ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【定期勉強会】入浴介助を再度見直す。

【定期勉強会】入浴介助を再度見直す。

先日、たきび松阪施設にて

月2回の定期勉強会が行われました。

テーマは、『入浴介助について』です。

ご利用者の中には、自宅でお風呂に入ることが困難で、

 たきびでの入浴を楽しみにされる方が多くみえます。

ご利用者の方々が安全、快適に入浴する為には、

どのような作法で介助を行うべきなのか?

またどのような心がけが必要なのでしょうか?

 初心に立ち返って、再度みんなで考えてみました。

IMG_3944.jpg

ご利用者の気分が悪化、血圧の変動、転倒の危険性、

長湯しすぎてのぼせたりしていないか、等。

また、入浴後素早く水分をふき取っての、衣類着用は、

風邪予防に効果を発揮するに留まらず、

心筋梗塞発症へのリスクも軽減します。

 

「お風呂に入る」という、当たり前に感じる行動は、

とても人間的で、生活を豊める行為です。

一日の最後に、ゆっくりとお湯につかると

清潔になるだけでなく、心の疲労もほぐれますよね?

思わず「ヴァ〜〜」と声が漏れてしまいます。

 

IMG_3950.jpg

そんな、生活に欠かせない入浴を、

ご利用者にリラックスして満喫して頂くには、

スタッフが、そこに潜む危機を充分に理解し、

常に細心の注意を払うのが当然であり、

最重要なのだと、再確認した勉強会でした。

アーカイブ

月別 アーカイブ