ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 相談員・管理者・職長による『検討会』。

相談員・管理者・職長による『検討会』。

月2回の定例勉強会とは別に定期実施している、

管理者や主任などの、現場職長による

「リーダー検討会」の模様をお伝え致します。


IMG_0198.jpg

 『定例勉強会』と『リーダー検討会』、

結果として内容が重複する場合も多いですが、

それぞれに、成果目標は異なります。

月2回の『定例勉強会』のコンセプトは、

「対症的に不可欠な知識や、実技面を中心に学んで、

チーム全体のスキルアップを目指す」事であり、

より現場的、技術的なアプローチとなります。

対して、『リーダー検討会』のコンセプトは、

各職長が、介護保険の適正や法律解釈を正しく理解し、

問題への解析力・対応力を向上させる事で、

健全な法人運営に反映する」というもの。

つまり、制度実務的な側面が強いというわけです。

IMG_0197.jpg

介護保険事業者(この場合たきび)にとって

法制度に則ったコンプライアンス運営は

最低条件かつ最重要条件です。

その根拠は、我々が公的保険制度の中で

業務に従事をしているという事実。

私たちの所得は、ご利用者様の1割負担料の他、

大半は、税金と介護保険料から捻出されているのです。


また、ご利用者やご家族の立場で考えると、

介護保険制度は、やや分かりにくいのも否めません。

そんな時、当事者の方々が、まず必要とするものは、

具体的な情報ではないでしょうか。

IMG_0200.jpg

問題を打開する為の、選択肢を提示するには、

制度や法律を熟知する必要があります。

窮地に立ってしまった方々の、生活への不安を、

少しでも安心感に変換する為にも、

未熟ながら、鍛錬を重ねております。

 

アーカイブ

月別 アーカイブ