ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記】はじめての介護保険 vol3

【自転車奔走記】はじめての介護保険 vol3

【ケアマネの自転車奔走記】

ごきげんいかがですか!広森です。

11月になり、遅まきながらもようやく
秋らしくなってきました。
陽光の暖かさと、洛陽後の肌寒さの
ギャップが少々体にこたえる季節です。
ブログをご覧の皆さまも、風邪など
ひきやすい時期ですのでご注意ください。

さて、「はじめての介護保険」も、
今回で第3回目となります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回は「要介護認定」についてのお話しです。
介護保険のサービスを利用する為には、
大前提となる条件があります。
それは…

① 介護保険の被保険者であること。
② 要介護(要支援)の認定を受けていること。

以上の2つです。
では、早速以下で少々詳しく解説いたします。

①の介護保険の被保険者についてですが、

☆第1号被保険者・・・65歳以上の全ての方。
☆第2号被保険者・・・医療保険加入者で、
            40歳以上65歳未満の方。

が、対象となります。
大まかに、”介護保険料を納めている方々”と
理解していただければOKです。
では、介護保険の被保険者であれば、
例外なく介護保険のサービスが利用できるか?
と言うと、実際はそうではありません。

介護保険サービス利用に際しては、
必ず②で挙げた「要介護認定」という
手続きを踏む必要があります。
※「要介護認定」とは、その方の
  身体・心身・医療の状況を調査して、
     その方が要する介護の程度に応じて8段階
   (非該当・要支援1~2・要介護1~5)に区分けする
     作業を言います。(詳しくは次回以降で解説致します。)


そして、「要介護認定」を受ける為には、
必要な条件と手続きがあります。
条件とは…

(1)第1号被保険者であり、
   何らかの介護を要する状態となった全ての方。
   もしくは、
(2)第2号被保険者で、16種の
特定疾病に該当する方。
           ※クリックで、特定疾病の種類がご覧になれます。 

上述(1)または(2)の方々であることが、
要介護認定を受ける際に必ず満たすべき条件となります。
言い換えれば(1)(2)以外の方は、
介護保険サービス利用の対象にはならない
という事になりますね。

そして(1)(2)の方々については、

(3)お住まいの市町村(保険者)へ、
        「要介護認定申請書」の提出(申請)。
をしていただき、初めて要介護認定の作業が開始になります。

※申請については、ご本人以外にも、
ご家族様であれば申請の代行が可能です。
また、居宅介護支援事業者(ケアマネ)、
地域包括支援センター、民生委員、社会保険労務士
などの機関(人)も申請の代行が可能となっています。

ここまで、要介護認定について必要になる要件や条件、
手続きをお話してきました。
今週の
ポイントは、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

介護保険サービスを利用する為には、まず

① 65歳以上であり、何らかの介護を必要とする
        状態になった。
又は、40歳以上64歳未満の
        被保険者であり、
かつ特定16疾病に該当する方。

  が、

② お住まいの市町村(保険者)に要介護認定を
        受ける為の申請を行う。

        そして、

③ 申請は本人以外にも、家族や
        ケアマネージャー等が代行できる。

  です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


さて、まだまだ「要介護認定」の説明については、
やっと入口を通過した段階です。
次週は、「要介護認定その2・申請から認定調査~介護度決定」
までを掲載予定です。

まだまだ続きます。
宜しくお付き合いの程をお願いします。


アーカイブ

月別 アーカイブ