ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 走る人、歌う人、学ぶ人。

走る人、歌う人、学ぶ人。

幼い頃、勉強があまり好きではありませんでした。

「やれば出来るのだから」という、先生や親の

励ましに甘えて、「やってないだけ」などと

開き直りつつも、テストの点数を誰かと比べては、

ブツブツ言い訳を繰り返したものです。


先日、TVで『高校クイズ選手権』が放送されていました。

時間があったので、何となく流していたのですが、

登場する少年・少女たちの瞳に、徐々に吸い込まれ、

結局、最後まで真剣に観入ってしまいました。

放送終了後、何か思い出し忘れている気がして、

考えていたところ、さっき見た瞳が

『高校球児』のそれと、酷似している事に気付いたのです。


スポーツには稽古という概念が存在します。

毎日の練習を全うしたものが、本番で力を発揮します。

「練習しなくちゃ、上手くなれない」という事です。

一方、学問とてやはり、明確な目的さえ手に入れたら、

稽古の積み重ねで「上手く」なるはずです。

むしろ、より「才能」がものを言うスポーツや芸術に比べ、

学問は、平等性が高いのかも知れません。


とても当たり前ではありますが・・・

日々の鍛錬を怠らない者が、優秀な成績になる理由が、分かりました。

また、学問の本質が「目的を持つ」事にあるのだと考えた時、

就職してからも、多くを学ぶ必要のある福祉業界で、

稽古を怠りがちな自らを、強く叱咤したくなったのです。


  
IMG_0121.jpg
    ※写真は、京都・愛宕念仏寺の千二百羅漢。
           住職了承の上、掲載しております

 

 


 

アーカイブ

月別 アーカイブ