう!?その際に使用した材料が、

新聞のカラーページのみなんです。

にも関わらず、この出来映えを得て、

皆様も思わず、自画自賛されてみえました。

写真は一部ですので、可能であれば、

ぜひ御来設の上、直接ご鑑賞下さいませ!

アーカイブ

月別 アーカイブ